昔、ウルトラマン?か何かで、とても不思議な怪獣がいました。この怪獣の名前や、ストーリーについてご存知の方が居ましたらお教え下さい。

子供たちが、公園?マンションの壁?に落書きをするんですが、それが実物となるのです。そして、お魚みたいなやつで、これがほとんど動かない?

とってもおとなしくて可愛らしいやつだったんです。

で、その後、コンペイトウみたいなのに変化した?でも、ウルトラマンは子供たちが作った怪獣なので優しくして倒さなかった(宇宙に返した?宇宙で爆破した?でも蹴ったり叩いたりしていた記憶はあります。スペシウム光線は使わなかったような・・・)

あまりにもうろ覚えでごっちゃになっているんです。

調度、その頃小学校低学年だったのですが、番組を見た後に、同じような絵を公園の滑り台に描いて、早く本物にならないかなぁとドキドキしながら毎日見に行っていた記憶があります。

結局、その絵は本物にはなりませんでした。

・・・どうして絵に描いた生き物が怪獣になってしまったんでしょうかね・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

    • good
    • 0

落書きから生まれた怪獣に関しては、#1#2さんの回答の通りです。



で、こちら↓

>その後、コンペイトウみたいなのに変化した?

これは、別のエピソードで登場する「4次元怪獣ブルトン」と間違えていると思います。
そういえば「ガバドン」は2次元怪獣と称されていましたよね。
    • good
    • 0

名前は確か「ガバドン」だったはずです。


ストーリについては大体おっしゃられているとおりです。
怪獣になった理由は「謎の宇宙光線が照射されたから」だったはずです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウルトラ怪獣だけなぜ?

前からの疑問なのですが。
ウルトラマンシリーズに出てくる怪獣、いますよね。
あれって例外はあるものの、基本的に毎週毎週新しい怪獣が出てきて、毎週毎週ウルトラマンがやっつけるわけじゃないですか。つまり基本的にその回だけで消費される消耗品。
それは仮面ライダーだって戦隊物シリーズだって、マジンガーやゲッターロボやコンバトラーみたいな'70年代ロボットアニメもフォーマットとして同じなんですが、ウルトラ怪獣だけ「ウルトラ怪獣大百科」みたいな子供図鑑が出版されて人気があるのはなぜなんでしょう?

仮面ライダーの怪獣や戦隊物の怪獣も怪獣図鑑があるにはあるのかもしれませんが、ウルトラ怪獣ほどメジャーではありません。
機械獣のようなアニメの敵役も、「マジンガーZのすべて」みたいな図鑑に相手役として出てくるものであり、機械獣が主で「マジンガーZをあといっぽのところまでおいつめたぞ!」みたいな書き方をしてあるのは皆無だと思います。

「改造人間大辞典」や「機械獣大百科」はないのに、ウルトラ怪獣だけなぜ敵役がメインで「ウルトラ怪獣大百科」として成立するのか、どなたかご意見をお聞かせ下さい。

前からの疑問なのですが。
ウルトラマンシリーズに出てくる怪獣、いますよね。
あれって例外はあるものの、基本的に毎週毎週新しい怪獣が出てきて、毎週毎週ウルトラマンがやっつけるわけじゃないですか。つまり基本的にその回だけで消費される消耗品。
それは仮面ライダーだって戦隊物シリーズだって、マジンガーやゲッターロボやコンバトラーみたいな'70年代ロボットアニメもフォーマットとして同じなんですが、ウルトラ怪獣だけ「ウルトラ怪獣大百科」みたいな子供図鑑が出版されて人気があるのはなぜなんでし...続きを読む

Aベストアンサー

ウルトラマンの怪獣ってただやられるだけじゃないんですよ。
ウルトラマン兄弟を数人倒しちゃったのもいれば、人間のワガママで産まれたり怒って復讐しに来たり、または何かを守ろうと戦ったり。
長年ヒットし続けてるのはたんなる正義の味方のお話ではないからです。

例えば大昔に人間に追いやられた海底人の守護神が海底人を守るため戦ったけど負けてしまい、海底人を科学特捜隊(みたいなの)を全員虐殺した話もありましたし。
人間が怪獣をかくまった子どもをいじめ、その子を守るために巨大化した怪獣もいたし。
びっくりなのはウルトラマンと人間が悪か善かで話し合い、説得されて戦わず帰って行ったのもいます。

それぞれの怪獣に濃厚なバックボーンとエピソードがあり、ウルトラマンも苦悩しながらも戦うことが多い。
それぞれの怪獣にファンが付き愛着を持つのもわかる気がします。

QウルトラマンDASH

先ほど放送されていたウルトラマンDASHで、以下の3つのミッションの結果を観れませんでした。
分かる方、教えてください。
・マウンテンバイク(?)で印鑑を押す
・20mの高さの時計をラジコンヘリで取る
・手を使わずチャーハンを届ける

Aベストアンサー

バイクトライアル 成功(時間オーバーでしたが)
リモコンへり 失敗(時計が落ちた)
雑伎団 失敗(あとImの所で体力が限界)

Qタカトク 円谷プロ ソフトビニール ソフビ 約10cm 緑 なんていう怪獣または怪人かわかりません ご教示ください。

足の裏に T.T. と円谷プロとあります 高さは約10cm 手の先が丸いです。緑色です。 ご教示ください。

Aベストアンサー

前回のご質問内容と同様、ミラーマン水鉄砲(ウォーターガン)セット内に入っていたマルチです。

Q昔ビューティーコロシアムに出た・・・・・・・・・

昔ビューティーコロシアムに出た(変身側として)ホリプロのタレントさんがいたのですが、誰だったかわかりませんか??(ホリプロのHPを見たんですがあまり思い出せなくて)知っている方がいたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

綾瀬はるかさんでしょうか?

http://www.fujitv.co.jp/jp/kumorepo/2hspecial/1207.html

http://www.horipro.co.jp/hip/profile/08.html

参考URL:http://www.fujitv.co.jp/jp/kumorepo/2hspecial/1207.html

Q怪獣映画について

なぜ、最近は怪獣映画などが作れないのでしょうか。昭和30年代や40年代は東宝などはゴジラにおよばずマタンゴや怪獣バランなど、また本多猪四郎などの名監督を生み出しました。子供ころに見た怪獣映画や東宝ニューフェースの宝田さんや佐原健二さんなど今でも懐かしい人です。ぜひご回答お願いします。

Aベストアンサー

昔の怪獣映画は、優秀な脚本家、監督、役者が沢山いました

今は幼稚な脚本家、監督、芝居ができない役者が多くなっています

私は映像の現場で働いているので、それらを目の当たりにしています


優秀な人間を育てる環境が少ない

若い人が映像の世界を目指していますが、その人達が全く勉強をしていない


社会の動向に興味がない
自分自身の視点と発想の視野が狭い
など 等


それらが総合して今の日本映画を、より漫画的に幼稚になっていると思います


現場で働いている人間は、大きく危惧、懸念しています

日本映画の未来の展望が暗いことを


私達の責任と簡単に片付ければいいと言う問題ではなく、私達が地道ながら、観客に本当に心から喜んでくれる映画を作らなければと思っています


そういう人達が業界に沢山います

そして、地道ながら、資金提供先を探し、映画作りに頑張っています

私も含めて行動しています


ここで失敗したら、私達の先輩の黒澤明監督、溝口建二監督達が天国から、とてつもない憤りと悲しみの声を聞くことになると思っています

昔の怪獣映画は、優秀な脚本家、監督、役者が沢山いました

今は幼稚な脚本家、監督、芝居ができない役者が多くなっています

私は映像の現場で働いているので、それらを目の当たりにしています


優秀な人間を育てる環境が少ない

若い人が映像の世界を目指していますが、その人達が全く勉強をしていない


社会の動向に興味がない
自分自身の視点と発想の視野が狭い
など 等


それらが総合して今の日本映画を、より漫画的に幼稚になっていると思います


現場で働いている人間は、大きく...続きを読む

Q昔TVに出ていたお坊さん・・

最近はTV出演をなさっていないのですが、お坊さんでコメンテーターをなさっていた方のお名前が思い出せません。
髪は剃っておらず、顔立ちの整った方でした。
こんな漠然とした内容で申し訳ないのですが、もし、お分かりになる方がいらしたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 春日 了さんでは・・・?

参考URL:http://www.belcanto-soprano.jp/Profile1.html

Q日本で怪獣文化がはやる理由は?

1960年代に第一次怪獣ブームがはやったそうです。
これは「ウルトラQ」「ウルトラマン」のTV放送で、毎週テレビに怪獣が登場したからだそうです。
しかしそれ以前の映画を調べてみますと、ゴジラ、モスラ、バラン、ギララ、ラドンなど多くの怪獣映画が存在します。
他国には例のないことだと思います。
怪獣もので共通するのは、「巨大な怪獣が大暴れして都市を攻撃する」というテーマですが、
どうしてこういう設定がはやったのでしょうか?
そして現在までも怪獣は創作され続けています。
日本人の怪獣好きは、どこから来るものなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本には、古くから妖怪伝説が残っている地域と、一切無い地域があります。
例えば出雲、石見、吉備地方には、強烈に残っていますね。
八岐大蛇は出雲、たくさんの妖怪伝説、もののけ姫は石見、八つ墓村も岡山です。
共通点は、後に新羅となる辰韓からの渡来系民族が主に住む地域という点です。

元は大陸のツングース系の狩猟民族といわれていますので、民族固有の文化が背景にあるのでしょう。
中京地方や信州も新羅系民族が多いようです。

ウルトラマンの制作者はどちらの出身かわかりませんが、そうした文化を持った人たちがつくったのではないでしょうか?

中国南部など南方系出身の民族の地域は、あまり妖怪伝説はみかけません。

ゴジラのように原爆が出てきたり、ウルトラマンが都市を破壊したのは、当時は都市がホットなテーマだったからです。
現在の中国で、上海をぶっ壊すドラマができると、田舎の人や、都会に出てきた田舎出身の人は、盛り上がると思います。
都会のビルや構造物に、デリケートなメンタリティが圧迫されていたので、それをぶっ壊すと、すっきりしたのでしょうね。

現在の日本は、身体感覚へのリアリティが失われつつあります。
自分に値段を付けて売春をしたり、ホストになったりするのも、自分の肉体感覚の希薄化が背景にあると思います。

日本には、古くから妖怪伝説が残っている地域と、一切無い地域があります。
例えば出雲、石見、吉備地方には、強烈に残っていますね。
八岐大蛇は出雲、たくさんの妖怪伝説、もののけ姫は石見、八つ墓村も岡山です。
共通点は、後に新羅となる辰韓からの渡来系民族が主に住む地域という点です。

元は大陸のツングース系の狩猟民族といわれていますので、民族固有の文化が背景にあるのでしょう。
中京地方や信州も新羅系民族が多いようです。

ウルトラマンの制作者はどちらの出身かわかりませんが、そう...続きを読む

Qアメリカやヨーロッパでは、ウルトラ怪獣は 人気がないのでしょうか??

ゴジラ ( やゴジラ怪獣 ) は、外国でも、人気があるようですが、
ウルトラ怪獣は 人気がないのでしょうか??
(東南アジアなどでは人気があるようですが、
 アメリカやヨーロッパなどでは人気があるとはあまり聞きません)

ウルトラ怪獣の方が、数は 圧倒的に多いですし、
ゴジラ怪獣と同じか、それ以上の 個性やデザインの
怪獣や宇宙人がたくさんいるのに、
人気があるとは あまり聞いたことが無いのですが、
映画と、テレビの 媒体の 違いが 大きいのでしょうか?


ゴジラやラドン、ガイガンなどは人気があるのに、
レッドキング、ゴモラ、バルタン星人、
ピグモン、メフィラス星人、エレキング など・・・
は 人気がないのでしょうか?

Aベストアンサー

初代ウルトラマンはアメリカで放送されていたので、それなりに人気があるようですが、個々の怪獣の人気は、たしかにあまり聞かないですね。

初代ウルトラマン以降はセブンとティガが放送されたそうですが、どちらも吹き替えがひどくて(オリジナルのキャラクター設定を無視したオヤジギャグ連発の酷い吹き替えだったそうです)、すぐに打ち切られてしまったそうです。

そのせいで人気がある反面、安っぽいB級のイメージもあるので、個々の怪獣の人気まで結びついていないのかもしれません。

東南アジアとアメリカ以外ではブラジルとかでも放送されていたことがあるので、やはり人気があるようです。

単純に日本で知られてないだけで、これらの地域では案外人気があるのかも?

ヨーロッパは・・・・どうなのかな? あっちで放送されてたという話は、あんまり聞きませんね。

http://www.youtube.com/watch?v=rClDI3yWG94&feature=related

Qウルトラ怪獣大百科

このカテゴリーであっているのか微妙ですが質問させていただきます。
最近、パチンコウルトラセブンにはまり、改めてウルトラマンシリーズに興味を持ちました。そこで怪獣図鑑的なものでオススメの書籍がありましたら教えてください。
25年ぐらい前にボロボロになるで読んでいたものは、怪獣の体内まで描かれていました。ウルトラマンレオまでぐらいの怪獣が載ったものがあるとうれしいです。

Aベストアンサー

子供の頃に読んでいた本なのですが講談社の『ウルトラ怪獣図鑑超百科』と言う本がお勧めです。
グレートまでの怪獣がのっていて、怪獣の断面図と言うか体内の図も載っています。

参考URL:http://www.mandarake.co.jp/information/2005/09/10/fko36/

Qウルトラ怪獣や宇宙人のスチール写真で、よく畑や空き地のような場所で撮ったものがありますが、

ウルトラ怪獣や宇宙人のスチール写真で、よく畑や空き地のような場所で撮ったものがありますが、
あれはなぜでしょうか? 子どものころから思っていた素朴な疑問です。

Aベストアンサー

お早う御座います。

私も、全く同じ疑問を持っていました。
(^^)
いろいろ資料が有りますけど、
「ウルトラマンは、なぜシュワッチと叫ぶのか?」
(河崎実 著 メディアワークス)
を読めば、「初代ウルトラマン」や「ウルトラセブン」を製作していた当時の円谷プロの周辺は、畑だらけの、実に「のどかな環境」だったらしいのです。

スチール写真の背景が、畑や空き地になっているのは、ごく自然で単純な理由だったんですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報