前から疑問に思っていた事なのですが、
映画やTVを観賞していて、
セリフよりも効果音やBGMの方が
音が大きく感じませんか?
おかげでセリフが聞き取りにくく、
音量の比率を逆にした方が
一層楽しめるのになあと思います。

わざと「セリフ<効果音・BGM」という風に
制作しているのですかね?
だとすれば何故?

皆さんはそう感じた事はありませんか?

A 回答 (1件)

簡単にいってしまうと作品によるのではないでしょうか。


洋画吹き替えは非常にセリフが聞き取りやすいように音量レベルがコントロールされていて、囁く場面でもハッキリ聞こえるようにレベルが持ち上げられています。吹き替えで声をあてている声優さんも割とベテランだったりします。音のピークはセリフ=効果音・BGMがほとんどではないかと思います。これはテレビの音声出力がモノラルであることにも関係しているように感じます。
しかしほとんどの映画ではセリフ<効果音・BGMではないでしょうか。例えば何かの爆発によって二人の会話が中断するという一場面があるとします。セリフ>効果音ですと視聴者は爆発というハプニングによって急激に場面に緊張がもたらされるということが感じられず多分オハナシにならないでしょう。
それと音量レベルの大小と聴感上の大小は違いますので音量レベルの最大ピークはデジタルでいうところの0dbですが、0dbのささやき声と圧縮された爆発音では爆発音の方がより大きな音で聴こえます。
ただしドラマ等ではタイアップ曲をめだたせるためにBGMの音量を大きくしたり明らかに音声のバランスが悪いということもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧に返答下さってありがとうございます!
ウチのテレビはモノラルなのでTVの場合は
そのせいかもしれませんね。
でも専門的な見解も拝見できて長年の疑問も
解決しました。ありがとうございました!

お礼日時:2003/11/08 01:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qよくありがちな時限爆弾

テレビや映画で導線2本あって、どっちかを切ると時計が止まる類の時限爆弾は時限爆弾として常套手段なのでしょうか?

時限爆弾をつくるとどうしてもああいうつくりになってしまう?複雑な構造にすれば、導線はなくすことも可能かとは思いますが、素人が作るとどうしても導線が2本できてしまうものなんでしょうか?

素人目には爆破する気があるなら、わざわざ時間を止める導線をくっつけておかなくてもよいのでは、と思うのですが・・・。誤爆を防ぐため以外に。

ああいう構造にするにはほかに訳があるのでしょうか?

あと時限爆弾があった場合、導線を切って解除していくことはなく、爆弾を凍らせる手段が取られると思いますが、凍らせる方法が一番確実に防げるのでしょうか?

Aベストアンサー

爆弾を爆発させるには、何らかの「ショック」が必要です。
砲弾や地雷などの場合は、打撃によるショックですが、戦争映画でよく出てくる、遠くからバリケードなどを爆破する場合は、電線によって電流を流してショックを与えます。

又、時間的に遅延させて起爆する方法には、手榴弾のように短時間であれば薬品により、ストッパーが徐々に溶けるという構造もあります。

通常の時限爆弾の場合、長い時間後に、ほぼ正確に起爆させるため、殆どが電流による爆破の構造になっています。

従って、爆弾や信管に電流が流れなくてはいけないので、どこかに必ず「電線」が必要となります。
「導線」と言われているのが、この「電線」となります。

そこで、「電線を切る」と言うのは、爆弾に電流が流れるのを防ぐためで、「時計を止める」ためではありません。
おっしゃるように、「線を切ると時計やタイマーが止まる」というシーンが多いのですが、これはおかしいということで、時間の切迫を強調する「演出」ですね。

まあ、理屈をつければ、時計の動力に使われている「電線」を切れば、時計が止まって爆発を防ぐ、ともいえますが、時計の動力が外部から取り入れるという設定は、無理がありますね。

電線が2本になるのは、1本では電流が流れないためで、この場合は、どちらの線を切っても爆発しません。(2本の結束線ならば、見かけは1本です)

たくさんの線があって、間違った線を切断すると爆発してしまう、と言うのは、トラップの一種です。電流が流れていると有効な安全装置が、電線を切ると解除されて、タイマーと関係なく爆発するわけです。

爆弾を凍らせるのは、機械装置を固定させることと、液体による発火装置を凍らせる意味がありますが、中の構造が判らなくても、或いは外部から穴を開けなくてもできる対策で、かつ、凍らせることに対するトラップは(多分)ないので、どの爆弾にも取れる手段と言う意味で使われます。
「一番確実」ではないが、「やって不利なことがない」ということですね。

爆弾を爆発させるには、何らかの「ショック」が必要です。
砲弾や地雷などの場合は、打撃によるショックですが、戦争映画でよく出てくる、遠くからバリケードなどを爆破する場合は、電線によって電流を流してショックを与えます。

又、時間的に遅延させて起爆する方法には、手榴弾のように短時間であれば薬品により、ストッパーが徐々に溶けるという構造もあります。

通常の時限爆弾の場合、長い時間後に、ほぼ正確に起爆させるため、殆どが電流による爆破の構造になっています。

従って、爆弾や信管に...続きを読む

Qビデオ観賞できる場所

彼氏と映画のビデオを見るのが好きなのですが、お互い実家通いのため余り場所がありません。
大阪か京都でビデオを持ちこんで見ることが出来る場所ってありますか?

お泊りする時はラブホで見るからいいのですが、
そうでもない時にわざわざラブホまで行ってビデオ見て帰るのも・・と思っています。
ご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ネットカフェですが「アプレシオ」「I LOVE 遊」でしたらカップル席があってDVDの観賞も出来ますよ。店内のDVDも無料で借りられますし。(あまりタイトルはありませんので持ち込みかお店の近くのTSUTAYAで借りてきた方が良いと思いますが)

普通のネットカフェよりちょっと割高ですが、フリードリンクの種類も多く、雰囲気も良い感じで結構オススメですよ。

もし利用する場合は会員制なので免許証などと年会費315円が必要なのでご注意を。


サービス内容はこちら
http://www.aprecio.co.jp/namba/pages/service.htm#drinkbar

DVDはこちら
http://www.aprecio.co.jp/namba/pages/dvd.htm

参考URL:http://www.aprecio.co.jp/namba/pages/eigyo.htm

Q時限爆弾の動画探してます

結婚式のOPムービーを作成しているのですが、その中で使う
時限爆弾の動画を探しています。
よく映画などでみかけるタイマー式の時限爆弾なのですがなかなか見つかりません。

どなたか、そのようなものが使われた映画、ドラマなどでかまいませんので
教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1です。追伸です。
youtube で「bomb timer countdown movie scene」でちょっと当たってみて、見つけた映画のシーンがありました。
二コール・キッドマンの「ピースメーカー」の1シーンです。
もっと探してみたら出てくるかもしれませんね。
ご参考になれば幸いです。

https://www.youtube.com/watch?v=d5jxXkpstv4

Q夏の夜長のDVD観賞に向けて・・・。

ジャンルはSF、ホラー、アクション系でCGやSFXのしっかりしたモノ!
あなたのオススメを教えてください。(邦画・洋画・A級、B級問いません)

Aベストアンサー

ホラー映画は(60年代から70年代にかけて)優れたものが多いですね。映画「ホーンティング」は60年代に作られた「たたり」のリメイクだそうです。CGだらけの映像で怖がらせる筈がありません。CG以前のSFXを扱ったホラー映画はドラマがしっかりしているので、往年の作品が怖いですよ。
70年代ではフランス映画「世にも不思議な物語」(3話構成)がもっとも怖いA級作品だそうです。原作E・A・ポオ
ほかに「シャイニング」「サイコ」もいいですね。

Q時限爆弾

あなたは、地球が丸ごと吹き飛ぶほどの威力を持つ時限爆弾を抱えています。
時限爆弾は、生命活動を停止させれば、自動的に止まるように出来ています。
あなたの目の前には日本刀があり、タイムリミットはあと5分。
人類の為に命を投げ出すことができますか?

Aベストアンサー

どっちを選ぼうと自分は死んでしまうのなら、

人生にウンザリしているので、いっそのこと全人類を道連れにしてやりたいです。

地球一個消滅しても、この広い広い宇宙には、どうせ地球のような生命の星がいっぱいあるだろうし。

残念ながらこういう人もいます。

Qホテル等でのDVD観賞提供の際の著作権は?

宿泊料金をいただく一般のホテル・旅館になりますが
著作権をクリアした上で、市販のDVDを無料で観賞を提供する方法はないでしょうか。

許可とか手続き等を必要とするのであれば、その辺も教えて下さると助かります。

Aベストアンサー

著作に関する専門家ではありませんが誰も書き込みがないので。

まず市販されているDVDをホテルが購入し、それを宿泊者に部屋で見ることができるように”無料”で貸し出すのでしたら特に問題はないと思います。
レンタル代を徴収すれば、著作物の使用になるので使用権が派生しますが、サービスのひとつならば大丈夫なのではないでしょうか?

ただこれは考え方ですが、「あのホテルではDVDが只で見られるから宿泊しよう」と利用者がDVDのサービスを目的に宿泊した、となるとややこしくなってくるのかもしれません。

日本はこういった娯楽物の著作に関しては遅れていて、法整備もしっかりはしていません。
音楽の場合は一括管理している団体ジャスラックがありますが、映画は相当するような団体がありません。

邦画に関しては「映画製作者連盟」という古くからある団体がありますので、問い合わせれば何か回答が得られるかもしれません。
http://www.eiren.org/


洋画は各配給会社に問い合わせるしかないと思うのですが、『著作権保護・利用センター』というところでも著作権に関する相談などを受け付けています。ただし有料になりますけど。
http://cozylaw.com/copy.html

団体で利用するコテージやロッジなどだと、映画のソフトを無料で貸し出しているのを見たこともあります。
また図書館でも映画ソフトは”営利目的ではない”ということで貸し出していますよね。
このケースが適用されるとは思うのですが、やはり専門家の回答を得るのがいちばんだと思います。

著作に関する専門家ではありませんが誰も書き込みがないので。

まず市販されているDVDをホテルが購入し、それを宿泊者に部屋で見ることができるように”無料”で貸し出すのでしたら特に問題はないと思います。
レンタル代を徴収すれば、著作物の使用になるので使用権が派生しますが、サービスのひとつならば大丈夫なのではないでしょうか?

ただこれは考え方ですが、「あのホテルではDVDが只で見られるから宿泊しよう」と利用者がDVDのサービスを目的に宿泊した、となるとややこしくなってくるのか...続きを読む

Q時限爆弾とは?

カテゴリーがあっているか不安なのですが。。。
外国のアクション映画で、時限爆弾が使われているのをよくみます。ダイナマイトにデジタル表示の時計が付いていて、爆発までの残り時間がどんどん減っていき、表示がゼロになる直前に解除に成功して、残り1秒のところで表示が止まる、というようなスリリングな設定が典型的です。
で、疑問なのですが、映画という作り物の中以外に、現実で、あのような時間表示付きの爆弾が、犯罪以外で使われることがあるのでしょうか?
仮に(仮に、です)私が犯罪に時限爆弾を使うとしたら、残り時間表示など付けず、爆発時間はわからないようにします。
時間表示を付けるとしても、正確な残り時間ではなく、実際の爆発時間よりも多めに残り時間を出しておいて、まだ時間があると考えて解除に必死になっている人も巻き込んで爆発させます。
個人的には、映画に出てくる時限爆弾は現実には存在しないのではないかと思うのですが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

時限式の発端は、使う人が逃げるため、
もしくは決まった狙いの時間にしたい為だと思うのですが、
一番簡単なのが時計のアラームをスイッチにして起爆させる方法です。
そういう意味ではデジタルでも時計そのものを使うやり方は
今でもあると思います。

ただ、時限爆弾専用のようなカウント式のものは
確かに誰の為?って感じですから、製造者が凝り性か、
自身が止める可能性を考えていないとしたら、
映画的演出っぽいですね。

あまり詳しくないですが、犯罪以外でも、
軍の破壊工作で使うものでカウント式があったはずです。

Qいい役者さんだなあ……。

……と、みなさんが思う人って誰ですか?(いい役者さんになりそう、という人も可)
好き嫌いというより、演技力という観点からご意見下さい。あ、出来れば日本人でお願いします。

個人的な価値観では
舞台>映画>テレビ
という順で「エライ!」と思うので、舞台は出来て欲しいなー、というところはありますね。
わたしも名前を挙げたい人は何人もいるのですが、いっぱいいすぎて数人にしぼることが出来ません(^_^;)。
若手では藤原竜也・松たかこ・菅野美穂あたりが思い浮かびますか。
中堅では真田広之・大竹しのぶ……
大物では緒形拳・平幹二郎・北林谷栄など。

この時のこの役は良かった!というご回答もお待ちしてます。
お時間のある時にご回答下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鷲尾真知子さん。
舞台でも彼女が最高。

保坂知寿さん。
「マンマ・ミーア!」で力量を思い知らされた。

西村雅彦さん。
三谷作品に出なくなってしまい、残念です。
三谷幸喜が好んで使う役者さんは、
いいなぁと思う人が多いです。

ダニエル・ラドクリフくん。
あの目がいいよね、あの目が。

Q時限爆弾の解除

時限爆弾を解除するとき
普通は二本あるコードのどちらかを切って止めますが
爆弾が反応するより速く両方切るというのがありませんでしたか?

Aベストアンサー

そのアニメは知りませんが・・・というか思い出せませんが、現在作られる映画やアニメやドラマの爆弾魔が仕掛けた爆弾を解除する際、最終的にコードが2本あってどちらかを切れば爆発を防げる・・・というパターンは全て「ジャガーノート」という豪華客船に爆弾を仕掛けて身代金を強請るという傑作映画から来ています。そのイミでエポックメイキング的な作品です。

さて、2本の内1本を切れば爆発し、1本を切れば爆発しない・・・というのは、起爆装置にどちらかのコードが繋がっているからなのですが、間違った方を切れば起爆システムが作動し信管に通電して爆発します。これにはまあ言葉で言うより複雑なシステムがあるのでしょうが・・・両方とも同時に切ってしまうと、通常は当然爆発してしまいます。

何故ならば、こういうわざわざコードを2本ないし数本用意しているのは、犯人がゲーム感覚で爆弾を仕掛けているからで・・・自分の爆弾に自信があるからやっているし、処理する人間の運をも見届け様と楽しんでいるからなのです。つまり、簡単に両方同時に(時間的に寸分の狂い無く切ったとしても)切るというあまりにも単純な方法で解除される爆弾なんてまあ普通作ったりしないし、そういう持って行き方をしている作品があるとすれば、ちと頭を捻らざるを得ませんが・・・・

ひょっとするとそういう更なる遊び感覚の作品を作ったのかなあ・・・
爆弾魔ものとしてはちょーっとガッカリではありますが・・・

そのアニメは知りませんが・・・というか思い出せませんが、現在作られる映画やアニメやドラマの爆弾魔が仕掛けた爆弾を解除する際、最終的にコードが2本あってどちらかを切れば爆発を防げる・・・というパターンは全て「ジャガーノート」という豪華客船に爆弾を仕掛けて身代金を強請るという傑作映画から来ています。そのイミでエポックメイキング的な作品です。

さて、2本の内1本を切れば爆発し、1本を切れば爆発しない・・・というのは、起爆装置にどちらかのコードが繋がっているからなのですが、間違...続きを読む

Q仄暗い水の底からのラストシーンの母親のセリフ

最後に、お母さんが、美津子ちゃんとエレベーターに乗っていたシーンがあったじゃないですか。
その時に、娘の前で、
「私がママよ」みたいな事を言っていたのですが、
どうして母親は美津子ちゃんに自分が母親だと言ったのでしょうか?
皆さんは、どうお考えですか?
よければ教えて下さい。

Aベストアンサー

自分の娘を守るためだと思います。
はじめのうちは、幽霊は娘のほうについていましたよね。
保育園にもいたし、赤いバッグと一緒に娘のまわりにいる感じで。
そのうち、娘に対して攻撃的になってきた。

娘を自分の世界に引き込もうとしていたのか、それとも幽霊が母親を求めて、そのために娘が邪魔になったのか、どちらかは分かりませんが、あのままだと娘が危険だったんです。

それを感じて、母親はわざと自分の娘と決別し、幽霊に「ママよ」みたいなことを言ったんだと思います。
娘を守ろうとした母親の愛で。
それにもちろん、幽霊の女の子へのあわれみの気持ちもあったんだと思いますよ。

最後に大人になった娘が廃墟となったアパートで母親に再会しますよね。
はじめは娘の成長を喜んだ様子だったお母さんが、幽霊の女の子が現れた途端、「かえりなさい」みたいな態度になったのも、そのせいだとおもいます。

私はこの映画を見たときに、すでに娘がいました。
悲しいラストに、そして母親の愛の強さにボロボロ涙が出たのを覚えています。


人気Q&Aランキング