システム運用とはどのような仕事をするのでしょうか?
またネットワーク技術者とはどのような仕事でどのような資格が必要なのでしょうか(やりがいなどについても教えて欲しいです。)ぜひ教えてもらいたいと思いますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

<お礼>欄でのご指摘について



システムの保守管理という仕事

 システムの(24時間、365日)稼動が、時代の潮流となってきているため、運用システムの保守も時間的な拘束があります。また障害の時は、昼夜問わず駆けつけなければならないし、定期保守点検やシステム保守は朝方が多いようです。(プロバイダーや銀行の、オンラインサービス停止の通知をご参照ください。)

 保守の対象が機器なのか基幹システムなのか、各運用業務なのかにより、多少の差異はありますが、不規則な時間帯と長時間の拘束は似たようなものです。

 企業や顧客から見た場合、システムの導入と開発費用も大きな負担ですが、保守にかかる日常費用がその導入開発よりも多くかかてしまうのが現状です。そのため、費用削減の対象となる事があり、IT技術と社会要求が急激に変化するなか、少なくなった予算で四苦八苦している、、、かな。

 こんな話で、参考になりますでしょうか。
 
    • good
    • 0

たいへんなお仕事みたいですよ。


下記URLがきっとお役に立つと思います。

参考URL:http://www2.justnet.ne.jp/~mhin/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり大変な仕事のようですね。回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/10/24 00:09

システム運用の仕事について


 業務を大まかに分類すると、設備されているコンピュータ機器の保守管理、基本システム(オペレーションシステム、ユーティリティ)の操作と運用版数管理、基幹システムの運用、ネットワーク環境の運用管理などがあります。
 最近は、Webシステムの運用管理、情報リテラシ(装備と利用水準)の向上、ヘルプデイスク(使用者からの問い合わせ窓口)も含まれることが多いようです。  

 システムの運用は、そのシステムが稼動している環境と、業務としてその人が関わる立場により、様々な表情をします。職業として、一分野を深く関わっていくのなら、システムセンターのような、大規模システム設備で運用を主業務にしているところ。全般的な視野で浅く広く関わっていきたいのであれば、小規模なシステムを導入している企業と言うことになるでしょうか。一番苦労するけど、その分早く、自分の知識技術になりそうなのが、中程度規模のシステムを自社で運用管理している場合でしょう。

 システム運用の業務目的は、設備機器と使用プログラム群の障害予防と障害時の早期回復だけでなく、そのシステムを仕事で使用している人たちの操作環境の整備、そして、企業を取巻く顧客要求へ対応することです。大きく言ってしまえば、設備機械と使用する人間と経営環境すべてを有機結合する仕事かな。

ネットワーク技術者について
 ネットワーク技術者業務に、就くための必須資格はありません。技術の認定試験として、国家試験を参考にする場合もあります。
 プラットホームの開発や、機器導入時の設置や設定、ネットワーク機器の運用などの業務があります。どの場面でも、基本知識と基本技術は必要ですが、その業務により求められる、応用的な技術は多様です。


 

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん丁寧に答えていただいてありがとうございました!あとシステムの保守管理という仕事はかなりしんどい仕事なのでしょうか?

お礼日時:2001/06/16 23:36

http://www.jitec.jipdec.or.jp/
のページを参考にされると良いかと思います。

情報処理関連の国家試験の概要ページです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシステム運用ってどんなお仕事ですか?

システム運用エンジニア

顧客のコンピュータルームに常駐し、システム監視や運用オペレーション業務

システム運用に関する設計、開発、導入、保守、管理などを行います。運用というと開発に比べて軽く見られがちですが、要求される知識の幅は広く、OSやデータベース、ネットワークなどのIT知識だけでなく、お客様の業界、商品、関連法規などの知識も必要です。

とあるのですが、、ピン来ません。

Aベストアンサー

これまでシステム開発という立場から、様々な運用さんに関わってきましたので、その経験から。忌憚無き、実際の現場をお答えしたいと思います。

まず、
「システム運用に関する設計、開発、導入、保守、管理などを行います。」
→運用さんが、設計や開発、導入を行っている等というのは聞いた事も見た事もありません。

「運用というと開発に比べて軽く見られがちですが、」
→これは本当です。開発側からすれば運用という仕事は何の面白みもない仕事という印象で、『運用はやりたくない』という声がよく聞かれます。

「要求される知識の幅は広く、OSやデータベース、ネットワークなどのIT知識だけでなく、お客様の業界、商品、関連法規などの知識も必要です。」
→出来る運用さんの中にはこれらの知識を持つ方もいるでしょうが、実際は『運用監視ソフト』と呼ばれるソフトウェアの使い方、アプリケーションログを見て、『エラー』が出ているかどうかを見分けられれば大丈夫、という程度のものです。


○どんな場所で働くのか
サーバが何十台と置かれた『コンピュータルーム』『サーバルーム』『電算棟』などと呼ばれる場所に一日中篭る(窓が無く、厳重なセキュリティがかけられ許された場所以外は触っていけないという、息の詰まる場所が多い)

○どんな仕事をするのか
企業が抱えるシステム(例えば銀行ならATMに関わるシステムや、ネットショップならポータルサイトに関わるシステム等)が、正常に動いてるかどうかを、『運用監視ソフト』を使って監視します。

1.いつも青いアイコンが、赤くなったらエラーなので、すぐに情報部に連絡を入れる…とかのジョブ監視。

2.決められた時間に、システムのバックアップを取る。

3.開発部が必要とするデータを、本番機からコピーして開発部に渡す

等など。

ほとんど全ての業務がマニュアル化されていて、コマンド一つ打つにも複数人のチェックが入ったりと、ミスの許されない仕事です。

これまでシステム開発という立場から、様々な運用さんに関わってきましたので、その経験から。忌憚無き、実際の現場をお答えしたいと思います。

まず、
「システム運用に関する設計、開発、導入、保守、管理などを行います。」
→運用さんが、設計や開発、導入を行っている等というのは聞いた事も見た事もありません。

「運用というと開発に比べて軽く見られがちですが、」
→これは本当です。開発側からすれば運用という仕事は何の面白みもない仕事という印象で、『運用はやりたくない』という声がよく聞...続きを読む

Q(情報)システム開発と(情報)システム構築

教えて下さいm(_ _)m
(情報)システム開発と(情報)システム構築に違いはあるのでしょうか?色々調べたのですが違いがわかりません(;;)ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください!!よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

システム開発とは、まさにプログラムを開発する事をいいます。

システム構築とは、実際の運用が出来る様に環境を作ることです。
例えば、スタンドアロンのPCにワープロや表計算ソフトをインストールして、プリンタやインターネット接続の環境設定をする事も、システム構築です。

システム構築の一部で、システム開発が行われる場合がある、ということです。

Qシステム運用リーダーに必要な資格は何でしょうか?

システム運用リーダーに必要な資格は何でしょうか?

某IT企業でシステム運用の仕事をしております。
将来的にはチーフ→リーダーとステップアップしたいと考えてます。

システム運用リーダーを目指すなら取得しておいた方が良い資格(取得していればリーダーに候補に推薦?される可能性が少しでも上がる資格 )はありますか?

Aベストアンサー

とりあえず、この業界にいるなら「基本情報技術者」位は持っていますよね。一般的には「持っていて当然」と思われるレベルの資格なので、無ければまずこれです。もっとも、持って居なくても法的には何の問題もありませんし、そもそも「実務に役立たない」事で有名な資格ですなんですけどね・・・。
http://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/fe.html

持っていることを前提にするなら、まずはその上位である「応用情報技術者」とか、「ITサービスマネージャ」とか「ネットワークスペシャリスト」「情報セキュリティスペシャリスト」ですかね。
http://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/seido_gaiyo.html

あと、会社のシステムの方向性によりますが、ORACLEやMicrosoftのやってる試験は、実務的に持っていて損は無い(試験勉強が実務の役に立つ)と思います。
http://www.oracle.com/jp/education/certification/index-172250-ja.html
http://www.microsoft.com/japan/learning/mcp/default.mspx
http://www.microsoft.com/japan/learning/mca/default.mspx

もっとも上記の試験は受験料が高い上に非常にむずかしいのに、世間的にはIPAの資格試験より知名度が低いので、苦労の割に社内でアピールできるかについては、会社の制度次第ですけど。

とりあえず、この業界にいるなら「基本情報技術者」位は持っていますよね。一般的には「持っていて当然」と思われるレベルの資格なので、無ければまずこれです。もっとも、持って居なくても法的には何の問題もありませんし、そもそも「実務に役立たない」事で有名な資格ですなんですけどね・・・。
http://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/fe.html

持っていることを前提にするなら、まずはその上位である「応用情報技術者」とか、「ITサービスマネージャ」とか「ネットワークスペシャリスト」「情報セキュリティス...続きを読む

QクレジットカードのシステムとPOSのシステムは連動してないのでしょうか?

宜しくお願いします。

POSシステムでは、レジで打ち込んだ内容がデータベースに登録され、マーケティング活動に利用されると理解しています。
しかし、クレジットで決済した時には、カードの内容及び購買情報(氏名、年齢など)がPOSシステムと連動していないため、マーケティングに利用できないとききました。

POSシステムとクレジットの決済システムは連動していないのでしょうか?
また、クレジットカードは現在磁気カードからICカード化する予定ですが、POSシステムとの連動を踏まえて端末の設置を行う予定なのでしょうか?

システムについて無知なため、分かりやすく教えていただけると助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に、誤解があります。
POSは あくまで、自社用。
クレジットカードの処理は、社外の処理。
クレジット会社が欲しい情報は、カード番号、売上げ金額、支払い方法、(ICになって、暗証番号)です。これらは、自社にとって、まったく不要な情報(集めると逆におかしい)
重複する、情報は、合計金額のみ、よって、まったくシステムは別物です。
大型店舗で、たまたま、マシンが共用になっているものもありますが、機械部分だけの話で、システムはまったく別。

たとえば、こうです。
バーコードスキャン。*点のお買い上げ。合計金額 ****円。
支払いが、カードとのこと。
入金処理を、カードに指定。
合計金額を、総売り上げ と 売り掛けに 加算 
(現金売上げには 入れない、でないと、閉めの現金が合わない)
これで、POSレジは終了。(データ収集の落ちは無い)
決済金額をカード金額に転送。カードスキャン。支払い方法入力。暗証番号入力。カード会社データ転送。与信OK返信。プリントアウト。

普通の、小売店は、POSレジと カードデータ送信マシンは、別物、
レジで合計金額とって(情報集めて)、カードマシンに金額打ち込みます。(データ送ります)

基本的に、誤解があります。
POSは あくまで、自社用。
クレジットカードの処理は、社外の処理。
クレジット会社が欲しい情報は、カード番号、売上げ金額、支払い方法、(ICになって、暗証番号)です。これらは、自社にとって、まったく不要な情報(集めると逆におかしい)
重複する、情報は、合計金額のみ、よって、まったくシステムは別物です。
大型店舗で、たまたま、マシンが共用になっているものもありますが、機械部分だけの話で、システムはまったく別。

たとえば、こうです。
バーコード...続きを読む

Q利用部門システム運用管理についてのお勧めの書籍ってありますか?

利用部門システム運用管理についてのお勧めの書籍ってありますか?

Aベストアンサー

何を管理するかで違うんじゃないでしょうか。
ネットワークなのかデータベースなのか、何かの管理ツールなのか、とか無いのでしょうか?
「利用部門」が何の部門なのか?何の業種なのか?とか。
私は技術者でないので分かりませんけど。

大きな書店に行ってそれらしき棚を見てみるか、アマゾンなどでカスタマーレビューをご覧になってみては?売れ筋の本も分かるでしょう。

Q請求書の運用

制作会社です。今まで請求書に関しては客先に受領書を渡し、サインしてもらったものを社内の請求書の控えとしていました。が、規模が大きくなるにつれ、その運用が全くできず新しい運用方法にまよってます。
ただ単に請求書を発行して送るだけであれば簡単なんですけどなにぶん制作会社のため検収書なんかの必要性があるんじゃないかと考えてます。
ここらの運用、皆さんの会社はどうされているか教えてください

Aベストアンサー

No.1のものです。コメント有難うございました。

お客様による完了確認(検査)は、お客様/gorisama双方にとってメリットがあります。
すなわち、お客様にとっては「希望したものがきちっと納品されているか」という確認、
gorisamaの制作会社側にとっては「お客様に納得いただいたため、これ以上追加作業が発生するようなことはない」という確認の意味があります。

ですので、これを書面でやりとりしておけば、万が一納品後、お客様とトラブル発生した際に、この書面をタテに抗弁することができます。


これから益々会社が大きくなってくる中で、お客様との間で「言った/言わない」系のトラブルを避けるために、そしてそれらが訴訟なり金銭的賠償問題に発展しないようにするためにも、書面での確認の習慣は定着させておいたほうがよいのではないでしょうか?

ですので、検収書の扱いを適当にしておいたときのトラブルを想定した上で、
いかに日常業務に検収書の授受を組み入れるか、という線で、仕事のやり方/回し方など、考えていったほうがよいように思います。。。


以上ご参考になれば幸いです。(なお下記の本が簡潔でご参考になると思います・・・)

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4785709685/qid=1108695892/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-1375263-3178715

No.1のものです。コメント有難うございました。

お客様による完了確認(検査)は、お客様/gorisama双方にとってメリットがあります。
すなわち、お客様にとっては「希望したものがきちっと納品されているか」という確認、
gorisamaの制作会社側にとっては「お客様に納得いただいたため、これ以上追加作業が発生するようなことはない」という確認の意味があります。

ですので、これを書面でやりとりしておけば、万が一納品後、お客様とトラブル発生した際に、この書面をタテに抗弁することができます。

...続きを読む

Qシステム運用について教えてもらいたいです。

システム運用とはどのような仕事をするのでしょうか?
またネットワーク技術者とはどのような仕事でどのような資格が必要なのでしょうか(やりがいなどについても教えて欲しいです。)ぜひ教えてもらいたいと思いますm(_ _)m

Aベストアンサー

<お礼>欄でのご指摘について

システムの保守管理という仕事

 システムの(24時間、365日)稼動が、時代の潮流となってきているため、運用システムの保守も時間的な拘束があります。また障害の時は、昼夜問わず駆けつけなければならないし、定期保守点検やシステム保守は朝方が多いようです。(プロバイダーや銀行の、オンラインサービス停止の通知をご参照ください。)

 保守の対象が機器なのか基幹システムなのか、各運用業務なのかにより、多少の差異はありますが、不規則な時間帯と長時間の拘束は似たようなものです。

 企業や顧客から見た場合、システムの導入と開発費用も大きな負担ですが、保守にかかる日常費用がその導入開発よりも多くかかてしまうのが現状です。そのため、費用削減の対象となる事があり、IT技術と社会要求が急激に変化するなか、少なくなった予算で四苦八苦している、、、かな。

 こんな話で、参考になりますでしょうか。
 

Q社員専用通用口の運用について

我が国を代表する企業の本社に勤務しております。
業務範囲に警備があります。1日8000人が出入り。
そのうち社員は2000人。あとは、関連会社および
いわゆる業者さんです。その業者さんも、当社に
引けを取らない日本を代表する大企業さんです。
お客さんを受け付けるロビーがありますが、それ以外に
当然、社員用の通用口があります。その通用口に
上記の業者さんが通る風習があります。
社員に混じってです。社員専用通用口を社員だけではなく
業者さんとはいえ、日本を代表する大企業さんの方が
通過することは、
あまり好ましいことではないと感じております。
業者さんもお客様であり、お客さんを受け付けるロビーを
通過していただくのが普通と思っておりますが、皆様の
ご意見を教えてほしく。個々の企業の事情はさておいて
一般的なご意見をぜひ。

Aベストアンサー

IDを発行してるという事なので
社員用が、社員専用なのか、業務用なのかで分かれそうな気がします
業務用という感じならば
すでに業務委託を受けていて、その業務のために出入りという場合は範囲に入るかも
純粋に社員用という事ならば、通るのは変だと思います

業務委託を受けてる業者が正面から出入りというのは、ちょっと微妙に感じる人も居ると思います
社員用、業者用、来客用、とあれば、たぶん業者用の出入り口から入ってもらえるんではないでしょか

Qシステム運用管理技術者の需要

これから、LAN/WANの基礎・設計・構築を勉強しに行こうとしています。
今後、システム運用管理技術者の需要って見通し明るいのかな?

Aベストアンサー

いや~,学生さんあたりの質問かと思ったもので。。

ネットワーク構築ですと,仕事は客先に出向いて行うことが多いです。
売り込むにしても,客先の要望に合わせて,計画変更できるだけのスキルがなければ,使い物にならない。となると技術の人間が営業的な仕事もこなすわけで…

営業能力に関しては,こんなところです。

aidoさんの場合,本職はこっちじゃないですら,あまり関係ないですかね。

QIT要件を作るためのビジネス要件とはどのようなものでしょうか?

現在仕事で、今後のシステムを作成する元となるビジネス要件を作ってほしいといわれました。

各部署をヒヤリングしてデータの流れや業務の流れを把握し、システム部門がシステム設計をすることが出来るための基本要件、ビジネス要件を作ってほしいというものです。

ビジネス要件やシステム設計前の要件定義とはどのようなものでしょうか?イメージがつかず大変困っています。
ビジネス要件やシステム設計前の要件定義の方法やイメージが沸く本はあるでしょうか?

一生懸命勉強したいと思っています。

良い本があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しい言葉を使っているだけ。

システム部門は流れ図にしたがってプログラムを作るのが仕事。

「売上があったら、売上台帳に記載する。」といった仕事がある場合、システム屋は売上台帳のデータベースを用意し、どんな画面を作り、といった作業をします。

では、売上は毎日10件なのか、売上高は月間1億なのか、売上伝票の入力はネット販売のようにオンラインで瞬時にするのか、それともプラントのセールスマンのように社長まで10件の決裁を得てから入力するのかなど、そういったことがビジネス要件です。

社長まで稟議書を手で持ち運んでいるということが明らかになれば、そこはIT化しないといけないなとか、1日10件なら会計事務所のプロにやってもらえばいいから誰もが使える画面にする必要はないとか、そういったことを分析して、ITでやるべきことを決めて定義するのがコンサルタントです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報