【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

昔の人は数をかぞえるのに、
「ひい、ふう、みい、よう、いつ、むう、なな、やー、ここのつ、とう」
とかぞえました。
この中で「ここのつ」だけが浮いています。
数をかぞえるのですからリズムが大切です。
その証拠に五は「いつつ」なのを「いつ」と短く発音しています。
ところが九だけは4音となっており、リズムが崩れます。
これは何故でしょうか?
言葉のリズムを大切にしてきた日本人の習慣と合わない気がします。
「ここ」と短く発音しなかったのはどうしてでしょう。

また、「ここのつ」には、本来の意味があるような気がします。「の」が場所や所有を現すもののように思えるのですが…。たとえば「此処の津」「個々の都」とか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

「九」はもともと「ここの」と読みます。


「たくさん」を意味する「ここだ」「ここら」と同じ語源といわれています。
九以下の数詞の下に添え個数を表す接尾語「つ」が「ここの」について「ここのつ」となります。
「ここの」が略されたものが「ここ」「この」です。
(他にも古代渤海語由来説などがあります)

「ここの」ではリズムが崩れるというご指摘ですが、大和言葉における数のかぞえ方は、一から順番にリズムよく唱えるように成立したものではない、ということを前提に置いてみるとよいかもしれません。
大昔では「一(pito)」や「二(puta)」のように小さな数はまだしも、それ以上の大きな数になると「たくさん」とひとくくりに表していました。これは日本だけに限らず世界中のさまざまな文化圏で見られる事象だそうです。
文化が発達するにつれ、次第に大きな数を表す語が必要となってきますが、
「三(mi)」→「六(mu)」
「四(yo)」→「八(ya)」
というように、小さな数からその倍数を表す語が生まれたという説もよく耳にします。
ちなみに「十(とお)」の語源は「多数」を表す「撓(とを・とをを・たわわ)」であり、指を十本曲げる意味に由来し、一~九までをひとまとめにするニュアンスを持ちますので。「とつ」のように「個」を意味する「つ」はつきません。
一~十までを表す語が揃ったのちに「数え唄」が生まれたのではないでしょうか。
そのとき、リズムを調えるために「ここの」が「ここ」「この」などと省略されたのだと思われます。

学会諸説あるようですので、参考までにお留めおきくだされば幸いです。
    • good
    • 5

探していただいたURLでよく分かりました。


登場人物が二人いて、成功した客は八つ、失敗した客は四つと関係がありますね。No.9で述べたとおりです。「四つは真似をして一文損をした方の男ではありませんか」

yoshinobu_09さん、横道にそれて失例しました。
    • good
    • 0

No.9さんへ


(規則違反で削除になるかもしれませんが)

>質問者にとってはどちらでもいいことでしょう。
→ですから,さいしょからその旨断っています。

>どちらでもいいことですが、ときそばの時刻は八つでよいと思います。
→探したページをご紹介します。
わたしの記憶と理解のほうが正しかったと信じます。
http://ensou-dakudaku.net/furrok/mondo.html

参考URL:http://ensou-dakudaku.net/furrok/mondo.html
    • good
    • 0

9にだけ「つ」をつけたらリズムがおかしいのはあたりまえではないでしょうか?



「つ」を最後につけるなら、ひとつ、ふたつ、・・・
ななつ、やっつ、ここのつ、・・・でしょう。

つけないなら、なな、や、こう(この)・・・となりますから、特段リズムが崩れてはいません。

あと、「ここのつ」の由来や意味としては、諸説あるようですが。

ここのつは「この世の船着場」?
http://oyaji.room.ne.jp/~sam36/opinion/shihou-14 …

古代ヘブライ語で詩文になる?
http://www.pluto.dti.ne.jp/~msk/hifumi.htm

あんまりトンデモ的な解釈はどうかと思いますけど。(^^;
    • good
    • 0

 順序数詞とその接尾語「つ」付きの刻限呼称や個数詞などのグループ分けしてみました。

概ねリズムやバランスは取れているのではないでしょうか。

 日本語の唱え上げの(順)序数詞
基本語…… ひ    ふ   み   よ   い   む   な   や   こ   と
(変化形)…(ひい) (ふう) (みい) (よう) (いつ) (むう) (なあ) (やあ) (この) (とお)

接尾語付…ひとつ ふたつ みつ  よつ  いつ  むつ  ななつ  やつ  ここぬつ  とお
(変化形)…ひとつ ふたつ みっつ よっつ いつつ むっつ ななつ  やっつ ここのつ とおお

 日本語の基数詞
漢数字…… 一  二(双)   三  四  五  六   七  八  九  十
(大字)…壱・壹・弌 弐・貳  参  肆  伍  陸   漆   捌   玖   拾
(音よみ)…イ(チ・ツ) ニ    サン  シ  ゴ   ロク  シチ ハチ キュウ ジュウ
(訓よみ)…ひと  ふた  みい よ(ん) いい むう なな  やあ この とお
    • good
    • 1

昔の発音は、


なな、やー、ここの、とー
あるいは、なな、やー、この、とー

だったそうです。
「ここの、とー」が崩れて「ここのつ、とー」になったのでしょう。
    • good
    • 2

言語学的には詳しくありませんが民俗学的に・・・



古代日本語の数え方は純粋に今日まで残っているわけではなく断片的に、習慣的に残っているので全体像が分かりにくいと思います。ひい、ふう、みいという数え方はひとつの便法です。

穀類や酒、油などを枡(マス)で計るとき、途中で数を言い間違えたり、忘れないように、作業中ずっと数を繰り返していました。
例えば、ひとひとひと、ふたふたふた、みつみつみつ
或いは間隔がもっと短くてもよい場合は、ひい、ふう、みい、という具合に。

この数え方は落語になって、「今、何時だ」「やっつだ(午後二時ごろ)」「そうか、八つ、九つ」といって数をごまかす話が残っています。(時刻と数の話)

ひとツ(一個)ふたツ(二個)三ツ(三個)と数えて
ここのツとなります。従って「の」は場所や所有を表すものではありません。

みそじ(三十路)、よそじ(四十路)、いそじ(五十路)と年代(年齢)を表しますが、90路(代)は、ここのじとなります。

ここのつは口調が悪いように見えますが10単位で数えるのが普通なので英語の「8,9and 10」のように、これでリズムは取れていると思います。実際に数えてみれば納得いくと思いますが、「ここの~ツ、とう」で口調よく終えて、更に続ける場合は、横に10単位を示すものを置いて(みかん一個とか)又、ひい、ふう、みいと続けたのです。
    • good
    • 1

私の出身地 (京都) では



ひい ふう みい よう いつ むう なな やあ こう とお

ひとつ ふたつ みっつ よっつ いつつ むっつ ななつ やっつ ここのつ とお

と言ってました。

ちなみに、なぜ「とつ」と言わないのかは分かりません。
    • good
    • 1

ひい ふう みい よう いつ むう なな やあ ここの とお



ひとつ ふたつ みっつ よっつ いつつ むっつ ななつ やっつ ここのつ とお

では?
    • good
    • 1

>「ここのつ」には、本来の意味があるような気がします。



 昔の時刻の呼び方だそうです。今の午前と午後の一二時頃と書いてあります。(下記サイト参照)
 参考になれば幸いです。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B6%E5 …
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qひとつ ふたつ …… ここのつ とお の先。

ひとつ ふたつ みっつ よっつ いつつ むっつ ななつ やっつ ここのつ とお
この先の数は "つ" では 数えられないのでしょうか?

もし文書中,"24" を数える場合,"ひとつ" を "1個" などに書き換えた方が良いですか?

"ひとつの文書に"・"ひとつ以上の"・"ひとつだけ存在する"などを使っています。
他に,"みっつの"と使っています。

できるのなら,"ななつの" を使う予定があります。

"1以上24以内の" を "ひとつ以上……以内" と書きたいのですが…。

Aベストアンサー

 小学校でも「とお」までしか教えないです。
 下のようなサイトがありましたが、古代の数え方とのことです。

参考URL:http://www.sf.airnet.ne.jp/~ts/language/number/ancient_japanesej.html

Qどなたか教えてください。漢数字の事です。

漢数字なのですが、
「ひい、ふう、みい、よ」と数えたり
「いち、にい、さん、し」と数えたり
由来を教えてもらえたら嬉しいです。
もう一つ聞きたいのは、何故、漢数字の
「一」はかずとよむのでしょうか。。。。。
ふと疑問がでました。

漢数字について、知りたいです。

漢字って、面白いですね。最近特に思います。

Aベストアンサー

#2の回答のとおり
「ひい、ふう、みい、よ」は日本古来
「いち、にい、さん、し」は中国伝来
です。

現在の中国の標準話では、
「イー、アル、サン、スー・・・・」となっていますが、
日本に伝わった頃には、日本人の耳に「イチ、ニー、サン、シー・・・・」と聞こえるような発音をしていました。

中原(黄河中流域の漢民族の活動の中心地)を追われて各地の辺境に住む客家(はっか)の人々は、
「イッ、ニー、サーム、シー・・・・」と発音します。

また、中国の影響の及んだ周辺の国の一部でも、「イチ、ニー、サン、シー・・・」のように発音するのをテレビの紀行番組などでみることがあります。

「ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ・・・・」は、
「ひ、ふ、み、よ・・・」にそれぞれ「t-tu」がついて、
「hi-totu、hu-tatu、mi-ttu、yo-ttu・・・」のようになったものでしょう。
「とう」だけ変化がないのはなぜでしょうね。

Q「ひとつ、ふたつ」の数え方の「11」以降は何ですか

以前に、「ひとつ、ふたつ・・・」の数え方と「いち、に・・・」の数え方の違いについて、このサイトにてお尋ねしたことがります。
その際に以下のご回答をいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「「一」「二」「三」を「ひとつ」「ふたつ」「みっつ」と読むときは字訓であり、「いち」「に」「さん」と読むときは字音である。前者は固有の国語で、後者は漢語である。」(佐藤喜代治「日本の漢語」)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして私は「なるほど」と納得したのですが、ではこの字訓の読み方をする場合の11以降は、どのように解釈すればいいのでしょうか。

どなたかご存じでしたら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

はい.

参考URL:http://www.sf.airnet.ne.jp/~ts/language/number/ancient_japanesej.html

Q数字の数え方

大変基本的な事ですが、どなたか教えてください。

数字の数え方には、、
いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、・・・
とかぞえるのと、

ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっつ、ななつ ・・・
という数え方があります。

これを前提に百までの数を数えてみると、

じゅう、にじゅう、さんじゅう、よんじゅう、ごじゅう、ろくじゅう・・・

と、40の所が、「しじゅう」ではなく、「よんじゅう」と読むのが普通のように思えます。

どうして、40のときは、「よんじゅう」と読むのでしょうか? それとも、この読み方は間違いで、正しくは「しゅじゅう」と読むべきなのでしょうか? 

また、70も、「しちじゅう」ではなく、「ななじゅう」と読むのが普通うに思われます。 これも同様に不思議です。

Aベストアンサー

 公用文は漢字漢文だった武家社会も、江戸中期にいたり商業の発達とともに、漢語と固有の国語との混ぜ読みや、口で読み上げ耳で聞く言葉が、いわゆる「商人読み」の形で盛んになってきたといわれている。当時のものの本には既に、音呼のゆれが記されている。
「数目に七ト四ト音呼近似にて誤り易きを以て、七をナナと呼也。七百、七十、七をナナ百、ナナ拾、ナナというなり」(「俚言集覧」)
 また軍隊読みでも、フランス式から始まった陸軍では零(ゼロ)や糎(センチ/サンチ)単位の呼称であり、英国式の海軍では零(れい)や吋(インチ)呼称由来なので、音呼もやや異なってしまっている。
 算数での九九(九帰法)や算盤の数読み上げなどの経験の程度によっても音呼は違ってきている。
 今日びは、漱石など総ルビでなければ読めないとは、よく言われることだが、そこに書かれた漢数字ですら、果たして漱石の時代の人々がどう音呼していたのかと考えると、音呼のゆらぎには計り知れない時代の流れが感じられます。
 以下に、音呼の基本的な姿を求めてみました。
====================================================================================
漢数字・・大字・・・・音読み・・唱え上げ→助数詞・・→訓読み(順序)→変化形例
一・・・・・・壹/弌・・・いち・・・・ひ→ひい→ひいとつ→ひとつ・・・・・・→ひ(と)
二(双)・・・弐/貳・・・に(い)・・・ふ→ふう→ふうたつ→ふたつ・・・・・→ふ(た)
三・・・・・・参・・・・・・さん・・・・み→みい→みいつ・→みつ/みっつ・→み(い)
四・・・・・・肆・・・・・・し(い)・・・よ→よお→よおつ・・→よつ/よっつ・→よ(う)
五・・・・・・伍・・・・・・ご(お)・・・い→いい→いいつ・・→いつ/いつつ→いつ
六・・・・・・陸・・・・・・ろく・・・・・む→むう→むうつ・・→むつ/むっつ・→むう
七・・・・・・漆・・・・・・しち・・・・・な→なあ→なあつ・→ななつ・・・・・・→なな
八・・・・・・捌・・・・・・はち・・・・や→やあ→やあつ・→やつ/やっつ・→やあ
九・・・・・・玖・・・・・・きう・・・・・こ→こお→こお(の)つ→ここのつ・・→この/こぬ
十・・・・・・拾・・・・・・じふ・・・・と→とお→とおち・・・→とお(ち)・・・・・→とお

漢数字・・大字・・・・音読み・・・・・・・・・・・・・歳齢・・・・・・・・・・・・・・・・・・日にち
二十・・・・弐拾・・・・にいじふ→にじゅう・・・ふたそとし→はたち・・ふたそか/はつか
三十・・・・参拾・・・・さんじふ→さんじゅう・・みそとし・・→みそぢ・・・・みそか 
四十・・・・肆拾・・・・しいじふ→し(い)じゅう・よそとし・・→よそぢ・・・・よそか
五十・・・・伍拾・・・・ごおじふ→ごじゅう・・・・いそとし・・→いそぢ・・・・いそか
六十・・・・陸拾・・・・ろくじふ→ろくじゅう・・・むそとし・・→むそぢ・・・・むそか
七十・・・・漆拾・・・・しちじふ→しちじゅう・・ななそとし→ななそぢ・・・ななそか
八十・・・・捌拾・・・・はちじふ→はちじゅう・やそとし・・→やそぢ・・・・やそか
九十・・・・玖拾・・・・きうじふ→きゅうじゅう・ここのそとし→ここのそぢここそか
百・・・・・・壱百・・・・いちひゃく→ひゃく・・・・ももとし・・・→ももとせ・・・ももか

 公用文は漢字漢文だった武家社会も、江戸中期にいたり商業の発達とともに、漢語と固有の国語との混ぜ読みや、口で読み上げ耳で聞く言葉が、いわゆる「商人読み」の形で盛んになってきたといわれている。当時のものの本には既に、音呼のゆれが記されている。
「数目に七ト四ト音呼近似にて誤り易きを以て、七をナナと呼也。七百、七十、七をナナ百、ナナ拾、ナナというなり」(「俚言集覧」)
 また軍隊読みでも、フランス式から始まった陸軍では零(ゼロ)や糎(センチ/サンチ)単位の呼称であり、英国式の海軍で...続きを読む

Q数字は「大和言葉」においては、どう読めばいいんですか?

みなさんご存知の通り、数字の「大和言葉」での読みは、以下の通りです。
「ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっつ、ななつ、やっつ、
ここのつ、とお」
では、例えば「584379」のように桁の大きい数字は大和言葉では何と
読むのでしょうか?

二十は「はた」? 三十は「みそ」? 百は「もも」? 千は「ち」?
万は「よろず」? 億は??

数字は「大和言葉」においては、どう読めばいいんですか?

Aベストアンサー

そんなに大きな数値は読めないと思います.
245個だと「200個と40個と5個」って読むのでめんどうですけどね.

参考URL:http://www.sf.airnet.ne.jp/~ts/language/number/ancient_japanesej.html

Qひい、ふう、みいについて

ひい、ふう、みいという日本古来の数え方があります。
いち、に、さんという数え方は中国語から来たそうです。
ひい、ふう、みいという数え方で11はなんと言うのでしょう?
20は? 
100は?

Aベストアンサー

ひい、ふう、みい、、では「とお」までです。
幼稚園児が1、2、3、いっぱいというのとおなじ。

11や12は「とおあまりひとつ(ふたつ)」らしい。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311265118?fr=rcmd_chie_detail
ひい、ふう、みい、、はひとつ、ふたつ、みっつ、、が変化した言い方という説もある。


人気Q&Aランキング