MTBのROCKSHOK RECON エアサス ロックアウト付きのことで質問です
新しいフロントサスでやわらかい感じだったので硬くしたくて
サスに書いてある表示に 体重75キロは 85psiと書いてあったので 
サス専用ポンプを借りて メーターみて100psiまで入れました (ただポンプを抜いたときにプシュって空気が一瞬抜けた音が聞こえました)

入れてから1週間ほどしかったってないのですが ちゃんと空気が入ってなかったのでしょうか?

ロックアウト側にした状態でも 思い切り体重をかけると硬くなっているだけで完全にロックがかかっていませんが そんなものなのでしょうか? (ダンシング程度では動きませんが、全体重をかけてハンドルを押すと1センチほど動いてそのまま体重をかけて押し込むと下まで動きます)

ロックアウト エアサスの取り扱いで気をつけることがあればアドバイスお願いいたします
ショップは後ほど行きます・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No3です。


アンチエアーロス口金を規定通りに使えば、それほどエア圧が下がるとは思えません。
もう一度手順どおりに行ってみて下さい(メーカーによるのかもしれませんけど)。
また、返答からは判断できなかったのですが、エアゲージ付きですよね?
リーコンはソロエア(ポジティブ側のみ)のようです。
ポジ側(サスの上側のバルブに入れるエア)だったら100psiぐらいは楽に入ると思うのですが。

余談ですが、ロックショックスではエアサスには、デュアルエアとソロエアという機構があります。
コイルバネの代わりにエアバネを使う機構(いわゆるポジティブ側)ですが、エアサスの特徴として、初期動作が鈍い(動きにくい)という特徴があります。

なので、初めからネガティブ側(アウター下側のバルブ)から、事前に圧を少し掛けて、サスがいくらか浮動した状態を作り、初期動作を動き易くする為の機構です。ネガ側の圧を掛けるほど、サスの初期動作が柔らかくなるフィーリングです(ちょっと説明に御幣があるかも知れませんが、簡単に書くとです)。
デュアルエアーはロックショックスでも高級機によく使用されている機構です。
このように上から、下からの圧をシビアに調整しなければならない為、アンチエアーロス口金の様な代物が必要になってくるのです。

ちょっと余談になりましたが、リーコンはソロエアなので、その辺りのエア設定は比較的容易です。しかし、ソロエアでもエア圧の管理は非常に大事です。出来れば毎回乗るたびに、少なくとも3日に一度ぐらいはエアの調整が必要になります(私は乗るたびにチェックしていますが)。

リーコンはエントリー用とはいえ、レース使用にも対応したサスです。そのぐらいの頻度のエアチェックは必須だと思いますよ。
なんで、エアゲージつきのサスポンプは一本買われた方が良いと思います。

またロックアウトについてですが、私もロックショックスのサスを数本所有していますが、完全なロック状態にはなりませんし、書かれているように、それは規定以外の過度な衝撃を逃がし、サスを守るためでもあります。
その辺りは心配ないと思いますよ。

この回答への補足

ベストアンサー一つしか選べないのですが、
皆さんありがとうございました
 

補足日時:2011/11/15 20:20
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

エアゲージ付きのポンプで入れました 100psi

サスの上側からエアを入れるタイプのサスです
下にはダンパー?の調整つまみがあります

エアはやっぱり自然に抜けていくんですね 専用ポンプはちょっと高いのですがそれだけのものはありそうですね とりあえずそんなに細かい調整もしないと思うのでフロアポンプでやってみます

※上から入れるのがポジ 下から入れるのがネガなんですね
勉強になりました

ご経験からのアドバイス参考になり ロックアウトの件 安心しました

お礼日時:2011/11/08 23:46

エア圧高めも問題ありません、ワールドワイドで売っているものなので、白人のデブの大男が高圧に設定して乗っても耐えるくらいです。

エアの抜いたり足したりも問題ないですよ。ロックアウトしたままでも大丈夫です。

基本的に、RECONのように一定以上のクラスのフロントフォークはヤワな造りではないので、RECONの用途を外れた使い方(例えば数m上からジャンプで着地するとか)をしなければ大丈夫です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

エア圧高め、エア抜き足し調整、ロックアウトでオフで使えると聞き 安心しました

MTBのサス 山でハードな使い方を想定していてサスをつけているので 安全にも関わる場所だし ある程度メンテそんなに気にせずに使えて 衝撃にも強く作っているんでしょうね

(※余談ですが もしかしたら 完全にロックしたら機械的に負担がかかってよくないので遊びをわざと残してあるのかもしれませんね) 

お礼日時:2011/11/08 15:56

ロックアウトはサスの種類によって、フィーリングがまちまちです。


文章では詳細は判りませんが、そのフィーリングの差程度の範囲だと思いますよ。
エアを充填する際、デュアルエアの場合、アンチエアーロス口金の付いたサスポンプが良いと思いますよ。
ポジ・ネガ共に微妙なエア圧の調整が必要なので。
口金を外す時のエア低下が最小限で済みます。
こんな感じです。
http://www.chari-u.com/parts/pump/subpumpsk7.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

もしかして故障かもと心配しました・・ 完全にロックすると思っていたので
その後 サスの動きみながら 強くダンシングしたり オフロード走ってみて 完全にロックアウトでなくても下がらない問題ないレベルでした  でも

一度 小さいポンプでエアを入れてみたのですが どれくらい入っているか正確に分からないし  メーター読みで80psiぐらいから空気をいれるの無理っぽかったです ホースを外すときに一瞬ですが かなりプシューっと空気が抜けました

今度ショップで借りて もう一度使い心地とエアサスの効き具合 試してみようと思います
ポジ・・・空気圧が高いということですね  
前借りたやつがこの商品でした  メーター読みで100psiだったら やっぱり抜いたら空気圧下がっているので(サスに書いてある適正値)85psi程度になっていると思えばよいでしょうか?
空気は抜けていくらしいので ショップに2,3ヶ月に一回ぐらい空気圧確認ぐらいで良いでしょうか

お礼日時:2011/11/08 10:41

基本的にロックアウトにエア圧はあまり関係ありません。


ま、かっちかちにエアを入れるとロックアウトみたいな状態にはなりますが...

ロックアウトはダンパーオイルの流動路を極小にして(圧側の減衰力を極度に大きくして)サスの動きを可能な限り抑制するという原理です。ゆえに思い切り体重をかけると微妙に動きます。

エア充填時に「プシュ」と一瞬出るのは気にしなくてよいです。


>エアサスの取り扱いで気をつけること
特にありません(笑)
いや、90年代の中頃から様々なモデルに乗りましたが、本当にないんですよ。エアサスだからと特別扱いしたことはありません。強いていえば定期メンテくらいでしょうか....それでもエアサスだから特にこだわったサイクルでメンテなどという特別扱いもしたことはないです。
古いモデルやデリケートな品質のメーカーのサスであれば、そういうのも確かに必要ですが...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

エア圧は関係ないんですね
硬いほうがすきなので 空気入れすぎはよくないんでしょうか


取り扱い 気をつけること特にないんですね
好みで時々エアを抜いたり足したりは大丈夫でしょうか
それと ロックアウト状態でずっと走るのも大丈夫でしょうか
多少荒れてるぐらいの林道や緩やかなUPDOWNだとこちらで走りたいのです
あまり良くないなら空気圧を高めにします
今はポンプ持ってないですが・・

お礼日時:2011/11/08 10:31

 私はSIDを使用してますが、貴方様の言うとおり「そんなもん」です。


機構の事は詳しくは分かりませんが。

私個人の注意点としては
・エアをタイヤと同じ感覚で確認。
・オーバーホールを年一回(特に使用した年は)といった感じです。

ROCK SHOKは取扱店ならメーカー統一の整備料金が定められているので調べてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
そんなものなんですか ロックといくからにはロックなのかと思いました

初めてで分かりませんでした
ついている説明書も英語だし・・ 

空気をひんぱんに入れた抜いたりすると良くないと聞いたので、メンテが難しいのかと思いました
ロックした状態で荒れた路面を走るのは良くないともネットでみたのもあり

お礼日時:2011/11/08 10:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QH4式 マジェスタ エアサス修理

半年前に1度エアサスの修理をしまして、前後エアサスを交換・エアサスコンピューターも交換しましたが、先週フロント左右のエアサスが下がってしまいました。半年ぐらいでエアサスのほうは故障するものなのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。

>ノーマルで乗っています。

そうですか、現車を見ていないので何とも言えませんが、車高センサーや、コンプレッサ、エアドライヤーなどは交換したのでしょうかね?

それとも組み付けミス?、またはエアサスの不良?etc・・。色々な事が考えられますので、もう一度エアサスを交換した所に持ち込んで、詳しく点検修理して貰うしかないでしょうね。

Qフロントサスのエア調整

現時点でどれくらいの圧になっているのか確認しようと思ったのですが
クラウンの肩にあるキャップが外れません。
トルクレンチでとりあえず回してみたのですが
グルグル回るだけで抜けてくれません。
外すためには「RST SPECIAL WRENCH」のような特殊な工具が必要なのでしょうか?

RST社のこのフォークです
http://www.charic.jp/pc/Reviews.aspx?pid=50&iid=&variid=2079

Aベストアンサー

エア式じゃないのでは?

コイルスプリング式としか表記がありませんので
固さの調整しかできないはずです。

壊してなければいいのですけど。

Qエアサスの空気もれ

平成六年式クラウンに乗ってるんですが 昨日運転してたら普通走行で後ろがこすれたような音がしたので降りてみてみると
リアの車高が思いっきり下がってて 原因はリアのエアサスの空気漏れだなと思ったのですが とりあえず自分の駐車場に乗って帰ったのですが
修理は中古のエアサスではなく普通のサスを前と後ろの四本ともかえようと思うのですが
だいたい工賃ふくめてどのくらいかかるものなのでしょうか
よろしくお願いします 
なおパンクはしておりません

Aベストアンサー

スバル車のエアサス交換が高いので
フツーのサスに取り替えた人がいました。
すごい高いと言ってましたので、調べたらこんな結果です。
http://members12.tsukaeru.net/celsior/data/301airsus.htm

QMTBタイヤの空気圧についての質問です。エアゲージつきのフロアポンプで

MTBタイヤの空気圧についての質問です。エアゲージつきのフロアポンプで空気を入れているのですが、なかなか指定空気圧までとどきません。指定空気圧になる前に、タイヤがパンパンになってしまいます。空気が抜けるツマミみたいなのもあり、それを締めてもやはりダメです。
タイヤの太さは2.3、チューブは1.9~2.125と書いてありました。この差が原因なのでしょうか。

Aベストアンサー

何かがおかしいですね。

タイヤ幅2.3のMTBならストリートバイクかオールマウンテンでしょうか。
チューブも少し細身ですが、それが原因とは考えにくいです。

指定空気圧はそんなに高くないでしょうが、エアゲージが正常だと仮定して、エアが2キロ程度入ってくると指で押さえた感じでは結構固くなってきますよ。MTBタイヤで4キロぐらい圧が掛かって来ると、パチパチな感じになります。

>空気が抜けるツマミみたいなのもあり、それを締めてもやはりダメです。
この文章から、一瞬フレンチバルブかと想像したのですが、ジャンル的に2.3幅のタイヤを履かすバイクにフレンチは少ないです。

そして>それを締めてもダメです。と言う文から想像するにシュレーダー(米式)のバルブを増し締めしてもダメという事なのだと思います。

これらを総合的に考えますと、空気の入れ方については問題が無いようです。だとすれば、先にも書いた様に、感覚的なズレがあるのか、もしくはエアゲージが故障しているかの2点しか考えられません。実際にタイヤに空気は入っているようですので。

解決方法としては、やはり基準をハッキリさせる事ですね。要はエアゲージが正しいかどうか。その一点に尽きます。

確認方法としてはまず、自分がOKと思える範囲の空気圧を御所有のエアゲージで入れ、その空気圧を確認しておき、ご近所の自転車屋さん(またはバイク屋さん、ガソリンスタンド等)まで行って、何キロ入っているか確認する事ですね。

また専用のエアゲージを購入されるのもよいでしょう。エアはキッチリと測った方がよいですから。(ポンプのエアゲージはアバウトなモノが多いので。)

計測してゲージがあっていればよし。違っていてもその差を考えて入れれば、レースをするのでない限りストリートでは殆ど問題ないと思います。

余談ですがシュレーダー(米式バルブ)とは、バイクや車のタイヤと同じバルブです。文章から、フレンチでは無いと判断しましたが、もしフレンチだった場合、黒いプラスチックのキャップの下に出てくる滑り止めのついたツマミは、空気を入れるとき一杯に緩めておかなくてはいけません。(タイヤに空気は入っているようなのでフレンチでは無いと思うのですが。)そして、入れ終わった後はキッチリと右に回し、最後まで締めこんでください。

ともかく、一度別の計測器でお手持ちのポンプのエアゲージを確認された方がよいと思います。

参考になれば。

何かがおかしいですね。

タイヤ幅2.3のMTBならストリートバイクかオールマウンテンでしょうか。
チューブも少し細身ですが、それが原因とは考えにくいです。

指定空気圧はそんなに高くないでしょうが、エアゲージが正常だと仮定して、エアが2キロ程度入ってくると指で押さえた感じでは結構固くなってきますよ。MTBタイヤで4キロぐらい圧が掛かって来ると、パチパチな感じになります。

>空気が抜けるツマミみたいなのもあり、それを締めてもやはりダメです。
この文章から、一瞬フレンチバルブかと...続きを読む

Qクラウンのエアサス交換について教えてください。

平成2年式クラウンロイヤルサルーン3リッターハードトップの前輪のエアサスなんですが、片側が沈んだままになってしまい、傾いてしまっています。エンジンをかけても若干持ち直すんですが完全な水平までには戻りません。
年式が年式だけに、お金を掛けるのはもったいないと思い、解体屋で部品を調達し、自分で修理をしようかと思っておりますが、エアサスの脱着は素人でも可能なのでしょうか?
取り外すだけなら工具はそろっていますので可能と思われますが、取り付けが心配です。
HEIGHT CONTROLが付いており、特殊工具で調整しながらの作業になってしまうと、もうお手上げになってしまいます。
どなたかよいアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

ファイルセーフ機能はエアサスのスイッチとは無関係に働きます。ジャッキアップしたままでエンジンを始動すると、車高センサーが高すぎの信号出すので、エアサスコントロールユニットは排気バルブを開き、エアを排出しようとします。この動作を行っても車高が適正にならない場合は(ジャッキアップしているのだから当然ならない)、システムに異常が発生した物とみなし、その時点ですべての制御(TEMSも含め)を停止し、現状で固定します。

フェイルセーフモードからの復帰には車種年式などにより3種類の方法がありますので、以下の順序で試してください。フェイルセーフモードから復帰した場合には、TEMSのインジケーターが正常に動作しますが、フェイルセーフモードの時には、点滅を繰り返しますので、解除された場合にはその後の手順は必要ありません。


1)バッテリーのマイナス端子を10秒以上外しその後元に戻す。

2)ヒューズホルダーのECU Bのヒューズを10秒以上外し戻す。

3)エンジンルーム内の運手席のちょうど前あたりに、
10Pのコネクタがありますので、8番9番ピンを電線で短絡させて、IGキーをオン位置(エンジンは掛けない)までまわし、戻す。その後に短絡した端子を取り外す。

ファイルセーフ機能はエアサスのスイッチとは無関係に働きます。ジャッキアップしたままでエンジンを始動すると、車高センサーが高すぎの信号出すので、エアサスコントロールユニットは排気バルブを開き、エアを排出しようとします。この動作を行っても車高が適正にならない場合は(ジャッキアップしているのだから当然ならない)、システムに異常が発生した物とみなし、その時点ですべての制御(TEMSも含め)を停止し、現状で固定します。

フェイルセーフモードからの復帰には車種年式などにより3種類の...続きを読む

QMTBのFサスに仏式バルブが付いてるんですが

対応するサスポンプが無い。
米式→仏式アダプターで対応するしかないんでしょうが

何で仏式なの?
こんなん見たことあります?

後、こいつをショップでOIL交換頼んだら工賃は幾らくらい掛かりますか?

Aベストアンサー

サスポンプは通常は米式ですが、お気づきのようにアダプターを間に入れれば仏式のバルブでも対応できます。
最近のエアサスではほとんどが米式バルブになっているようですが、昔のモデルでは仏式も存在していました。実感としてはほとんどわかりませんでしたが、仏式の方が米式に比べ、微細なエア圧の管理がしやすい特徴があります。この辺の事情から敢えて仏式が採用されていたのではないでしょうか。

これはマルゾッキの結構古いモデルですよね。モデル名がわからないのではっきりした事はわかりませんが、オープンバス方式(サスの中にオイルが直接入っているタイプ)であればオイル交換は自分でも出来ると思います。メーカーHPなどで適合するオイルの番手と分量を調べ、トップキャップを外してひっくり返して内部のオイルをすべて抜き、そこへ計量した新しいオイルを入れるだけです。カートリッジ式のサスだったり、内部の洗浄をするのならショップに頼む方が安心でしょう。

ただ、この手の作業はショップによっては全く経験がなく、素人同然の場合もあります。ショップ選びは慎重にしたほうが良いでしょう。大体工賃は1万円前後ではないでしょうか。
自分がお勧めするのは轍屋です。
http://wadachiya.com/

サスポンプは通常は米式ですが、お気づきのようにアダプターを間に入れれば仏式のバルブでも対応できます。
最近のエアサスではほとんどが米式バルブになっているようですが、昔のモデルでは仏式も存在していました。実感としてはほとんどわかりませんでしたが、仏式の方が米式に比べ、微細なエア圧の管理がしやすい特徴があります。この辺の事情から敢えて仏式が採用されていたのではないでしょうか。

これはマルゾッキの結構古いモデルですよね。モデル名がわからないのではっきりした事はわかりませんが、...続きを読む

Qセルシオ20後期型のエアサス交換代について

セルシオの20後期型に乗っています。走行距離が14.5万キロに達しました。中古のセルシオ4.4万キロで買って10万キロ乗りました。ローダウン、ホイルの変更はしていないノーマル車です。平成9年登録なので今年で11年目になります。これまで目立った故障は、ATの故障ぐらいでかなり快調だと思います。ディーラーからは、そろそろ「エアサスの故障が来てもおかしくない」と言われています。「遠方のドライブに行った矢先でエアサスが壊れたら…」と思いますが壊れたらその場で走行不能になるのでしょうか?また、1箇所でも壊れたら4箇所同時に交換しなければいけないものなのでしょうか?修理代がかなり高いと言われているエアサス交換ですが私の車(セルシオ20後期型)は工賃含めるとディーラーでどのくらい掛かるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

エアサスが壊れても走行不能になる事はありませんが、
エアサスが逝った箇所のタイヤはいわゆるシャコタン・ノーサス状態になります。

また、エアサスが逝く前後には大概車高の変化が遅くなる・エンジンを切るとすぐに車高が落ちてしまうなどの前兆症状が現れます。

というのも、エアサスのトラブルの大半はベローズ(エアスプリング)のパンクが原因でして、
コイツはゴムで出来ていて、構造も頑丈な風船のようなものなので、
経年劣化や酷使により裂けて加圧できなくなるのです。

費用は1輪につき10万円前後と言われていますね。
交換はバランスの関係上、左右同時に行うことは多いですが、
基本的に4輪同時というのは前後が逝かない限りまずないと思います。

そのほかにはエアサスたるもの、当然それだけで成り立っているわけではないので、
センサー類やコンプレッサーの故障が原因の場合もありますが、これは割と希少な事例です。

QMTBのフロントサス

フロントサスってロックがありますのね。これって
どんなときに使用するんですか?街乗りでロックしたまま
走行してもいいでしょうか?

Aベストアンサー

街乗りではロックしたまま走行したほうが良いでしょう。
全力でペダリングしたときにサスをロックする、しないで前に進む感じにかなり差がありますよ。
ロックをしないとペダリングの力がサスストロークに逃げてしまい、力が無駄になります。
荒地ではロックを解除することにより、地形のデコボコをサスが吸収してくれるのでグリップや安定感の向上により楽に走行できます。
高級なフォークになるとショックに対してだけストロークしてくれる賢い物もあります。

Qエアサスと車高調

エアサスと車高調の違いが分かりません。
エアサスに車高調入れても意味が無いのですか?
エアサスでローダウン出来ますよね?
車高調入れないと下がらないんですか?
見てのとおり初心者なので教えて下さい。

Aベストアンサー

エアサスと車高調では、バネの役割をする物が違います。
エアサスでは、エアーの入ったバッグがバネの役割をし、車高調をはじめとして、いわゆる普通車に使われている物はスプリングをバネとしています。
こちらは、バネの自由長を縮めていく事によって車高が落ちます。

エアサスとは言っても、セルシオなどの一部の高級車には純正で装備されていた事もあり、 エアサス=車高を自由に変える物 ではありません。
これらの純正エアサス車には、社外品のエアーコントローラーを入れないと車高が下がりません。

エアサスに車高調は、そもそも構造的につかないはずなので意味が無いというか、無理です。
社外品の、車高を下げる事を前提として作られたエアサスなら、それだけで車高の上げ下げが出きます。

確か、エアサスのコントローラーは走行中に自由に車高を変えられる位置(手の届く位置)にあっては車検に通らないはずなので自分で取り付けなさるならご注意ください。

QMTB 700C フロントサス

はじめまして。
早速ですがご教授頂きたく書込みをさせていただきました。

現在、『04 GT-AVALANCHE2.0』を所有しているのですが、使用状況がロード専用となっておりますのでホイールを700Cに変更する事にしました。
先日商品をネットで発注した『700Cのホイール』と『パナレーサーT-servの700C×28』が納品されたので早速取付を致しました。
で、そこで問題が・・・。

リアに関しては問題無く取付が完了したのですが、フロントのクリアランス?が足りないみたいで、サスペンションに干渉してしまい回す事が出来ません。
他の方の質問を閲覧したところ23Cなら問題が無さそうなんですが、28Cのまま使用する事は出来ないのでしょうか? 多分方法として23Cに変更又はサスを700用に変更しかないかと・・・。

皆様、どうか悩んでいる私にご教授の程お願いします。

Aベストアンサー

フォークのアーチの部分に干渉しているのであれば
これはもうフォークかタイヤ交換になります。
というかそもそも回す前にクイックがはまらないような気がするのですが、
前輪の装着は可能だけど回らない状態なのでしょうか?

タイヤ交換の場合、23cと28cの間に25cも比較的多く出回っています。
できるだけ太めのタイヤということであれば前だけこちらの装着が
可能かをチェックしてもよいかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング