ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

CentOSを使用しています。
インターネットで viewコマンドでログを見る方法を調べて確認することができたのですが
終了の仕方がわからず困っています。
インターネットで検索したのですが、なかなか見つけることができませんでした。
viのようなものかと思いqとか入力してもうまくいきませんでした。

よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

viewコマンドとやらの実体がなにになるのかは不明ですが……


vimと同じで:q!とかはどうです?
# vimの閲覧モードで起動しているとしたら…ですけど。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/over80/20080911/1221143839
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます

実体というのがあるのですね
そこまで詳しくないので、
参考にしてもっと調べてみます。

お礼日時:2014/07/29 16:56

まとめる必要なないのだが、No 1, 2 の方の回答などまとめると、



view

more

cat

などのコマンドは結構、エリアスで再提起されている事があります。実態をまず確かめる事。

次に、
> man view

などのヘルプで使い方を学んでから投稿してください。ブラウザからでも最近はヒットします。

https://www.google.co.jp/search?q=man+view&oq=ma …

で終了は、exit, quit CTL+S, CTL+C, Shift+CTL+C, Shift+CTL+S など一連のコマンドを試してみましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきどうもありがとうございます

:qで終了することができました。

お礼日時:2014/07/29 17:57

表示専用ツールだとあまり面倒なコマンド体系とかは持ってないだろうから、素直に ^Cでは?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます

Ctrl+Cではうまく終了できませんでした。

お礼日時:2014/07/29 16:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qtail -f /var/log/message の停止方法を教えてください。

tail -f /var/log/message の停止方法を教えてください。インターネットで検索したところ「-cを押す」というのがありましたが意味がわからないでいます。

Aベストアンサー

「Ctrl」キーを押しながら「c」キーを押す

Q起動しているサービスを確認するコマンド

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

起動しているサービスを確認するために以下の2つのコマンドを打ってみるのですが、結果(出て来るサービス名)が違います。
このコマンドの違いについてご教示いただけますでしょうか。

(1)service --status-all
(2)chkconfig --list

Aベストアンサー

(1)service --status-all

サービスの現在のステータスを調べるコマンド

(2)chkconfig --list

OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド

違いが出るのは、
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス
・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス (ntpdate とか)

あるいは、(1)ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。(service network statusとか)

QOracle(オラクル)で、日付時刻型の検索方法について

質問させていただきます。
データベースはオラクルを使っていて、
SQL文で、抽出するときにエラーが出て困っています。

日付時刻型が「2005/05/26 19:13:00」という感じで入ってます。
2005/05/26 を抽出したいのですが、
BETWEEN '2005/05/26 00:00:00' AND '2005/05/26 23:59:59'

だと、エラーでできません。
どなた様か、ご教授よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

日付検索を行う場合は、以下のように書式を含める必要があります。

col BETWEEN TO_DATE('2005/05/26 00:00:00','YYYY/MM/DD HH24:MI:SS') AND TO_DATE('2005/05/26 23:59:59','YYYY/MM/DD HH24:MI:SS')

ただ、厳密には

col >= TO_DATE('2005/05/26', 'YYYY/MM/DD')
AND
col < TO_DATE('2005/05/27', 'YYYY/MM/DD')

と書くべきでしょうね。

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

Q3つの表の外部結合

表A、B、Cの3つがあり、Aのすべての行を出力したいと考えています。
外部結合を用いるのだとは思うのですが、3つの表に対して行う場合の
書き方がわからず困っています。
ご教授いただけないでしょうか?
select * from a,b,c
where a.商品ID =b.商品ID (+) and b.商品ID (+) =c.商品ID (+)
としてみましたが、うまくいきませんでした。

Aベストアンサー

ansi構文の趣旨からいえば、結合条件と絞り込み条件は分けて書くので・・

select *
from a
left join b on (a.商品ID =b.商品ID)
left join c on (b.商品ID =c.商品ID)
where a.年月 = 任意の値

と書くのが一般的でしょうね。

Qupdate文で改行を入れる

こんにちは。
いつもお世話になっています。

update文を使用して、データに改行を入れたいのですが、どうすればよいでしょうか。

対象列のデータ型はVARCHAR2です。

例えばSQLPLUSから、
SPL>update 「テーブル名」set 「対象列」='あ改行い改行う改行'
を投入し、そのあと
select 「対象列」 from 「テーブル名」
とすると
SQL>あ
SQL>い
SQL>う
と出てくればよいんですが、
SQL>update 「テーブル名」set 「対象列」='あ\nい\nう\n'
としても
SQL>あ\nい\nう\n
と、「\n」が文字列としてでてきてしまいます。

SPL>update 「テーブル名」set 「対象列」='あ
2い
3う'
と投入すると、期待通りになるのですが、
そうではなく一行にまとめたいのですがどうすれば良いでしょうか。

Oracle9iを使用しています。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちわyukio200263さん
以下のSQL文でどうでしょうか?

UPDATE 「テーブル名」
SET 「対象列」= 'あ' || CHR(13) || CHR(10) ||'い'

ちょっと長くなってしまいますが、一行で可能です。

QDirコマンドでフォルダ内ファイルの合計サイズをだすには?(コマンドプロンプトにて)

いろいろ調べましたが不明な点があり、質問します。

WindowsのDOSプロンプトでdirコマンドを打つとフォルダ・ファイルの一覧が表示されますが、その中にファイルサイズが表示されています。
このサイズを合計できるコマンドはありませんか?
DIRコマンドのオプションを調べましたがそれらしいものが見当たりません。
具体的には
C:\xxx\配下に50個程度のファイルがあります。
その50個の合計サイズを知りたいです。
xxxフォルダの親フォルダにはアクセス不可です。

ずーっと悩んでいます。よろしくお願いします。

なお、OSはWindowsNTか2000で使用予定です。

Aベストアンサー

カレントドライブ、カレントフォルダを
C:\xxx\
にした状態で、

dir /s /a-d

/sパラメータででサブディレクトリすべてを検索
/a-dパラメータでディレクトリ以外のファイル(つまり属性に関係なくすべてのファイル

これを実行すると最後にファイルの個数とファイルサイズの合計を表示します。

もし、隠し属性のファイルは合計しないのであれば、

dir /s

だけで良いと思われます。

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

Qシェルスクリプト実行で”そのようなファイルやディレクトリはありません”と出ます。

以下の単純なシェルスクリプトを実行しようとしています。
-------------------
#!/bin/sh
echo ok
-------------------
そのとき、
bad interpreter: そのようなファイルやディレクトリはありません
と出てしまいます。

・which sh で確認すると /bin/sh です。
・Windowsで作ったファイルをFTPのアスキーモードで転送しています。

(ものすごく単純なミスをしてるのかもしれませんが、)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1行目の「/bin/sh」のうしろにCRが入っていると、このような現象が発生します。
FTPの転送モードが間違いなくアスキーモードになっているか、
転送後のファイルにCRがついていないかなど、再度確認してみてください。

CR以外のコントロールコードや全角スペースなどがついていても似た現象が起こります。
その場合はエラーメッセージが多少異なるはずですが、併せて確認しておくと良いかと思います。

Qパスワード設定していないユーザーのログイン

いつもお世話になっております。

linuxで、useraddした後、passwdコマンドでパスワードを設定していないユーザーがいます。ここでは、postgresとします。

このユーザーに一般ユーザーからなるときに、
$su - postgres
としますが、パスワードがきかれて、何も入力しないと、
invalidになります。(centos5)

パスワードを設定しないと、一般ユーザーからログインできないのでしょうか。
ちなみに、rootからpostgresですと、ログインできます。
$su -
$su - postgres

お手数をおかけしますが、なにとぞご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

 実際useraddしてみると分かりますが、useradd直後の状態では、パスワードは「設定されていません」。
 設定しとらんのやけん設定はされとらんやろ何を言うてるんアホちゃうんと思うなかれ。パスワードが設定されていないとは、パスワードが空である(=初期値としてランダムパスワードが設定されている訳ではない)という事です。さて、ではどうして一般ユーザーからsuできないのでしょうか。rootになって

# getent shadow postgres

とすると、パスワードの欄が半角びっくりマーク2個のみが印字されたかと思います。この半角びっくりマーク2個というのがLinuxにおいて「アカウントがロックされている」という状態になります。
 試しに/etc/shadowファイルをrootで直接書き換える(びっくり2つを削る)と、一般ユーザーからパスワードなしでsu - postgresできるようになります。もちろんこんな危険な操作(shadowの書き換え)は普通せずに、以下のようにします。

# passwd -u -f postgres

passwd -uというのは、ロックアウトされているアカウントのロックを解除するものですが、現在postgresにはパスワードが設定されていないためpasswd -uだけだと「危険だべ」と拒否されます。ので、-fオプションをつけて強行します。すると先ほど/etc/shadowを直接書き換えたのと同じ状態に変わり、一般ユーザーからパスワードなしでsu - postgresする事ができるようになります。逆にロックする時は

# passwd -l postgres

です。詳しくはpasswd -hなどを参照の事。root(uid 0)はロックされているアカウントもおかまいなしに変身できるという凄い権利を持っています。

 実際useraddしてみると分かりますが、useradd直後の状態では、パスワードは「設定されていません」。
 設定しとらんのやけん設定はされとらんやろ何を言うてるんアホちゃうんと思うなかれ。パスワードが設定されていないとは、パスワードが空である(=初期値としてランダムパスワードが設定されている訳ではない)という事です。さて、ではどうして一般ユーザーからsuできないのでしょうか。rootになって

# getent shadow postgres

とすると、パスワードの欄が半角びっくりマーク2個のみが印字されたかと思...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報