「建設奉行」というソフトか「建設大臣」というソフトの導入を検討しています。資料を取り寄せて、比較しているのですが、どちらもそれなりの価格なので、決めかねています。どちらかでもお使いになったことのある方、どんな情報でも結構ですので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今晩は。


若干抽象的なご質問ですが、参考になればと思います。
基本的にOBC社「建設奉行」、オーケン社「建設大臣」、PCA社「建設業会計EX-V」等の主要メーカーのソフトは機能に大きな差は御座いません。
私もrorin様同様で、うちは「建設大臣」が気に入っている、我社は「建設業会計EX-V」が使いやすいとユーザーからさまざまな意見聞きます。(ユーザーはソフトを2本も3本も使用している訳では有りませんから、今使っているソフトが機能的に合ってると感じていれば「これが良いと言います」・・・当り前ですか・・・)

上記3社は、無料で体験版(CD-ROM)を提供していますので、入手して触ってみてください。
販売店も販売経験が無いソフトより経験があるソフトを推奨しがちです、後で「おたくが勧めたから購入したのに・・・」なんて後味の悪いことにならない様にしたほうがいいです。
また、販売店も一般簿記と建設簿記の違いを理解している所は意外と少ないですから、詳細な機能に関しては直接メーカーに確認したほうが無難です。
上記3社は、無料で体験版(CD-ROM)を提供していますので、入手して触ってみてください。

OBC社  http://www.obc.co.jp/
PCA社  http://www.pca.co.jp/
オーケン社 http://www.ohken.co.jp/

上記3社しか私は知りませんので悪しからず・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

無料CD-ROMは知りませんでした。早速入手して、実際に触ってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/11 10:13

まだ締め切られていなかったので、大したアドバイスもできないのですが、書き込ませていただきました。



ご存知だとは思いますが「建設大臣」の方が歴史が古いです。(「建設奉行」は「建設大臣」を参考に作ったと言う噂もある位です。)
歴史が古いということは、ユーザーの要望に合わせて次々とバージョンアップしてきていると考えて良いのではないかと思います。

ただし、「バージョンアップ=使いやすいソフトになった」ということではありません。
このようなパッケージソフトは、あらゆるユーザーに対応するように作られています。
従って、バージョンアップされることで、今までの機能で十分だったユーザーから見ると逆に使いづらくなってしまうこともあるわけです。

「建設奉行」「建設大臣」で見ると、その差は明らかだと思います。
「建設大臣」はかなり汎用性があり、細かな設定ができるようになっています。
自社の業務に合わせた登録が可能、ということです。(今までのコード体系を変えずにすむなど)
その分、システムに強い方でないと、マニュアルを読んで導入を進めるのが難しいかもしれません。

御社の業務の流れや必要帳票などを充分に洗い出して、頼れる販売店さんに相談されるのが良いのではないでしょうか。
システムは充分に検討せずに導入すると、痛い目にあいます。…本当に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい販売店さんを紹介してもらえそうなので、相談してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/01 18:32

私はコンピュータの販売やソフト開発指導をしています。


私はどちらも顧客に販売し指導をしていますが、慣れればどちらも変わり映えしませんが、建設奉行のほうがどちらかというと使いやすいです。ただ、具体的に何がいいかとかは言い切れませんが、決める時はあなたの会社で今現在要求する帳票が出るかをデモしてもらい、検討した方がいいでしょう。
私は販売する時には必ずヒヤリングしてから導入の見積を提出します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

出力可能な帳票に関しては、決め手の一つと考えています。必須の帳票が出力できるかは調べてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/11 10:15

使ったことがあるというか、どちらのソフトも簡易指導をする仕事をしています。


建設業に携わっている立場で使ってないのではっきりとはわかりませんが、私のユーザー様で、「建設大臣」がこの業界に適してて使いやすいと言われてるのを聞いたことがあります。
でも、色々と各建設会社によって使い方があると思うので、一度ソフトのデモンストレーションを見るか、体験版があるので使ってみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

デモは一度お願いしようと思っています。rorinさんのユーザー様のオススメは「建設大臣」ですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/11 10:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建設業の経営審査について

建設業の経営審査の提示書類に消費税の確定申告書の控えがあります。これは経営審査の時何を確認するために提示するのでしょうか?行政書士の先生方には審査マニュアルがあるようですが、行政書士の方以外でも教えてください。

Aベストアンサー

完成工事売上の水増しがないかチェックするためです。
基本的に消費税申告書の課税標準額と売上高は同じになるはずなので、損益計算書等の決算書類の改ざんによる虚偽申請を防ぐ効果があります。

参考URL:http://www.k3.dion.ne.jp/~hatayama/info/consul/keishin.html#checklist

Q建設大臣初期設定

子会社に建設大臣を中途導入する初期設定をしているのですが、経理事務の経験がほとんどありません。
マニュアルも意味がわからずにスグ行き詰まってしまいました。
何かコツとかポイントがありましたらゼヒ教えてください。

Aベストアンサー

応研のですよね?
大臣シリーズはユーザーがいろいろカスタマイズできてとても良いソフトなのですが、
その分、わけも分からずに設定すると後々面倒なことになると思います。
可能であれば導入指導を受けることをお勧めしますが・・・。

応研 導入指導サービスのご案内
http://www.ohken.co.jp/support/useware.html

すでにご存知のことだったらごめんなさい。

あと、購入は応研の営業の方からでしょうか?
もしそうなら、ある程度設定等の相談にも乗ってくれるはずですから、連絡してみては
いかがでしょう?

Q建設業の経営審査評価について

今年度から突然、建設業全般の届出などを任される事となりました。
そこで、謎の多い経営審査の事を教えてください
経営審査の点数を上げる為、定年退職者を継続雇用する事になりました。実際には、出社はしません。
過去の提出書類を見る限り、人員に関しては
・雇用保険被保険者資格者証
・社会保険標準報酬決定書
・給料台帳
がいりますよね
最低限どのくらいの給料を支払えば、クリアー出来るのでしょうか?
それともそこまでして、技術者の点数を上げる必要はないのでしょうか

Aベストアンサー

正確には「経営事項審査」といいます。業界では「経審」で通ります。
経審には、完成工事高(一般でいう売上高)の規模を評価するX1、
完成工事高規模と比較した自己資本額や職員数の規模を評価するX2、
財務諸表の内容を評価するY、
1級・2級の技術者国家資格の有資格者数を評価するZ、
社内の労働福祉の状況や経理事務、発注者との防災協定の有無など社会性を評価するW
以上を総合的に評価し、総合評定値(P)として数値化します。

評点算出方法は少し複雑ですが、全国統一のルールで公表されていることなので「謎の多い」というわけではありません。建設業以外の業界でこのような全国統一ルールに基づく経営評価をしている業界は皆無です。

さて、ご質問のケースは、多分Z評点をアップさせることにより、最終的にPをアップさせようと思っているわけですよね。
Z評点は点数幅が大きいのが特徴なので、1級が1人いるだけで、企業によってはP点がかなり上がるケースも確かにあります。
おそらく、それをしないと現在の入札ランクを維持できないのでしょう。

しかし、実際には出社しない以上、いわゆる「名義貸し」に当たりますので、虚偽申請ということで建設業法違反です。刑事罰として罰金もあります。このほか、指名停止、営業停止、許可取消、最悪の場合逮捕もありえますよ(姉歯問題で出てきた熊本県の木村建設は、経審の虚偽申請で経営者が逮捕されました)。
昨今は、国土交通省をはじめ、各審査行政庁(都道府県)も虚偽申請に神経をとがらせています。
少しでも評点をアップさせたいお気持ちは分かりますが、教えて!gooは犯罪を助長させる回答はできませんので、回答不能とさせていただきます。
蛇足ながら、個人的には、談合だの手抜きだの賄賂だのと、建設業は世間にダーティーなイメージがありますが、その責任は質問者様のようなことをやっている建設業自身にあると考えています。

経審結果はインターネットで公表されますので、「誰かに見られている」という前提で申請しなければなりません。虎視眈々とライバル企業を蹴落とすことを考えている同業者も少なくなくありません。審査行政庁に垂れ込まれたら、最後です。

結論。正直ベースでいきましょう!お役に立てなくてすみません。

正確には「経営事項審査」といいます。業界では「経審」で通ります。
経審には、完成工事高(一般でいう売上高)の規模を評価するX1、
完成工事高規模と比較した自己資本額や職員数の規模を評価するX2、
財務諸表の内容を評価するY、
1級・2級の技術者国家資格の有資格者数を評価するZ、
社内の労働福祉の状況や経理事務、発注者との防災協定の有無など社会性を評価するW
以上を総合的に評価し、総合評定値(P)として数値化します。

評点算出方法は少し複雑ですが、全国統一のルールで公表されて...続きを読む

Q会計ソフト導入

友人の会社が会計ソフトを本格的に入れたいそうです。売り上げ規模は、大体1億8000万円ぐらいです。現在は、記帳など手書きでやっています。どのようなソフトを選んだらよいのかまったくわからないようですが、このような場合、税理士などと相談して、支援してもらうのがよいのでしょうか?私は、経理や税務のことなどまったくわからず、どうアドバイスしてよいのかわかりません。
詳しい方、書き込みよろしくお願いします。

Aベストアンサー

手書きは大変ですね。

顧問の税理士さんがいるならば、その税理士事務所がサポートしてる
会計ソフトを使うと申告書作成時に楽できます。
会計ソフトの導入はそれほど大変ではありません。
会計事務所などの特別なサービスを受ける場合を除けば、
支援は特にいらないと思います。
もちろん、通常のソフトを使用する知識は必要ですが。

売り上げ規模からすると、自由度の高いソフトがいいと思います。
安いものでも結構使えます。
迷ったら弥生会計をお勧めします。

Q建設業経理事務士と経営審査について

現在、建設業経理事務2級以上は経営審査のポイントの対象となっていますが、この制度は18年3月までとなっていると聞いたのですが、それ以降はポイントの対象とならないのでしょうか?詳しいことを知りたいときは、どこに問い合わせすればよいのか教えてください。

Aベストアンサー

 この件については、私も心配で実施期間である建設業振興基金に問い合わせました。
 それによると、
1.現在決まっているところは、18年3月までで経審の評価がうちきられること
2.ただし、国土交通省が評価継続へ向け前向きに検討しており、近いうちにいい方向への発表があるのでは
との回答でした。
 koganchanさんも、心配でしたら、ぜひ直接質問してみてください。
   財団法人建設業振興基金  TEL 03-5473-4581

Qおすすめの土木建設業の会計ソフト

いろいろこちらで検索してみたところ、JDLの工事台帳や建設奉行などがあるようですが、従業員10人未満で使うとしたら、どこのどういうソフトがいいですか?
出来れば、経理関係全般が簡単に出来て、給与計算も出来るといいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

奉行クラスのソフトは、基本的に入力担当者と管理者が別に存在する、すなわち2名以上で経理ソフトを使用する経理体制の会社向け仕様とお考えください。
また、入力も振替伝票入力が基本となります。

安価なソフトは基本的には1人で経理が行える仕様にしています。入力方法も振替伝票入力、出納帳入力、元帳入力とソフトによっては多少違いますが出来ます。

お勧めソフトは一概にどことは言えませんが、使用ユーザー数の多いソフトが多分お勧めです。このサイトとかに質問したらきっと答えが返ってきます。

弥生、ソリマチ、JDL、ミロクetc...

弥生マスターインストラクターでした!

Q建設業の経営審査の主任技術者について

現場代理人は契約工期内は他の工事現場とは兼務できないのは知っておりますが、主任技術者は専任の必要のない工事(2,500万円未満)であれば兼務できますか?
例えば、契約工期が重なった4つの工事、請負代金1,000万円、1,500万円、2,000万円、500万円がある場合、ひとりの人間が4つ全ての工事の主任技術者となることは、経営審査的には問題ないのでしょうか?

問題ないかと思っていたのですが、
知人から、重なった時期の工事の場合、ひとりの主任技術者が兼ねられるのは総額2,500万円までと聞きました。昨年、経営審査担当に確認したそうです。
疑問に思ったので、経営審査担当に尋ねたのですが、問題ないように言われ、どちらが本当なのだろうかととまどっています。
もしかすると、知人か私のどちらかが分かりにくい尋ね方をして、担当者に疑問とする主旨が伝わらなかったのかも知れません。
ご存知の方がおられましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

法的に規定されているのは、請負金額が2500万円以上(住宅は除く)の工事について主任技術者または監理技術者の専任(常駐)が義務付けられているのであって、複数工事の請負近を合算する規定はなかったはずです。

要は、2500万円以上の工事については、専任の主任技術者を届け出ておいて、他の小額工事は専任ではなく非常勤の管理という形にしておけば問題ないと思います。
ただし、法律とはかかわりなく、発注者が契約書上、主任技術者の常駐穂を義務付けている場合がありますから、このときは請負近の条件は関係なしとなります。

また、経営事項審査では、技術者数の評価として建築士や施工管理士の有資格者は問題になりますが、主任技術者や監理技術者は経営審査と直接的には関係してこないはずです。

Q会計ソフトfreee導入について

会計ソフトfreeeについては賛否両論あるようです。freeeの良さはいろいろ広告されているのでよく分かりました。freee使用経験者の方で「マイナス面」をどなたか教えて頂けませんか?できれば「失敗した!」とお感じの方、率直なご意見を頂けませんか?よろしくお願いします。あらかじめどのような問題点が予想されるか知っておきたいと思います。

Aベストアンサー

会員登録したばかりでまだ使い込んでいませんが。
 時々刻々とサービス内容が変化し、日を追うごとに機能が追加されていくので特に失敗することはないのではないかなー?っと。
必要とあれば弁理士と相談できることになっているし。

どこのあたりがマイナス面というのは特には思い浮かばないです。
何か不都合があれば会計ソフトfreeeに要望をだして何とかなりませんかね?

Q転職して初めての建設業の経営事項審査を受けます

いつもお世話になります。建設業に転職して、今回初めて経営事項審査を受けます。経営分析等は依頼し、書類も必要な書類一覧をみて、一応一通りそろえたのです(まだ内容意味はよく把握できてません)が、正直初めてで不安です。これをそのまま持っていっても、いろいろ突っ込まれたりしてしどろもどろになりそうです。経験のある方等で実際のその場ではどのような話をし、どのような事を聞かれたりするのでしょうか?またそのようなことまで、深く紹介されているような、わかりやすい書籍、サイトとかがあれば紹介していただきたいのですが。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

昨年、何を訊かれても答えられるようにと
カートに乗せてすべてファイルごと持っていきました。

経歴書を元に
工事の受注から入出金までの証明(注文書・請書)。
工事期間(基準日までに終了しているか)
配置人員(同一技術者が同時期にダブって担当していないか)
労務費・労務外注費・外注費の判別。
資格証の写しの確認。
担当官にもよるでしょうけれど、結構困るようなことをきかれます。
明細で一式と記載してある内容とか・・・。
入札申請のようにダーッとチェックされるのでなく、
ポツポツと拾らって、「例えば、これなんか・・・」と言う調子でしたね。
「経理なんで、そこまではわかりません。」
と言いたいところでしたが、審査中に担当者に電話したり(・_・;)でした。

決算書類に関しては「さぁ来いッ!!」って感じだったのですが、変更届でチェックを受けてるので、殆ど何も質問されなかったです。

忘れ物もありましたね。
継続的取引の元の契約書(何年か前の)とか。
後送でOKでしたけれど。

Q経理ソフトを導入したほうがいいか

知人の会社が近い将来株式を公開したいそうです。IT関係の会社で経理は表計算でやっているそうです。株式公開するためにはシステム化しないといけないのでしょうか。

Aベストアンサー

システム化というより、管理体制が必要なのでは。例えば、「経理責任者は誰で、責任者が確認した後は責任者以外は修正出来ず、責任者が訂正等を行った場合は、訂正等をした日付と訂正等をした箇所を、○○に記録する」といった決まり。さらに、これらの決まりが正しく運用されているかのチェツクの仕方等を決めて、そのチェックに基づいて資料を作って提出したりすることになります。

これを表計算だけでやろうとすると、誰がいつ経理し確認したとか、訂正・削除等の履歴や、他の人が触れないようにする仕組みとか、それをどうやってチェックするか(実際に出来て説得力のあるものでないとダメ)がすご~く面倒なので、こういったものがきちんと出来るように、システム化するんだと思います。

ただし、システムを組んでも、それだけだと必要十分な管理が出来なかったり、資料が作れなかったりするので、表計算とか市販のソフトとかを、併用することになろうと思います。

最近は以前に比べてベンチャーの上場が難しくなっているようですし、上場を機会に管理体制を整えて、組織力を強化させるためシステム化する方が良いのではないでしょうか。

システム化というより、管理体制が必要なのでは。例えば、「経理責任者は誰で、責任者が確認した後は責任者以外は修正出来ず、責任者が訂正等を行った場合は、訂正等をした日付と訂正等をした箇所を、○○に記録する」といった決まり。さらに、これらの決まりが正しく運用されているかのチェツクの仕方等を決めて、そのチェックに基づいて資料を作って提出したりすることになります。

これを表計算だけでやろうとすると、誰がいつ経理し確認したとか、訂正・削除等の履歴や、他の人が触れないようにする仕組みと...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング