タカキューでスーツを見ました。セール期間中で30000円くらいのモノが20000円でした。
一方、紳士服量販店(青山やAOKI ,コナカなど)を見ると、着なくなったものを持っていくと、
20000円引き、のようなセールをしていて、40000円位の価格のスーツが同じ値段で手に入ります。

タカキューはTVでCMを流さない分、値段に還元していると言いますし、量販店では
どんなスーツでも1着20000円で下取りとなると、実際のスーツの値段は20000円引いた額が適正価格?と思ってしまいます。

実際、タカキューのスーツの質などは量販店のものに比べて、どうなのでしょうか?

ちなみに、当方30代後半(かなり40に近いです)ですが、タカキューのスーツは
デザイン的に若向きで、量販店の方が無難なのでしょうか?それとも、タカキューのスーツでも年齢相応のものはあるのでしょうか?(タカキューのイメージは比較的、若者向け、という感があるのですが、それは「今は昔」の話でしょうか?)
職場は平たく言うと、官公庁、になります。接客業や営業ではないので、「格調高い」スーツは
必要でなく、「無難な」スーツ(一着2~3.5万くらいまで)で考えています。
 これまではほぼ私服に近いところ(現場)で働いていましたが、移動により事務方で勤務になりました。
いくら以下のものは、一気に質が落ちますよ、というアドバイス等、購入時の注意点も
ありましたらお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


私も同じような30代で普段の安いスーツにタカキューを着ていました。30代がターゲットではないですか?
イオン系列に入っている店舗が多いようですので、一旦試着してみてその足でイオンブランドのスーツを・・・という流れが試着イメージが掴みやすいです。
タカキューでは着てみて、靴紐を結ぶ動作をした時にサイドがきつくないのを目安にしています。最近の若向けはウエストをうんと絞りすぎたスーツが多いのでそれ以外ですね。若向けスーツが見栄えは良いとも思えませんし実務で窮屈になりがちです。

タカQは特に悪いという感じもなく、私の中ではタカキュー(物により)=コナカ>イオンブランド>アオキです。アオキの低価格は就職活動の学生イメージでラインを絞った完全に若かろう安かろうな印象を持っています。悪く言えば安っぽく見えるので着ていません。

イオン系は数が欲しいお父さん向けという印象を受けます。少し変わった路線ではユザワヤでオーダするという手があります。こちらは無難なラインを作りたがるので出来る範囲でパターンを選べば良いかもしれません。採寸は人次第でともかく生地は選べて悪くはないです。時間はかかります。

CMを流さない=安いは若干違異なると思います。タカキューも昔は有名どころで番組提供をしていましたが、CMを沢山流しても薄利多売で店舗数や社員に買わせるチェーンが他二店で安かったりします・・・値段があってないようないつも閉店セールをやってる店です。

私が店舗に行く時の考えとしては、1着でも安く着られる(タカキュー)、何でもいい2着目が安い(コナカアオキ)でしょうか。物としての価格を考えたら生地から選んで納得して作ってもらいます。上三店は半値以下?なので適正価格が販売価格。

>いくら以下のものは
10万円をラインと考えていました。国内ではこのラインから上が明らかに違う様な・・・
その下が微妙に7万円5万円、あとは数があると便利なスーツで全部同じ普段着、売り方や店舗次第でしょうか。
    • good
    • 43

タカキューを最後に利用したのが5年以上前で、今は状況が変わっているかもしれませんので、ご参考までに。



まず、他のツープライスチェーン店・・スーツカンパニー、オリヒカ、スーパースーツストアなんかに比べると、シルエットもダボついていて、サイジングもユルめなフィッティングを勧められるなど、明らかに年輩向けな様子でした。
確かに巷のツープライス店は見るからに年輩者は入りにくそうなポップで若々しい店構えですが、タカキューは50代以上くらいの客が多かったと思います。そういうコンセプトだったのかもしれません。


青山、AOKI、コナカは殆ど使ったことないですが、CMからも幅広い世代を取り扱っている様子は伺えます。
近年は20~40代くらいまでかなり細身のシルエットが主流となっていますが、一万前後のビジネススーツを売りにしているイオンやヨーカドーですらその風潮がかなり意識されているので、青山やコナカなんかでもおそらくその辺はクリアしているのではないでしょうか。
(ちなみにですが、スーツカンパニーやオリヒカといった店の多くは、コナカや青山なんかが運営しているツープライス店みたいです。)


で、結論としては、おっしゃる通りビジネススーツに求められるのは「オシャレ」ではなく「無難」、そして「機能性・耐久性」。汚れや傷などにいちいち気を使わず、仕事に集中出来ること。
そういう意味では、一般的なビジネスマンであれば、イオンなんかの安いビジネススーツでも問題ないと思います。大手スーパーのビジネススーツは(細身のスーツが主流であることも含め)それこそ「多数派」の原理で作られていますし、そもそも日本人により「日本のビジネスマン」に特化して開発されたスーツですしね。
もしスーパーが抵抗あるなら、それよりは少し高めのスーパースーツストアなんかをお勧めします。これも殆ど気持ちの問題でしかありませんが・・まぁ細かい部分は気を使っていると思います。

質の面ですが、高いスーツ=質が高い・・と考えるとアテが外れますよ。高級なスーツにおいて高いのは「オシャレの質」であって、決して大衆的な観点からの「質」(機能性や耐久性など)のことではありませんので。そういう質ならむしろ大衆的な価格のスーツの方が優れていたりしますよ。
    • good
    • 27

タカキュー:紳士服の老舗ブランド


量販店:ブランド力なし

タカキューが新宿、池袋に店を構えていたころは男性ブランドとして有名でしたが、
デパート・大型スーパーに進出してからはブランド力は落ちたと思います。

タカキュー、量販店ともに製品作りに妥協はありませんが、
大量一括発注の量販店の方が種類も豊富で安価で提供できます。

ブランドにこだわるか否かで店を選ぶしかありません。
    • good
    • 19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスーツ量販店って半額が普通

半額が妥当な値段ですよね?定価の価値はありますか?

Aベストアンサー

スーツ一着を売るのって、消費自体の原価は売り値1/4程度らしいです。
あとは場所代と人件費が大半だとか…

なので、至極大まかに適当にいうと
2人のお客さんに(経費2/4+原価1/4+利益1/4)+(経費2/4+原価1/4+利益1/4)で売る→利益は2/4
のと
・一人のお客さんに経費2/4+(原価1/4+利益1/4)×2で売る→利益は2/4
のとで、差が無いのだそうです。

そうすると仕入れた商品のサイクルが早い方が良いので、2着で半額とか2着目半額のほうが良いらしいです。
つまり…1着で売るなら半額はお店の損、2着目半額ならお店の益となるわけで原価と定価は違うってはなしですね。

Q10万円~20万円程度のスーツで経営者向けは?

30代前半経営者で10万円~20万円程度のスーツでおすすめはどこのスーツなんでしょうか?

艶っぽくて色気のあるスーツが好きです。

各部会参加時や夜間の接待などに着たいです。

青色が好きなので明るいめのネイビースーツが欲しいです。

ゼニアの生地が最高と聞いたのですが自分にはまだ早いでしょうか?

スーツはブランド・メーカー、更にはオーダーショップなどもありパターンがあまり変わらないのにもかかわらず非常に選択肢が多くて困っています。

Aベストアンサー

はっきり言ってしまえば、おすすめなんてものはありません。
質問文でも、あまり変わらないと書かれていますが、出そうと考えている金額で買えるスーツを買えば良いだけのことです。
どれを選んでもあまり変わらないわけです。
選択の基準としては、やはり何らかの好きなもの、好きなブランドとか、好きな国のブランドという感じで考えれば良いと思います。
ゼニアに関しては、自分の目で見て良いと思えば買ったら良いと思います。
口コミなどで良いと言われているからといって、それを鵜呑みにして買うのであればまだ早いでしょう。

Qはるやま・コナカ・しまむら、安い礼服はどこ?

男性の喪服が必要です。
近くにお店があるのははるやまとコナカなのですが、どちらの方が安いのでしょうか?
サイトを見るとはるやまの方が安いですが、いざ店に行ったらビックリってことがないか心配です。
ジャケット・スラックス・ネクタイ・シャツ・靴の一通りが必要で、
また、黒なのであまりに安っぽいのも…という不安があります。
ただ安く済ませたいという気持ちもあるのでもしかしてしまむらにもあるのかな?と思ってます…女性ものの喪服は見たことあるんですが男性ものも置いていますか?
靴に関しては靴屋さんで安いものをと思っていますが、お店でまとめて買った方が安いとかいうことはあるんでしょうか?
まだ買うと確定していないのですが、買うとしたら急になるので通販は使えません。
このみっつのお店のどれかでと思っています。

また、喪服を買ったことがないので予備知識として憶えておいた方がいいことがありましたらそちらも教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じく大手スーパーが一番安く買えると思いますよ。イトーヨーカドーとか、西友とか、イオンとか、プレイベートブランドがあるところが一番安いと思います。ちなみに私は西友のセットアップで上下別々のサイズが買えるもので、正式な礼服ではないですが、黒上下で5,000円でした。シャツも1000円前後で買えますし、靴は東京靴流通センターなどがお薦めです。はるやまとかコナカとかアオキとかはCM費用の分、意外と高いですし、価格はほぼ同じでしょうね。しまむらでは紳士用礼服は見たことがないですね。

Q紳士服店:AOKI、青山、コナカそれぞれの特徴を教えてください

お世話になります。
急遽、夫の夏物礼服を購入しなくてはならなくなってしまいました。
そこで明日、紳士服チェーン店に行って来ようと思うのですが、その手の店でスーツを買ったことがなく(スーツ着用の職業じゃないものですから…)どこに買いに行けばよいか迷っています。
家の近所には『AOKI』『青山』『コナカ』があります。
この3店のそれぞれの特徴を知りたいのです。普段購入されている方の主観でけっこうですので、例えば、
・より若者向けはココ
・センスがいいものが揃っているのはココ
・サイズ展開が豊富なのはココ
・コストパフォーマンスが良いのはココ
などなど、そのほか何でもいいので教えてください。
漠然とした質問ですみませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

紳士服業界のシェア順で言うと、青山、AOKI、コナカの順ですね。

3社とも幅広い年齢層に合った商品を豊富に用意されていますし、
価格についても2着目1,000円や半額割引など、
各社積極的な価格競争を行われていますので
価格の面ではそこまで差が無いように思います。
チラシやDMのクーポンも結局は店頭価格とあまり変わらず、
持っていってもあまり意味が無かったという事が多かったりします。

主観となりますが、3社の特色の違いについてですが、

・青山は、安価品だけではなく団塊世代向けの上級品に力を入れており、
実際にデザインや素材の品質にこだわられている印象があります。

・AOKIは、プライベートブランドを各ジャンル豊富に用意し、
それぞれの人の体型/スタイルにあったスーツを選択させようという
姿勢が見られます。

・コナカは、クールビズやシャワーで洗えるスーツなど、
機能性を持たせた新素材のスーツに力を入れているように思います。

品揃えは店舗面積にもよりますので、
なるべく大きな店構えの店舗を選ばれてはいかがでしょうか。

紳士服業界のシェア順で言うと、青山、AOKI、コナカの順ですね。

3社とも幅広い年齢層に合った商品を豊富に用意されていますし、
価格についても2着目1,000円や半額割引など、
各社積極的な価格競争を行われていますので
価格の面ではそこまで差が無いように思います。
チラシやDMのクーポンも結局は店頭価格とあまり変わらず、
持っていってもあまり意味が無かったという事が多かったりします。

主観となりますが、3社の特色の違いについてですが、

・青山は、安価品だけではなく団塊世代向けの...続きを読む

Q洋服の青山とコナカで販売されているブランドについて。

現在アパレル関係の業界を勉強中の20代後半男子です。
最近、紳士服の店にウィンドウショッピングに行くのですが、青山にはPerson's for menと書かれたシャツやコートが置いてあり、コナカにはJohn Pearseと書かれたものを見かけます。
1.ネットで調べてもよくわからなかったのですが、これらは青山やコナカが契約している海外のメーカー名ですか?
2.またどちらも他のに比べるとデザインが若年層を意識したように感じますが、職場だけでなく休日にカジュアルで着てもおかしくないでしょうか?
以上の2点についてご教示お願いします。
※どちらか片方だけのご回答でも大丈夫です。

Aベストアンサー

ググったら一番上に出てきましたけど、この情報じゃ駄目なのでしょうか。
http://www.konaka-jp.com/brand/JohnPearse.html
http://www.johnpearse.co.uk/ 公式

本人単独のwikipediaは存在しないのでPearseの名のブランドバリューはさほどではないのかもしれませんが、Nigel Waymouthらと共にかつて開いた(今は無いよう)"Granny Takes a Trip"はありますので、そちらの店は一時代を築いたということかもしれません。
https://en.wikipedia.org/wiki/Granny_Takes_a_Trip

"Person's for men"は意味として違和感ありますので、もしかしたら"Pearse's for men"「ピアース商品 メンズ用」ではないでしょうか・・

どういう意味で「若年層を意識したよう」なのかわかりませんでしたが、"Granny Takes a Trip"は'70年代当時サイケなスタイルを主としてたようですから、その辺の自由な姿勢が多少出ているのかもしれせんね。
日本のスーツ量販店と組んでいる以上、日本のビジネスシーンやライフスタイルに合わせて企画されているはずでしょうから、英本国のスタイル(用途)はあまり意識しなくていいんじゃないでしょうか。日本の一般的な仕事で着れない程のスーツなのであれば、それは「ビジネス用ではない=オフ用」ということになると思いますよ。

ググったら一番上に出てきましたけど、この情報じゃ駄目なのでしょうか。
http://www.konaka-jp.com/brand/JohnPearse.html
http://www.johnpearse.co.uk/ 公式

本人単独のwikipediaは存在しないのでPearseの名のブランドバリューはさほどではないのかもしれませんが、Nigel Waymouthらと共にかつて開いた(今は無いよう)"Granny Takes a Trip"はありますので、そちらの店は一時代を築いたということかもしれません。
https://en.wikipedia.org/wiki/Granny_Takes_a_Trip

"Person's for men"は意味として違和感...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報