ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

どうも釈然としない、AKB坊主になってしまった事件です。

悪いのは、一体誰(何)なんでしょうか?
1.白濱亜嵐の家に泊まりに行った峯岸みなみ?
2.峯岸みなみを泊めた白濱亜嵐?
3.恋愛禁止という規則?

弁護士によれば、恋愛禁止違反で降格や異動にするのは、人権侵害に当たり法律違反と言っています。
白濱亜嵐に対して記者が、“あなたは坊主にしないのですか?”と言ったところ、うつむいて無言だったそうです。
誰にも相談せずに坊主頭、けじめの態度を示した峯岸みなみは、まるでアウシュビッツの認証写真のようだ・・・ということを言っている人もいます。

一体誰(何)が悪いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (26件中1~10件)

敢えて選ぶなら「2.」男性側。



「お泊まり」に至った経緯について、ふたりのあいだで交わされたやりとりの真相を自分が知るわけではないから、私は「敢えて」とした上で、彼を悪者にさせてもらいます。

AKBの「恋愛禁止ルール」はもとより、(ファンからの投票を含め)俗世間の反響に自らの出世を大きく左右される彼女の立場を知らないはずはないであろう彼が、なぜ、彼女をたやすく自室へ招き入れてしまったのか?
仮に、彼女がどうしてもそうしたいと泣いて駄々をこねたのだとしても、彼女のことを想うのなら、「AKBの主要メンバーとしての自分の立場をわきまえろ」と、彼女を冷静に説得し、彼女の行いを阻止すべきでした。

男性なら、人生で一度は、全力を尽くさねばならぬ場面に出くわすことがあると思います。
大切な女性を守るのも、そのひとつではないでしょうか。

今回、女性側が頭を丸めたことで、報道上は、ふたりの恋愛関係を確信したかのような格好になっていますが、それにしては、男性側の受け答えは、あたかも他人事のようです。
記者からイジワルな質問をされても、ただ沈黙するだけ。

女の命とも言える髪を犠牲にし、その決断についても、パフォーマンスだ、茶番だ、売名行為だと、世間から(もしかすると仲間内からも)心ない陰口を浴びせかけられかねない彼女の立場を想えば、“自分がピエロになってでも、ヨゴレ役を演じてでも、彼女を世の冷笑やバッシングから救い出したい”と、もっと躍起になれてもおかしくないはずなのに。
その口も手足も、女性を口説き落とすときにだけ、便利に動くもの…というありさまでは、ちょっと残念な話です。

AKBに詳しくない私の素人考えですが、世にも奇妙な「恋愛禁止ルール」には、AKBならではの商法としての役割と同時に、若い女性に悪い虫がつかないように…という予防線の意味合いが付されている印象があります。
恋愛はそもそも秘め事であり、多感な彼女たちの内面の変化を周りの大人たちがマネジメントするのは難しいだけに、男性の下心に捕われた彼女たちが、せっかくの才能や努力をみすみすダメにすることがないよう、「恋愛の抑制」をルールとして定義することで、目先の誘惑への抵抗力を当人たちへ備え付けさせようとしたことは、ある意味、画期的なアイディアではないでしょうか。
不条理な掟でも、それが厳然と存在することを周知の事実としてしまえば、その約束事に従うことが彼女たち自身の誓いとなり、自律した生活環境を維持できる助力にもなり得ます。

しかし、それでも、法で人の心までしばりつけることなどできません。
逢引きをやめられなかったふたりを咎めても仕方ない話です。

ただ、若いふたりとはいえ、社会的影響力の少なくない我が身をわきまえたプロ同士なら、せめて、同じデートでも、会食程度で済ませるだけの自制心がほしかった。
…「お泊まり」となると、後々、「仲の良い友人関係です」などと釈明してみせたところで、世間はそれを「取り繕った言い訳」としか判断しません。
それを見越した上で、女性側の誘惑に負けず、紳士的な対応を貫いてみせるのが、男性側に託された役回りだったように思います。

お互い合意の上で招いた結果である以上、騒動の責任は当事者双方にあることは分かり切った話ですが、
「こういうとき、そっと矢面に立って、女性を庇ってみせるのも、男性としての腕のみせどころなのでは」
…と、つい、考えてしまう自分がいます。
そうした考え方そのものが、もはや時代錯誤なのかも…と、あらためて実感させられた、今回の件でした。
(ファンの皆さん、ごめんなさい。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、その通りかと思います。
私がこの質問を思い立ったのは、彼女&恋愛禁止というシステムだけ照明が当てられて、もう一方の当事者である男側に対しては、何らフォーカスされず、また意思表明なりがなされなかった点にあります。
今になって謝罪らしき言葉が出てきましたが、これは騒ぎが大きくなってやむにやまれず、半ば事務所の方針として型通りにやったまででしょう。
業界総体としての損得勘定を考えたら、男側を徹底取材・追及するのはよくないという打算が垣間見えるところが、かえって彼女の決心が遊ばれた感じがします。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/05 19:57

「恋愛した場合本人が何らかのペナルティを受けなければならない」というルールがまず基本的にはおかしい。

ハンコついた契約書だって、契約内容が法に触れてれば事実上は無効ですからね。

アイドルであって「そういうのを相手に商売する」以上、「恋愛禁止」として売り出すのは結構です(個人的にはどうかしてると思います)が、じゃあ実際にそういうことがあった時に、例えば週刊誌が出ない様に画策するとか、相手の方に根回しするとか何とか、「使う」側が何でアイドル(商品)個体に批判が集まるのを守る方向に動かないんですかというのがとても疑問です。特に「若い少年少女」のまさに「若さ」を売ってお金を生み出している訳ですから、使う側にそのくらいの社会的責任はあると思うんですけど…

昔のアイドルだって「彼氏いません」とか言っておいて、後々テレビに出て来たら「実はあの時彼氏いましたエヘヘ」とか言ってる訳じゃ無いですか。やろうと思えば出来るんだと思うんですけど、ああいうのもう滅びたんですかね。

それでも罰が「グループ内での配置転換」位のうちはまだエンターテイメントとして許容されてたんだと思いますし、「罰っぽいもの」をわかりやすく提示する事でアイドル個人を批判の矢面からある種「救うことになる」という使う側の配慮がもしかしたら存在したのかもしれません。わかりませんけど。

ということで、まあそもそもルールがおかしいにしろそれなりに回っていたわけだし、今回の騒動で一番何がまずかったって、「坊主はやりすぎ」で「見当違いの罰」だったって、単純にそう言う事だと思います。なので一番間違った人は「坊主を決定した人」だと思います。(誰が決定したのかわかりませんが)

若い女の子が長い髪の毛を坊主にして泣いて謝る姿なんて誰が喜ぶのかしらと思っていましたが、「坊主の後にピースをしてたのであいつは反省していない」とか言い出す人たちを見るに、結局あの周辺の人たちの圧力が彼女の髪を切らせてしまったんだろうなとしか思えないし、そういう意味ではこの層も問題っちゃ問題でしょうね、という感じがしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回の件でいえば、当人は誰にも相談せずに坊主にしたらしいですが、もし周りに知れていたら絶対に止めていたでしょうね。
事務所が気づく前にフォーカスされてしまった構図ですが、この問題をきっかけにAKBの恋愛の是非が改めて議論されるかも知れません。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/06 12:03

1・2でしょうか?


3はAKBに入る時に覚悟しておくべきです。

なんか、恋愛禁止のAKBにいながら恋愛したので頭を丸めました、
規則違反だったけど反省してるからまだAKBにいたい、
と全然重みが無いと感じました。

スッパリと「恋愛するのでAKBを辞めます」と身を引いてから
お泊りが発覚してたら特に悪い印象はなかったのに・・・
なんて思います。

指詰めて反省とかならまだしも、
たかだか頭を丸めただけで反省と言ってる軽い感覚に驚きです。
指を詰めろと言ってるのではなく、
人生というものは、それくらいの覚悟で生きろ、って事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>恋愛するのでAKBを辞めます
こっちの方が潔かったですが、恋愛もAKBも・・と欲張っている結果がこうなってしまいましたね。
「二兎追うものは一兎をも得ず」の諺を思い出しました。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/06 08:20



あそこまでしたんじゃ、認めたも同然。
曲がりなりにも芸能人の端くれなら、シラを切り通すぐらいの度胸をつけとけ。
シオノヤなんとかと言いミネギシなんとかと言い、最近のタレントは弱すぎなんだよ。

全国民から怪しいと思われても、堂々と人前に立てるぐらいのメンタルはないとね。
この程度で髪切るほど動揺するのなら、ハナっから色恋に熱を上げず黙ってアイドルだけやっとけ。

こんなにメンタル弱いんじゃ、そもそも芸能界に向いてないんじゃないの?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>この程度で髪切るほど動揺するのなら、ハナっから色恋に熱を上げず黙ってアイドルだけやっとけ
その通りですね。
後悔するなら最初からするな・・と言いたいところですが、恋は盲目ともいいますからね。
そのあたりが難しいのでしょうね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/06 08:16

これは、AKB48含めたアイドルがどういうことを仕事にしているのか(お金を生んでいるのか)を考えれば、一目瞭然だと思います。


アイドルは、ミュージシャンでもダンサーでも俳優でもありません。ファンがアイドルに求めるのは、まさしく「擬似恋愛」です。そこには「1人ぼっちの彼女を、少なからず自分が支えてあげたい」「自分のものになるかもしれない(殆ど夢物語ですが)」・・等といったファンの気持ちがあり、アイドルはそれのおかげで大きな対価を得ているのです。
そんなアイドルが「特定の誰か」のものになり、女として満たされたことになれば、それはアイドルとしての役目の終わりを意味します。・・・これは「契約違反」と言われたとしても過言ではないですよ。

仕事が出来ない人(もう続けられない人)、もしくは仕事上のルールを守れない人は、普通クビになりますよね。まさしくそれです。
それを「人権侵害」等と言ってしまう弁護士は、あまりに物事の受け取り方が浅はかで世間知らずだと思います。

・・・おそらく、そういったこと(アイドルとしての責務)を一番よくわかっているのは、彼女達(峯岸含めたアイドル)でしょう。だってファンの熱狂的な自分への「愛」をずっと目の当たりにしてきているのですから。
過去にもモー娘など、男性問題でグループをクビになる事例は度々はありましたが、そんな彼女達が法律沙汰にせずおとなしく処罰に甘んじてきたことは、そういうことだと思います。「自分はプロとしての自覚に欠けていた」と本人が一番よくわかっているのだと思います。
峯岸みなみが坊主という、大衆からするとやり過ぎとも思える決断に出たのも、そういった表れでしょうね。AKBとしての責任(ファンから求められていること)が何なのか、やはり当の本人が一番よくわかっているのでは。
(ただ、そこまでアイドルでいたいのなら何故そんなことしてしまったのか・・?という疑問はありますけど。彼女自身に少なからず世間・仕事を舐めた姿勢があったのかもしれませんね。)


白濱亜嵐については自分はあんまり存じませんが、wikiによると表向きはアイドルって訳ではないようですよね(アイドル的人気は別として)。
峯岸みなみとは、真っ先にそういう違いがあるのでは。今回のようなことで、白濱亜嵐の仕事に支障が出るのか・・を考えれば、おそらく「AKB程ではないんじゃないの?」という、関係者側の結論になるのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、いい悪いはともかくとしてそれがアイドルの宿命なのかと思います。
特にAKBの場合は、ファン層の特質から考えて擬似恋愛を志向する傾向が強いかも知れません。
そういうファンに育てられてきた自覚があるならば、アイドルとしては抑制するのが一般的ですが、そうならなかったところが騒動の発端なのでしょうね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/06 00:16

恋愛禁止の規則なんて秋元康は作ってないらしいですよ?(本人談)




悪いのは運営です
嫌いなメンバーにスキャンダルを作って追放する 常套手段に峰岸ははめられたんですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうらしいですね、メンバー間の自主的な運用みたいですね。
もし彼女がはめられたとしたら、とんでもない組織ということになりますね。
ファンが落胆するでしょう・・・

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/06 00:10

どれも悪くないかと思う。



今時アイドルは恋愛禁止とか時代錯誤も甚だしい。
今時本当にアイドルはう○こしない恋愛しないと思い込んでる人も痛いよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

恋愛禁止の要請は、業界が「商品価値の低下」を懸念して慣習的に受け継いでしまった悪法のような気がしないでもないです。
今回はどうやらメンバー間の自主的な規則のようですが、そう思い立つこと自体がちょっと異常ですね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/06 00:08

>一体誰(何)が悪いのでしょうか?



それは火を見るより明らかです。「1.白濱亜嵐の家に泊まりに行った峯岸みなみ」です。二十歳にもなって、分別の付かない行動をとれば、自分で責任を取らねばなりません。

>弁護士によれば、恋愛禁止違反で降格や異動にするのは、人権侵害に当たり法律違反と言っています。

それは一部弁護士の考えに過ぎません。アイドルが恋愛を大っぴらにすれば、アイドルの商品価値の落ちることは事実です。個人のアイドルなら、その個人の商品価値が落ちて、痛むのは本人だけですが、AKBのような団体アイドルでは、団体全体やアイドルを続けたい他のメンバーにも痛みが及びます。その意味で、メンバーに恋愛を禁止するというのは当然の措置です。常識あるメンバーならそんな規則を作らなくても大っぴらな恋愛はしないものですが、大勢の中には常識を知らない者もいるだろうとの親心で作られた規則です。従って合法です。もし峯岸みなみがその規則を違法と思うなら、法廷闘争をすればよいわけですが、仮にも峯岸みなみが勝訴しても、ファンは戻らないでしょう。ファンの心をつかむということは、法廷闘争にはなじまないのです。

世の中に恋愛し続けるアイドルなんていないでしょう。心あるアイドルなら、恋愛すれば、自分から身を引くものです。恋愛したなら自分から身を引けばよいのに、坊主頭になって、まだアイドルに未練を残して、これからいったい何をしたいのでしょうか。

力~、力~、中央、中央。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>恋愛したなら自分から身を引けばよいのに
このあたりの見極めがちょっと甘かったような気がします。
単なる遊びで誤解を受けるようなことが分かっていたなら、最初からしないという心構えが必要でした。
仰るように二十歳ですからね。
分別が欲しいところです。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/06 00:04

峯岸みなみ。


AKBは世間離れしている(恋愛は禁止)という団体だと了解した上で所属したはずです。
恋愛禁止の良し悪しは問題ではなく 峯岸みなみ自身がそれを承諾した上で所属しているはずです。
それを破ったのは峯岸みなみ自身です。相手の男性が例え付き合ってくれよ、泊まっていけよと言ったからとて(実際に言ったかどうかは知らないが)、それに同意しなきゃいいだけのことです。
峯岸みなみ自身の覚悟の欠如です。
恋愛したいならAKBを卒業してください。
甘い考えによる子供じみた行動に他ならない、まるで自分本意な姿勢です。

簡単な話、AKBと恋愛のどちらも手に入れたいというのは 筋道から反れているって事。

AKBに恋愛禁止という世間離れしたルールがある以上 そのどちらも手に入れたいとする事じたい厚かましいこと、となります。
よって峯岸みなみが悪い。
恋愛したきゃAKB辞めなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>峯岸みなみ自身の覚悟の欠如です。恋愛したいならAKBを卒業してください
そうなんですね、正論です。
彼女は二十歳ですが、その自覚が足りなかったのかも知れませんね。
二兎追うものは一兎をも得ず・・にならなければいいですが・・

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/05 21:22

すべて当てはまらないです。




社会常識の上に組織のルールがあってもいいと思います。組織ですから、何らかのルールはあります。入るのも出るのも自由です。すべて自己責任です。

いやならやめればいい。


そういうことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、恋愛したかったら抜けるべきでしたね。
それをしなくて両方の欲求(恋愛&AKB残留)を満たそうとしたので、おかしくなりました。
“二兎追うものは一兎をも得ず”にならなければいいですが・・・

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/05 21:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング