先日放送された水戸黄門1000回スペシャルで過去の出演者のほとんどが何らかの形で出ていましたが、
主だった中で杉良太郎やあおい輝彦が出ていませんでした。
あおいの場合は他のスペシャル番組には顔を出していましたが杉に至ってはコメントさえもありません。
何かこの番組と確執みたいなものがあったのでしょうか。気になって仕方がありません。ご存じの方がおられましたらお教え願いませんか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは。



以前「水戸黄門」で「格さん」役をしていた山田純大さんが
杉良太郎さんの息子さんだというのはご存知でしょうか。
私もはっきりとは覚えていないのですが
確か杉さんは純大さんが俳優デビューする時に
純大さんの仕事について一切手助けをしないと言っていたような記憶があるのです。
実の子供が可愛くない親がいるはずは無いと思いますので
ただ言ってるだけとは思いますが。
ですので、純大さんが水戸黄門に出演したことによって
杉さんはもう水戸黄門のことは純大さんにまかせて
心の支えになってあげているのだと思います。

ただこれはあくまで私の思い込みですので実際のところは不明です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

芸能界には疎いもので山田純大さんが息子さんだとは知りませんでした。
でも私個人の感想を述べさせて頂くなら、息子は息子、水戸黄門の歴史を作ってきたのは自分自身なのですからせめてワンシーンだけでも顔を出してもらいたかったです。

お礼日時:2003/12/27 08:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水戸黄門

時代劇の「水戸黄門」。
時代劇といったら、まずまっ先に大抵の人が挙げてくれるだろう「水戸黄門」。
(いや、違うだろう、という人がいることはわかっています)

しかし、水戸黄門は御存知のとおり、いろんなバージョンがあり、どうも新しいキャラとか配役になじめないということは多々あります。
そこは百歩譲りましょう。

みなさんにとって、「水戸黄門」にこれだけは欠けてはならないものはなんでしょうか。
ちなみに、これは前提条件とします。
 1.水戸黄門(いなくちゃはじまりません)
 2.勧善懲悪(正義が最後に勝つ)
 3.諸国漫遊(旅に出ない水戸黄門は面白くないかと)

ちなみに、僕は「風車の弥七のいない水戸黄門」はものすごくさびしく感じます。なんででしょうかね。

Aベストアンサー

nabayoshさん、こんばんは。

じいちゃんばあちゃん子だった自分は、子供の頃には(○十年前)よく見ていました。よって私もgunmanさん同様「東野英二郎」黄門じゃないと、やはり違和感があります(東野氏が何かの映画で悪役やってたのを見たときは、大ショックだった・・・)。
よって助さんも里見浩太郎、角さんは横内正でないと何か、「栗貫のルパン三世」みたいな気がします。

私にとっては、この三人キャストが「必須条件」ですね。

弥七、八兵衛はもちろん必要ですが、お銀や飛猿には思い入れが全くありません。

あ、それから15回に1回ぐらいの割合で「印籠が出てみんな『ははーっ!』と恐れ入っているのに、いきなり身を捨ててはむかってくるやつ」が出てくると、なぜか嬉しかったです(体制への挑戦?)。結局角さんとかに斬られちゃうんですけどね(笑)。

Q最近、スペシャル番組が多い。なぜ?

最近(ここ数週間)、ゴールデンタイムにスペシャル番組(2時間スペシャルとか)ばっかりしている気がします。
この時期ってこんなにスペシャルばっかりする時期でしたっけ?

一体いつになったら、通常(?)の放送に戻るのでしょうか?

私は、スペシャル(2時間とか:テンション高すぎ)は見ないが、通常(1時間とか)だと見る
という人間なので、SPの連続がかなりきついです

Aベストアンサー

はい、クールの変わり目である1/4/7/10月は番組改変期であり、そこを埋める形で通常番組より視聴率が見込める特番を編成するのが慣例になってます。

Q水戸黄門について

「さきの副将軍、水戸光圀公にあらせられるぞ!」とキメの台詞があります。水戸黄門が副将軍の時の将軍って、誰でしたでしょうか?また、時代劇で水戸黄門が多く、長く、また再放送される理由とはどうお考えでしょうか?(個人的に水戸黄門は好きです)

Aベストアンサー

将軍は、5代目の徳川綱吉です。

1700年12月6日に水戸黄門として知られる水戸藩2代目藩主、水戸光圀公が73歳で死去しました。
名君の誉れ高い光圀は、将軍の補佐役として「天下の副将軍」と呼ばれることもあるが、当時、実際には「副将軍」という幕府役職は存在しませんでした。
この呼び名がついたのには理由があるります。

光圀の実際の位は「従三位」で官職が「権中納言」と言います。
「黄門」とは中納言の唐名のことです。
水戸藩主は常に徳川将軍のそばにいる家柄ということで、いつしか「天下の副将軍」と称されるようになったそうです。

また、光圀は引退後『大日本史』の編纂に着手。
資料を求めて「助さん」「格さん」のモデルとなった家臣を諸国へ派遣したエピソードから「光圀公が諸国を漫遊して悪を懲らしめる」という講談が生まれ、時代劇の定番ヒーローとして語り継がれるようになった。


水戸黄門が永く愛される理由は、
・老人(水戸黄門)が主人公なので御年寄りに人気
・勧善懲悪のシンプルな作りなので子供や御年寄りに受けが良い
・人がめったに死なないため、喜劇のまま終わる。
※他の時代劇では、必ず人が死にます。
・由美かおるのお約束

~~~~~~~~~~~
「変身願望で心理分析」
筑波大学の井上教授は、長寿番組「水戸黄門」の人気の秘密は“変身”にあると。
越後のちりめん問屋のご隠居が印籠を見せただけで、天下の副将軍になる。
普段隠されているものが実は、“こうなんだ”と正体を現す・・・
これが「水戸黄門」の一つの特徴。
私たちは誰でも、自分に100%満足している人は普通いません。
普段の自分と違った別の人間になりたい、より強い人間になりたい!という、色んな願望の現れの一つが“変身”という形なのだと。

将軍は、5代目の徳川綱吉です。

1700年12月6日に水戸黄門として知られる水戸藩2代目藩主、水戸光圀公が73歳で死去しました。
名君の誉れ高い光圀は、将軍の補佐役として「天下の副将軍」と呼ばれることもあるが、当時、実際には「副将軍」という幕府役職は存在しませんでした。
この呼び名がついたのには理由があるります。

光圀の実際の位は「従三位」で官職が「権中納言」と言います。
「黄門」とは中納言の唐名のことです。
水戸藩主は常に徳川将軍のそばにいる家柄ということで、いつしか「天下の...続きを読む

Q昨夜のスーパースペシャル「超能力捜査官」の番組で。

スイスで消息を絶ったという女性のことを放送されてましたが、
「男性と行動をともにしていた」という話が出たあたりでテレビの前を離れなければならず、
結果が気になっています。
北朝鮮うんぬんの話も出てましたが、どういう展開になったのでしょうか? 
ご覧になった方いましたら、教えてください。

Aベストアンサー

私も見ました。
スイスで消息を絶ったという女性の件は、
pockyhomeさんがテレビの前から離れて数分後に
今は雪が積もっていて捜索は難航との事で
雪解けをまって地元の警察と捜索をすることになったと言っていました。
早い話 解決しないまま番組は終わったのでした。
見なきゃよかったと腹立たしかったです。

Q水戸黄門について

水戸黄門について
水戸黄門は今年(平成23年12月)12月に放送打ち切りになるそうですが、本当でしょうか?

Aベストアンサー

はい、その通りで、先日最終の収録が終わり打ち上げが行われました。
現代放映中の第43部は12月12日で完結し、
12月19日は過去のレギュラー出演者が多く出られるスペシャルが放送される予定です。

Q改編期でもないのになぜ長時間スペシャル番組が多い?

昔は春と秋の改変期、それに週1度の2時間スペシャル枠(フジの火曜ワイドスペシャル、テレ朝の水曜スペシャル等)以外にスペシャル番組はほとんどなくて、30分番組も多かったのですが、
いまは改編期でなくても2時間、3時間スペシャルが当たり前のようにやっています。
最近はその一方で、民放では30分番組はアニメ等を除いてほとんどなくなってしまいました。
ここ数年で、なぜ長時間スペシャルが乱発されるようになったのでしょうか?
そして、30分番組が激減した理由についても教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

2時間番組のほうが安い←×

特番のほうが予算は圧倒的に高いです。
だいたい1時間番組の4倍ぐらい。


昔からこの時期の切り上げ特番は普通にありますよ。
年2回の改変期にしか特番をやらないなんて法則は無いです。

1クールは3ヶ月であり、その区切りで特番をすることは昔からあります。


2時間番組が多くなったように見える一番の理由は「野球中継が無くなったこと」です。

1クールの区切りに野球中継を入れることも多かったのが、
一切なくなったわけですからそこに特番を入れる必要性が出てきたのです。


もう一つの理由は予算の都合でしょうね。

ゴールデンの1時間番組ですら予算が足りなくてしたいことが出来ない時代ですから、
30分番組を2個にしたらもっと出来ることが減って「周りに対抗できなくなる」わけです。

結果、30分よりも1時間、1時間よりも2時間にしてお金をたくさんかけたほうが
クオリティの高い番組作りが出来て周りよりも良い物を作りやすくなるということです。

昔はお金がたくさんあったのでそんな必要も無かったですが、
今はゴールデンの1時間番組ですら予算が足りないって言いますからね。

通常放送で節約して、SPで一気に使うという手法の番組も多いです。

2時間番組のほうが安い←×

特番のほうが予算は圧倒的に高いです。
だいたい1時間番組の4倍ぐらい。


昔からこの時期の切り上げ特番は普通にありますよ。
年2回の改変期にしか特番をやらないなんて法則は無いです。

1クールは3ヶ月であり、その区切りで特番をすることは昔からあります。


2時間番組が多くなったように見える一番の理由は「野球中継が無くなったこと」です。

1クールの区切りに野球中継を入れることも多かったのが、
一切なくなったわけですからそこに特番を入れる必要性が出てきたので...続きを読む

Q水戸黄門のロケ(太秦映画村)

ちょっと先の話になりますが
9月の下旬にお友達と京都へ旅行に行くことになりました。
3人で行くのですが一人が時代劇が好きでなかでも
水戸黄門が大好きなのです。(まだ20代の女の子です)
なので「絶対太秦は外せない!!」というのですが
映画村で水戸黄門も撮影をしてるのでしょうか?
その撮影現場は一般人でも見れますか?
そもそも9月下旬になっても水戸黄門の撮影はしているでしょうか?

時代劇・水戸黄門・太秦映画村にお詳しい方
色々教えてください。

Aベストアンサー

http://www.toei-eigamura.com/event/
こちらでご確認ください。
といっても9月下旬のスケジュールはまだ出ていないようです。

水戸黄門の撮影は映画村でもやっていたはずなので、うまくスケジュールが合えば見られるかと思います。

QTV番組「大家族スペシャル」を観る人の心理

ここ何年か「大家族」を銘打っている番組を時々みかけます。結構視聴率がいいと聞くのですが、あの番組を観る方の心理はどういったものなんでしょうか?

「あんな大家族に生まれたかった?」(憧れ)
「あんな大家族ってどうやって生活してるの?」(興味)

などなんでしょうか?

ちなみに私は、正直「あんな大家族でなくて良かった」と思っています。
だから、番組は観たことはあるけど、必ずは観ないので、あの手の番組を楽しみに観てる方はどういう理由で観ているのか知りたいのです。

色んな意見を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

私はまったく興味がない部類にはいります。
しかし母や主人はこの手の番組好きなんですよねぇ。
何が面白いのかな?と自分なりに分析した結果・・・
そんな私でも回答いいですか??

今時見かけない野生児な子供達の成長ぶり。
少子化で一人っ子などの家庭が大家族に対して興味を持っている。
大家族を見て自己満足する。(こういう家庭でなくてよかった)
あるいは大家族を見て憧れる。(一人っ子の人だと憧れるのかな?)

大抵大家族は半年とか1年感覚で追っかけるから
他人の成長ぶりを見て、大家族を疑似体験できる!!なんかどーかな??

あと蛇足ですが初めてのお使いもよく解らないんですよね。
確かに見てたらカワイイけど。。。
そこまで『見たい!』とか『楽しみにしてる』って番組じゃないので。
けど長く続いてるってことはやっぱり人気あるんでしょうね。

子供を持ったら見方が変わるのかな??って思います。

Q水戸黄門の劇に使う効果音

演劇で水戸黄門をするのですが、効果音用に、TVの水戸黄門のサントラを探したのですが、発売されていないようです。そこで、それの代わるサントラや曲があったら紹介していただきたいのですが。

Aベストアンサー

サントラが発売されるそうです。

参考URL:http://www.birdlandmusic.co.jp/cd/birdland.html

Q水戸黄門 飛猿について

 水戸黄門の飛猿について教えて下さい。

 私が生まれて、興味を持って見る時には、柘植の飛び猿は、水戸老巧の影の警護役としていましたが、飛猿は、かげろうお銀のように、最初はご老公の命を狙う刺客としての役で、物語が始まったのでしょうか?

Aベストアンサー

「四代将軍家綱の法要の席上で、接待役の鳥羽藩主と宮津藩主が急死。これは老中柳沢吉保によって仕組まれた刃傷事件であった。鳥羽藩取り潰しを画策する柳沢。その危機を救うため、鳥羽藩城代家老本多左京の娘弥生と共に旅立つ一行。」

この話から柘植の飛猿がレギュラーになり、役割は

「力技と土遁の術を使う。実は味方でかつて伊賀から鳥羽領に移り住んだ自分の一族を領民同然に面倒をみた城代家老本多左京の恩に報いるために、道鬼一味の動向を探り光圀一行を陰ながら守ってきた。裁きの場ではお蓮と共に証人として登場。事件解決後は一行に加わる。」

黒谷の道鬼は

「黒マントに身を包んだ忍びの頭領。伊賀のはみ出し者ばかりを集めて作った刺客集団で、自身も伊賀の抜け忍か、忍びの技はきちんと修めていない。常に柳沢吉保の念書を持って各地の悪人のもとに現れる。鳥羽藩側用人・丹羽甚内に取り入り、将来は武士になることを夢見ている。最期はお銀との一騎打ちの末、後一歩でお銀を追い詰めるが又平の遺髪が目隠しになったところをお銀に斬られて死亡。」

参考URL:http://iwa.pekori.to/mito/side/killer.html

「四代将軍家綱の法要の席上で、接待役の鳥羽藩主と宮津藩主が急死。これは老中柳沢吉保によって仕組まれた刃傷事件であった。鳥羽藩取り潰しを画策する柳沢。その危機を救うため、鳥羽藩城代家老本多左京の娘弥生と共に旅立つ一行。」

この話から柘植の飛猿がレギュラーになり、役割は

「力技と土遁の術を使う。実は味方でかつて伊賀から鳥羽領に移り住んだ自分の一族を領民同然に面倒をみた城代家老本多左京の恩に報いるために、道鬼一味の動向を探り光圀一行を陰ながら守ってきた。裁きの場ではお蓮と共...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報