Josie & The Pussycatsの日本公開はいつですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

日本公開の予定はわかりませんでした。

ごめんなさいm(__)m。
今、全米では人気の映画のようですね。
下のURLで予告編(英語)のようなものが見れました。
フラッシュを使っているので、とてもキレイでしたよ。

参考にならず、すみません・・・。

参考URL:http://www.josiethemovie.com/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「The Gospel」の日本公開の予定は?

今秋アメリカでは「The Gospel」という映画が公開され、サントラCDは日本でも輸入されています。
この映画、日本では劇場公開される予定になっているのでしょうか。またDVDなど何らかの媒体で見ることは可能でしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

この10月7日に本国では公開されたようで、日本では劇場公開は未定だそうです。

DVDは来年の春くらいには米国で出るのではないでしょうか。

日本での公開はよくわかりませんが、製作がコロンビアピクチャー(ソニーの系列会社)なので、単館など小規模ではあるかもしれません。

下記に詳しく書いてあるHPがありました。
予告を見るとけっこう良さそうですねぇ。賞でも獲れば日本公開は確実だと思います。
またこの週末の米国の成績がいいと、日本でも話題になるかもしれませんね。

http://ameblo.jp/tuboyaki/day-20050905.html

Qディズニー映画『美女と野獣』(実写版)の公開日はいつですか?

ディズニー映画『美女と野獣』(実写版)の公開日はいつですか?

Aベストアンサー

アメリカは3月17日、日本は4月21日です。

Q日本で公開される洋画タイトル(日本公開タイトル)の変化について

 現在、日本で公開される洋画タイトル(日本公開タイトル)の変化について調査をしております。
 私が調査している段階では、1950年代の洋画タイトルは日本語で意訳されているものが大変多くありました。ですが、2000年以降の洋画タイトルを見てみますと、日本語で示されなくなり、原題をカタカナで表されるパターンが多くなってきています。そこでこの違いを調べるため、日本で公開される洋画タイトルは、どのように付けられるのかという経緯を調べています。
 どなたかご存知の方がいらっしゃれば、お教えいただけないでしょうか。簡単なもので結構ですので、お返事をいただければ幸いです。

Aベストアンサー

そのむかしはユナイト宣伝部の故淀川長治氏をはじめ、同じく配給会社の宣伝部だった水野晴男氏など、映画にとことん精通していた方たちが、邦題を練って付けていたそうです。

「駅馬車」「風と共に去りぬ」「第三の男」など和訳として映画の雰囲気にすごく合っているように思います。
「駅馬車」は当初「地獄馬車」だったそうで、淀川さんが辞書ににもない和訳を考えつき「駅馬車」となったという逸話があります。
「風と共に」は「風と共に飛び去った」だったそうです。


以前、最近の映画のタイトルに関して、評論家のお○ぎさんがTVで語っているのを見たのですが、配給会社の宣伝部員は日本語を知らないし、映画もろくに見ていない。だから英語をカタカナにしただけのあんなタイトルばかりになってしまう、と息巻いていました。
確かに配給会社の若い世代は驚くほど映画を見ていません。映画を専門に放送しているチャンネルの担当者も、唖然とするくらい映画の知識がありませんでした。それでいて「映画が大好きなんです」と来るので、驚くばかりですけど。



お○ぎさんの言うような理由もあるのでしょうけど、映画館へ足を運ぶ客の多くはOLだと思います。そこでちょっとファッショナブルなタイトル、となるとやっぱりカタカナってことになってしまうのではないでしょうか?
おしゃれ感というのか、これも時代にあったマーケティングなのだと思います。
またNO1の方が書いている通り、英語の浸透度というのもあったんでしょうね。
「ビッグカントリー」→「大いなる西部」の方がピント来ます。
「マグニフィセントメントセブン」→「荒野の7人」じゃないとなんだかわかりません。


宣伝部がタイトルを付ける会議をやっているのをTVで見たことがありますが、どうしてそんなタイトル名を考えつくんだろう? と首をかしげたくなる仮題が黒板に並んでいたのが印象的でした。
それが何の映画だったのか忘れちゃったんですけど。

あと惹句(いわゆる宣伝ようのキャッチコピー)、これもなんだかなぁというのが多くなっているように思います。

惹句師なんてもういないんでしょうねぇ。

そのむかしはユナイト宣伝部の故淀川長治氏をはじめ、同じく配給会社の宣伝部だった水野晴男氏など、映画にとことん精通していた方たちが、邦題を練って付けていたそうです。

「駅馬車」「風と共に去りぬ」「第三の男」など和訳として映画の雰囲気にすごく合っているように思います。
「駅馬車」は当初「地獄馬車」だったそうで、淀川さんが辞書ににもない和訳を考えつき「駅馬車」となったという逸話があります。
「風と共に」は「風と共に飛び去った」だったそうです。


以前、最近の映画のタイトルに...続きを読む

Qいつごろ公開ですか?

2本観たい映画があるんですが。ドリューバリモアの「二番目のキス」とサラジェシカパーカー「幸せのポートレート」はいつごろ公開されるんでしょうか?ちなみに神戸在住です。7月中ごろだと思っていたんですが…分かるかたお願いします。

Aベストアンサー

いずれも公式HPでは公開済みとなっています。

2番目~、は7/8
幸せ~、は7/15封切りのようです。

http://ameblo.jp/nibanmenokiss/entry-10014572264.html
http://www.foxjapan.com/movies/familystone/

Q公開はいつまで?

ジュラシックパーク3とドクタードリトル2は
それぞれ、いつまで劇場で観ることができますか?

Aベストアンサー

現在は状況も変化してきているかもしれませんが、原則として映画の公開期間には2つの原則があります。今はすべての映画が「ロードショー公開」という呼び方で括られますが、以前は初めから上映期間を決めているのが「一般公開」「封切り」と呼ばれ、「ロードショー」というのは上映開始時には終了日を定めず、配給(入場料)収入の状況を判断しながら決定するのが原則です。そして、上映の打ち切りや延長を決定するのは、製作配給会社よりも劇場主の意思にゆだねるのが普通です。ですから鳴り物入りで公開したのに、1週間で打ち切りというような場合もあります。タイタニックのように結果として半年以上に及ぶロングランは最近では稀です。(ビデオ発売後も上映を続けていました)
それと現在の映画は、製作前から「ビデオ化権」「商品化権などの2次使用権」
「TV放映権」などが決まってしまいますから、劇場収入の重要度も変わって
きました。その意味では、劇場公開期間も一定の法則でははかりにくくなりました。
あくまで予測ですが・・・メイン劇場で
「ドクタードリトル2」3~4週間
「ジュラシックパーク3」8~10週間
くらいじゃあないかなあ??

現在は状況も変化してきているかもしれませんが、原則として映画の公開期間には2つの原則があります。今はすべての映画が「ロードショー公開」という呼び方で括られますが、以前は初めから上映期間を決めているのが「一般公開」「封切り」と呼ばれ、「ロードショー」というのは上映開始時には終了日を定めず、配給(入場料)収入の状況を判断しながら決定するのが原則です。そして、上映の打ち切りや延長を決定するのは、製作配給会社よりも劇場主の意思にゆだねるのが普通です。ですから鳴り物入りで公開したの...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報