人生を肯定し、生きる喜び歌っているのが「讃歌」であると勝手に定義しております。
お好きな讃歌を教えてください。(洋の東西、ジャンルを問いません)

私は、ルイ・アームストロングの「What a Wonderful World」です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

alterd1953さん こんにちは



>私は、ルイ・アームストロングの「What a Wonderful World」です。
スペースシャトルでのウエイクアップコールでのリクエストNo1だったとか、、

>お好きな「讃歌」を教えてください。
と聞かれて歌詞の一部を思い出すのは。

人生って嬉しいものですね、、「愛燦燦」 と
にんげんっていいな、、、、、「まんが日本昔ばなし」  ですね。
二つのギャップが大きいのは何時もの事なので気にしないで下さい(笑)。

そろそろ締め切りでしょうか。(hazar様へのお礼で)
>ただ、このペースでの質問も、いつまでも続けられる訳もありませんので
> ネタが尽きてしまう日が来ることが、今から無念です。
などと弱気な事は言わずに「石川や、浜の真砂は尽きるとも・・・・・・・・・・」で愉しませてください。  
えぇ、、たとえが悪いですかね?!  そー言わずに来年も宜しくお願いします。
それでは、良いお年をお迎えください。  
ではまた来年、、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお。こちらにもありがとうございます。

>スペースシャトルでのウエイクアップコールでのリクエストNo1だったとか、、

良いお話をありがとうございます。
サッチモも草葉の陰でさぞや喜んでいることでしょう(笑)

「愛燦燦」は分かるとしても「まんが日本昔ばなし」が一瞬
「坊や~」の方かと思いましたので、あれ!?っと思いましたが
「にんげんっていいな」の方でしたね。納得です。
やっぱり歌詞は大事ですね。 

>などと弱気な事は言わずに「石川や、浜の真砂は尽きるとも・・・・・・・・・・」で愉しませてください。

私ゃ、ドロボーですか(笑)

後、せいぜい二ヶ月分ぐらいしかストックがないんですが
それじゃあ、どこかに缶詰めになって捻り出します(笑)

こちらこそ、来年もよろしくお願いいたします。

お礼日時:2012/12/30 17:48

モリコーネというと、「狼のばんか」というのもありました。


最も原題はCittà Violenta ですが、チャールズ・ブロンソンが
出ていました。 
「さ」と「ば」の一文字が違うだけで意味が違っちゃいますね。。。

こちらはさきほど30日になりました。
大晦日(New Year's Eve)に演奏の仕事がありまして、さんか
2曲は弾く予定です。

それでは来年もどうぞよろしくお願いいたします♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

エンリオ・モリコーネ、曲書きまくってますね(笑)
そういえば「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」の曲が大好きでした。

今年はheartoheartさんのお陰で、随分楽しく過ごさせて頂きました。
こちらこそ、来年もよろしくお願いいたします(笑)

お礼日時:2012/12/30 15:30

こんばんは。


あれ、、今「外国語」で検索していたら、、(笑)

「讃歌」というと、私は「勝利への讃歌 Here's To You 」
(E.モリコーネ)が真っ先に思い浮かびます。

「死刑台へのメロディ Sacco and Vanzetti」というアメリカで実際
あった冤罪事件を扱った映画のテーマ曲のようですが、子供の頃
持っていた映画音楽のオムニバスLPに入っていて好きでした。
(私のは)確かレイモン・ルフェーブルによるアレンジだったと思い
ますが、最初のパイプオルガンがなんとも良いです。
またモダンダンスでもこれを使って発表したことがあります。 

「What a Wonderful World」と「愛の讃歌」(E. ピアフ)は演奏
レパートリーに入っておりまーす♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ~!?
これ、エンリオ・モリコーネだったんですか?
そういえば、そんな感じもします。
エンリオ・モリコーネと言えば
なんと言っても「荒野の用心棒」を思い出します。
映画の面白さがようやく分かり出した頃でした。

「What a Wonderful World」は優しいメロディですので
ピアノに合うように思いますが
「愛の讃歌」は歌い上げ系のように思いますので
どう弾かれているのか興味がありますね。

では、良いお年をお迎えください。
ご回答ありがとうございました(笑)

お礼日時:2012/12/30 15:22

ああ もう …


Let's Do It (Let's Fall in Love) です …
メリケン 粉 みたいな ことに … 失礼 いたしました …

hazar は 『ハザール事典』 から …
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488013592
ハザール hazari の 項目 に しても、あちこちに 幾つも あって、
あれ、さっき 読んだ … のと 違う … という ような ことに なり、
何が 何だか わからなくなる … のですが …、その 一つの 初め に、
トルコ系一民族の名称。トルコ語の qazmak (放浪する、移動する)
ないし quz (山の北の陰となる山腹)から出た名で …
と あり、また …
ハザール王国を貫く大河にはふたつの名が付いていた。
同じ川床でありながら一つの流れは東から西へ、
もう一つは西から東へと流れていたためである。
川のふたつの名は、そのままハザール暦の年の名でもある。
ハザールは四季が一年ではなく二年にわたると考えた。
一年ごとに、川の流れの方向と同様に、月日が逆流するとの発想なのである。
両方の年は、それぞれにトランプを切るように日々や季節を交ぜ、
冬の日は春の日と、夏の日は秋の日とごちゃ混ぜになる。
のみならず、ハザールの二年のうちの前半は未来から過去へ、
後半は過去から未来へと流れるのである。
など とも 書いてあって、こういう の から、チャイナ・ミエヴィル の
『都市と都市』 が できたり して ない かな … とも …
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/1 …
こちらの 都市も、バルカン 半島に あり、一つの 都市 なのに、
民族が 住み分けていて、互いを 見ない ように して、よけて 暮らしている …
交通の 描写 など、気分が 悪くなる 位 … 凄い …
ほんとうに 見えなく なる まで 訓練を 積んで いる … でも、外国から
遺跡 発掘に 来ていた 女子 学生が 殺され、その遺体が、あっては ならない
ほうで 見つかる … おまけに 第三の 国が 更に 層を なして 今も 存在する …
と その 女子 学生は 唱えていた ふしが あり … 素晴らしく 渋い 刑事が
交わってはならない 都市の もう一つの 民族 国家の これまた 渋い 刑事と
協力して 事件を 解決していく …
物凄く 面白かった …
今年の 長編は これ … 短編は SF マガジン 創刊 50 周年 記念 アンソロジー
大森 望 編 〔時間 SF 傑作選〕 『ここがウィネトカなら、きみはジュディ』
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/1 …
所収 『旅人の憩い』 デイヴィッド・I・マッスン
時間 軸が、地形の 垂直 軸に 沿って、高くなる 程 早くなる 世界 …
その てっぺん が 宇宙に 開いていて、そこから 敵の 攻撃が …
目眩く 戦闘 地帯から 任を 解かれ、低地の 故郷へと 戻っていく …
これと、テッド・チャン の 短編集 『あなたの人生の物語』 の 最初の
『バビロンの塔』 も 何処かで 通底 している … と 思われて ならず …
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/1 …
ぜひ ぜひ … どうぞ …

それは そう と …
専攻は Lucas Cranach der Ältere
Paradies (Wien), Simson und Delilah (Augsburg)
http://www.artbible.info/art/large/506.html
http://www.pinakothek.de/bayerische-staatsgemael …
高校 時代に 量子 力学などが 学問として 出来立て で、
宇宙 物理学や 遺伝子 解析 等、魅力的 ながら
三次元的な 位置や 動きを 数式で 把握・表現したり、
少なくとも 思い描かねば ならぬ ことに 非常な 困難を 覚え …
これは 2 次元の 世界が いいの かな … と …
以来、趣味と 仕事が 逆転した まま …
L Cranach d. Ä や Pieter Bruegel de Oude
の 作品を お呼び した ことも ある、近くの 美術館に
勤めて いた のですが、あえなく 潰れ … 今は …
殆ど 関係の ない 仕事を させて いただいて おります …

入った 時と 出た 時で 高校 名が (大学の 附属 なので
その 大学 名が ですが …) 変わって しまっている
という のも 象徴的な ような 気も し …
どうぞ お見知り おき いただけましたら 幸いに 存じます …
確か 植物の 処で お訊ねくださった かと 存じ …
たいへん 光栄に 存じましたが … あまりに 全く
理系で ない ことが ほんとうに 返す 返すも 残念で …
まあ 2 年の うち 1 年は 過去から 未来へ 流れ たい … かな … と …
それでは どうか お見捨て なき 様 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

曲の補足ありがとうございます。

しかし「ハザール人」強烈な民族ですね。
日本の「山窩」の大規模なやつのような。
1年を2年で捉えるのも面白いです。
「小春日和」の時なんか、ちょっとそう思います(笑)
後、時間の向きが前後するところは、正に「量子力学」の世界ですね。

ご専攻の文は、ウムラオトがついてますのでドイツ語のようですが
宗教美術に関係しているのでしょうか。
とりあえず、ふたつめのURLで真っ先に出てくる建物は良いですね。
そういえば、今、イタリアに行っている友人の専攻は近代イタリア美術で
カラバッジョが好きみたいです。

三次元的な 位置や 動きを 数式で 把握・表現したりというのは
「ミンコフスキー空間」のことでしょうか。
私も数式がなかなか体に入ってこないので良く分かります。
こればっかりは才能の有無に大きく左右されるみたいですね。
ただ、たとえ初歩的な数式でも理解出来ると物凄く嬉しいので
チマチマ勉強してます(笑)

仕事と趣味が逆転は私と同じです。
天職につけた人が1番幸せなんでしょうが
なかなかそうもいかないですからね(笑)

私がhazarさんを見捨てるなんてとんでもないです(笑)
若い頃、毎晩ジャズ・バーで色んな魅力的な人達と出会いましたが
hazarさんクラスは、そうそういませんでした。
まぁ、強いて言えば「コミック雑誌なんかいらない」の脚本で
日本アカデミー賞獲ったやつぐらいです(笑)
ただ、このペースでの質問も、いつまでも続けられる訳もありませんので
ネタが尽きてしまう日が来ることが、今から無念です。
しかし、そんなこと言ってても仕方ありませんので
それまで、精々、会話を楽しみましょう。

ではまた(笑)

お礼日時:2012/12/30 07:51

こんばんは alterd1953 様



ジョゼフィン・ベイカー の Madiana
何の 歌か わからない のですが …
『地上 5 センチの恋心』 で 初めて 聴いて 以来 ファン に …

ヒッ ヒッ ヒ、リ ~ と 聴こえ、痺れました …
この 人は 鳥 か … ? と …
http://www.youtube.com/watch?v=0wtmkTeYwgc
『ミッドナイト・イン・パリ』 の 時代の かた …
そういえば、この 役の かたも …

でも、あちら では コール・ポーター の 曲の ほうが 印象的 …
http://www.youtube.com/watch?v=oBrQA9EF0D4
コール・ポーター の Let's doin (Let's falling love)
http://www.youtube.com/watch?v=9cuArUG6sOc
いろいろな かたが 歌われていますが、映画の かたも
おもしろい 歌詞が よく わかって よいか と …

バーブラ・ストライザンド の The Way We Were
http://www.youtube.com/watch?v=XV4E9VUe3JE
(苦手で いらっしゃいましたっけ … ?)

今年 初めの 突然の 死を 悼んで …
ホイットニー・ヒューストン の Greatest Love of All
http://www.youtube.com/watch?v=NeiW3Cob0nM

ほんとうに 御蔭様で 素晴らしく 楽しい 一年を 過ごす ことが
できました … どうぞ くれぐれも ご自愛 くださり、よい お年を
お迎えください … 来年も どうぞ よろしく …
とても、とても 楽しみに して おります …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ良かった。音楽の方は大体分かります(笑)

確かにバーブラ・ストライザンドは、あまり好きではありませんが
「Woman in Love」は好きですし上手いとも思っております(笑)

こちらこそ、来年も宜しくお願い致します。
ではまた(笑)

お礼日時:2012/12/30 07:19

私は女性ヴォーカルフリークなのでこういった曲が好きですね。



KOKIA / 人間ってそんなものね
HIBARI / 世界中のこどもたちが
Maia Hirasawa / Boom!

ちょっとひねったところで

森山直太朗 / 生きてることが辛いなら

あとはこのあたりはいかがでしょう

よしだたくろう / 落陽
エレファントカシマシ / 大地のシンフォニー
山下達郎 / アトムの子
Metis / 梅は咲いたか 桜はまだかいな
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお。沢山ありがとうございます。
「落陽」以外知りませんでした。
しかし「落陽」を「讃歌」と捉えるとは面白いです。
でも、旅をして、ふりだしに戻ったのは前向きともとれますね。
後のは、ゆっくり調べさせて頂きます。

良いお年をお迎えください。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/30 07:08

「讃歌」っていうほどでもないですが、


skoop on somebodyの「everlasting love」は
わたしにとってはそんな感じかも・・と思います。

ではよいお年を・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

skoop on somebodyって、ちゃんと聴くのは初めてでした。
凄く上手くてハートフルなヴォーカルですね。

sunrich-orangeさんも、よいお年をお迎えください。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/29 20:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング