個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

シェンゲン協定の180日間90日ルールについて質問です。

2011年10/28フランス入国
2011年11/9 フランス出国
計13日滞在

2012年3/20 フランス入国
2012年6/6 フランス出国
計79日滞在

したのですが、この場合どこを起点に90日を計算すればよいかわからず困っています。


10/28と3/20、どちらを起点にすればよいですか?


10/28日から計算した場合、4/24で180日が経ちますが、4/25を起点にまた新しくカウントできるのでしょうか?

それとも10/28を起点に6/6までで1カウントですか?(その場合2日オーバーステイしている事になりますよね?でも180日間もこえているのでちょっとわからず混乱しています。。)



どなたか詳しい方、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

> この場合どこを起点に90日を計算すればよいかわからず困っています。



どこを起点にとっても,そこから180日のうちの90日までということです。

起点を2011年10月28日にすれば2012年4月24日までのうち滞在期間は13+36=49日です。
起点を2011年10月29日にすれば2012年4月25日までのうち滞在期間は12+37=49日です。
 (途中省略)
起点を2011年11月9日にすれば2012年5月6日までのうち滞在期間は1+48=49日です。
起点を2011年11月10日にすれば2012年5月7日までのうち滞在期間は49日です。
起点を2011年11月11日にすれば2012年5月8日までのうち滞在期間は50日です。
 (途中省略)
起点を2011年12月10日にすれば2012年6月6日までのうち滞在期間は79日です。

このように考えれば,どこを起点にとっても90日以内になっていることがわかるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、どこから数えても90日を超えなければいいんですね!
近いうちにまたフランスへいかなければいけないので、あと何日滞在できるのかわからず困っていました。
本当に助かりました。ありがとうございます!

お礼日時:2012/07/24 21:02

ご注意ください!


最初のシェンゲン協定加盟国の入国日から180日間に合計90日の無査証滞在が可能です。
 
質問者様の場合は、
2011年10月28日から2012年4月24日までの180日間に、合計90日までの無査証滞在が可能です。
そして、
2012年4月25日より2012年10月21日までの180日間に、合計90日まで無査証で滞在が可能です。
(2011年10月28日以前に協定加盟国への入国がない前提です)
 
現在質問者様は2012年4月25日より43日間の滞在をされているので、2012年10月21日までに
あと47日間の滞在が出来る、ということになります。
 
オーバーステイになった場合、罰金や次回の入国が非常に厳しくなるといった点については
他の方が回答されている通りです。すり抜けられるケースもあるかも知れませんが、
海外でのことでもありますし、あまり楽観視はなさらない方が良いかと思いますよ。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
いずれ長期ビザをとろうかと思っているので、オーバーステイしてしまわないよう気をつけたいと思います!

お礼日時:2012/07/29 06:37

過去6か月ではないでしょうか 次の入国の時点での過去6か月以内 7月24日入国だと1月24日以降で90日 30日出国だと1月30日

以降で90日で 出国の時点で90日を超していると不法滞在扱いで 罰金の対象となり それがコンピューターに記録され、次回以降 入域の際に厳しくチェックされるのではないでしょうか(特に厳しいドイツで出入域の場合)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

罰金とられる上に次回入国が大変になるなんて悲しすぎですね。。
国によってもチェックの厳しさは色々なのですね。気を付けます。
回答ありがとうございました!

お礼日時:2012/07/25 00:05

180日毎に更新されるわけではなく、どこの日からでも180日の間に滞在日数が90日を超えていなければOKです。


したがって、質問者様のケースは全く問題ありません。
ただし、フランス以外のシェンゲン条約加盟国の滞在日数も累積でカウントされるので、欧州各国を訪問される場合は気をつけてください。
なお、頻繁に欧州出張する人達(商社マンとか)の中には、180日間の間に累積で90日を超える人もかなりおり、実際にはあまりチェック機能が働いていないようです。元々の規制の意味合いが「労働許可なしの長期滞在を防ぐ」ためのものだから短期滞在はチェックされないのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
てっきり、入国した日からカウントするものだと思い込んでいました。
もしオーバーステイして、入国拒否されたらどうしようなんて思っていたのですが案外平気なものなんですね。
色々と情報ありがとうございました!

お礼日時:2012/07/24 23:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビザなしでシェンゲン協定の90日を更新する方法

いまフランスにきてるんですが、シェンゲン協定の滞在期間の上限の90日を更新するため、一回イギリスに入国しようとおもってます。これでまたフランスに帰ってきたときから上限が90日になるとおもうんですが、まちがいないですか?
あと、イギリスではどんな手続きがいるんでしょうか。必要な書類とか、お金とか、手続きの時間って結構かかるんでしょうか。それともイギリス入国のスタンプをパスポートに押してもらうだけでいいんですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既出のように「あらゆる180日の中で・・・・」なので、ちょっと行って帰って来てリセットはできません。
シェンゲン協定の新ルールについては海外安全ホームページにも出ていました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page4_000122.html

エゲレスの入国についての注意も出ています。
「2. 出入国審査」もご覧ください。
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure.asp?id=154#2

自分では最近入国経験はありませんが、昔からヒースロー空港は入国審査が厳しいと有名でしたし、実際そうだと思います。
今は英国内の他の空港も大して変わらないという記事を見たこともありますが、、、

厳しいと言っても、日本から来て出国用の航空券を持っていてホテル等の宿泊施設に泊まる観光客ならば、滞在目的、滞在日数など聞かれて、場合によっては次の行き先や帰りの航空券のこと、友達は住んでいるか?など質問されて、それらにきちんと答えられればほとんど入国できると思います。

友達は住んでいるか?というのは不法に長く居座る人を排除するためにチェックするんだと思いますが、友人訪問目的だと即入国拒否になるわけでなく、確認事項が増えるのだろうと思います。
(滞在先の住所、電話番号など控えて行く)

しかし、他の方がおっしゃっているように、他の国に長く滞在してからだと、日本から来て帰る客より警戒されるでしょうし、また、これはイギリスに限らないのですが、日本人旅行者があまりやらないパターンだと「なんでそんなことしてるんだ?」「なぜ日本人がこんなところから?」などの疑問から、チェックが細かくなる場合もあります。

「イギリス 入国拒否」で検索すると色々話題があるし、実例もでてきます。
イギリスは厳しい国の一つだということを知らない方が意外といらっしゃるようですが、真面目に入国審査されますよ。ツアー客ならもっと簡単だと思いますけど。

既出のように「あらゆる180日の中で・・・・」なので、ちょっと行って帰って来てリセットはできません。
シェンゲン協定の新ルールについては海外安全ホームページにも出ていました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page4_000122.html

エゲレスの入国についての注意も出ています。
「2. 出入国審査」もご覧ください。
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure.asp?id=154#2

自分では最近入国経験はありませんが、昔からヒースロー空港は入国審査が厳しいと有名でしたし、実際そうだと思います...続きを読む

Qシェンゲン協定の滞在日数の数え方について教えてください

シェンゲン協定国の滞在日数のカウントについて、下記のサイトで計算すると、
「あらゆる180日の期間内で最大90日間」しか滞在できないにも関わらず、
過去180日以内の日数が一部カウントされません。理由を教えて頂けますでしょうか。

http://ec.europa.eu/dgs/home-affairs/what-we-do/policies/borders-and-visas/border-crossing/schengen_calculator_en.html

たとえば、
次回渡航予定日:2015/9/5の場合
180日前カウントスタート:2015/3/10
90日前カウントスタート:2015/6/8
となります。

過去渡航期間に下記を入力すると、9/5以降の可能滞在日数は41日と表示されます。
3/11~4/15(36日間)→カウントされない
6/09~6/30(22日間)→カウントされる
8/05~8/31(27日間)→カウントされる

3/11~4/15(36日間)がカウントされないのはなぜでしょうか?
9/5から180日以内だと思うのですが。。

どうぞよろしくお願いします。

シェンゲン協定国の滞在日数のカウントについて、下記のサイトで計算すると、
「あらゆる180日の期間内で最大90日間」しか滞在できないにも関わらず、
過去180日以内の日数が一部カウントされません。理由を教えて頂けますでしょうか。

http://ec.europa.eu/dgs/home-affairs/what-we-do/policies/borders-and-visas/border-crossing/schengen_calculator_en.html

たとえば、
次回渡航予定日:2015/9/5の場合
180日前カウントスタート:2015/3/10
90日前カウントスタート:2015/6/8
となります。

...続きを読む

Aベストアンサー

9/5入国の時点で、180日のスタートは3/10。それまでの滞在日数の合計は85日間で、9/5に入国した時点で86日消費していることになりますね。
3/11~4/15の滞在日数はカウントされていないのではなく、3/11から180日である9/6以降、1日滞在するごとに、3/11~4/15の滞在分が1日ずつ「180日間の90日」からは解消されていく、という計算です。

9/5 ←3/10から180日:うち滞在…86日
9/6 ←3/11から180日:うち滞在…36日+22日+27日+2日(9/5~9/6)=87日
9/7 ←3/12から180日:うち滞在…35日(3/12~4/15)+22日+27日+3日(9/5~9/7)=87日
(中略)
10/11 ←4/15から180日:うち滞在…1日(4/15)+22日+27日+37日(9/5~10/11)=87日
10/12 ←4/16から180日:うち滞在…22日(6/9~6/30)+27日+38日(9/5~10/12)=87日
(中略)
10/14 ←4/18から180日:うち滞在…22日(6/9~6/30)+27日+40日(9/5~10/14)=89日
10/15 ←4/19から180日:うち滞在…22日(6/9~6/30)+27日+41日(9/5~10/15)=90日
10/16 ←4/20から180日:うち滞在…22日(6/9~6/30)+27日+42日(9/5~10/16)=91日→アウト

というわけで、9/5の入国で滞在できるのは10/15まで。9/5起算で41日目=10/15、という計算です。

9/5入国の時点で、180日のスタートは3/10。それまでの滞在日数の合計は85日間で、9/5に入国した時点で86日消費していることになりますね。
3/11~4/15の滞在日数はカウントされていないのではなく、3/11から180日である9/6以降、1日滞在するごとに、3/11~4/15の滞在分が1日ずつ「180日間の90日」からは解消されていく、という計算です。

9/5 ←3/10から180日:うち滞在…86日
9/6 ←3/11から180日:うち滞在…36日+22日+27日+2日(9/5~9/6)=87日
9/7 ←3/12から180日:うち滞在…35日(3/12~4/15)+22日+2...続きを読む


人気Q&Aランキング