ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

タイトルの件、質問いたします。

パワポで、プレゼンをする人は、プレゼンター
では、プレゼンを聞く人は何といいますか??


ご存知の方、いらっしゃましたら、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

講演で発言する人は、発表者。


講演を聴く人は 聴講者。

昔は、スライド、8mm映画で資料を見せており、
資料を見せながらの講演を強調する場合は、

視聴者。

(一般的には、聴講者(聴講生)が使われます)
    • good
    • 1

presenter: somebody who presents something


presentee: somebody who is presented to others

Ref: Encarta(R) World English Dictionary (C) & (P) 1999,2000 Microsoft Corporation. All rights reserved. Developed for Microsoft by Bloomsbury Publishing Plc.
    • good
    • 0

全く同じ前回の質問を放置していますが。

。。。。

http://questionbox.jp.msn.com/qa7530576.html
    • good
    • 0

 プレゼンテーションをする場面によって異なってくると思います。


 1企業を相手にしてのプレゼンの場合には クライアントでしょう
 数社を相手に行う場合には ユーザー かもしれません。

 特に対象を特定しない場合にはリスナー でしょう。

 私は 「みなさん」を使っています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q敬語で「聞く」 正解を教えてください。

謙譲語、尊敬語で、「聞く」は何ですか?
今日、勤務先のテストで、敬語の問題で「聞く」の尊敬語と謙譲語の二つだけを間違えました。
正解は自分で調べないと勉強にならないので教えない、ということでした。

私は、尊敬語「お聞きになる」謙譲語「拝聴する」と書き、どちらもペケでした。
正解を教えてください。悶々としています。

Aベストアンサー

国語の文法書や敬語関係の本を何冊か書いたことがあります。知恵袋でもご回答差し上げた者です。
しつこいようですが、私がご回答したもので間違いはありません。

根拠は以下の通りです。

●尊敬語について
国が出した敬語使用の指針に「これからの敬語」(昭和27年 国語審議会建議)というものがあります。古いもので、若干の問題点、説明が不足している点はありますが、現在の敬語使用に関する公的な唯一の指針です。以下、そこからの引用を中心に話を進めます。原文は下記URL内にあります。ご確認ください。

「六、動作の言葉」より引用(以下、】まで。<>内は私のコメントです。)
動詞の敬語法<ここでは「尊敬語」のこと>には、およそ三つの型がある。すなわち、

「『書く』I書かれる IIお書きになる IIIお書きあそばす」
「『受ける』I受けられる IIお受けになる IIIお受けあそばす」

Iの「れる」「られる」の型は、受け身の言い方とまぎらわしい欠点はあるが、すべての動詞に規則的につき、かつ簡単でもあるので、むしろ将来性があると認められる。<この説明から、まず「聞かれる」という尊敬語が正統なものであると結論づけられます。>
IIの「おーーになる」の型を「おーーになられる」という必要はない。<この説明は二重敬語を戒めたものです。つまり、「おーーになる」の正当性は言うまでもない、ということです。「お聞きになる」は正しい尊敬語です。>
IIIの型は、いわゆるあそばせことばであって、これからの平明・簡素な敬語としては、おいおいすたれる形であろう。<「おいおいすたれる」とあるように、「お聞きあそばす」は確かに現在では用いられません。しかし、それは誤用だからではなく、時代にそぐわないという理由からです。>】

●謙譲語について

謙譲語については、上記「これからの敬語」にはまとまった記述がありません。そこで、現在、文化庁の諮問機関で、新しい敬語使用の指針を作成中の「文化審議会(国語審議会の後身)敬語部会」の中心メンバーである、菊地康人東大教授の著作(「敬語」講談社学術文庫)から引用いたします。教授は、先ほど新聞・テレビをにぎわせた敬語の新区分法策定などにも関係していらっしゃる、敬語研究者です。
以下、「 」内が同書(敬語)からの引用です。( )内も原著どおり。省略。地の部分、及び引用中の<>内は私のコメントです。

「現代の謙譲語A<・・・を、・・・に、にあたる人物、つまり話題の人物に対する謙譲語。それに対し、聞き手に対するものを謙譲語Bとする。先ほど報道された謙譲語1,2に対応する>の代表的な形としては、まずこの「お/ご~する」があげられる」(282ページ)
このようにまず、【お~する】が謙譲語であることが示され、その語例として、

「お聞きする」(286ページ)

が挙げられています。また同書の、「和語動詞の主な特定形」という項目に、

「承る<中略>
(1)『聞く』意<中略>
皆様のご意見を承りたいと存じます。<中略>
のように使う。『お聞きする』や『伺う』と同様の機能だが、敬度はさらに高く、主に改まった話し言葉で使う(さらに敬度の高い表現として後出の『拝承する/拝承いたす』もある)。」(342~343ページ)

ここからも、「伺う」だけが特別なわけではなく、「聞く」の同様の謙譲語に「承る・お聞きする・拝承する・拝承いたす」もあることがわかります。
また、この後には「拝承する・拝承いたす」に続き、「漢語系(熟語系)の動詞の謙譲語の例として、

「『拝聴」(人の話や演奏などを聴くことを、その人を高めて述べる。)などがある」(346ページ)

とあります。「聴く」とありますが、「人の話や」ともなっていることから、「拝聴」は、「聞く」も含めた「きく」という広い意味の謙譲語としてと考えるのが妥当です。


これ以外にも、文献上の根拠はいくらでも挙げられますが、きりがないのでやめておきます。
他の回答者の方がおっしゃっているように、文脈によって相対的に使用が制限されるような場合はありますが、一般に「聞く」の謙譲語、尊敬語について「お聞きになる」「拝聴する」を否定する者は、まともな国語関係者にはいません。

確かに、敬語に「絶対的な真実=正解」はありえません。国が言うから、東大教授が言うから、それが正しいとは言えないでしょう。私自身、上記の「これからの敬語」や「敬語」に納得していないところはいくつもあります。
権威や常識に反して、別な意見・考えをお持ちになるのは自由、というより、よいことだと思います。ただ、その場合には当然根拠を示していただかなければなりません。是非、その根拠を伺いたい(お聞きしたい・拝聴したい)ものです。

私の以上のコメントと、あなたの勤務先の方のご意見。どちらをお取りになるかは全くあなたの自由です。ただ、繰り返しになりますが、そう判断なさった「根拠」をお示し下さい。

実は、知恵袋の法であなたのコメントを拝見してから、私も「正解」とやらを知りたくて悶々としていました。
ここで再会できたのをうれしく思います。
もちろん、私のコメントが採用されなかったからとか、あなたのご判断に不満があったからではありません。
ただ、知りたいのです。幸い、こちらのサイトは字数制限もなく、またある程度のやりとりもできます。
ご不明な点や、ご不快に思われたところがあればおっしゃってください。精一杯、お答えしたいと思います。そしてもちろん、「正解」がわかったら、教えてください。お願いします。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/kokugo/frame.asp?tm=20061108114757

国語の文法書や敬語関係の本を何冊か書いたことがあります。知恵袋でもご回答差し上げた者です。
しつこいようですが、私がご回答したもので間違いはありません。

根拠は以下の通りです。

●尊敬語について
国が出した敬語使用の指針に「これからの敬語」(昭和27年 国語審議会建議)というものがあります。古いもので、若干の問題点、説明が不足している点はありますが、現在の敬語使用に関する公的な唯一の指針です。以下、そこからの引用を中心に話を進めます。原文は下記URL内にあります。ご確認く...続きを読む

Q「プレゼンテーションを受ける」を一言でいうと

教育や講義を受けた場合は「受講」、資格試験を受けた場合は「受験」と表現できますが、
「プレゼンテーションを受けた」「製品デモを受けた」を同様に一言で表すとどうなりますでしょうか?

日々の業務の中での簡単な報告文書等の中で度々その様に書きたい場合がありまして、
何か便利な表現はないかと探しています。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「プレゼンテーションを受けた」「製品デモを受けた」場合、

「拝聴」「聴講」「聴聞」等の「聴く」を使うか、「拝見」「見聞」等の「見る」を
使う方法もあろうかと思います。

プレゼンテーションや、デモの内容、或いは説明された方との職務的上下関係や
会社間・他社の場合は取引の関係上で「拝」を入れることになるのではないかと考えます。

蛇足やも知れませんが、資格・検定試験関係は、「受検」が適当かと思います。

参考までに。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Qその日程で大丈夫!と取引先に返事したい

急いでます。宜しくお願いいたします。

取引先(お客様)からいただいた
打ち合わせ日時の案内メールに対して
「その日、その時間で大丈夫です。」と返事をしたいのですが
どうやって書いていいのかわからなくて困ってます。

不在の上司のかわりにメールをするので
ちゃんとした、失礼のない文面にしたいのですが・・・

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

メール返信の形で、

ご連絡を誠に有難うございます。
下記承知いたしました。
それでは○月○日○時にお伺いさせて頂きます。

で良いのでは?

Qエクセル 0や空白のセルをグラフに反映させない方法

以下の点でどなたかお教えください。

H18.1~H20.12までの毎月の売上高を表に記載し、その表を元にグラフを作成しています。グラフに反映させる表の範囲はH18.1~H20.12の全てです。
そのためまだ経過していない期間のセルが空白になり、そこがグラフに反映され見づらくなります。
データを入力する都度グラフの範囲を変更すればいいのですが、うまく算式や設定等で空白や0円となっているセルをグラフに反映させない方法はありますか?

お手数ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

売上高のセルは数式で求められているのですよね?
それなら
=IF(現在の数式=0,NA(),現在の数式)
としてみてください。
つまり、0の場合はN/Aエラーにしてしまうんです。N/Aエラーはグラフに反映されません。

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング