【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

着物を着ている人たちの中にたまに洋服を着ている人が混じっているような時代が舞台の小説を探しています。その時代の雰囲気が感じられる作品はないでしょうか?
私が指している時代が明治時代でいいのかも不安なんですが・・・汗
あまりシリアスな内容でないものを探しています。

他にも同じような質問をされている方がいたのですが、
私は司馬遼太郎や山田風太郎意外の作品を探しています。

もしどなたか良い作品があれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

■天切り松闇がたりシリーズ/浅田次郎


http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E5%88%87%E3%82 …
昭和初期の大泥棒「天切り松」(天切り=屋根に穴を開けて忍び込む泥棒の大技)が語る、親分や兄姉弟子たちの大活躍。
目細の安親分、説教寅、黄不動の栄治、振袖おこん、書生常。
みんなかっこいいんですよねー。
特に、「黄不動の兄さん」と「おこん姐さん」は「いなせ」と「粋」の体現者。
本当にかっこいいです。

大正期のお話ですね。
ちょっと良く分かりませんが、洋服の人と着物の人が半分半分くらいの時代かもしれません。
そういう意味では、お探しの作品とは違うかもしれません。
でも、
○江戸時代と戦後現代の間の時代。
○痛快娯楽作品
という点ではかなり近い線だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

天切り…ですか、丁寧な解説までありがとうございます。
siaoheiさんの御回答を読んでなんだかワクワクしました…この作品をsiaoheiさんが本当に好きで薦めてくださってるんだろうな、と。(勝手な想像ですが)
「粋」…いいですね!そういうの大好きです。

すぐにアマゾンで買って読みたいと思います^^

御回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/16 23:05

漱石と聞くとシリアスに感じられるかもしれませんが、『吾輩は猫である』や『坊ちゃん』は軽くて面白いですよ。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

漱石は「こころ」と「坊ちゃん」を既読でした。
「坊ちゃん」は私も二十歳を超えてはじめて読みましたが、なんだか面白くて好きな作品の一つになりました。」「吾輩は猫である」忘れてました。ぜひ読みたいと思います。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/06 15:03

「イタコ千歳のあやかし事件帖」(堀川アサコ・新潮文庫)若くして未亡人となり、イタコとなったお嬢様の千歳と、元娼婦でもある義理の姉の幸代のコンビが贈る多少オカルトありの探偵もの。

昭和初期の弘前が舞台です。千歳さんは着物着用、幸代さんは洋服着用がたぶんふだんのかっこう。二巻のほうが面白かったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「イタコ千歳のあやかし事件帖」ですか、表紙の絵もかわいらしく手にとりやすい作品ですね。
着物と洋服を着た人たちが両方出てくるということで、時代的に求めていたものにかなり近いかもしれませんね。二巻のほうがおもしろいとのことで、どんどん面白くなっていく?ということでしょうか。
チェックして見ますね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/06 15:01

昔読んだんですが、坂口安吾の捕物帳の舞台は明治時代です。


青空文庫で読めるようです。
作品名は「明治開化 安吾捕物」。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

この坂口安吾さんの作品を原案にUN-GOというアニメが過去放送されていたようですね。
「明治開化」を検索してあらすじを読んでみましたが、面白そうな作品ですね。
青空文庫で読めるとのことなのでチェックしてみたいと思います。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/06 14:53

三木笙子さんの「帝都探偵絵図」シリーズはどうでしょうか。

ただいま第三巻まで出ています。
舞台は明治40年頃の帝都東京。一応ミステリですが、血なまぐさいシーンは全く出てきません。
どちらかと言うと人情話に近いです。

読まれた方のブログです。
http://pyonkiti2012.blog.fc2.com/blog-category-2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本屋さんで「人魚は空に還る」を以前手にとって買うかどうか迷った覚えがあります。あらすじを読んで気にはなっていたのですが、表紙が今風で綺麗だったのでちょっとライトノベルっぽいのかな?と思いその時は他の本を買ってしまいました。
なぜかすごく気になるので満を持して、読みたいと思います^^

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/06 14:47

明治時代の文豪の作品ならすべてそうです。

あまりシリアスでないものというなら、尾崎紅葉の「金色夜叉」(例の熱海の海岸の貫一お宮)、泉鏡花の「婦系図」(湯島の白梅のお蔦、主税)なんかどうですか。新派の芝居にもなっている有名な小説で、面白いですよ。
インターネット図書館「青空文庫」からダウンロードしてパソコンで読めます。
http://www.aozora.gr.jp/#manage
大正昭和になると、着物より洋服の方が多くなるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

尾崎紅葉の「金色夜叉」を以前調べたときに、すこし堅そうな作品だなと勝手にイメージしていたので候補から消えていましたが、それほどシリアスでもないということなのでもう一度手にとってみたいと思います。

インターネット図書館、便利ですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/06 14:24

畠中恵さんの、「アイスクリン強し」、「若様組まいる」、どちらも【タノシイ系】の明治時代小説です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

畠中恵さんは、母が本をいくつかもっていて「しゃばけ」シリーズを私自身も読みました。
「アイスクリン強し」は明治時代が舞台だったんですね、うちに文庫があるでしょうから(笑)チェックしてみますね。 ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/06 14:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治時代が舞台の小説を読みたいのですが

明治時代が舞台の小説を読みたいのですが、範囲が広すぎて誰が面白いのか全く解りません。
明治時代というとちょっとジメジメした感じのある、外国文化が入ってきた混沌とした感じが好きなのですが、お薦め本などあったら紹介してくださると嬉しいです。

自分で読んでみて面白かったのは
小野不由美の東京異聞。

宜しくお願い致します

Aベストアンサー

司馬遼太郎の代表作の一つ「坂の上の雲」をお薦めします。
松山出身の秋山好古・真之兄弟、そして正岡子規という3人の若者が新しい国家の建設に尽くし、またそれにふさわしい文化を育むために奔走する姿が生き生きと描かれています。
陸軍の軍人になった秋山好古は、ほとんど何もないところから陸軍騎兵部隊を世界最強のロシアコサック騎兵部隊に伍するところまでに育てあげます。
弟の秋山真之は海軍に進み、日本海海戦における斬新な戦術をあみだし、世界海戦史上例を見ない完勝への道を開きます。
正岡子規は、文学者として、俳句・短歌を革新し、だれもが使う日本語の散文をつくりあげます。 
この3人に代表される明治の青年がもっていた青雲の志、いや、明治期の日本そのものを主人公とした物語といえます。
司馬遼太郎によれば、明治維新後、日露戦争までという三十数年は、非常に楽天的な時代であって、この時代の人びとは、前のみを見つめて歩き、のぼってゆく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみを見つめて坂をのぼっていくというのです。これが「坂の上の雲」という題名の由来となっています。
かなりの長編ですが是非お読みください。

司馬遼太郎の代表作の一つ「坂の上の雲」をお薦めします。
松山出身の秋山好古・真之兄弟、そして正岡子規という3人の若者が新しい国家の建設に尽くし、またそれにふさわしい文化を育むために奔走する姿が生き生きと描かれています。
陸軍の軍人になった秋山好古は、ほとんど何もないところから陸軍騎兵部隊を世界最強のロシアコサック騎兵部隊に伍するところまでに育てあげます。
弟の秋山真之は海軍に進み、日本海海戦における斬新な戦術をあみだし、世界海戦史上例を見ない完勝への道を開きます。
正岡子...続きを読む

Q明治~昭和(戦前)が舞台の小説

こんにちは。タイトルの通り、明治・大正・昭和(戦前)期が舞台になっている小説が好きで、探しています。下の条件に当てはまるようなものでおすすめの小説はないでしょうか?あればぜひ教えて下さい。

●舞台・・・日本 
●ジャンル・・・できれば家族もの、恋愛もの、大河もの(?)など
        (ホラー、ミステリー、シリアス系以外で) 
●短編ではなく、中・長編のもの
●読み応えがあり、読み終わったあと満足感を得られるようなもの

ちなみに、今まで多く読んできたのは三浦綾子さん、宮尾登美子さんの小説です。
その他、個人的に面白かった作品としては、「楡家の人びと」(北杜夫さん)、「紀ノ川」(有吉佐和子さん)、「女の一生」(遠藤周作さん)などがあります。

いろいろと探してきては手当たり次第に読んでいるのですが、時代範囲が幅広いため、まだ自分の知らない面白い小説があるかもしれないと思い、質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。私も北杜夫さんの「楡家の人びと」読みました(北杜夫ファンです)。スケールの大きな家族小説という感じで故三島由紀夫が絶賛したというのも分かります。三浦綾子さんの本を沢山読まれていらっしゃるならもう既読かもしれませんが、「銃口」や「泥流地帯」はいかがですか?特に「泥流地帯」は正と続があるのですが、正より続の方が希望が持てる書き方ですので続けてお読みになると良いと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28349506
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/01715048
 有吉佐和子さんの「香華」は恋に生きる母とそれに翻弄される娘の読み応えある小説です。「一の糸」や「針女」も宮尾登美子さんがお好きなら気に入るはずです。こちらも既読かもしれませんが(^_^;)。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/06781673
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18646963
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/01512421
 戦争をテーマにした小説ですが横山秀夫さんの「出口のない海」も良かったです。映画化されましたが、人間魚雷に乗り込まなければならない一青年の野球に対する思いや恋愛などを書き込んでいますので、単なる戦争ものだけではないと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31725247
 浅田次郎さんの「天切り松闇がたり」も大正時代の話です。泥棒とその一家の話ですが、ホラーやミステリーではなく人情小説です。短編ですので、大河系がお好みでしたら物足りないかもしれませんが、一話一話がキッチリとして、啖呵を切る所ではスカッとするし、ある所ではほっこりしたり、またものすごく泣けたりします。良かったら読んでみて下さい。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30591536
 長文失礼しましたm(__)m。

こんにちは。私も北杜夫さんの「楡家の人びと」読みました(北杜夫ファンです)。スケールの大きな家族小説という感じで故三島由紀夫が絶賛したというのも分かります。三浦綾子さんの本を沢山読まれていらっしゃるならもう既読かもしれませんが、「銃口」や「泥流地帯」はいかがですか?特に「泥流地帯」は正と続があるのですが、正より続の方が希望が持てる書き方ですので続けてお読みになると良いと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28349506
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/01715048
...続きを読む


人気Q&Aランキング