今,3.9m,25号の投げ竿を持っているのですが,もう少し長い投げ竿を新調しようと考えています。本を読んでいると,現在では,4.2mが主流であると書かれていたり,4.05mが一番遠投できるとか書かれていたり,まちまちです。遠投はしたいのですが,体力や錘負荷との関係もあるようです。競技をされる方は4.05mを使われている方が多いとも聞いています。どうやって選べばよいのでしょうか?

この辺について,詳しい方,ご指導よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

4.2

    • good
    • 1

>振り子投法は、実釣で殆ど使われない投げ方です。



補足します

振り子投法は、後方で錘を8の字に回転させ、反動をつけて一気に投げきる投法です
知人に得意な者がいてじっくり見せてもらいましたが、あの投法だと竿が長いと、錘をませないし、最後に反動をつけて一気に引っ張れないと感じます

投げ釣りではなかなか、お目にかかれない投げ方ですが、最近はルアーフィッシングに波及していて、実釣の遠投に使う方が増えています
スイング投法ともいい、元々サーフキャスティングの世界から来た投げ方です

ルアーは投げの錘より遥かに軽いですし、竿は425,405より遥かに短い
それゆえに可能な投法というわけです
    • good
    • 0

投げ竿の型式は長さを表します。


385=3.85m
405=4.05m
425=4.25m
450=4.50m

385など短い竿が多々出てますが、遠投向きではないですね
450などは、磯や藻場など竿が長くないと困る場所用です

一般に遠投用といえば、405か425です
実際問題、425の方が飛距離が出ます。遠心力は長い方が得られやすいので飛ぶ訳です。
しかし、日本人の体力では、小柄な人の場合425ではやや持て余す事があります
そういう場合、405の選択もありです。

ある日本屈指のキャスターは、身長が170cmに届かず小柄でした。
425でも我々から見れば物凄い飛距離を出しますが、より飛距離を出す為に先を詰めて415にしてました。
彼にとってそれがベストな長さだったと言うのですね
著作も数多く発表されている有名なキャスターです

私が知るサーフの知人たちは小柄な方が多いのですが、皆425でブンブン投げてます
彼らの意見は一致していて、「425の方が飛距離が出る」です
私も小柄でパワーも十分ではありませんが、425の方が圧倒的に飛距離が出ます
ことに非回転系の投法、ST投法などは425が何度やっても飛距離が出ますね

回転投法だとパワー不足が露呈して、やや425を振り切れないケースがあるように感じてます

競技団体のサイトには、415が絶対的に飛距離が出ると書かれてますが、彼らの投法は振り子投法です。V字やSTではありません。そこに注意が必要です
振り子投法は、実釣で殆ど使われない投げ方です。
あのサイトに記述には、「振り子投法をメインに考えれば、」と注釈を加えるべきだと思います

一般のキャスターの中にも405信者は多いです。
405の方が飛距離が出ると信じている方が多いのですが、根拠はキススペシャルが405だからです
キス釣りは置き竿ではなく、ずっと手持ちで、超遠投&引き釣りを繰り返す釣りです
従って、手返しが重要で、425では不便です。
更に大抵の方が回転投法ですので、405でないと振り切れない可能性があります

しかし、回転投法は誰もいない浜というシーンでもない限りできない投法です
堤防で投げる事が多い一般のキャスターには、周囲に他の釣り人や車両、機材、建物などがあって危険である為、投法は、ST・V字(深くない)・3Q位しか出来ません
この条件下では、425が有利でしょう

因みに私の場合、PE2号・425竿を試用して、ST(V字)で、6.5色です
回転投法だと7色超です
キス仕様の細糸は使いませんので、一番細いラインでも2号までです
細糸を使えば、8色は超えるはずです

仲間内では一番飛距離が出ない私の意見ですが.....
    • good
    • 1

竿の長さですが、3.9でも4.2でも自分になじめば、


よいのではないですか?
私は、なるべく軽い錘で、釣り味を楽しむことに
しています。
従って、なるべくバランスのよい、柔らかめの竿が
楽しめます。
自分で、竹竿の製作も楽しいですよ。
    • good
    • 1

身長体力でどちらを選ばれてもいいと思います。

号数も体力次第でしょうか。魚種として何を狙うかでも変わってきますし。

参考にならないかもしれませんが私のタックルですが、キスの遠投ということで、
竿4.05m30号インターライン、天秤25-27号、ラインPE1号
で平均160m前後です。
身長175cm、体重70kg
ちなみに友人で私のタックルを使って200mオーバー投げる化け物がいます。
(つまり私はまだ使い切っていない?)
彼自身は35号を使います。ただし釣り味はつまらないそうです。

Masazo-さんの言われるグリップの長さは非常に重要です。名人と言われる人はリールシートは後付けで腕の長さに合わせて調整しています。極力長さの近い物を実際に合わせてから購入されるといいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/05/30 09:13

元々、竿の長さは尺単位だったので3.9m、4.2mになってたんですよね。


その後、一般的な日本人が一番振り切りやすくて遠投しやすいということで
4mの竿が出て来たと思います。
そういう点から考えて僕は4mの竿を使っています。
ただ3.9mの竿でもう少し長いもの、と思われてるようですが、3.9mでは軽々と振り切れてしまうということであれば4.2mでもいいかもしれません。

錘負荷との関係では、キス狙いの大遠投される方は硬目を使う方が多いですね。
以前、徳島のキス釣り名人の方に教わった事があるのですが、
その方は、軟らかい23号くらいの竿に25号の錘で10本針をつけて
140~150mくらい投げておられました。最近の竿なら軟らかめの竿でも
かなりの遠投はできるんですね。(僕はそんなに投げられませんが)

あとは投げるだけではなくて釣りやすさで選ぶのもいかがでしょうか?
磯場やテトラ、波の荒いところでは長めの竿の方が使いやすいです。
逆に堤防では短めが使いやすいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/05/30 09:15

私は4.2mの竿を持っています。


購入時に気を付けた点はリールから一番下(グリップエンド)の長さを注意しました。実際に投げる要領でリールの位置を握り、腕を水平に伸ばします。そのときグリップエンドの位置が左肩の位置にあるのが体に合ったサイズって聞いたことがあります。
後、私は力がないので25号ぐらいの軟らかい竿が欲しかったのですが、変なところに見栄をはってしまい33号(確かその位)を買ってエラく投げ辛い思いをしています。

ちなみに学生時代、遠投の大会に出ましたがその時の錘が16号位でその重さで練習していた為、今では25号すら「重すぎ」と感じてしまいます。

中途半端な説明ですみませんでした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカゴ釣り用遠投竿は5.3mより6.3mが飛ぶ?

カゴ釣りを専門にしているのですが、私のよく行く防波堤では皆3号6.3mの遠投竿を使用しています。(メジナ釣りです)
私は3号の5.3mなのですが、明らかに周りの人より10m位飛距離が足りません。(だいたい45mくらい。周りの人は60mくらい飛ばしています。)
体力や竿の値段や硬さ、号数にもよるかと思いますが、一般的に言って、同一人が同じメーカーの同じ竿で、長さだけが違う5.3mと6.3mの商品で遠投した場合、6.3mの方が飛距離が伸びるのでしょうか。

参考までに仕掛けは、10号のカゴに、それに合う発泡ウキ、道糸5号
で、竿は今は安物の3号竿を使っていますが、もうすぐ「がまかつ」のファインフォースM(3号相当)5.3mを買う予定でいます。しかし、6.3mが飛ぶのであればほかの商品にと思います。
本当にまよっています。
よろしく御教授ください。

Aベストアンサー

私はもっぱら投げ釣りを主としていますが、シーズンに入るとカゴ釣りで真鯛を狙うことがあります。愛用の竿は磯竿3号・5.3m・遠投用。大型釣具店ショップブランドで、10年以上前に7,000円位で購入したものです。特に体力があるほうではありませんが、質問者さんと同じ程度の仕掛けで60m強は投げています。

たしかに理論的には、短い竿よりも長い竿の方が飛距離が伸びる計算になります。しかし、それよりも前に、釣り人がその長さの竿を扱えるかどうかが重要です。竿の長さ・重量・バランス・硬さ(或いはしなやかさ)と釣り人の体力が釣り合っているかどうかですね。そして、それらよりも更に重要なのが、竿に仕掛け(投げ釣りでいえば錘)の重さをしっかり乗せられているかどうかということなんですね。

カゴ釣りにしても投げ釣りにしても、ただ竿をぶん回していても距離は出ないものです。仕掛けや錘の重さを竿に乗せて、竿の反発力を上手く使って投げることで、体力に自信のない人でも驚くほど飛んでしまうのです。「いや、自分はそれはできているよ」という方でも、よく観察してみると無駄な力を使って飛距離を落としている方もいらっしゃいます。失礼ですが、質問者さんはいかがでしょうか。

新しい竿を購入される前に釣行される予定があれば、是非今一度その点をチェックし直してみてください。全く問題なしということであればそれはそれで良し。もし不十分だと感じられたなら、そこを改善するようにしてみましょう。竿の反発力を100%利用できるようになれば、それだけで今よりも5mは飛距離が伸びるはずです。その上でコシのある5.3m竿に切り替えれば、更に飛距離は伸びるでしょう。つまり、長さを変えなくても飛距離アップできるわけです。

コントロールの面からみても、6.3m竿は5.3m竿に比べて難しくなります。カゴ釣りの場合、そんなに頻繁に仕掛けを上げることはありませんので、投げる回数も比較的少ないと思います。ただ、竿やリールの重量もありますし、風が吹くと受風面積がより大きくなる6.3m竿は、かなり腕が疲れるものです。最初の頃6.3m竿を使っていた私が、途中で5.3m竿に変えてしまったのも、そのことが原因でした。

ところで、私のアドバイスを振り返ってみると、どうも5.3m竿を推奨するような書き方になってしまっていますが、どちらか一方をお勧めするという考えは毛頭ありません。ただ、折角の高価な買い物です。いろいろな面や角度から考えて後悔のない買い物にして頂きたいという、そういう一心で書いていたらこうなってしまいました。いくらかでもご参考になれば幸いです。

私はもっぱら投げ釣りを主としていますが、シーズンに入るとカゴ釣りで真鯛を狙うことがあります。愛用の竿は磯竿3号・5.3m・遠投用。大型釣具店ショップブランドで、10年以上前に7,000円位で購入したものです。特に体力があるほうではありませんが、質問者さんと同じ程度の仕掛けで60m強は投げています。

たしかに理論的には、短い竿よりも長い竿の方が飛距離が伸びる計算になります。しかし、それよりも前に、釣り人がその長さの竿を扱えるかどうかが重要です。竿の長さ・重量・バランス・硬さ(或いはしなや...続きを読む

Q投げ竿の、投げた後の竿の収束が早い事の利点について。

皆様いかがお過ごしでしょうか?こちらは、釣りの事を色々と勉強中です。
最近は、自分の購入した道具について、どのような材料が使われていて、
どのようにして作られているのか?また、構造はどうなっているのか?等
を調べて、その性能を活かす使い方ができるように、日々研究中であります。
さて今回の質問ですが、タイトルの件についてダイワのホームページを見て
いると、投げた時の竿のブレが早く収まると、飛距離がアップするとあるの
ですが、これはラインが出て行く時に、ガイドとぶつかる時間が短くなる事
で、抵抗が少なくなって飛距離が伸びるという意味なのでしょうか?それ以外
の理由も何かあるのでしょうか?ふと気になりましたので、どうかご回答を
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ティップ(竿先)もしくは竿全体のブレが収まるのが早ければ早いほど、キャストの精度や飛距離が伸びるのは事実です。

竿がブレている際、放出された糸がブレの回数と共に空中で波状を形成します。
これにより、ライン全体にかかる重力に加え、余分に出たラインの量まで重力がかかりますから、それにより仕掛けが下へ下へと落ちてきます。
この事により着水点が近くなるため、飛距離の低下に繋がるというのが一点です。

もう1つは、竿のブレにより道糸の進行方向が不安定になることです。
この事により余分な糸フケが出ますから、仕掛けの飛行をスムーズで無いものにしています。
この事により着水点が近くなり、同様の事象が起きるという訳です。

どちらにせよ、ラインスラック(糸フケ)が安定しない事により着水点が近くなるのが原因ですから、それを解決できる高弾性なロッド、もしくは軽量なガイドによりブレを抑え、飛距離が延びる、というのがメーカーの主張だと思います。

竿のブレは、キャストの際に、グリップエンド(竿尻)を肘に押し当てる事により改善できますから、一度試してみてはいかがでしょうか。

ティップ(竿先)もしくは竿全体のブレが収まるのが早ければ早いほど、キャストの精度や飛距離が伸びるのは事実です。

竿がブレている際、放出された糸がブレの回数と共に空中で波状を形成します。
これにより、ライン全体にかかる重力に加え、余分に出たラインの量まで重力がかかりますから、それにより仕掛けが下へ下へと落ちてきます。
この事により着水点が近くなるため、飛距離の低下に繋がるというのが一点です。

もう1つは、竿のブレにより道糸の進行方向が不安定になることです。
この事により余分...続きを読む

Q並継遠投用投げ竿のトップガイド(ローライダー)を自分で取り付けたいので

並継遠投用投げ竿のトップガイド(ローライダー)を自分で取り付けたいのですが簡単に出来るものなんでしょうか?
振出みたいにトップガイドの接着だけは止めた方がいいのですか?

Aベストアンサー

cherrytroutと申します。

ローライダーのトップガイドは接着&糸縛りタイプです。
ガイドフレームとパイプが溶接されていないので、糸で縛るか
ロウ付けして余分な所をカットするのが一番。

通常、2液性の小瓶で売っているコーティング剤で薄く3~4回もコーティング。
エポキシが面倒な場合、スレッドを巻いて瞬間接着材でも構いませんが、たまに巻きなおしが必要となります。

Q遠投カゴ釣りには,それ用の竿がよいのでしょうか

 はじめまして。
 これまでフカセを中心にやってきましたが,今回転勤で遠投カゴ釣りが主流の場所にやってきました。
 そこで質問です。遠投で使えそうな手持ちの磯竿は,3号(夜のオナガ用),5号(カンパチ用)を持っていますが,遠投カゴ釣りにも快適に使えるでしょうか。皆さん,8~10号程度のカゴを使っているみたいです。
 ダイワの「HZグレーダーISO 3-53遠投」という竿が安く手に入りそうなのですが(中古ですが程度は◎),やはり違いがあるのでしょうか。売られる前に判断したいので,できるだけ早めに回答がほしいです。よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

静岡での遠投カゴ経験者です。私は、HZグレーダーの4号B(ベイト仕様)を使っています。
遠投カゴ用の竿は、腰がしっかりしていて、投げた時に竿が錘に負けないので使い勝手が良いです。竿の自重も大事とは思いますが、遠投用とフカセ用では腰の強さ、バランスが違うように感じます(遠投カゴ用は、先調子?)。

Q石鯛の遠投釣りの竿をセットする角度について

来週磯に石鯛を釣りに行くのですが、普段は足元周辺で狙っていました。

次は水温が安定している深場を狙いたいので遠投してみようと思っているのですが、
少し疑問が出てきました。

普段は足元周辺なので、ピトンに竿を少し穂先を下げてセットしても竿とラインの角度は
90°位になるので前あたりも容易に見て取れますが、

遠投した場合、ピトンに竿を少し穂先を下げてセットすると、竿とラインが一直線に近いくらいに
なると思うのですが、その場合竿先を水平より上になるようにセットした方がいいのか、
穂先は下げたまま竿とラインがくの字になるように横に向けたほうがいいのか悩んでます。

悩む理由:(1)穂先が水平より上がっていると理由は分からないが釣れないと言われることが多々有る
(2)竿を横にセットすると竿が舞い込んだ場合にねじれで竿が折れないか心配


下手な文章で分かりにくいかもしれませんが、
実際遠投釣りをされている方等がいれば教えてください。

Aベストアンサー

普通に竿掛けにセットした場合竿はやや上を向きます
その上釣り場は海面よりやや高いのでどうしても竿とラインは少し
角度がつきますがそれで普通です 
それで十分つれます

竿を横にセットするのは磯竿の良さを損なう行為なので
やめたほうがいいと思います

にしてもこの寒い時期に石鯛が釣れる場所があるのか
気になります よっぽどの南国なのか
関東ではのっこみはまだまだ先なので


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報