仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

えぐれた部分の分割方法として
緑は粘土で埋めた部分、薄茶の部分がマスキング等で立ち上げるところ、
赤線のところにシリコンを流し込むということでいいでしょうか?

「石粉粘土で作った人形の複製の方法について」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

tsugubey さんの再質問に答えが見つから無いので、もう少し分かりやすく描いてみました。


薄緑部分が、コピー本体に仕切りとして立ち上げる部分です。
特に持ち手の部分は内側の半分のラインで仕切りを作らねばなりません。(これが少々面倒です)
薄緑の羽根仕切りが完成したら、本体を中空に置くべく、細釘を打った板を容器の底に敷いて乗せ、鋳こんで雌型をつくりましょう。本体内側を作らない場合は、蓋を付けてしまえばよろしいでしょう。薄緑の部分の仕切りの縁がシリコンの外に出るように鋳こめば、分割は簡単でしょう。細釘の穴は、本形を鋳こむ時に、シリコン型に詰め物(粘土でも)をして置けばよろしいでしょう。。湯口は一つでも大丈夫でしょうけれど、持ち手の部分に空気穴を付ける為の楊枝を本体に(磁器の場合は)合成ゴム系ボンドで貼り付けておくのも手かなと思います。抜き取れ無い形状の場合はその部分を半分に割るしかないでしょうね。
「石粉粘土で作った人形の複製の方法について」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mtkd-art-schoolさん、ありがとうございます。
何度も書き込んでいただいて感謝申し上げます。
つくづく自分には不得手の作業のように思えます。
空気孔が必要だったのですね。
(丸い竹串のようなものを打ち込んで型取ることにしました)
通常、無知な質問をしていますが、シリコン型から石膏の流し込みで
取るというのは、一般的にはあり得ないという気がしていました。
ただ、どうしてもコピーに手を加えたいということで、
石膏という素材を選びましたが、
さらに縮小したサンプルで試作してみようと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2014/09/07 13:30

追伸。

少々言葉足らずでありましたので、追加します。
図面の外形の四方体は、あくまで仮の線です。本体にマスキングテープの羽根をつけたら、空き缶でもプラスチックの箱でも、壊してしまって差し支えない物に、液状のシリコンであれば、羽根を取り付けた本体全体がスッポリ入る容積のもの(出来るだけ小さなもの=シリコンを無駄使いしないために)に、収めて鋳こむか、ペースト状のシリコンを羽根の先端を露出させながら貼り付けてもよろしいとおもいます。ペースト状のシリコンは手早にしませんと硬化がはやいので注意して下さい。硬化したのちは、羽根の部分で分割取り外しが容易です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シリコンは液状のものを垂らして使用しようと思います。
再度図解をしていただいて本当に助かりました。
何度も書いていただいたものを読み返して、
だいぶんイメージか固まって参りました。
この人形では絶対に失敗することができないので、
本当に勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/07 13:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石粉粘土で作った人形の複製の方法について

石粉粘土でつくった人形をコピーし、
それに対して個々に再度手を加えてゆきたいのですが、
どのような方法があるでしょうか?

制作物はシリコンで型を取ろうと思っていますが、
その雌型に石膏を流してコピーできるものでしょうか?
また、その石膏を石粉粘土や削りで補修できるものなのでしょうか?

何分この分野での経験が全くなく、ご教授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

この行程は、経験がありませんが、素材からくる考えられるものをお話します。
石粉粘土でつくった人形のコピーですが、シリコンで型どりするのは正解でしょう。
ただし、雌型が複雑の場合に、石膏を流がせても、取り出しが困難です。
できれば分割してできるように、人形本体に、分割したい部分に、幅広で薄手のマスキングテープを糊しろ部分を残して半分に折り、塀のように貼り付けてから、シリコンを流し込みか貼り付けましょう。
硬化してから、各ピースを取り外し、石膏を鋳込むときは、再度シリコン型を外側から紐等で止めれば可能かなと思います(マスキングテープだと、シリコンの油成分で付かないと思いますので。)。オリジナル人形本体からマスキングテープを外す場合は、傷めないように、ゆっくり丁寧にして下さい。ご存じでしょうけれど、石膏取りは補強にスタップを使って下さいね。
鋳込んだ作った石膏ですが、乾かすのに相当な時間がかかります。乾燥した後は、逆に水分の吸収が激しく、これを止なければ、石粉粘土は食いつきません。補修したい部分に木工ボンドを塗り、吸い込みを止めてから石粉粘土をはりつけましょう。その後成形出来着色もできるでしょう。
小生の経験で、考えられるシュミュレーションは、以上です。何か別のもの、たとえば持ち手付のカップなどで試してみて下さい。成功を祈ります。

この行程は、経験がありませんが、素材からくる考えられるものをお話します。
石粉粘土でつくった人形のコピーですが、シリコンで型どりするのは正解でしょう。
ただし、雌型が複雑の場合に、石膏を流がせても、取り出しが困難です。
できれば分割してできるように、人形本体に、分割したい部分に、幅広で薄手のマスキングテープを糊しろ部分を残して半分に折り、塀のように貼り付けてから、シリコンを流し込みか貼り付けましょう。
硬化してから、各ピースを取り外し、石膏を鋳込むときは、再度シリコン型を外側...続きを読む

Qフィギュアの作り方 石粉粘土などで

フィギュアの作り方について、質問させて頂きます。

なるべくあまりお金をかけずに、フィギュアを作ろうと思ってます。

・着色は絵の具ですが、石粉粘土は大丈夫ですか?
・また、絵の具を粘土に混ぜることはできますか?
・粘土系でやろうと思うんですが、やっぱり石粉粘土のファンド系がオススメですか?
・粘土といっても、少し重みがあるものなんですか?
・柔軟性や強度性は?
・石粉粘土でfigmaのように関節部分を作れば、動きますか?(壊??
・石粉粘土はどこで売ってますか;;
・フィギュアといえばポリパテですが、やっぱり値段はしますよね;


質問が多くてすみません;
フィギュア作成について詳しい方、教えてください!

Aベストアンサー

数はそう多くはないんですが、ファンド使ってフィギュアの原型とかを
作ってます。

で、フィギュアを自作する場合、材料費を安く抑えたいのならば、やはり
ファンドなどの石粉粘土系が一番向いていると思います。ほかにもポリ
パテやエポパテ、スカルピーなどの素材があり、どれも一長一短あります
が、単純にグラム単位でのコストということであればファンドが一番適
しているかな?と思います。

ファンドの長所は安いことと、乾燥して固まるまでに時間がかかるので、
造形に時間を取れることですが、反面硬化(ファンドの場合は乾燥して
硬化)するまでに時間がかかり、短期間での工作には向かないこと、
乾燥後も結構欠けやすいことなどの短所があります。また基本的に
ファンドは水溶性なので、乾燥後も水性のカラーなどで塗装すると、
水分を吸収して柔らかくなったり溶けたりしてしまいますので、注意が
必要です。
着色については、水性カラーを混ぜることもできますが、手に色が付い
ちゃうのと、どうしても手垢などもついてしまい、思うように綺麗な表面
にはしにくいのであまりお勧めしません。ごく小さなものであれば
コピックなどのアルコール系マーカーなどがタッチペイントに結構使え
ますが、本格的に塗装する場合は、溶きパテなどで表面処理する必要が
あります。
この溶きパテでの表面処理は、ファンド原型の上から溶きパテを塗って
パテの薄い層を作ることで耐水性にすることができ、耐水ペーパーなど
での水研ぎが可能になります。また複製するばあいにも型取り用のシリ
コーンゴムがしみこまないように必須の手順となりますね。

市販の関節を入れてFigmaのように可動化させることは一応可能ですが、
軸の受け部分がどうしても磨滅してユルユルになったり、細かい部分だと
砕けたりするので、どうしても関節を入れたいなら原形を複製して、
無発泡ウレタン(ガレージキットなどの素材、俗にキャスト)に置き換え
た方が無難です。

最後にファンドの重さですが、普通の紙粘土よりちょっと重めといった
感じです。1/8サイズ以上の人型のフィギュアを作る場合は、中に
芯材を入れた方がファンドの節約にもなりますし、自重で変形する恐れ
もなくなります。一般的に使われている芯材は割り箸などの木材、真鍮線
などですが、裏ワザとしてはアルミホイルが結構重宝します。

数はそう多くはないんですが、ファンド使ってフィギュアの原型とかを
作ってます。

で、フィギュアを自作する場合、材料費を安く抑えたいのならば、やはり
ファンドなどの石粉粘土系が一番向いていると思います。ほかにもポリ
パテやエポパテ、スカルピーなどの素材があり、どれも一長一短あります
が、単純にグラム単位でのコストということであればファンドが一番適
しているかな?と思います。

ファンドの長所は安いことと、乾燥して固まるまでに時間がかかるので、
造形に時間を取れることですが...続きを読む

Qアクリル絵の具で塗装した物を保護するニスは?

アクリル絵の具で塗装した物を保護するニスは?

粘土で作ったものをアクリル絵の具で塗装したのですが
アクリル絵の具は乾いても
塗装した物同士をくっつけておくと、密着しちゃいますよね?

保護ニスとかを塗ればいいのかなぁと思うのですが
どれを選べばいいのかわかりませんのでアドバイスお願いできませんか?

完全に乾いているのですが
触ると少し粘着感が感じられるので
それもなくしたいなと思っています。

どうぞヨロシクお願い致します!

Aベストアンサー

アクリル絵の具専用の保護ニスがありますよ。

大きく分けて2つの種類があります。

1)アクリルメディウムと類似の物で透明な膜を作る。単独で除去できない。
  グロスバーニッシュ、パーマネントマットバーニッシュ

2)油性のニスで専用溶剤を用いて保護層のみを除去できる。
  (表面が汚れたらニスだけ除去して新しいニスを塗る事が出来る)
  ソリューバー・マットバーニッシュ、ソリューバー・グロスバーニッシュ

使用方法は、前者の水性ニスを塗った後に、後者の油性ニスを塗ります。


リンクはリキテックスの物ですが、他社でも類似の製品が出ています。

参考URL:http://www.bonnycolart.co.jp/item/cat14/013/

Q石粉粘土の乾燥時間はどのくらい?

石粉粘土で直径5センチ程度のまんまるっこい人形を作りました。
ほぼ球です。
芯材は入れず中まで石粉粘土です。
外側から急激に乾くとひび割れすると聞いたので布巾を1枚かぶせています。
どのくらいの日数乾燥させれば中まで乾くのでしょうか?
しっかり乾いてから研磨と塗装をしようと思っています。

アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

直径5cmのムクだと中心まで完全に乾燥するまでにはだいぶかかってしまいますね。たぶん一週間見れば大丈夫かとは思いますが。

ただ表面のヒビ割れ防止という意味では布巾はかけなくても良いかな?オーブントースターで強制乾燥させるのでもない限り(そして造形前にちゃんと石粉粘土を練りこんであれば)そんなに派手にヒビ割れることはない筈です。

もし表面にヒビが入ってしまったとしても、別途石粉粘土を水で柔らかくしたものをヒビに擦り込んでやれば、パテのようにヒビを埋めることも可能です。その場合も半日か一日乾燥させれば表面処理するには十分な乾燥時間かと思います。

今回は芯材なしで造形されたとのことですが、芯材にアルミホイルを丸めたモノを使えば、石粉粘土の使用量も減りますし、その分乾燥時間やヒビ割れ対策にも非常に有効ですよ、なによりアルミホイルは結構複雑な形でも手で芯を簡単に作れてしまいますので。

Qアクリル絵の具塗装後に使用するコート材について

プラモデル(ABS)に色を塗る場合、
溶剤系の塗料を使うのが一般的かもしれませんが、
私は臭いが気になるので、アクリル絵の具で塗装しています。

ペーパーで下地処理をしているためか、かなり強く爪で擦っても、
アクリル絵の具が剥がれる事はないのですが、
表面がテカテカしてしまい、傷に弱いと思います。

そこで、アクリル絵の具で塗装後、さらに表面にコート材のようなものを
塗装すれば、傷に強くなるかなと思っているのですが、
何か良いものはありますでしょうか?

Mr.トップコートが良いかなと思っているのですが、溶剤が入っているので、
アクリル絵の具が溶けないでしょうか?

また、絵の具用のバーニッシュだと、表面が多少べたつくようなので、
あまり使いたくありません。

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どなたか、美術か水性アクリル絵の具でのエアブラシアートを、趣味や専門でやっていて、模型趣味も経験ある人から回答あると思って傍観していたのですが・・・回答が無い様なので。
私は、塗料は仕事上専門なのですが、なにぶん画材のアクリル絵の具は使用経験無いので、推測で回答してみます。
成分情報と乾燥後の表面状態、現物のアクリル絵の具の臭いさえ嗅げれば、およその見当がつくのですけど(笑)
チョッとアクリル絵の具について調べてみましたが、成分詳細情報が得られ無いのと、アクリル絵の具のメーカーが分からないので、あくまで参考にね。

アクリル絵の具は、アルコールに溶けるタイプで表面硬度がシッカリしたものと、その他木工ボンドの様な酢酸ビニルに類似したものとに大きく分類されているみたいですね。
アルコール原液を滴下して放置、または拭う様な動作をした際に、塗膜が軟化して溶けるという製品の場合ですが、元々塗装と言うのは、溶剤(この場合アルコール)成分が揮発して完全乾燥すれば、元の塗膜に戻ると言うのが普通です。*溶剤の相性で例外あります。
質問に出てくるバーニッシュというのも、通常タイプはべたつきが多少出るのが普通で、屋外用でべたつきが出ないタイプあるようですけど。俗に言うワニスですかね?

■で、ご質問の「Mr.トップコート」
水性アクリル塗料用クリア、アルコール系溶剤ですが、使用しても問題ないと〝推測”出来ます。
*塗膜硬度は、模型用の水性塗料なのでそれなりです。
要は、吹き付け手法と乾燥の促進、ローテーション時間の取り方の問題なので。
最初のうちの吹き付けは、捨て塗り(砂吹きとも言います)をして乾燥を、3~4回繰り返し、最後に決め塗りを行う手法を用います。乾燥促進のためドライヤー併用も考慮。

●ツヤありトップコートを例にした場合:
通常は一気に塗ると、テロッとした綺麗なツヤになりますが、捨て塗り(砂吹き)と言うのは、砂を撒いた様に軽くサッサッと吹き付ける塗り方です。
勿論ツヤは出ません。ツヤありなのにツヤ消しの状態になります。乾燥させては捨て塗り、乾燥させては捨て塗り、を数回繰り返します。
【要は、元のアクリル絵の具がアルコールを吸って表面が溶け出す(軟化する)前に、トップコートの溶剤を早い段階で飛ばして塗膜全体を落ち着かせる。】
この手法で、モデル表面全体を、トップコートで捨て塗りした薄い膜で覆います(全体につや消し状態です)。
4回程度行った後、十分な乾燥時間を取ってから、仕上げ塗りとして通常のツヤの出る塗り方を行えば、ちゃんとツヤありのトップコート仕上げに出来ます。
ツヤの仕上がりの状況に応じて、再度仕上げ塗りを繰り返す必要もあります。

溶剤臭さえ気にしなければ、Mr.カラースーパークリアで上記の塗り方をした方が、塗膜硬度は強いです。

どなたか、美術か水性アクリル絵の具でのエアブラシアートを、趣味や専門でやっていて、模型趣味も経験ある人から回答あると思って傍観していたのですが・・・回答が無い様なので。
私は、塗料は仕事上専門なのですが、なにぶん画材のアクリル絵の具は使用経験無いので、推測で回答してみます。
成分情報と乾燥後の表面状態、現物のアクリル絵の具の臭いさえ嗅げれば、およその見当がつくのですけど(笑)
チョッとアクリル絵の具について調べてみましたが、成分詳細情報が得られ無いのと、アクリル絵の具のメーカ...続きを読む

Qアクリル絵の具で塗装したフィギュアの保護がうまく出来ません。

先日、初めてフィギュアのリペイントを行いました。
タミヤのサーフェイサーを吹き、その上からアクリルガッシュで筆塗りしました。
その後、透明なグロスメディウムを上から塗って塗装面を保護したのですが、ほんの少しこすっただけで塗装がはがれてしまったり、グロスメディウムを塗った部分がベタベタとして指紋やホコリがたくさん付いてしまいます。
どうすれば塗装面を保護できるでしょうか?

また、ちょっとてかてかと光りすぎなので光沢を抑えたいです。
Mr.スーパークリアスプレーつや消しでは溶けてしまいますでしょうか。
お詳しい方、教えてくださると幸いです。

Aベストアンサー

アクリルガッシュなら乾燥に1週間かかりますから、その上にMr.のトップコートですね、これも一週間乾燥させてから、上にクリアを吹いて1週間乾燥、これで完成

スーパークリア艶消しって艶消し度が強いけど、それでいいんだったらクリアの代わりに吹いてもいいよ
下地がちゃんと乾燥していて下地保護が完璧なら溶けません


人気Q&Aランキング

おすすめ情報