マイクロソフトのテキストなどでは、
「データをデジタル信号に変換し、そのまま伝送路に流す方式がベースバンド方式。デジタル信号をモデムでアナログ信号に変換して伝送路に流す方式がブロードバンド方式。ブロードバンド方式だと、周波数を変えて、一度に複数の情報を送ることができるメリットがある」という説明がされています。
最近騒がれている「ブロードバンド」という言葉とニュアンスが違う気がするのですが、どう解釈すればよいのでしょうか?最近使われている「ブロードバンド」のニュアンスとしては、「広帯域」で、画像などの大きなデータを一度に送ることができる、CATVや光通信網など全般を指していると認識しているのですが・・・。光ファイバーに流すのはデジタル信号ですよね・・・・・?????

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

前に補足


この3つの多重信号波を4つの信号波で変調すると12の変調波が出来ます。→12を5つの信号波で変調するとの間違いでした。
ひとつのチャンネルにデジタルの通信回線のデーターの部分のビット数を割り当てると同時に大量にデーターを送れる方式の通信ができて高速になります。→PCデータの部分をビット数として各チャンネルにわりあてるとPCM多重通信ができると解釈してください
PC端末が通信に使う電力がバースになるのでMICROSOFTの通信端末の見方ではこういう表現になります。→モデムを使う通信はモデムの高周波がデーター通信のベースになるのでと読んでください。
訂正個所があまり多くて読みずらいけども勘弁だば!
だば
    • good
    • 1

広帯域通信の経験者です。

ブロードバンドという基礎的概念は高周波電力の多重信号方式による所です
基本的にひとつの周波数を3つの信号波で変調すると、3つの多重変調波が出来ます。この3つの多重信号波を4つの信号波で変調すると12の変調波が出来ます。この12の変調波を4つの信号波で変調すると、60の変調波が出来ます。この6尾の変調波を1つのおおきい信号波で変調して60個のチャンネルを1つの搬送波で送れます。周波数はかなり高いので、同調させたアンテナに流してやると、電波として、飛んでいきます。ひとつのチャンネルに割り当てたビット数をデジタルの通信で割り当てると同時にPCM方式の通信が高速に出来ます。その1つのチャンネルにオーデイオチャンネルを割り当てて、データー通信と電話通信がひとつの回線で出来ます。
アナログ方式のモデムはモデムがひとつ高周波電力を↑よりは少ない数たとえば、1つ津を使ってデジタルの信号で直接変調してアナログ回線として割り当てます。だから、一回線にひとつの電話かファックスか、それともデータかになります。
T.A.も基本的にはモデムでの通信ですが、デジタル通信のの依存度が高い通信方式です。これはNTTの共通線信号方式という方式を直接PC通信にも割り当てて、PCが端末処理装置としてNTT交換機として、発呼社情報に認識されています。その辺はこの次の機会にでも...
↑の二つはPC端末に通信に使う電力がバースになるのでMICROSOFTの通信端末の見方ではこういう表現になります。
間違いはないと思いますけど....
NTTの仕事に興味があれば、本で勉強できますね!でも専門知識が必要なので道草食っていると時間の無駄ですよ
    • good
    • 2

> 電話に使う方は帯域が狭い→ナローバンド


> ADSLは帯域が広い→ブロードバンド

「ブロードバンド」は、直訳すれば「帯域が広い」ですが、いわゆる
「ブロードバンドネットワーク」での「ブロードバンド」は、あくまでも
*変調の方式* です。

それを「ブロード」→「広い」→「線が太い」→「いっぱい通信できそう」の
図式でしゃべってる人が多いので、混乱しちゃうんですよね。

なので、

> ADSLは帯域が広い→ブロードバンド

ではなく、ブロードバンド変調をしているので帯域を広く取れる、です。

因みに、ナローバンドに対応する言葉は、ワイドバンドです。これは、文字どおり
の意味で、「使う(もしくは、使える)帯域が狭い/広い」です。


> アナログモデムを使用した通信も「ブロードバンド」として受け取れそう

モデムの場合には、ブロードバンド変調が当たり前になってしまったので
「ブロードバンド」を省略されることが当たり前になってしまいました。

その昔、品質の良い(ノイズが少ない)線を使って伝送するときには、
「ベースバンドモデム」と言うものを選択する余地がありました。

なので、マイクロソフトのテキストも、正確な意味ではちょっと間違ってます。
「デジタル信号をモデムで」のくだりは、正確に書くと「デジタル信号を
ブロードバンドモデムで」と続くのですが、それをブロードバンド方式の
説明にすると日本語が変ですね。

「今時のモデムで」と書くのが一番自然かな (^^;
    • good
    • 1

一人で占有しても良い「広帯域」なら、「ワイドバンド」でいいと思いますけれども。



和訳すると微妙にニュアンスが変わってしまうってことなんでしょうね。
    • good
    • 1

例えば、電話線で、人が聞こえる「音」で通信する場合を考えてください。



ベースバンドは、信号が「1」のときに「ド」の音を出す、無音が何秒だったら
「0」だと思って、という決めです。

ブロードバンドは、信号が「1」のときに「ド」、信号が「0」のときに「ミ」と
いう決めです。

この決めにしたがって音を出すことを「変調」と言います。

ただ、どの音を使うかは、電話の両側に居る人が決めれば良いだけなので、
「ド」や「ミ」に限ったことではないので、別の音を使えば、ふたり、さんにん
同時に話すことができます。

でも、ベースバンドだと、音が無いときがみんなで共通になってしまうので、
基本的に一人だけがお話するやりかたになります。


> 光ファイバーに流すのはデジタル信号ですよね・・・・・?

そう、デジタル信号を光ファイバーに流す形に変え(変調し)て、流すんです。


大きなデータのやりとり、と言っても、インフラを使うわけですから、
同時に何人もが効率よく使う、ということが前提になるわけで、その意味で
「ブロードバンドなネットワークが大容量通信に必要」と言うことになります。

一対一の通信で伝送路は専用というケースだけを考えるのであれば、ブロード
バンドもベースバンドもありません。

しかし、ついこの前の「マルチメディア熱」のときと同じように、わけも分からず
「ブロードバンド」と言っている人が増えていることも事実ですね。

# 分かり難ければ、補足します

この回答への補足

早速のご回答、本当にありがとうございます。

補足のご質問になります。例えば電話網の場合、違う周波数を使うことによって電話の情報とADSLのデータを流せるということですが、
電話に使う方は帯域が狭い→ナローバンド
ADSLは帯域が広い→ブロードバンド
という認識でよろしいでしょうか?

マイクロソフトのテキストの表現だと、アナログモデムを使用した通信も「ブロードバンド」として受け取れそうなのですが・・・。

補足日時:2001/05/18 16:58
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブロードバンド環境のない所で、ブロードバンドをするには?

田舎の田んぼの中の県営住宅に引越しの予定です。
その建物は、ADSLの施設がなく、かつBフレッツも使用できない地域です。
このような環境で、高速インターネットを利用する方法はあるのでしょうか?
ご教示おねがいします。

Aベストアンサー

光ファイバーもADSLも利用できないと言う場合は以下の方法が考えられます。

1.ウィルコム社のエアーエッジを利用する
   ウィルコム社のエアーエッジなら最速256kのやや高速なインターネットが定額で利用できます。

2.auのWINを利用する
   auのWINデータプランなら最速2.4メガの高速なインターネットが利用できます。ただし、通信したデータ量を元に料金が算出されるので、利用方法によっては高額な請求が来る恐れがあります。ご注意ください。

3.NTTに光ファイバーを頼む
   現在、ひかり未対応のマンション等でも、ある一定の利用者がそろえば、NTTがマンションや団地の管理者に交渉し、光ファイバーを引いてもらうことができます。私も県営の住宅に住んでいますが、NTTに頼んだところ引いてもらえました! 一度やってみる価値はありますよ。

参考URL:http://flets-w.com/kojin/jyukyo_hanbetsu/mansion/index.html

Qベースバンド伝送の信号

ベースバンド伝送では単にケーブルを接続するだけでデータ伝送できる、とあります。確かにRS-232Cインターフェースでパソコン同士を直結するとこれはベースバンド伝送です。このときの信号レベルはMAX+15V~-15Vの複流RZの直流電圧パルスです。これはベースバンド伝送の説明としては私のような通信ビギナーにもわかりやすい。ところがものの本に「ベースバンド伝送とは元の信号波形の周波数スペクトルをほかの周波数に移動することなく、ある周波数帯域全部を使用してひとつのディジタル信号を伝送する方式」などと、厄介なフーリエ変換の理論を使って説明されたりします。ベースバンド伝送の信号形態はは単なる直流のパルス信号だ、と思っていた質問者はこの説明の前に困惑するばかりです。そこでご質問です。
・ベースバンド信号とは、単なる電圧パルス信号とは違う信号形態である。(とすると なにものか?)
・ベースバンド信号とは、単なる電圧パルス信号であるがこれを専門的に説明すると周 波数スペクトルのお話になる。
質問者としては後者の答えを期待しますが、そんなに簡単なお話でもないような?どなたかご回答いただけたら幸甚です。

ベースバンド伝送では単にケーブルを接続するだけでデータ伝送できる、とあります。確かにRS-232Cインターフェースでパソコン同士を直結するとこれはベースバンド伝送です。このときの信号レベルはMAX+15V~-15Vの複流RZの直流電圧パルスです。これはベースバンド伝送の説明としては私のような通信ビギナーにもわかりやすい。ところがものの本に「ベースバンド伝送とは元の信号波形の周波数スペクトルをほかの周波数に移動することなく、ある周波数帯域全部を使用してひとつのディジタル信号を伝送する方式」など...続きを読む

Aベストアンサー

No.2の回答者:anisolさんの回答に同調します。

ベースバンド伝送の要件は
(1)(直流)パルス信号の直接伝送(変調は掛けない)
(2)1チャンネルだけの伝送(多重化しない:出来ない)
だと思います。
もう一つ付け加えると(言いかえると)、「直流を含めた全周波数帯域を使った伝送」と言えるでしょう。理由は無限の高調波があるから。ただ、符号設計によっては直流成分ゼロも可能ですから直流成分の有無は必須条件ではないでしょう。

本題に戻って、質問者:sm123さんの質問に対して答えれば、ご期待通り、後者が答えでしょう。

もともと矩形波のパルスは無数の高調波を含んでいますよね。これをそのまま遠距離伝送すれば波形が崩れるのは当たり前です。ここでフーリエ変換の登場となります。

次に周波数帯域の話ですが、パルスの直接伝送よりも変調したほうが占有周波数帯幅が狭いのですね。逆説的ですが、直接伝送では矩形波の伝送が前提です。ところが変調した場合、基本波成分の伝送に中心が移り、高調波は軽視されます。

ベースバンド伝送は(直流)パルスの伝送でフーリエ変換と無縁だと思いたいが、結局は波形の崩れや、変調を掛けたときの話で、フーリエ変換から逃れられない。
そんな気がしています。

つまり、「ベースバンド信号とは、単なる電圧パルス信号であるがこれを専門的に説明すると周波数スペクトルのお話になる」と言うことだと思います。そして、パルスの遠隔伝送時の波形の崩れに対しては(一つの方法として)フーリエ変換に登場してもらうしかないと言うことでしょう。

私も過去に、質問者と同じ疑問を持っていて、伝送時の波形の崩れはLCR回路の充放電でも感覚的な解釈は可能だったのですが、フーリエ変換で疑問は全て氷解しました。

No.2の回答者:anisolさんの回答に同調します。

ベースバンド伝送の要件は
(1)(直流)パルス信号の直接伝送(変調は掛けない)
(2)1チャンネルだけの伝送(多重化しない:出来ない)
だと思います。
もう一つ付け加えると(言いかえると)、「直流を含めた全周波数帯域を使った伝送」と言えるでしょう。理由は無限の高調波があるから。ただ、符号設計によっては直流成分ゼロも可能ですから直流成分の有無は必須条件ではないでしょう。

本題に戻って、質問者:sm123さんの質問に対して答えれば、...続きを読む

Qナローバンドとブロードバンドの違いについて。

先程、EMSという自動車のECUマネージメントシステムについてのサイトを見ておりました。三次元のマップが例として見られるのですが、冒頭選択で ナローバンドとブロードバンド を選択するようでした。よく聞く言葉ですが、当方なんの事やらさっぱりわかりません。ブロードバンドにしたほうが画面が大きく見やすかったのですが、これは当方の通信システム?がブロードバンドという事でしょうか?ネットはZTVというケーブルTVの会社です。ナローバンドは話にならないほど画面は小さかったです。

Aベストアンサー

静止画や動画はデジタルで伝送されていますよね。
大きいサイズや精細な画像を送るには大量のデータを送る必要が有ります。
高速の回線や設備を使われている方と低速の回線や設備を使われている方では
同じ情報量を送るのに要する時間が大きく変わります。

そこで高速回線用の画像データと低速回線用の画像データの2つを準備して
選択してもらうわけです。

低速用はサイズを小さくしたり精細度を落としてデータを縮小しています。

低速回線がナローバンド
高速回線がブロードバンドと呼ばれます。

Qインターネットの伝送路はすべてMACアドレス利用?

先にMACアドレスについて質問した者です。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6621983.html
とてもよくわかりました。

さて、ここで新たな疑問が出てきました。それは、インターネットの
回線では常にARPが実行され、MACアドレスによるデータ転送が
行われているのでしょうか?
もちろん、ブロードキャストドメイン内で行われていることは前の質問でわかりました。

インターネットがすべてイーサネットでできていれば、そうだとは思いますが、
光通信だったりADSLであったり海底ケーブルであったり、衛星による通信で
あったりその他いろいろな伝送経路で世界中にデータが送付されています。

ここでもやはりMACフレームによる伝送が基本なんでしょうか?

Aベストアンサー

>インターネットがすべてイーサネットでできていれば、そうだとは思いますが、
>光通信だったりADSLであったり海底ケーブルであったり、衛星による通信で
>あったりその他いろいろな伝送経路で世界中にデータが送付されています。
ルータのwikiのURLを添付したので自分で調べることをお勧めします。
プロトコルも必要になるかな?


ルータ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

Q伝送路について

平行対線の伝送路について用途と特徴を教えて下さい。
自分でもいろいろ検索して調べたのですがわかりませんでした。
どなたかわかりやすく教えてもらえませんか。

Aベストアンサー

私も素人で自信はありませんが。
平行対線とは本来平衡対線といわれたもののことでは
ないでしょうか。それでしたら対線は通信線が2本の
線で構成されているものです。2Wとも2Pをも呼ば
れているようです。平衡とは2本の線がG(アース、
大地)から浮いている(アースされていない)状態の
形態です。一般の電話線は平衡です。不平衡の典型は
同軸ケーブルです。外部導体は胴の網やテープでシー
ルドしてそれをGに接続してあります。
性能(伝送損失、周波数特性、洩話特性、対雑音)は
平衡より不平衡が優れています。しかし、経済性や
取り扱いの簡便さはご存知のとおり平衡対線がはるか
に優れています。AV機器用も大事なところにはシー
ルど付きのケーブルを使っています。LANの配線は
以前はイエローケーブルという同軸ケーブルでなけれ
ばならないという風潮でしたが、ここ数年でほとんど
姿を消して平衡ケーブルに変わってきました。これは
TP(ツイストペア)という方法で性能を向上させた
ことによるのだろうと思います。2本の線を伝送特性
上最良の状態のピッチで撚りをかけてあります。これに
対して従来の電話の配線はUTP(アンツイストペ
ア)とよびます。撚りを入れていなくて2本の線が平
行に並んでいます。
質問の趣旨に合っていなければごめんなさい。

私も素人で自信はありませんが。
平行対線とは本来平衡対線といわれたもののことでは
ないでしょうか。それでしたら対線は通信線が2本の
線で構成されているものです。2Wとも2Pをも呼ば
れているようです。平衡とは2本の線がG(アース、
大地)から浮いている(アースされていない)状態の
形態です。一般の電話線は平衡です。不平衡の典型は
同軸ケーブルです。外部導体は胴の網やテープでシー
ルドしてそれをGに接続してあります。
性能(伝送損失、周波数特性、洩話特性、対雑音)は
平衡よ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報