人気雑誌が読み放題♪

地球人と異星人との共存をテーマにした物語を教えてください

『アトム大使』以外でお願いします。

A 回答 (2件)

「這いよれ! ニャル子さん」


http://ga.sbcr.jp/novel/nyaruko/
「グロリアスドーン」
http://www.syoji-sc.com/showroom/GD/novel/GD.html
「ARIEL」
http://www.ne.jp/asahi/kawa/semi/sasamoto/ariel/ …
「あそびにいくヨ!」
http://www.geneon-ent.co.jp/rondorobe/music/asoi …
「放課後宇宙戦争」
http://www.tsutaya.co.jp/works/40014752.html
「宇宙一の無責任男」
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Kenji/1109/yo …
「小学星のプリンセス」
http://dash.shueisha.co.jp/-princess/
「めぞんdeぎゃらくしぃ」
http://dash.shueisha.co.jp/-mezon/
    • good
    • 0

涼宮ハルヒの憂鬱です。


ラノベですが、この小説は、科学的に見ても非常に興味のある優れた作品です。
全11巻角川スニーカー文庫

20代女性理学博士
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文明異星人説

文系大卒で、会社員です。(教養の程度の紹介)

長い間、疑問に思っていますが、詳しく調べることなくン十年過ごしています。

本題:
紀元前何世紀かに、人類の歴史で、殆ど同時に三大文明が発祥したという認識でいます。

さて、その三大文明の地理的距離は、現在でさえ、簡単に行き来できる距離ではありません。そんな距離がありながら、殆ど同時に文明が起こったのは、単なる偶然とは思えません。

そこで想い至ることは、ある時期、他の天体からの存在(=神?)が、何らかの方法で、地球に満遍なく(善意で)文明を作ったのではないかということです。

質問:
こんな考え方を、まじめに(学術的に)唱えている人、或いは文献はありますか?

少なくとも、10年以内にないかどうか、ご意見をいただければ幸いです。

因みに、100%個人的興味です。

Aベストアンサー

ほぼ同じ時期といっても紀元前五千年の話ですよね。「同時期」の範囲はプラスマイナス数百年程度はありそうですし、エジプト、メソポタミア、中国あたりはフツーに徒歩で行き来できますし、中国からメソポタミア経由でエジプトに徒歩で移動しても10年もかからないのではないでしょうか。ましてや移動したのは農耕という情報ですし、異星人を持ち出すほど不思議なこととは思えません。

Q人は、物語(ドラマ、マンガ、小説などなど)に何を求めているのでしょうか

人は、物語(ドラマ、マンガ、小説などなど)に何を求めているのでしょうか?
なぜ物語を読んだり、見たりするのでしょうか?

存在的な欲求として「物語を求める欲求」というものがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

非日常だと思います。
決して現実では起こらない非日常に自分を投影する…。
平穏な日々が続くと何か刺激的なことがないかと思ってしまいます。
物語という非日常を知れば、平穏な日常の素晴らしさを再確認できます。
平穏を退屈にしないためのちょっとしたスパイスです。

また、日常が平穏でない場合は現実逃避だと思います。
どちらにせよ、「一時の日常からの逃避」かもしれません。

Qアメリカ映画の異星人はなぜヌルヌルした粘液が出るのが多いのですか

アメリカのSF映画に出てくる異星人は、ヌルヌルした粘液が出てくる異星人が多いように見えますが、なぜでしょうか。
アメリカでは、異星人はヌルヌルした粘液を出すのがステレオタイプなのでしょうか。それはなぜですか。

Aベストアンサー

多いですよね。科学的に観てしまうと気になることではありますが、心理的に<気持ち悪い><怖い>と思わせる手段だと心得れば良いと思います。西洋人はヌルヌルするタコを<悪魔>だと言って忌み嫌っていますから。
より明確な分類をするならば、
異星人=ヌルヌル
というよりむしろ、
登場人物を脅かす怪物=ヌルヌル
と言えるでしょう。未開の地から現れた…とか、遺伝子実験の失敗で…とか、はたまた野望によって怪物化したしたり呪いや病魔などによって恐怖対象となる<人間>などもこれに当たるように思います。
逆に異星人や架空の生物の場合でも、味方に相当するキャラクターはヒューマノイドだったりフワフワだったりします。

Qこのテーマで物語を作る・・・?

英語コミュニケーションという、ネイティブの先生が行う必修の授業で プレゼンテーションを行うことになりました。

3人ずつ1組になって、絵の描いてある紙をもらい、その絵を見て想像を膨らませ物語を作って、英語で発表するというものです。

その絵の内容というのは・・・・。

童話に出てきそうなお城の広間。
お后様みたいなきらびやかな女性が王様が座る席に座っています。
威厳があって強そうです。
でも椅子は1つだけで王様はいません。
隣で赤ちゃんを抱いている太った、微笑んでいるおばさんがいます(侍女でしょうか)
周りには着飾った落ち着いた女性が3人(これも侍女でしょうか)、槍をもった家来の男が2人。高らかに笑っています。
中央に全身真っ黒なとても小柄な男がいます。
スナフキンみたいな帽子(黒)をかぶっていて、マント(黒)を着ています。服も黒です。そして足をがに股にして、右足を両手で押さえています。
床にステッキ(のようなもの)が落ちています。目は細くて開いていません。髭はもじゃもじゃしています。やせ細って貧弱そうですが、年は不明です。


・・・そんな絵でした。どうやって話を作っていったらいいのかわかりません。気になるのは全身黒尽くめの貧弱そうな小さな男です。右足を両手で押さえていますが、靴下を履いているようにも見えます(いや、見えないか)
それとお后様の隣に王様の席もなく、お后様1人でいるところが気になります。何か笑いのある、素敵なお話にならないでしょうか。日本語でかまいません

英語コミュニケーションという、ネイティブの先生が行う必修の授業で プレゼンテーションを行うことになりました。

3人ずつ1組になって、絵の描いてある紙をもらい、その絵を見て想像を膨らませ物語を作って、英語で発表するというものです。

その絵の内容というのは・・・・。

童話に出てきそうなお城の広間。
お后様みたいなきらびやかな女性が王様が座る席に座っています。
威厳があって強そうです。
でも椅子は1つだけで王様はいません。
隣で赤ちゃんを抱いている太った、微笑んでいるおば...続きを読む

Aベストアンサー

アイデアは既存のアイデア同士の組み合わせによって作られます。
つまり、A+B=新しいアイデアなんですね。
で、あなたの場合、
Aはすでに決定されているわけです。
Aはこの場合、「絵の内容(黒ずくめの男・お后)」ですね。
Bは何かというと、
既存の童話、小説、映画、とかが当てはまります。

つまり、読んだ童話を「絵の内容」と組み合わせてみれば、新しいアイデアが思い浮かびます。
(パクリのようにも見えますが、アイデアはこうやって作られているものがほとんどです)

Qもし異星人が地球に攻めて来たら

あくまでも仮の話です。

文明を持つ異星人が地球に対し戦争を挑んできて人類が結束して戦い異星人に勝利して〝地球連邦〟を樹立したとします。

問1

絶対に過酷な賠償請求はすべきではないと思います。

というのも、過度な賠償請求をすれば、戦争が終わっても
地球人は「異星人に家族を殺された!」といい、
異星人は「地球人に家族を殺された」といい、
憎しみや憎悪は残るからです。そういう状況の中で過度な賠償請求をすれば
新たな戦の火種になる可能性が高いからです。憎しみの連鎖と言うことです。

地球連邦政府は、マスコミに対し異星人に対する憎しみを煽るような報道を控えさせて
むしろ和解をすべきだと報道をするように、学校などの教育機関に対しては子供たちに憎悪を乗り越えて和解することを
教育するように促すべきだと思います。

私の意見はどうでしょうか?

奇麗事かと思われるかもしれませんが。



問2
地球人同士が争わない=本当の平和と言えるのでしょうか?地球人と異星人は仲良くしなくてもよいのでしょうか?

なぜこのようなことを質問したかといいますと

「異星人が攻めてきたら人類は結束し戦争は減り世界が平和になる」という意見を聞くからです。
私は、異星人を共通の敵として結束するというのは危険だと思います。
なぜなら、異星人を共通の敵として地球人類が結束できたとしても、
今度は地球人対異星人という新たな戦の火種を生むだけだと思うからです。


広い目で見れば異星人だって地球人と同じ宇宙に住む同胞のはずです。
地球人同士のみならず異星人とも友好関係を築かねばならないということです。
なぜなら、仲良く友好関係を築いた方が、地球になかった技術が導入されて人類は
もっとより良い方向へ進める可能性があるからです。


それに、これだけは言えると思います。
「映画やゲームなどで描かれている宇宙戦争はかっこよくても、現実の宇宙戦争はかっこよくない。むしろ悲惨なだけ。」

あくまでも仮にの話です。そんな異星人はいないとかそういう回答はやめてください。

あくまでも仮の話です。

文明を持つ異星人が地球に対し戦争を挑んできて人類が結束して戦い異星人に勝利して〝地球連邦〟を樹立したとします。

問1

絶対に過酷な賠償請求はすべきではないと思います。

というのも、過度な賠償請求をすれば、戦争が終わっても
地球人は「異星人に家族を殺された!」といい、
異星人は「地球人に家族を殺された」といい、
憎しみや憎悪は残るからです。そういう状況の中で過度な賠償請求をすれば
新たな戦の火種になる可能性が高いからです。憎しみの連鎖と言うことです。

地...続きを読む

Aベストアンサー

問1
正しい考え方だとおもいます。
問2
共存でたらホントにすばらしいでしょう。
現実的に言うと、異星人が地球に侵略に来た場合、
その異星人は友好的ではないわけです。
地球軍が勝利したとして、相手側が和平交渉に応じるか?
という疑問もあります。

そして、現状で侵略された場合、
技術レベル(外宇宙から来襲した場合)の格差は埋めようが無いので、
100%敗戦するのではないか?といのがあります。

勝利したとしても、敗戦したとしても、
相手に共存の意思が無い限り、
よい方向に向かうことはありえないのでは無いでしょうか。

私たちは虫などに対して対等に接していません。
異星人からしたら、やはり虫扱いなのではないですかねぇ・・。

Q人とのコミュニケーションがテーマの作品

タイトルにあるように人とのコミュニケーションがテーマの小説や漫画を探しています。
自分の殻を打ち破っていくような内容の本を御存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

講談社のホワイトハート文庫の
「十二国記」シリーズ
著者 小野不由美
 
いかがでしょうか?

Q映画「フォース・カインド」見れなかったのですが、劇中に異星人は出て来る

映画「フォース・カインド」見れなかったのですが、劇中に異星人は出て来るのでしょうか?あらすじとラストお知りの方、ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アラスカのノーム地方で多くの市民が不眠を訴えます。全員が深夜3時ごろに目覚め、フクロウを目撃していたのです。そこで催眠療法を実施しますが、はっきりと事実を解明することは出来ません。
それどころか催眠療法を行った患者が家族を皆殺しにする事件が発生。警察から事情を聞かれるはめになります。
ある日自分の独り言を録音したテープに、自分の悲鳴が録音されていることに気付きます。これで自分自身も同じ目に会っていたことが分かります。自分の記憶では夫が目の前で刺し殺されたのですが、警察の話では拳銃による自殺だと聞かされます。
最後は警察により自宅に軟禁状態にされていましたが、見張りの警官が家の上にUFOを発見。知らせを聞いた警官が家の中に踏み込みますが、娘のアシュリーだけがいませんでした。
娘を殺して自宅に隠していると思った警察が捜査しましたが、まったく何も見つからずすべては闇の中で終わってしまいました。
最後に本人が「娘がどこかで生きていると信じる事が私の希望なのです」と語ります。
実際に撮影された映像と(本人が出ている)撮影された映像が混じって流されます。本人とミラ・ジョボヴィッチとの差が有りすぎて、同一人物だとは到底思えないです)
UFOも異星人も登場しません。チラッと映ったような気はしますが、黒い影のような物で識別できるほどのものではありません。
タイトルのフォースカインドとは第4種接近遭遇の事で、宇宙人に拉致されることを表しています。
ファーストカインドは「遭遇」 セカンドカインドは「痕跡」 サードカインドは「接触」となっています。
映像的には見るべきものは有りませんでしたが、ブルーレイで鑑賞したので音は非常に良かったですよ。

アラスカのノーム地方で多くの市民が不眠を訴えます。全員が深夜3時ごろに目覚め、フクロウを目撃していたのです。そこで催眠療法を実施しますが、はっきりと事実を解明することは出来ません。
それどころか催眠療法を行った患者が家族を皆殺しにする事件が発生。警察から事情を聞かれるはめになります。
ある日自分の独り言を録音したテープに、自分の悲鳴が録音されていることに気付きます。これで自分自身も同じ目に会っていたことが分かります。自分の記憶では夫が目の前で刺し殺されたのですが、警察の話で...続きを読む

Q少年の成長がテーマである物語を指すカタカナ言葉

少年が成長するような物語のことを指すカタカナ言葉があったと思うのですが、思い出せません。
検索したところ、「ビルディングスロマン」が意味合いとしては近かったのですが、違う言葉でした。曖昧な記憶で申し訳ないですが、「セ」から始まるか、含まれている言葉だったように思います。

ご存知の方いらっしゃればご教示いただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ジュブナイルでしょうか??

QSF映画なんですが、宇宙のある星に地球人と異星人が不時着し、最初は争っ

SF映画なんですが、宇宙のある星に地球人と異星人が不時着し、最初は争っていたのが
次第に仲良くなっていくという内容みたいなんですが・・・。
その星には先住民が居て、大変な秘密が隠されているみたいな・・・。

どなたかわかるでしょうか?

Aベストアンサー

「第五惑星」では?

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=13614

Q心温まる小説、爽やかな気持ちになれる小説 

こんばんは、今まで読まれた小説の中で、心温まる小説や読んだ後、爽やかな気持ちになれるおすすめの小説があれば教えて下さい。
個人的には

四十九のレシピの著者の「風待ちのひと」
宮下奈都 「太陽のパスタ、豆のスープ」
森見登美彦 「恋文の技術」
などが気に入っています。
宮下奈都さんの作品はこれから他のものも読んでみようと思っているので、それ以外でお願い致します。

「鉄道員ぽっぽや」や「ふたり(赤川次郎)」のように多少、ファンタジー要素のあるものは好きなのですが、あまりにファンタジー要素の強い作品はなしで、お願いいたします。(できるだけ現実味のあるストーリーのものでお願いいたます。)

◎「読んだ後、温かい気持ちになれる」作品
◎「読んだ後、爽やかな(晴れ晴れとした)気持ちになれる」作品
○その理由。ネタバレなしで感想お願いします。

では、お待ちしております。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

昨日本屋さんである作家さんの本を買ってきました。
山本幸久さんという方です。
知らなかったのですが、結構沢山著書があるようです。
買った本は半分くらい読みましたが、ファンになるかも。
今読んでいるのは「美晴さん ランナウェイ」という作品ですが、
「はなうた日和」という作品がとても良さそうです。
読んでないのに勧めるのもなんですが、
宮下奈都さんの作品は好きなので、好みが似ているかもしれないと思い・・ご参考まで。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報