【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

今「白い巨塔」を読んでます。
5巻まであって3巻が読み終わったところです。
出版当初、元々3巻までしか無かったのを終わり方がこれじゃあんまりだっていうんで
続編を書いてそれが今出ている4、5巻だと知人に聞いたのですが本当でしょうか?
詳しいいきさつを知っている方いましたら教えてくださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんばんは、本当ですよ。

1巻~3巻までが『白い巨塔』で4.5巻が『新白い巨塔』です。何年ほど間隔が空いているのかは、忘れましたが、里見助教授の退職願いで、3巻は終わっていたはずです。

原作者の山崎豊子氏が、あとがきで、「このままで終わらせないで」の投書があまりにも多く、続編の執筆を決めました。

ラストは感動します。ゆっくり読んでください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ラストで感動出来るなんてうれしいです。
思えば「沈まぬ太陽」もなんか悲しい終わり方だったので出来れば感動して読み終わりたいです。

お礼日時:2004/03/05 20:22

ぼくが、むかし、むかしに見た田宮版のドラマは最後、自分


の顔、「鏡みて、黄疸が、、、。」っていうんですけど、
見た当時小学生だったので、なんか怖くて黄疸ってなに?
って母親に言ったりしました(笑)。で、子供だったので、
すぐ病院行っても黄疸がでてるにのか、よくお医者さんに
聞いてました(笑)。結末がめちゃくちゃ早かったの覚えてて、
最後、畳の上で誰か犯されるようなのシーン覚えてます。
里見さんだったのかな?今回それはないだろうけど、、。
なので、あの早い終わり方だと、つけたした感じは
ありますよねぇ?今回も最終回流れが早そうですもん。
テレビの結末は里見が必ず「なぁ、財前、、。」
と言うと思います、、、。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
今4巻目を読んでます。結末楽しみです。

お礼日時:2004/03/12 20:49

もう回答は出ていますが、本当ですよ。


5巻の最後にあとがきがあり、
山崎豊子さんが続編を作った理由を述べています。
ご本人のあとがきを読まれると一番よく分かりますよ☆

ハラハラドキドキの4・5巻、楽しみですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あとがきを見ると判るんですね。
山崎さんの作品はいつもしっかり取材をしているので
その裏話とかを読むのは楽しいです。
続きあと2冊。楽しんで読んでみます。

お礼日時:2004/03/05 20:28

私も予備知識なしで5巻読みました。

確か世論では(投書)終わり方が納得行かない。つまり、財前敗訴はおかしいのでは。という投書が殺到したと聞きました。私も納得がいきませんでした。その結果続編が書かれ、・・・・の結果に。また面白いことに今回のTVドラマでは、その結幕さえ変えているようで興味深いです。
原作ではわかりにくかった表現も、上手くTVでは脚色し、非常に出来が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ドラマは財前が教授になったところ(つまり1月から)から見ています。
小説は2月の初め頃から読んでいまして後2冊ですのでいつ追い越してもおかしくないという感じです。
でもドラマ先に見てしまった方がいいですね。
原作の方がすばらしいに決まっているので先に読んでしまうと違いが気になってドラマに集中が出来ない気がします。
やっぱりドラマ的というか見せ場の多い脚本になってると感じました。

お礼日時:2004/03/05 20:26

知人の方の話はほんとうです。

「白い巨塔」は全5巻として新潮社より分冊販売されていますが、テレビで「白い巨塔」の放送(制作)がなされる前は、「白い巨塔」と「続 白い巨塔」の2冊で販売されていました。また、「白い巨塔」は昭和30年代に田宮二郎主演で映画化されていますが、この時の原作は「白い巨塔」の方です。これは何を意味するのかといえば、映画化された時、「続白い巨塔」は書かれていなかったということです。ですから、映画「白い巨塔」の最後は、熾烈な教授選を勝ち抜いた財前五郎の姿を映し出して終わりになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
3巻まで読んでみて思ったのですがもしこれでこの話が終わりだったら
結構ストレスが溜まるというか辛い小説ですよね。
続きを書いてくれてよかったです。
田宮二郎の方は映画なんですか。
ドラマだと思っていました。借りて見てみようと思います。

お礼日時:2004/03/05 20:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白い巨塔の特別編:柳原のその後について

白い巨塔で最終回の翌週に特別編として、これまでのダイジェストと柳原弘(伊藤英明)のその後が描かれいたそうなのですが、どのようにその後が描かれていたのでしょうか?
柳原先生はやはり地方に飛ばされたのでしょうか?
その他、特別編でダイジェスト以外に新たに描かれていた内容をなるべく詳しく教えて下さい。
亀山とは?
里見は?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No1様の御回答にもありますが、財前派は一掃され、金井と柳原だけが残ります。
ある日、5年前に財前が癌の手術を行った患者の再発が発覚し、綿貫新教授が、柳原にその患者へのがん再発の告知を一任します。患者にとっての良い告知方法がわからず柳原は悩みます。ある日癌センターに講義に来ていた里見先生と会い、自分なりに答えを見つけ、患者さんと心を通わせるといったストーリーでした。
柳原先生が少し成長したようなお話でした。
亀山看護師さんとの話は全然ありませんでした。
里見先生と東教授の娘の話もまったく・・・です。

Q『白い巨塔』柳原と華子さんの今後(続きを知りたくない人は見ないで下さい)

いったいどうなるんでしょうか?私個人としては、財前たちの思惑を超えて、1対1の男女として、あの2人がいい感じになってくれればなーと思ったのですが。

Aベストアンサー

 こんにちは。 あれ?以前にも巨塔がらみでお会いした気が・・・。またお邪魔します(^^)

 柳原は、財前達の思惑に気付いています。公式HPにも載ってましたよね。だからこそ、華子さんを家まで送った後、「はっ」と良心に耐えかねてタクシー飛ばして佐々木親子の姿を見守りに行ってしまったのでは。
 そう、彼は今、日本一悩める男なのでは(^^;)

 だから、原作でもこの先本気で華子さんを好きになることはありません。彼女の方はすっかりその気で柳原のアパートを訪ねたりしますが、柳原は彼女を見るたび、またまた良心の呵責に苦しむわけです。
 そんな柳原が一回だけ、勢いで華子さんと無理矢理関係を持ってしまいます。それは、愛情云々でなく、様々な感情が高まっての行動だった気がします。なので、終わった後、またまたまた良心の呵責に悩みます(^_^;)

 柳原が悩みから抜け出す道はただ一つ。法廷での財前のある一言がきっかけで、今までのもやもやを爆発させる彼ですが、その結果は下の回答者さんたちのとおりです。残念ながら、柳原と華子がいい感じになることはないんですよね。

 ただ、彼は自分の出した結論に決して後悔していません。ドラマだと、この辺に亀山君子が絡んでくるのかなあ?原作だと、亀山ナースは結婚して妊婦さんになってる設定ですから、それがないってことは、もしかするかも・・・??です!(^^)!
 

 こんにちは。 あれ?以前にも巨塔がらみでお会いした気が・・・。またお邪魔します(^^)

 柳原は、財前達の思惑に気付いています。公式HPにも載ってましたよね。だからこそ、華子さんを家まで送った後、「はっ」と良心に耐えかねてタクシー飛ばして佐々木親子の姿を見守りに行ってしまったのでは。
 そう、彼は今、日本一悩める男なのでは(^^;)

 だから、原作でもこの先本気で華子さんを好きになることはありません。彼女の方はすっかりその気で柳原のアパートを訪ねたりしますが、柳原は彼女を見る...続きを読む

Q昭和41年の「白い巨塔」の終わり方。続編はないの?

最近テレビドラマで見て、その後昭和41年の映画版「白い巨塔」を見ました。(田宮二郎主演のもの)もちろんこちらも良かったのですが、教授になって、裁判の初審で勝ったところで終わっていました。時間の関係でしょうがないのでしょうが、なんとなく中途半端さを感じました。栄光の頂点から、裁判で負け、自らも死の病に侵されていく過程との対比こそがテーマと思ったもので・・・。
というわけで、この映画はなぜあえてこの時点で終わったのでしょうか?続編はないのでしょうか?

Aベストアンサー

「白い巨塔」の原作は最初、初審で勝ったところで終わっていたそうです。
1963年に連載が始まり、1966年に田宮二郎さん主演で映画化されています。

その後、あまりに終わり方が可愛そうだとか、社会正義に反すると言う投書が来て、「続白い巨塔」を1967年から連載されたようです。

その後、同じ田宮二郎さん主演で、映画ではなくテレビドラマとして、1978年から翌年まで放映され、この時は自らの死までが描かれています。


人気Q&Aランキング