マンガでよめる痔のこと・薬のこと

舞台俳優は、皆さんよく通る声をしていますが、誰でも訓練さえすれば、そんな声が出るようになるのでしょうか。
たとえば、演技力はあるが、大きな声が出ないために、舞台俳優をあきらめたというケースはありますか。
同じ人間なのだから、のどの構造は基本的に同じだと思います。
ですから、そのコツをつかめば、のどに障害がある人をのぞいて、誰でも出るようになるような気がします。
また、訓練には、何年くらい必要なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんばんは、はじめまして。



私は高校の演劇部におりましたが、舞台用の発声がどうしてもできなくて部活動をあきらめた部員は、私が在籍した3年間で一人もいませんでしたよ。大概2~3ヶ月(部活動で毎日発声練習をして。ウチの部は年末年始以外は土日も活動してました)でできるようになりました。できるようにならないと、舞台に出演させてもらえません。
中学校演劇・高校演劇の大会でも、「マイクを使用」した例は聞いたことがありません。
しかし、独学では無理だと思います。
体感しないと、自分の声が出ているか・出ていないか感覚がわからないので、必ずできる方に教えてもらった方がいいでしょう。
舞台経験者が周りにいない場合は、合唱・声楽経験者に教えてもらうのもいいと思います。
最悪、誰も経験者がいない場合、お友達に少しずつ離れてもらって「ここまで声が届いているよー」と確認しながら練習しましょう。

大きな声が出やすい骨格というのはあります。それは、頬骨の位置が高くて口の中の空間が広い人です。こういう骨格の方は、あまり努力しなくてもある程度の大きさの声が生まれつき出ます。しかし、その分、腹式呼吸でそれ以上のボリュームの声を出せるようになるまでのコツがつかみにくいという欠点があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
大変参考になります。
ほぼ100%の方ができるようになると言うことですね。
舞台をされているお仲間で、声楽家のような声を出せる方は、いらっしゃいましたか?

お礼日時:2012/02/17 22:37

No.4です。


お礼をありがとうございました。

>舞台をされているお仲間で、声楽家のような声を出せる方は、いらっしゃいましたか?

演劇仲間に3人「かつて合唱・声楽をやっていた」という人がいましたが、3人が3人とも混乱してましたね。
私自身は声楽をやった経験がないのでよくわからなかったのですが、3人とももう腹式呼吸は会得してしまっていて問題ないけれど、台詞をしゃべらせると他の役者と「なんか違う?」んですね。強いて言うなら「ムダに響きすぎる」というか。
演劇の場合の発声は、目的意識を持ってスパーンとまっしぐらに客席に「言葉」が届いて、お客様が劇の内容が伝わるのが一番大事なんです。
その3人の声楽経験者が話す台詞は、「音としてすごく美しいけど、何を言っているのかわからないぞ」というのが私の感想です。
3人とも、次第に演劇っぽい台詞が話せるようになりました。

この回答への補足

下記は、観客を感動を与える合唱の一つの形だと思います。
Master of Harmony という合唱団です。

補足日時:2012/02/19 13:21
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
非常に興味深く読ませて頂きました。

後出しで誠に申し訳ございませんが、実は、この質問の真の目的は、合唱、声楽、そして、演劇の発声の違いを知りたいという事でした。

私は合唱と声楽をやっています。
合唱だけをやっている人は、何十年やっても、声楽家の様な声になる人はごく少数です。
合唱界では、声楽家の様な声は、才能の一言で片付けられてしまいますし、みんなそう信じこんでいます。

一方、演劇をやっている人は、ほとんどの人が、舞台上で個人単独で、
客席に声を届けることができるはずです。
舞台俳優は、舞台上で自分一人の声を客席に届けるという点で、声楽家に似ています。

どこからこの違いが出てくるのか、私は非常に興味を持ちました。
本当に才能だけなのか、それとも、本来、誰でも声楽家の様な声が出せるのか。

そこであえて、上記の事を伏せて、疑問点を一点に絞って質問させて頂きました。
「舞台俳優の様な声は、誰でも出せるようになるのかどうか」と言うことです。
それを伏せたことによって、不快に感じられた方には、謝罪させて頂きます。

実は、今までで、私の一番印象に残った合唱は、ある演劇の中で、20人ほどの人がユニゾンで歌った合唱だったりします。
私は不覚にも、その場面をみて、涙ぐんでしまいました。
和音のハーモニーを追求したテクニカルな合唱よりも、舞台上で、観客に感動を与えることを目的としたダイナミックな合唱の方が、心に迫る物があったと言うことかも知れません。

一方、声楽家が集まって合唱をしても、それぞれの個性が強すぎて、合唱にならないとよく言われます。

個性を主張することに意識が向いてしまい、観客を感動させると言うことがおろそかになっているのかも知れません。

合唱も、テクニカルな和音のハーモニーを追求するあまり、観客に感動を与えると言う最も根本的な目的を忘れているの様な気がします。
あるいは、自分が舞台で歌っている姿を、みんなに見て欲しいという、カラオケに近い感覚であるのかもしれません。

合唱をする一人一人が、舞台俳優や声楽家の様な声を出せるようになれば、合唱を聴きに来たお客さんが眠くならない、ダイナミックで人を感動させる合唱ができるのではないかと、ひそかに考えて居る次第です。

お礼日時:2012/02/19 12:59

#1です



それは向き不向きがありますからね
何年やっても出にくい人もいます
声が出ないというよりも体が硬くなってしまっているのと
心を閉ざしている(大きな声を出すのが恥ずかしい)場合が多いですね

ただ自分から舞台をやってみようという人はあまりそう言うことが
ないことが多いので毎日やっていれば1ヶ月ぐらいで出る様になるコツをつかめると思います

この回答への補足

質問者です。何度もすみません。
コツをつかむと、「ビーン」という音が自分の声の中に追加されて聞こえますか?
これが共鳴だと思いますが、いかがでしょうか?

補足日時:2012/02/14 01:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

続けてのご回答ありがとうございます。
たった一ヶ月で、コツをつかめるとは、驚きました。
それはまだ、入り口を見つけただけの段階だとは思いますが、思ったよりはるかに、スムーズにいくのですね。

No2の方にも質問させて頂きましたが、全体の何割くらいの方が、できるようになるとお考えですか?

お礼日時:2012/02/14 01:11

舞台の発声は腹式です。

のどで発声するとすぐにのどが潰れてしまいます。のどに負担をかけず腹から声を出すのです。どのくらいでできるかは、個人差ですが、何年もかかるようなものではありません。コツをつかめばできますよ。

この回答への補足

質問者です。何度もすみません。
3番の方にも質問しましたが、コツをつかむと、「ビーン」という音が自分の声の中に追加されて聞こえますか?
これが共鳴だと思いますが、いかがでしょうか?

補足日時:2012/02/14 01:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
割とすんなり、できるようになるようですね。
できるようになる人は、全体の何割くらいとお考えですか?

お礼日時:2012/02/14 01:02

こんばんは



出すために訓練を受けますので
大きな声が出ないということはないです
ただ舞台俳優以外に住む世界を変えた人はいると思いますが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

叫ぶだけなら誰でもできると思いますが、叫ぶだけでは、喜怒哀楽の感情を込められないのではないでしょうか。
舞台ですから、普通に話す感じでも、内緒話の場面でも、それらしい演技で客先に届く、響く声が必要だと思います。

つまり共鳴です。

それが、訓練すれば誰でも可能と言うことですね?
普通、何年くらいの訓練で出るようになるのでしょうか。

お礼日時:2012/02/13 13:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【芝居】棒読みにならない方法【練習】

私は演劇を学ぶ学校に通っており、役者になりたいという夢があります。
今年で二年目になるのですが、今、息詰まっていて本当辛いです。
同じ夢を持って勉強している方、力を貸してください。

私の悩みは、10個台詞があるとしたら、その内の半分が棒読みになってしまうことです。
自分の声を録音したところ、そのことに気がつきました。
以降、表情の変化や感情表現を大きくし、役が何を感じているのか意識しながら芝居しているのですが、全く上手くいきません。
特に驚きや怒りが駄目で、「お前はただデカい声を出しているだけだ。感情が伴っていない」と講師によく指摘されます。

私は普段の喋り方も(どちらかと言うと)淡々としており、歌も上手くありません。
自分ではそれが関係しているのかなと思います。
現に私の芝居は音の変化があまりありません。

この状況を打破しようと練習に励んでいるのですが、上手くいかず焦りを感じています。
情けなくて泣きたい気持ちでいっぱいです。
どなたかアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。
私が友達に話すならば、という軽い気持ちで読んでいいただければと思います。

役者にも個性があります。
感情を表に出すのがうまい人、感情を内に秘めた芝居がうまい人。
質問者さんは、後者のタイプですよね。

芝居の表現もさまざまなはずです。
寡黙な人が、陽気なイタリア人になれと言われても、いきなりうまくはいかないもの。
まず、表現したい芝居が自分の感情のそれとあっているのか考えてみませんか。
無理に芝居でラテン系の人になろうとしてはいませんか。(オーバーな表現ですが)

質問者さんには質問者さんにあった、感情表現の仕方があるはずです。
役者がさまざま役をこなせることは大切です。でも、芝居の勉強を始めてまず最初にしたことは「自己解放」なはず。
まずは自分の感情に見合った感情を出せばいいのだと思います。
身振り手振りはその後でもいいのではないでしょうか。(場合によっては、演出がつく可能性がありますし)

独特な台詞回しでよく物真似をされる田中邦衛さんを、誰も大根とはいいませんよね。
彼のセリフには心があります。
やはり、身振り手振りよりまず心だと思います。

それと、セリフを話しながら同時に冷静に自分を観察している、もう一人の自分が強くなってしまうことはありませんか。
私が先生に教えていただいたことを一つ。
西洋のセリフは、日本のそれと違って「あぁ」とか「おぉ」とかありますよね。
普段言わない言葉ですし、みんなが恥ずかしいと戸惑っていた時の話です。

「セリフに集中すれば、それは決して恥ずかしくは感じない」

だそうです。
また「芝居に集中している時は周りが気にならないものだ」とも言われました。
頭で考えるのではなく、まずは心。
自分の気持ちがどこにあるのか、それをしっかりと見極め開放してあげること。
これが一番大切な気がします。
芝居の派手さに惑わされずに、内側から湧き出るものを大切にしてください。

こんばんは。
私が友達に話すならば、という軽い気持ちで読んでいいただければと思います。

役者にも個性があります。
感情を表に出すのがうまい人、感情を内に秘めた芝居がうまい人。
質問者さんは、後者のタイプですよね。

芝居の表現もさまざまなはずです。
寡黙な人が、陽気なイタリア人になれと言われても、いきなりうまくはいかないもの。
まず、表現したい芝居が自分の感情のそれとあっているのか考えてみませんか。
無理に芝居でラテン系の人になろうとしてはいませんか。(オーバーな表現ですが)

質問...続きを読む

Q発声方法が悪いのか、すぐに喉が痛くなったり枯れたりします

私は8月頭から初めて演劇をやっています
稽古が今の所週4あるのですが、
先日喉が痛くなり 熱を出し
今は熱はありませんが 声が枯れています

たぶんお腹からではなく
喉に力を入れて声を出しているせいだとは
思いますが
稽古を休んで喉を休めるわけにもいかず
困っています

対処法をお願いします

Aベストアンサー

私も一応演劇経験者(現在も)です。
枯れてしまったら対処法はありません。#4さんが仰ってる事位しかないです。
響声破笛丸料も即効性があるわけではないので、気休めに私も服用してました。
週4日の稽古が連続していて、稽古を3連休できるなら、#4さんや#5さんが仰る
方法を実践するのがいいですね。因みに飲料は冷たいのではなく温かいのを
飲んでくださいね。

もし、週4日の稽古が飛び飛びであるなら、治るまではやや長引く覚悟をしてください。
可能であれば、セリフを発する以外は声を出さずにいてください。
話すときは無声音で話す様にしましょう。無声音は喉に負担をかけるという人もいますが、
声帯を使わない分、私は有効だと考えます。最悪、筆談にして、セリフの時も声帯は使わないでいられればいいのですが・・・。

まずは腹式呼吸の習得に努力してください。
以前、私はそれがまだできていなく、主役だというのに本番数日前に
声が枯れたどころか、出ないに近い状態になりました。
本番中は、小屋入り前に病院へ行き吸入、小屋に入ってからも筆談&吸入、
ほぼ出ずっぱりでしたが、私の出番が無い時は楽屋で吸入、出番が来て舞台へ、引っ込んだら吸入、この1日を繰り返して全7ステージやりました。
ただ、この本番中に腹式呼吸をほぼマスターしました。
普段の稽古で必ず訓練してましたから、声が出ないことが解っているので、
何とか出したいと思い、意識して腹から声を出すことをしていたらできるようになりました。
やっぱり普段の稽古は大切ですね^^;

まぁ、こんなマスターの仕方は良くないので、先輩や指導者の方にしっかり習って頑張ってくださいね。
最悪声が出なくなったら、その道では有名な病院がありますので載せておきます。

先に言った時ではありませんが、注射で声が出るようになります。長くは持ちませんが・・・。
以前は都内の中村橋にあったのですが、どうやら閉院して、
今は息子さんがやっているようです。

参考URL:http://www.haginojibika.com/index.html

私も一応演劇経験者(現在も)です。
枯れてしまったら対処法はありません。#4さんが仰ってる事位しかないです。
響声破笛丸料も即効性があるわけではないので、気休めに私も服用してました。
週4日の稽古が連続していて、稽古を3連休できるなら、#4さんや#5さんが仰る
方法を実践するのがいいですね。因みに飲料は冷たいのではなく温かいのを
飲んでくださいね。

もし、週4日の稽古が飛び飛びであるなら、治るまではやや長引く覚悟をしてください。
可能であれば、セリフを発する以外は声を出さずにい...続きを読む

Q演技が上達するには?

演技が上達するには?

はじめまして。ちょっとわからなくて悩んでいるので質問をします。
今私は、劇団の研究生として演技の勉強をしています。

でも、いまいち上達しているかどうかがわかりません。
何か表面的になってしまって、求める演技ができていないような気がします。


そこで質問ですが、演技が上達するにはどんなことをしたら良いでしょうか?

人の観察とかはやっていますが、いまいちよくわかりません。
発声練習や早口言葉、日舞なども稽古でやっていますが、ほんとうにこれで上達するのかが疑問です。


演技って何?というところまできて悩んでます。

演技の先生に聞くと、「自分で考えなさい」と言われます。
でも考えてもわかりません。


こんな八方塞の状態の私ですが、
オススメの本とか練習法とかがあったら教えてくれますでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

はじめまして。
今、実際に舞台俳優をやっているものです。

実は僕も昔、同じ事で悩んでいました。
あまりに似すぎていてなんか親近感を覚えたので回答してみました。


まず、演技が表面的になってしまうとうのは、役のシチュエーションに入っていないからだと思うんですね。アイディアや頭で演じてしまっている。
頭で演じてしまうと、どうしても浅くなってしまったり、ぎこちなくなってしまうものです。


やはり、心で演じられるようになりたいですよね?
では、そうするためにはどうするか。

練習法ですよね。
発声練習や早口言葉、日舞なども稽古しているということで、非常に頑張っていると思います。


ただ、それは演技以前の基礎訓練にすぎないんですよ。
多くの俳優達はそれこそが演技の基礎訓練だと思ってやっている人が多いですが、実は違うんです。


まずは、人前でも楽にいられる練習。 リラックスですよね。
それから想像したものが表に表れやすくなるような体作り、集中力の訓練がどうしても必要だと思います。

僕は実戦をたくさんやっていて、つくづくそれらは必要だと思います。
人の観察等も必要ですが、まずは、俳優としての演技訓練が必要だと思います。

その後に、役にどうアプローチしていくかを研究していくと良いと思います。


台本って、多くの人は、台本に書かれたことしか理解しようとしないし、そこだけを表現しようとしてしまうと思うんですが、実は違うんですよね?


台本に書かれたものは、役の長い人生の中の一部分でしかないわけです。
なので、劇が始まる前にもずっと人生は続いてきたはずですし、劇が終わった後も人生は続いていきます。

ですから、より演技に深みを与えたかったら、からだの訓練と共に、台本に書かれた役の人生は、台本に書かれる前はどんな人生でどんな思いですごしてきて、何が目的なのかをはっきりさせる事が非常に大切だと思います。 ただし、頭やアイディアにはならないで、心が動くレベルで深めていく事が大事です。


演技の本質の話になると本当に長くなってしまうので、
僕が今までで一番影響をうけたものを紹介します。


演技力向上プログラムというDVDがネットで売られていて買ったんですけど、それは本当によかったです。
演技に対する考え方が明確になって、海外の俳優達が実際に行っている演技訓練法を映像で知ることができます。 すごく良心的なDVDプログラムでしたのでオススメです。

【演技力向上プログラム】
http://butaijin.com/


あとは、本でいったら

「演技者へ」
「メソードへの道」
「メソード演技」
「演技エクササイズ306」
「俳優修業」

あたりの本が非常に勉強になると思います。
これらの本はすごく有名で、アマゾンとかで検索すると出てくるので調べてみると良いと思います。


今は昔と違って、いろいろな演技のDVDや本が出ているので、積極的に見たり読んだりすることで、演技に対する認識が高まって、自分は何をすれば良いのかが明確になっていきます。


是非頑張ってください。

楽しむことを忘れない事も大事ですよ。

参考URL:http://butaijin.com/

はじめまして。
今、実際に舞台俳優をやっているものです。

実は僕も昔、同じ事で悩んでいました。
あまりに似すぎていてなんか親近感を覚えたので回答してみました。


まず、演技が表面的になってしまうとうのは、役のシチュエーションに入っていないからだと思うんですね。アイディアや頭で演じてしまっている。
頭で演じてしまうと、どうしても浅くなってしまったり、ぎこちなくなってしまうものです。


やはり、心で演じられるようになりたいですよね?
では、そうするためにはどうするか。

練習法ですよ...続きを読む

Q演劇などの発声について教えて下さい

今日、お腹から声がでてないと言われました。先生曰く「腹式呼吸はできてるけど声はでてない、喉で喋ってる」のだそうです。
腹式呼吸とお腹から声をだすのは違うということなのでしょうか??

その後「お腹に力を入れて喉を開いて声を出しなさい」といわれました。
しかし私はお腹に力を入れると自然に喉にも力が入ってしまって喉がつまった感じになってしまいます;
お腹に力を入れてかつ、喉を開くいて声を出すにはどんな訓練というか練習をしたらいいのでしょうか?

まったくわからなくて困っているのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

発声する時に緊張してしまうんじゃないでしょうか?
緊張すると喉が閉まってしまうそうなんで、それでわずかに空いてる喉で発声してしまうのでは?と思います。(私はそう言われました。)
腹式呼吸が出来ていると思えれば、お腹から声は出すのはそう難しくないと思います。(私は出来るようになりましたから。)
私が言われたのは、皆さんのアドバイスと重複しますが、
(1)腹筋、背筋を鍛えること、発声の時、顎をひく。
(顎を上げると喉が閉じます)
(2)姿勢…力を抜き上半身を倒し、ロールアップします。
お尻を締め、お腹に力を入れ、恥骨を少し出し(^^;)肩の力を抜き、胸を張ります。これが正しい姿勢です。
頬の肉を上げるように口を開け(にーって笑う感じですね)上顎を上げます(下顎ではありません)あくびをする時の大きさまで開けるのが理想です。それで「んが」って言ってみましょう。鏡を見て喉ち○こ(何故か伏字(爆))が上がるようになればOKです!それから「おーい」と言うのも効果的です。
それから発声の練習前にはストレッチを忘れずにして下さい。前屈、開脚、首、肩、腕もしっかりほぐします。
(息が上がってしまったら胸式呼吸になりますが、腹式呼吸するように心掛けてください。その方が早く落ち着きます)
腹筋と背筋の割合は3:1が理想だそうです。
例えば腹筋30回やったら、背筋は10回やって下さい。
あと、やる時は両方やってください。
腹式の発声が出来れば、長い台詞も言えますし、大きな声が出るようになります。

アドバイスになったか分からないですが…。
お互い頑張りましょう!!

発声する時に緊張してしまうんじゃないでしょうか?
緊張すると喉が閉まってしまうそうなんで、それでわずかに空いてる喉で発声してしまうのでは?と思います。(私はそう言われました。)
腹式呼吸が出来ていると思えれば、お腹から声は出すのはそう難しくないと思います。(私は出来るようになりましたから。)
私が言われたのは、皆さんのアドバイスと重複しますが、
(1)腹筋、背筋を鍛えること、発声の時、顎をひく。
(顎を上げると喉が閉じます)
(2)姿勢…力を抜き上半身を倒し、ロールアップします。...続きを読む

Q演劇のセリフを覚えるコツとかってあるんでしょうか?

明日オーディションなんです。
セリフを覚えて演じなきゃいけないんですが、人より努力しても人より物覚えが悪いんです(滝涙)
セリフを覚えるコツみたいなものってあるんでしょうか?(記憶術というものがあるぐらいなので)
あったら誰かぜひ教えてください。

Aベストアンサー

 私がセリフを覚えるときは、ずっと根を詰めて台本とにらめっこはせずに、コマ切れに練習します。

 人の記憶は一旦忘れて「思い出す」時に定着するそうなので、そうしています。

 最初はなんとなく流れを掴んで、少し言えてきたらちょっと息抜きして、また同じように練習を始めて、特徴的なセリフをかいつまんで覚えて、また息抜きをして、覚えてるセリフの前後を増やしていき、息抜き、順番を整えて、「てにをは」やいつも間違う所を重点的に気をつけるようにして…と繰り返します。
 ボイスレコーダー(携帯でも可)で、暗唱してる声を録音すれば間違っているところが明確にわかるので、覚えるのが多少楽になる気がします。


 とはいえ、むいている練習は人それぞれですから、絶対これがいい!というわけではないです。
 私が舞台をやっていて聞いた事があるのは

■トイレの正面にセリフ貼って一日に何度も見るようにする
■寝る前に詰め込む
■とにかく返す。集中あるのみ
■よく読みこんで、理解を深め、台本を好きになると自然に覚える
■「覚える」のではなく「演じる」練習をする。完全になりきれば自然にセリフが出る


 こんな感じです。

 オーディション頑張ってください。
 覚える段階で適当だと、本番に「思い出す事」に精いっぱいで、しかも飛ぶと頭真っ白…何て事にもなりかねないですから、しっかり覚えて、本番はのびのび演技に集中できるようになると良いですね。
 応援しています。

 私がセリフを覚えるときは、ずっと根を詰めて台本とにらめっこはせずに、コマ切れに練習します。

 人の記憶は一旦忘れて「思い出す」時に定着するそうなので、そうしています。

 最初はなんとなく流れを掴んで、少し言えてきたらちょっと息抜きして、また同じように練習を始めて、特徴的なセリフをかいつまんで覚えて、また息抜きをして、覚えてるセリフの前後を増やしていき、息抜き、順番を整えて、「てにをは」やいつも間違う所を重点的に気をつけるようにして…と繰り返します。
 ボイスレコーダー(携...続きを読む

Q演技(台詞の言い方)のアドバイスをお願いします

台詞の言い方が下手で困っています。長ぜリです。演出によく言われるのは『抑揚』をつけることです。これが下手なんです。感情の込め方がどうもうまくいかないんです。

あと、私の役は、語るんですけど、語りの中で、台詞の部分があるのですが、それも、その台詞の人っぽく言ってと言われてます。

こんな私にアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

本当は「感情」は自然にこめるのが一番です。書いてある内容を人に『伝えよう』と思ったら、自然に抑揚がつくように人間はなっていると思います。普段の会話は、声が大きくなったり小さくなったり、自然にしているはずですから。

でも、出来ないという人には、なかなか難しいことかもしれませんね。これは、出来る人はいとも簡単に出来ることですが、出来ない人は、もう練習で覚えるしかありません。

私は、今まで何人かに、紙芝居の読み方や、セリフの話し方を教えてきたのですが、出来ない人には、コツを教えるようにしています。
それは、文章の「出だし」の部分の「音の高さを変える」ということです。これは、なかなか文章では説明しづらいのですが、

『昔々あるところに、おじいさんとおばあさんがいました。おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました』

という文章があったら、「昔」の音の入り方と、「おじいさん」の音の入り方を変えるだけでだいぶイメージが変わります。「昔」は出だしなので、高めの音で入り、「おじいさん」は、語るように、低めの音で入る。同じ音で入ると、淡々としてしまい、どれだけ、文章の間で、抑揚をつけようと思っても、やりにくいものです。

まぁ・・文章では説明しづらいですが、これが抑揚の第一歩だと思います。

長ゼリフがうまい子の読み方をじっと聞いてみてください。きっと、音の高さがコロコロ変わっているはずです。
そして、もっとうまい子は、話の口調の『速さ』まで変わっているはずです。

初めは自分が聞いてて、話している意味が分かって、楽しい(悲しい)気分な感じで読める子の真似をする形でいいと思います。真似から始まる演技もあります。
で、そこから、何度も練習していくうちに、自分の言葉となってくるはずです。

長ゼリフは難しいものです。抑揚をつけたり、話の速さを変えたりしないと、聞いているほうは、飽きてきてしまうものです。
今のまま練習していても、同じことの繰り返しになってしまうかもしれません。ここは気分を変えて、うまい子の読み方を録音して何度も練習したり、自分の読み方を録音して、客観的に聞いてみるのもいいかもしれませんね。


でも、今書いたことは、まず一つの方法であって、もっと色んな努力が必要だとは思います。一つの方法として参考にしてもらえれば嬉しいです。

頑張ってください♪

本当は「感情」は自然にこめるのが一番です。書いてある内容を人に『伝えよう』と思ったら、自然に抑揚がつくように人間はなっていると思います。普段の会話は、声が大きくなったり小さくなったり、自然にしているはずですから。

でも、出来ないという人には、なかなか難しいことかもしれませんね。これは、出来る人はいとも簡単に出来ることですが、出来ない人は、もう練習で覚えるしかありません。

私は、今まで何人かに、紙芝居の読み方や、セリフの話し方を教えてきたのですが、出来ない人には、コツを...続きを読む

Q大人しい】感情が表に出にくい【演技力無し

私は演技の勉強を初めてもうすぐ3年目になるのですが、自分の演技力のなさに絶望しています。
今年の審査で上のクラスに上がれず、留年することになってしまいました。
滑舌や発声にはさほど問題がないので、恐らく表現力(演技力)が原因だと思います。

私のクラスの講師は「明るい奴は明るい役も暗い役もできる。大人しい奴は暗い役しかできない」と言っており、「演技をしているときだけでなく、素の君たちも評価される」らしいです。
現に、(素のときに)何か話しかけられたとき面白い返しができるor根明の人は、滑舌難ありor演技力不足でも進級できていました。
私は第一印象が大人しく見える&根明ではないため、割り振られる役も大人しめの役が多いです。
そういった役をやると「繊細に演じられている」と褒めらますが、強気な役を貰うと「押しが弱い」とよく駄目出しされます。
講師の言う通りなんだと実感してからは「大人しい人間に演技をする資格はないんだ」と思うようになってしまい、毎日が辛く、自分を消したいとさえ思うようになってしまいました。

そこで質問なのですが、
●やはり根本の性格を変えないと(根明or強気でないと)演技者には向かないのでしょうか?
●私は普段から極端に表情豊かな方ではなく、(親しくない人の前では特に)心で感じでいてもなかなか顔に出ず、声に感情が乗りません。
これが表現力が乏しいことの原因だと自分でも分かっています。
すんなり表に出るようトレーニングしたいのですが、何かぴったりの方法はないでしょうか?

以上です。
演技者の方、特に自分と同じく根明ではない方からの回答をお待ちしています。

私は演技の勉強を初めてもうすぐ3年目になるのですが、自分の演技力のなさに絶望しています。
今年の審査で上のクラスに上がれず、留年することになってしまいました。
滑舌や発声にはさほど問題がないので、恐らく表現力(演技力)が原因だと思います。

私のクラスの講師は「明るい奴は明るい役も暗い役もできる。大人しい奴は暗い役しかできない」と言っており、「演技をしているときだけでなく、素の君たちも評価される」らしいです。
現に、(素のときに)何か話しかけられたとき面白い返しができるor根明の...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。自己分析が出来ていらっしゃるので、後は行動するのみだと思います。

●やはり根本の性格を変えないと(根明or強気でないと)演技者には向かないのでしょうか?
役者さんの中には、台本がないと人前でまともに離せないという方もいらっしゃいます。
性格が役者の向き不向きを決定しているわけではないと思います。
>(素のときに)何か話しかけられたとき面白い返しができるor根明の人
この時みられているのは、反応のよさだろうと思います。役者にとって「勘のよさ」「反応のよさ」は大切なものですから。(アドリブがきくきかないは大きいですよね)

●私は普段から極端に表情豊かな方ではなく、(親しくない人の前では特に)心で感じでいてもなかなか顔に出ず、声に感情が乗りません。
ここまでわかっていらっしゃるのでしたら、表情筋を鍛えましょう。表情筋は鍛えるだけで、自分で思っている以上に表情が変わりますよ。
少し話がズレますが。お年寄りが段差に躓く理由をご存知でしょうか。
自分でイメージしている以上に筋力がないため、思っているよりも足が上がらずに、小さな段差で躓いてしまうんだそうです。(これと同じで、自分が思っているよりも、表情筋を使えていないのだろうと思います)

NO.1さんが書かれていますが、私も少し書かせていただきますね。
質問者さんは、ご自分の内面とどこまで向き合っていますか。
根暗や大人しい人であっても、激しい怒りや焦がれるような想い、人目を忘れてしまうほどの喜びや、我を忘れてしまう・しまいたくなるほどの衝動(いわゆる自暴自棄)にかられることもあります。
そして、思わずフタをしてしまいたくなるほどの、醜い自分もいるはずです。

芝居を演じている時、(嫌な役、格好の悪い役など色々とありますが)無意識に「人によく見られたい」という気持ちが働くことがあります。
また、激しい感情を演じる時などは、無意識にストッパーをかけていることがあります。

それらに気がつく時はありますか。また、その時にきちんと自己解放が出来ていますか。

役を演じる時、集中している自分と客観的に見ている自分が存在しているかと思いますが、自分が得意な役と苦手な役で、そのバランスは変わりますか。(後者の自分が強いと、うそっぽく感じることが多いかと思います)

まずは、内なる自分をもっと知りましょう。そして、自分が見ることの出来ない部分は人に見ましょう。
※嫌な人だと思った場合、それは普段嫌だと思っている自分自身かもしれません。(同属嫌悪)

質問者さんは、表現力がないと気にしておられますが、表現力は褒められているのであると思います。
本当の意味で表現力のない人は、イメージ力が乏しいものです。
「○○の時、どうする?」と聞かれても「わかりません」と返答されたりします。
また、イメージ力が乏しいため、どうしても演技がワンパターンに陥りがちですし、極端な場合、急な変更に戸惑い、動けなくなる人もいます。

これは、自論ですが。
役者は誰かと比べて明らかに差がつく・出せるものがありません。ですから、面白いほど簡単に天狗になれるものです。
そのせいでしょうか。自分の無力さを知った後の方が、役者としての伸び代が大きいように思います。

役者に遠回りはありません。全てが自分の糧です。
今が質問者さんにとって、成長の時なのだと思います。
まだまだ気づいていない自分の引き出しを知り、財産としてください。

こんにちは。自己分析が出来ていらっしゃるので、後は行動するのみだと思います。

●やはり根本の性格を変えないと(根明or強気でないと)演技者には向かないのでしょうか?
役者さんの中には、台本がないと人前でまともに離せないという方もいらっしゃいます。
性格が役者の向き不向きを決定しているわけではないと思います。
>(素のときに)何か話しかけられたとき面白い返しができるor根明の人
この時みられているのは、反応のよさだろうと思います。役者にとって「勘のよさ」「反応のよさ」は大切なものです...続きを読む

Q芝居のときと歌のときの発声の違い

私は現在、演技の勉強をしています。
自分の発声の仕方に不安感を覚えるため、ボイトレを習おうかと計画中です。

試しにボイトレの本を買って読んだところ、「歌うときに大事なのは腹筋ではない。身体のどこにも力は入れない」と書かれていました。
その通りにしたところ、確かにとても楽に歌えました。
しかし、私の知る演技の講師は皆「丹田の辺りを意識して力を入れる(圧をかける)」と言っていました。
そこから疑問が生じたため、いくつか質問させてください。

●歌うときと演技をするときとでは、身体や喉の使い方が違うということでしょうか?
●↑もし違った場合、ボイトレを習っても演技には生かせないのでしょうか?
(もちろん歌も上手くなりたいですが、自分の場合はまず芝居ありきなので、これが一番気になります)
●丹田についてですが、台詞を発するときに“軽く”意識すればいいだけで、“強く”力を入れ続ける必要はないということでしょうか?

以上です。
発声やボイトレに詳しい方がいましたら、回答を頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

両方ともわずかですがかじっているのでお答えさせていただきます。
まずオペラは歌の方に分類します。一応念のため

演劇における発声は声を遠くまで聞こえさせるための発声ですのでまず第一に送る空気の量や勢いが重要です。だから腹筋使ってやるわけですね。中でも難しいのはひそひそばなしですかね?あとシェイクスピアは俳優の肺活量を計算にいれて脚本を作っていました。

で、歌の方は美しく響かせるために声を出すので副鼻腔を使って響かせます。こっちはマジで専門外なので詳しいことは言えませんがそんなかんじです。

参考になれば幸いです。

Q高3でまったくの初心者ですが舞台女優になれますか?

私は現在高3で将来のことについて悩んでいます。

私はずっとテレビのタレントさんや舞台の女優さんや音楽家の人たちに憧れをいだいていて
私もそんな人になりたいと思っていました。

ですが、私はバレエもしたことがなく歌も周りからは音痴と言われます。
なので今更無理だと毎回諦めていました。

ですが大学のことを考えるとやっぱりどの進路もしっくりこず
やはり舞台に立ってスポットライトの当たるような仕事がしたいです。
その中でも、劇団四季のようなミュージカルの女優になりたいです。

いろいろ調べてみると、初心者でも大歓迎の音楽学校はありました。

私のようなすべてにおいてまったくの初心者でも大学生から舞台女優を目指すことはできるでしょうか。。。?

容姿の方は少々自信があり、5年ほどヒップホップやジャズダンスの経験はありますが、音楽経験はピアノのみで運動神経もない方です


また、こんな初心者にピッタリな大学や専門学校をご存じの方がおられましたら教えてください。

この文面からすると考えが甘いと思われる方はたくさんいらっしゃると思います。
ですがやってみないとわからないこともたくさんですし
色々挑戦したり試してみて、自分の可能性を探したいのです。

とりあえずこの道で少しでも光があるのかが知りたいです。

よろしくお願いします。

私は現在高3で将来のことについて悩んでいます。

私はずっとテレビのタレントさんや舞台の女優さんや音楽家の人たちに憧れをいだいていて
私もそんな人になりたいと思っていました。

ですが、私はバレエもしたことがなく歌も周りからは音痴と言われます。
なので今更無理だと毎回諦めていました。

ですが大学のことを考えるとやっぱりどの進路もしっくりこず
やはり舞台に立ってスポットライトの当たるような仕事がしたいです。
その中でも、劇団四季のようなミュージカルの女優になりたいです。

いろいろ調...続きを読む

Aベストアンサー

調べ事をするときは、一次情報に当たるのが一番早いし、一番正確だと思うよ。
たぶん、ここには四季の人はいないだろうから、適切な答えは返ってこないと思う。
きっと、自分で考える必要があるだろうね。なので、ヒントにしてもらえたら。

タレント、舞台女優、音楽家では、それぞれ、求められることがまるっきり違ってくる。
テレビのタレントは特に何ら高い能力はいらないだろうね。(だから、人気に左右されやすく、消えてはまた出てくる。)
音楽家になるのなら、音楽の技術力が必要だ。
舞台女優なら、演技力や歌唱力が必要だろうし、四季のようなミュージカルなら、ダンスも必要になるだろうね。

↓必要とされるものはここに書いてるよ
●劇団四季オーディションQ&A
http://www.shiki.gr.jp/group/audition/faq.html

また、一口に舞台女優と言っても、劇団ごとに求められるものが異なるだろうね。
特に、劇団四季の場合、四季の代表の浅利慶太氏が求めるものが、四季の団員に求められるものだと思うよ。

↓浅利氏へのインタビュー記事が載っていたのでこちらも参考に
●劇団四季 浅利氏へのインタビュー
http://www.shiki.gr.jp/interview/0912/

このインタビュー記事によれば、バレエはしてる方が良さそうだね。
それに、学校選びも重要そうだ。確かに、四季を去った人の学校に入るのは四季に通じる道ではないと思う。(ただし、深読みすると、四季を去った人と浅利氏がケンカ別れしてる可能性があり、それで、批判しているだけで、実際はあまり関係ないのかもしれない。)

↓ちょっと古い動画だけど、何が必要か、違った視点で理解出来るよ
●カンブリア宮殿 浅利慶太
http://www.pideo.net/video/youku/d8215d56d8cf39f9/

これを見る限り、四季以外の劇団では、なかなかそれ一本で食べていくのが厳しいかもしれないね。

もし僕が今の君の立場で、四季に入団したいとすれば、まずは自分の通える範囲内で、知り得る限り、大学や専門学校のサイトを徹底的に調べ、その学校の卒業生の進路を見るだろうね。
サイトに載っていなければ、メールか電話で問い合わせるか、直接オープンキャンパスに行ったりして、聞いてみれば良いんじゃないかな?他にも色々探し方はあるだろうね。

卒業生の中に、四季に入団した人がいれば、その学校が四季に通じる近道だと思う。
人数が多ければ多いほど、可能性が高そうだ。
ただし、注意しなければいけないのは、『その学校に入ること=四季に入ること』じゃないからね。あくまで『より良い選択肢』ってだけだ。

音痴に関しては、直す必要がありそうだね。
音痴といえば、三重大の弓場徹教授が有名だから、氏の本を参考にすれば直せるかもしれないね。

●amazon 弓場徹
http://www.amazon.co.jp/s/search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%E5%BC%93%E5%A0%B4+%E5%BE%B9

>私のようなすべてにおいてまったくの初心者でも大学生から舞台女優を目指すことはできるでしょうか。。。?

心配しすぎじゃないかなw
生まれながらの舞台女優なんていないんだから、問題ないよ♪
それに、大学生になって、初めて演劇などにチャレンジする人はたくさんいるよ。

今の君に出来ないことを嘆くよりも、出来ることをもっと伸ばし、出来ないことを徐々に出来るようにすれば良いんじゃないかな?
今の自分に出来ないことも、今から取り組めば、数ヶ月後や、来年には出来るようになるだろうし、再来年にはもっと上手く出来るようになるだろうね。

考え方について一言だけ。
「努力と引き換えに交換できるのなら、努力する」と言う条件付きの努力はあまり好ましくないと思うね。
と言うのも、努力と確実に交換できるものなんて、学校のテストの点数くらいだ。
人生、努力が酬われることもあれば、酬われないこともある。
努力以外にも、運が必要だからね。
じゃあ、努力しない方が良いかと言えば、そうじゃない。

有名な本の受け売りだけど、幸運の女神は前髪しかない。
すれ違った時には手遅れで、つかもうと思っても後ろ髪がないから、チャンスをものにできない。
チャンスは一瞬しかないかもしれない。

だからこそ、努力して備えておくことが必要なんだ。いつか来るべきチャンスに備えておけば、チャンスをものに出来る可能性はグッと高くなる。
努力して、運を味方につけるってことだ。

もちろん、時には、不運にもチャンスを逃すことがあるかもしれない。
だから、場合によっては、実現できないかもしれないことを薦める僕は、ある意味残酷なのかもしれない。
でもね、ほとんどの人は大人になってから、自分が何事にも挑戦しなかったことに対し、後悔を抱いているんだよ。『本当は○○がしたかった』ってね。
だからこそ、自分がやってみたいと切に願うなら、他の人に何と言われようが、実際に挑戦していみるのが良いんじゃないかな?
それに、仮にダメだったとしても技術力があれば、将来、別の新たな選択肢が見つかったり、より良い選択肢が出てくるかもしれない。案外、失うものなんて何も無いと思うよ。

とまぁ、長々と書いてきたけど、これらのヒントを参考に、自分自身で考え、行動し、その中で、自分なりの答を探してみて。

大丈夫、高校3年生なら、未来の可能性なんて無限にあるよ。
人生は一度きりだし、それに忘れちゃいけない。

『君の人生の主役は君』なんだ。

自分のやりたいことをやらないでどうするw

参考URL:http://www.shiki.gr.jp/interview/0912/

調べ事をするときは、一次情報に当たるのが一番早いし、一番正確だと思うよ。
たぶん、ここには四季の人はいないだろうから、適切な答えは返ってこないと思う。
きっと、自分で考える必要があるだろうね。なので、ヒントにしてもらえたら。

タレント、舞台女優、音楽家では、それぞれ、求められることがまるっきり違ってくる。
テレビのタレントは特に何ら高い能力はいらないだろうね。(だから、人気に左右されやすく、消えてはまた出てくる。)
音楽家になるのなら、音楽の技術力が必要だ。
舞台女優なら、演技...続きを読む

Q発声練習ができるオススメの場所

こんにちわ muranといいます
発声練習という大げさなものではなく・・・
大声を出しても周囲に迷惑がかからない場所で、お金のあまりかからない場所ってありますか?
カラオケボックスもいいなって思ったんですけど、
他にオススメあったら是非教えてください!

Aベストアンサー

 以前、劇団に所属していました。

 私も、発声練習の場所にはかなり苦労しました。普段話しているぐらいの声量なら、部屋でも、どこでも練習できるます。ですが、本番と同じぐらいの大きな声量となるとかなり場所が限られまよね。

 #2の方が、フトンをかぶって練習すると書かれています。私も実際に試しましたが、消音効果はほとんどなく、隣の部屋の人から苦情を言われてしまいました。
 フトンをかぶるくらいなら、まだ押入れに入って練習した方がマシです。この方がまだ、消音効果は期待できます。(別に#2さんをけなしているわけではありません)
 ですが、暗く狭い場所で発声練習をするのはお勧めしません。
 暗くて狭い場所で発声していると、無意識のウチに自分の声確認しようとして、声を頭蓋骨全体に共鳴させてしまいます。
 ヌケのよい声を出すために声を共鳴させる事は必要ですが、やりすぎて頭蓋骨全体に共鳴させてしまうと、声がこもって、ヌケの悪い声に聞こえてしまいます。
 ですから、大きな声で発声練習をする場合は、ある程度の広さがある場所がいいでしょう。
 もし、自分の声のヌケを確認したいのであれば、誰かに少し離れた位置で声を聞いてもらうか、マイクやラジカセなどを少し離れた位置に置いて録音してみてください。
 

 それで、練習場所なのですが、私はデパートなどの駐車場に夜こっそりもぐりこんで練習してました。
 広くて誰もいないので、思う存分声が出せました。
 ほかには、#3さんが言っているように、朝の公園や、早朝の学校のグランドなどでも練習してました。
 どの場所も、注意さられたら練習をやめるのがコツですね(笑)
 

 周りを気にしないで練習できるとなると、やはりカラオケボックスなどの個室ですよね。
 カラオケボックス以外では、バンドの人達が使っているようなスタジオもお勧めです。
 ほとんどのスタジオがバンド練習の他に、個人練習用に低料金で部屋を貸してくれます。
 スタジオによって料金は違いますが、個人練習ならだいたい【1時間 800円】ぐらいが相場です。
 カラオケボックスより少し割高ですが、録音機材などが揃っている事を考えたら、けっして高いとは思いません。
 芝居をしている人のなかに、録音などの機械を使う事に否定的な人もいます。ですが、自分の声を客観的に聞く事は役者にとって悪い事ではありません。

 音楽スタジオで芝居の練習をしているので、場違いかと思えますが、部屋に入れば外からは分からないので、こっちのものです(笑)
 歌の練習に利用している人もいるので、楽器を持っていなくても怪しまれません。

 muranさんが住んでいる近くにスタジオがあるかどうかは分かりませんが、参考URLにスタジオ検索のページを載せているので、興味があるなら覗いてみてください。

 長々と書いてしまい読みにくいかもしれませんが、この回答がmuranさんの参考になれば、幸いです。

参考URL:http://www.digimart.net/studio/studio.htm

 以前、劇団に所属していました。

 私も、発声練習の場所にはかなり苦労しました。普段話しているぐらいの声量なら、部屋でも、どこでも練習できるます。ですが、本番と同じぐらいの大きな声量となるとかなり場所が限られまよね。

 #2の方が、フトンをかぶって練習すると書かれています。私も実際に試しましたが、消音効果はほとんどなく、隣の部屋の人から苦情を言われてしまいました。
 フトンをかぶるくらいなら、まだ押入れに入って練習した方がマシです。この方がまだ、消音効果は期待できます...続きを読む


人気Q&Aランキング