きちんと共生地で作って、糸でかがった貼り紋(切り付け紋・張り紋)って見た目に分かりますか?

いわゆるよくあるシールでぺたっと貼るシールの貼り紋ではなく、背紋もきちんと割って羽織と同じ正絹の生地に紋を書いて縫い合わせ、糸でかがって取れないようにした切り付け紋(貼り紋)です。

これは、見た目にも分かるものでしょうか?

シールの貼り紋は持っていますが、シール生地はポリエステルですし、いかにも貼った感が遠目にも分かりますが、ちゃんと紋屋さんの職人さんに依頼して貼ってもらう貼り紋はどの程度の物なのでしょうか?

実際に、紋付に貼り紋をされた方・貼り紋を作っている方々にご質問です。

A 回答 (1件)

わかるかわからないかということなら、一瞥でわかります。


タダ、紋というのが、本来染めであって、染め紋というのがどういうものかを知っている人ならということですが。

だって、本来の生地の上に、もう一枚乗せて、かつ、縫い代を内側に折り返して、くけて縫い付けているのですから、
どうしても厚みがでます。
本来の染め紋はヒラっとそのままですから。

実際に目前にしたことはないですが、写真で、いろんな人の紋付を姿を並んでみたときなどはわかります。
私のわかったのは、以前に、昭和の名人シリーズとかで、CDつきの落語の本が1年間でて、
その裏表紙に何号かは5人ぐらいの落語家さんの高座姿をアレコレ、乗せてあり、確か何がしかの落語会のPRだったような記憶があります。
そのなかのお一人があなたの言われる、縫い付けの貼り紋付姿でした。

マラソンランナーによく似ていることもあって、有名な方です。

どの程度に違いがあるかを見るなら、結構、あの写真は参考になると思うので、図書館などで、
最初のほうの号をあたってみると、わかりやすいでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q葵の御紋の意味は?

徳川家の葵の御紋にはなにか意味があるのですか?

私の名前はこれから付けられたのですが、
いまいちよくわからないので
意味があるのであれば教えてくれませんか?

Aベストアンサー

葵の紋は、京都の賀茂神社が由来です。
徳川氏(松平氏)の出身である三河地方は、
賀茂神社が勧進されたり、賀茂神社の神領が多くあったようで、
徳川氏のほか、本多氏、伊奈氏などが葵紋を用いています。

参考URL:http://www.harimaya.com/kamon/column/aoi.html

Q色無地+黒一つ紋羽織

子どもの小学校卒業式での装い(母親)を着物にしたいと考えています。

●「色無地(添付の色)」と「黒一つ紋羽織」の組み合わせどうでしょうか?

下記のことは一応知っています。
・着物での保護者の出席がほとんどない
・略礼装となる
・昔ながらの組み合わせである
・最近では、ほぼ着ない組み合わせである

でも
・着物は大好きです
・着付けは自身でできます
・他人へも着付けできます

もうひとつ、踏ん切りがつかない私にアドバイスをください  m(__)m

Aベストアンサー

#6の方の回答をみて、なるほど~と勉強させていただきました。

是非、着物で参加されてください!

私は一つ紋入りの色無地を着ましたが、保護者の中には嫁入りの時に誂えた豪華な訪問着(紋入りの格の高い方もいらっしゃいました)から、紋の入っていない色無地の方まで様々です。
入学式には小紋に羽織の方もいらっしゃいました。

せっかくお着物があるのに、遠慮して着ないのは勿体ないです。

着付けの先生ともお話しますが、今どき着物の格やTPOなど事細かに熟知している方がどれくらいいるのでしょうか?
しかも、先生によって、または呉服屋さんによって曖昧な部分もあります。
他のお母様がたが「あの方の着物、略礼装ね!」なんて言うとは思えませんし、洋装の方でも様々です。

友人も色無地に黒の一つ紋羽織で参加していますし、主人母に至っては、80歳なのでいまだに学校行事には黒の一つ紋羽織と思っています。

着物=訪問着・振袖というイメージしかない方もいらっしゃるので、不安もあるかと思いますが全くおかしいことはありませんし「やっぱり着物って素敵ね」と言われるかもしれません。
地方の私の町では普段の紬の着物でも、初詣に小紋や付け下げをきてもジロジロ見られます…
お宮参りや七五三しか着物を着ちゃいけないのか!と思うほど、ジロジロみられます。
主人の母も同じく、お茶・日舞・長唄三味線などのお稽古を幼少からしていたせいで、普段から毎日着物で着物の方が楽だし似合うのですが、道行く人に振り返られるそうです。

でも好きだから気にせず着ています。着物生活の方が長いですし。
私も同じく、ちょっとしたお出かけに着て行くようにしています。

私は母親が豪華に着付けた訪問着より、よっぽど付き添いのお母様らしいと思います(個人的な見解です)

体育館や講堂が寒ければ羽織を着たままでも構わないと思います。
帯を守る意味でも、羽織があった方がいいなぁ~と個人的には思います…

ご卒業おめでとうございます。

#6の方の回答をみて、なるほど~と勉強させていただきました。

是非、着物で参加されてください!

私は一つ紋入りの色無地を着ましたが、保護者の中には嫁入りの時に誂えた豪華な訪問着(紋入りの格の高い方もいらっしゃいました)から、紋の入っていない色無地の方まで様々です。
入学式には小紋に羽織の方もいらっしゃいました。

せっかくお着物があるのに、遠慮して着ないのは勿体ないです。

着付けの先生ともお話しますが、今どき着物の格やTPOなど事細かに熟知している方がどれくらいいるのでしょう...続きを読む

Q会計士事務所の桐の紋の意味をお教えください。

会計士事務所から『重要書類』と明記された袋をいただきました。
この袋に桐の紋がついていますが、この意味は何でしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、お教え願います。

Aベストアンサー

ありゃ。今みてみたら、2つも投稿されてましたね。
ごめんなさい。

桐の上の葉っぱの部分の、真ん中が5枚、左右が3枚、というものが五三、同様に真ん中が7枚で左右が5枚というのが、五七になります。
(七五じゃなくて五七でしたね。失礼しました)

http://www2.justnet.ne.jp/~nakano-n/kamon/html/ka.htm

Q色無地で華(花)紋のある振袖とは・・・

こんにちは。着物や礼装に詳しい方、どうか教えてください。
以前つくった私の唯一の着物(大振袖)についてです。
母は全く着物に詳しくなく、私も全然わかりませんでしたが、成人式に着る着物を私の意図は
無視され、強引に言い包められてしまいました。何でも祖母がよく知ってるひとだからと・・・
それが緑の色無地の大降袖で、首の後ろに華紋があります。背が高いから(169cm)ゴチャゴチャするから無地じゃないといけない、なんていわれたんです。でも先日テレビで、背が高い人は着物の柄がよくでていいなんて言ってました。呉服屋さんは嘘ついたんでしょうか。

色無地は格下、それから華紋はお洒落紋なので格が関係ないとネットでみました。
つまり、私の持っている色無地の華紋付き振袖というのは何かあったときに第一礼装として通用するんですか? しないような気がしているんですが・・・
色無地ではない振袖を着たひとと一緒にいると私は格下の着物を着てることになるんでしょうか?
例えば天皇陛下に逢うときに第一礼装で来いっていわれて着ていってもいいものなんでしょうか。

慰めはいいので、どうか率直に教えてください。私は未婚ですが、もし友人の結婚式に呼ばれたりしたら、もちょっと華やかなものを着ていきたいです。呼ばれたゲストとして正装は振袖ですが、振袖以外の着物を買って着ていったりしても失礼にならないんでしょうか・・・やはり失礼でしょうか。
自分で買うとしたら、どのようなものが良いですか? 率直に教えてくださると助かります。

こんにちは。着物や礼装に詳しい方、どうか教えてください。
以前つくった私の唯一の着物(大振袖)についてです。
母は全く着物に詳しくなく、私も全然わかりませんでしたが、成人式に着る着物を私の意図は
無視され、強引に言い包められてしまいました。何でも祖母がよく知ってるひとだからと・・・
それが緑の色無地の大降袖で、首の後ろに華紋があります。背が高いから(169cm)ゴチャゴチャするから無地じゃないといけない、なんていわれたんです。でも先日テレビで、背が高い人は着物の柄がよくで...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。30年ばかり趣味的に着物を着ている者で成人式を済ませた娘もおります。
まず最初に言っておきますが色無地の振袖は恥ずかしい着物ではありませんよ。
私は昨今の染めとは名ばかりのプリント振袖に辟易しています。絹自体があまり良いものを使ってませんのでペラペラとした感じが否めません。
色無地は絹地そのものの質感がよく出ます。おそらく上質の絹を染めたものではないかと思います。
それに加賀紋とか飾り紋と言いますが華やかな紋を入れたものでしょう。
帯を変えることでTPOに応じた着こなしが可能ですしご結婚後は袖を切って着ることもできるでしょう。

それでもやっぱり華やかな振袖に憧れる気持ちはわかります。
今しか着られないものだからこそ満足の行く一着が欲しいというなら2枚目を誂えるのも良いでしょう。
まず飾り紋のある色無地振袖の格ですが、おっしゃる通り、最高格にあたる第一礼装ではありません。
正式は染め抜きの五つ紋です。
そして総絵羽の大振袖がこの五つ紋に匹敵する格となります。
しかしですね、昨今の若いお嬢さんの好む振袖は一面にお花ばかりがプリントされてるようなものが多いですね。
あれは最高格の第一礼装とは言えないと私は思います。ドレス感覚なのでしょうね。
結婚式など正式な場にふさわしいのは吉祥紋と呼ばれる縁起の良い古典柄の着物です。
こうしたものでお品の良いものとなると結構な価格になります。
もしお求めになるなら、振袖ではなく訪問着をお求めになってはと思います。
振袖のような華やかさには欠けるかも知れませんがそれならミセスになっても着られます。
帯や小物合わせを華やかにすれば未婚の方も着られます。
紋の入った訪問着ならなお格上に着られるでしょう。今時はあまり見かけませんが昔はよくありました。

単に色無地だから格下とか総柄だから格上とは言えないのです。
便宜上、大振袖とか訪問着とか区別して一緒くたにしてますが、厳密には柄付け自体にも格があるのです。
お花畑のような振袖は決して格の高い着物ではないので、あなたの色無地が見劣りするとは私は思いません。

こんばんは。30年ばかり趣味的に着物を着ている者で成人式を済ませた娘もおります。
まず最初に言っておきますが色無地の振袖は恥ずかしい着物ではありませんよ。
私は昨今の染めとは名ばかりのプリント振袖に辟易しています。絹自体があまり良いものを使ってませんのでペラペラとした感じが否めません。
色無地は絹地そのものの質感がよく出ます。おそらく上質の絹を染めたものではないかと思います。
それに加賀紋とか飾り紋と言いますが華やかな紋を入れたものでしょう。
帯を変えることでTPOに応じた...続きを読む

Q「紋葉」って?

漢和辞典を見ていたら、「紋」の項目の難読に「紋葉(いさは)」というのありました。意味を知りたいのですが、国語辞典を調べても掲載されておりません。どなたかご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

学研国語大辞典に「いさは(斑葉・紋葉):植物の葉に、白・黄などの斑点(ハンテン)やすじのあるもの。葉緑素が退化して生ずる」とありました。
【用例】◆その日よりこそ、黄金斑(コガネフ)の紋葉とはなれ、ああひとつば〔薄田泣菫・詩・金星草の歌〕

Q握鋏(糸切り用)は105mm?120mm?

こんにちは。

握鋏(糸切り用。和裁で使います。)を新調する予定です。

今まで大きさなど考えたこともなかったのですが、皆さんは105mm派ですか?120mm派ですか?
私は男性ですが、手は小さい方です。

105mmと120mm両方入手するか?どちらかのサイズを二挺新調するか?(研ぎに出しているときに困らないようにするためと、長く大切に使うためです)迷っています。

アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

鋏は大事です。
手に合うものでないと切り難く、噛み合わせを外すと生地が痛むばかりです。
手の大きさではなく、握った感触と実際に切った時の手ごたえで決めたほうがいいと思います。

和裁をされるということで、研ぎに出す前提なら、大きくてもいいかと思います。
実際、20年超和裁をやって、月一回交互に研ぎに出していると、思いのほか小さくなります。

参考になれば幸いです。

Q京都の盆歌「さのやの糸桜」の意味は?

さのやの糸桜 盆にはどこもいそがしや 東のお茶屋のかどぐちに 
赤前だれに繻子の帯 ちょっと寄らんせ はいらんせ 
きんちゃくに 金がない のうてもだんない はいらんせ 
おう辛気 こう辛気 よいさっさ よいさっさ 
これから八丁 十八丁 八丁目のこぐりは こぐりにくいこぐりで 
頭のてっぺん すりむいて 一貫膏薬 二貫膏薬 それで治らな 一生の病じゃ

京都ではこんな盆歌が歌われていたそうです。
赤で男紋を描いた白の弓張り提灯を竹竿にズラリと通し、
その両端を二人の男の子がが担ぎ、
他の男の子は拍子木で囃しながらみんなで「よいさっさ」を歌って歩く。
女の子は白く女紋を染め抜いた紅提灯を持ち、「さのやの糸桜」を歌っていたそうです。

この盆歌の意味はどういう意味なのでしょう?
さのやの糸桜とは佐野藤右衛門邸のしだれ桜のことかなあ、と思います。
http://www.komazawa-u.ac.jp/~hagi/ko_nazo.html
によれば
おばけは檜杉を使った曲げ物で、その曲げた目を桜の皮でかがるので、糸をおぼけにたぐりこむとき、袖がおぼけにふれるところから。
とあり、おばけのことなのかなあ、と思ったりしますが
他は皆目意味がわかりません。

お分かりになる方、いらっしゃいますか?

また男紋・女紋ってどういうものなのでしょうか?

さのやの糸桜 盆にはどこもいそがしや 東のお茶屋のかどぐちに 
赤前だれに繻子の帯 ちょっと寄らんせ はいらんせ 
きんちゃくに 金がない のうてもだんない はいらんせ 
おう辛気 こう辛気 よいさっさ よいさっさ 
これから八丁 十八丁 八丁目のこぐりは こぐりにくいこぐりで 
頭のてっぺん すりむいて 一貫膏薬 二貫膏薬 それで治らな 一生の病じゃ

京都ではこんな盆歌が歌われていたそうです。
赤で男紋を描いた白の弓張り提灯を竹竿にズラリと通し、
その両端を二人の男の...続きを読む

Aベストアンサー

わらべ歌の本によると
さのやの糸桜の唄(女唄)と、よいさっさの唄(男唄)の二つに分かれていて節も少し違います。  しかし別の唄でなくつながりありそうです。
「さのや」は「さのやさのや」とか「さあのやさあのや」とか各地の童唄でよく使われており、著者は単なる囃子言葉と見ていますが、そうすると「さのやの糸桜」は枕詞になります。   私は京の「佐野屋の糸桜」と唄っていたのが各地に伝わり、頭の「さのや」だけ残ったのではないかと思います。
「東のお茶屋の門口に赤前垂に繻子の帯」は東のお茶屋は祇園新地の妓楼で島繻子の帯を二つ折りで左に結び、赤前垂して桐の引下駄をはいた妓が客の呼び込みをしていました。
「ちょっと寄らんせ 入らんせ 巾着に金がない のうても(無くても)だんない(大事ない=かまわない)入らんせ おう辛気(じれったい)こう辛気(けちくさい)」ということでしょう。  
次ぎは男児の「よいさっさ」の唄
「こぐり」は潜り(くぐり)の訛りで、潜りにくい潜り(木戸)です。
先賢の答え通り木戸番のいる木戸で夜は閉まり、狭い潜り戸を頭をぶつけながら通ったのでしょう。    木戸をあけて貰うのに12文掛かったそうです。
「それで治らな(い) 一生の病さ」それでも懲りずに女遊びをするのが男さ ということでしょう。
男紋は父方つまり家紋で女紋は母方の家紋といいます。

わらべ歌の本によると
さのやの糸桜の唄(女唄)と、よいさっさの唄(男唄)の二つに分かれていて節も少し違います。  しかし別の唄でなくつながりありそうです。
「さのや」は「さのやさのや」とか「さあのやさあのや」とか各地の童唄でよく使われており、著者は単なる囃子言葉と見ていますが、そうすると「さのやの糸桜」は枕詞になります。   私は京の「佐野屋の糸桜」と唄っていたのが各地に伝わり、頭の「さのや」だけ残ったのではないかと思います。
「東のお茶屋の門口に赤前垂に繻子の帯」は東の...続きを読む

Qレース地のコートはどのように仕立てるべきでしょうか

30代の着物好きです。
先日レース地の反物を購入しました。
近々お仕立てを頼もうと思っているので、ご相談させてください。

羽織ものが好きなので、春夏にも帯つきではなく、ちりよけを着たいと思ったためです。

着物用に仕立てられたレース地の反物です。

一般的に春夏のちりよけとして売られている既製品は、道行や道中着が多いようですが、羽織で作ってもおかしくないでしょうか?

出来れば室内などでも脱がないで過ごしたいなと思っているのですが、羽織が一般的でないなら道中着にしようかと思っています。

あと、塵よけとしての利用の場合は長さはどの位が適当でしょうか。
これももちろん好みだとは思うのですが、ひざ裏くらいがいいでしょうか。

現在このような塵よけをお使いの方がいらっしゃいましたらアドバイス頂ければと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

先週の日曜日の夜に品川駅でお見かけしました、緑の4-5cmモチーフつなぎのようなレースの'羽織'の比較的お若い女性です。
素敵でした。
着丈は私の好きな2尺5寸より、少し長いかなって思いましたので、2尺6寸(1m?)でしょうか。
身頃は透けてますが、襟部分がしっかりと緑が濃くて、印象的でした。
羽織のほうが襟が色が濃く出る分、べたな色イメージをもっていたほうがいいです。

そう、いまどきは、反物としてのレースがあるのですか?

室内でも脱がないというなら、'羽織'でしょう。
コートの類、道中着では、洋服で言うならまさに'コート'を室内で脱がないわけですから。

羽織は、ジャケットですから、寒暖にあわせて私は着脱します。

紋付でもなければ、室内でフォーマルとして、着るのは女性は邪道ですから、別に、フォーマルのときの
「道々の防寒用、塵除け」としての着用は羽織でも、コートでも何でもいいのでは?
雨模様などのとき、フォーマルも何もないですからね。

喪服用として仕立てられたコートを何点か、たまたまですが、オークションで落としてといてますが、
大体どれも、しつけのついたままです。
こだわると、登場場面がないわけです。

フレキシブルにお考えください。

丈だって、好きな丈でいいと思いますよ。
スカート丈と同じです、流行もあるし、自分の好きな丈もあるし、着物の柄・格との調和もあるし
それに関するご本人の感性もあるから。

それと、レースだと、あまり裏は関係ないですが、羽織は引返しにして、羽裏は乳布(羽織紐の位置)の上1寸ぐらいが
・・・というのが、従来の'常識'ですが、コレ、裏はまったく裏として楽しむなら、引返し分が、短いほうが、
裏がまったくチガウ・・・を楽しめて、私はステキ・・・と思います。
実際には無理ですが、リバーシブルでも楽しめるようなものを私は作ったりもします。

レースに、裏をつけて、レース模様を浮き立たせるなども、楽しいかもしれない。
リサイクルキモノ店のお姉さんがこんな風な着物を着ていましたね。
あのレースはたぶん、洋服生地でしょう。
夏のコットンのワンピースを作るようなレース生地に、普通に、デシンのような裏をつけて、レースが浮き立ってました。

お楽しみください。

先週の日曜日の夜に品川駅でお見かけしました、緑の4-5cmモチーフつなぎのようなレースの'羽織'の比較的お若い女性です。
素敵でした。
着丈は私の好きな2尺5寸より、少し長いかなって思いましたので、2尺6寸(1m?)でしょうか。
身頃は透けてますが、襟部分がしっかりと緑が濃くて、印象的でした。
羽織のほうが襟が色が濃く出る分、べたな色イメージをもっていたほうがいいです。

そう、いまどきは、反物としてのレースがあるのですか?

室内でも脱がないというなら、'羽織'でしょう。
コートの類、道中着では、...続きを読む

Q張り紋ってどうですか?

これといって身内に結婚式があるという訳ではありませんが、手頃な訪問着仕立ての色留袖を見付けたので購入しようかと思っています。未婚の実兄と義妹がいますが、結婚の意思はわかりません…。(比翼は白い伊達衿で間に合わせたとして)紋が入っていないので染め抜き三つ紋を入れて準礼装の色留袖にしようか、活用の場が多いであろう一つ紋(略礼装になるのでしょうか?)にしようか悩んでいます。叙勲で宮中にいくことは無いと思うので一つ紋か三つ紋でいいと思っていますが、どちらの方が着る機会が多いのかアドバイス下さい。ちなみにフォーマル系の手持ちは茜色の色無地一つ紋入りと紋の入っていない訪問着です。また張り紋というのがあるそうですが、簡単に貼ったり剥がしたり何度も再利用できるものなのでしょうか?間に合わせに張り紋を使ったりするのはどんなものでしょうか?

Aベストアンサー

>また張り紋というのがあるそうですが、簡単に貼ったり剥がしたり何度も再利用できるものなのでしょうか?間に合わせに張り紋を使ったりするのはどんなものでしょうか?

どうも、張り紋というのを誤解されているようですが、
あれは、ワッペンのようなものであれ自体が「シャレ」ではなく
間に合わせなのです。

お祝い事に紋に張り紋するぐらいなら、しないほうがいいです。
これは不祝儀に限っての、必殺技としてのピンチヒッターのようなものですが、とりあえず、バッターボックスに立ったというだけのものです。
ないとダメだから、というだけのものです。

どうしてか理由を説明するとわかるのですが、お祝い事の紋付は事前に当然用意をしておく。
お祝い事はあったほうがいいから。

準備してない人はみっともない、そういうお支度も持っていない、晴れ着がないという、ですから、これに張り紋をするということは目立つことですから、非常に体裁の悪いという目印。

不祝儀黒)にはどうして許されるかというと、誰も不幸を予測していないから、結婚したときに持っていくかそれ以外は、準備すると、
人が死ぬとか(縁起カツギ)、
死ぬのを待つ(呪い?)ようで、
遠慮しているうちになくなるようなことがあると、緊急で
張り紋をして間に合わせるのです。
デ、「私は張り紋」というのは、準備をしてないが、待っているわけではなかったという一種の言い訳? だから、この場合はみっともないが、恥ずかしくはないといういいわけになるのです。
それ以降は紋を入れてもいいのです。

今はそのようなことも余りなく、レンタルなら、ほとんどが五三の桐で済ませてしまいますので、張り紋自体が自分のものと言うことで
こだわりに見えるのかも知れないですが・・・・。

伊達襟と比翼は同じ意味から始まっているのですが、
2枚重ねてきているという目印ではあるのですが、
比翼はあくまでも重ねてきている下が白の着物であるということが必要なのです。
だから、あくまでも、白の着物を演出する必要がある。
見えるところに、「白」を全部見せる。
本来2枚きているべきなのをインチキしているのですから。
伊達襟というのは、ただ、しゃれとして残るなら、襟を見せればいいということで襟が残った、儀式としての意味はないから。

どうして、白だと着ているというのにこだわるかというと、あれは、
切腹とか、討ち入りとか、あだ討ちとかするときに白を着るでしょう、時代劇では。
あれと、同じ意味なのです。
つまりは、そういう覚悟で望む儀式だから、白の着物をきている。

ただの、しゃれではないから、すそにも「白」、袖のふりにも「白」
襟にも「白」とこだわる。

紋は「紋」だから、簡単に替えられるというのは本来×なので、
格も下。
染が上で、刺繍は下(解けるから)なのです。

それからいうと、「紋」が張物で替えられるというのがどういうことか
わかるでしょう?
旗色を替えるというのと同じ意味なのです。
元は、武家の風習だから。

>また張り紋というのがあるそうですが、簡単に貼ったり剥がしたり何度も再利用できるものなのでしょうか?間に合わせに張り紋を使ったりするのはどんなものでしょうか?

どうも、張り紋というのを誤解されているようですが、
あれは、ワッペンのようなものであれ自体が「シャレ」ではなく
間に合わせなのです。

お祝い事に紋に張り紋するぐらいなら、しないほうがいいです。
これは不祝儀に限っての、必殺技としてのピンチヒッターのようなものですが、とりあえず、バッターボックスに立ったというだけの...続きを読む

Q真綿紬地の名古屋帯

真綿紬地の名古屋帯が手元にあるのですが、画像のような色合い、生地感です。
これからの単衣の季節、無地に近い紬(普段着~ランチ程度)に
合わせられたらと思っているのですが、
こちらは、やはり秋の単衣向きでしょうか。

Aベストアンサー

遊びで着物を着ているものです。

色柄は季節を問わないと思いますし、お洒落向けですから普段着~ランチ程度に素敵な帯だと思います。

ただ、写真では生地の感じまでは正直分かりづらいのですが、温かみのある厚手の感じがしないでしょうか?
その場合は、初夏の単には少し暑苦しさを感じないかと思います。

私でしたら秋単衣の後半から袷の期間によく使い、春の単衣には使わない気がします。
合わせる着物も大島や普通の紬のような袷にもするものに合わせて、薄手の塩沢のような夏に近いイメージの着物には合わせない気がします。
たぶん載せた時に違和感を感じてしまいそうなので。
ただ、これも他に使う帯があればの話であって、使ってはいけないというわけではありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング