「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

ネットワーク基礎で 「全二重通信」と「半二重通信」が存在するのは何故ですか?
 1) 全二重通信 のメリット・デメリット
 2) 半二重通信 のメリット・デメリット
  等を教えていただけないでしょうか・・・
よろしくお願いたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

全二重通信:2組の通信路を使って双方向の通信を行う形式


半二重通信:1組の通信路を使って双方向の通信を行う形式

半二重通信
メリット:配線数が少なく結線が簡単で低いスト。
デメリット:送受信の切り替えオーバーヘッドが少なからず発生


全二重通信
メリット:配線の複雑で、ケーブル単価が高い
デメリット:送受信の切り替えオーバーヘッドが無い

インターネットの世界では、10BASE-5や10BASE-2、スター型のネットワークで同軸を使った場合、パケットを同時に送出すると衝突が起こるので必然的に半二重となります。
SW-HUBが出てきてから全二重通信が実現。

但し、全二重通信を採用しても、通信ベーシック部分ではパケット毎に応答確認のプロトコルが定められているので、実質的には半二重通信。

いくら通信速度を速くしても、端末処理オーバーヘッドの方が大きくて、メリットは余り無いです。

仮に、モデムを介した機器だったら、1ビットずつの直列送受信なので、全二重通信をする意味は全く有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答くださいましてありがとうございました。
 「SW-HUBが出てきてから全二重通信が実現。」なので現在の主流ですね
 「半二重通信」は一世代前の代物と判断しました。
  よくわかりました。今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2016/06/06 07:24

この辺の説明が判りやすそうです。


http://www.m-system.co.jp/mstoday/plan/mame/b_ne …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々ご回答くださいましてありがとうございました。
URLをひま暇読みます。

お礼日時:2016/06/04 07:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIP-VPNとインターネットVPNの違い

就職活動をしている大学生です。
セキュリティとネットワークに興味があり、そこから自分が何をやりたいのか突き詰めて行った結果VPNを提供している企業が浮かび上がって来ました、業界研究をしている際に疑問が出てきました。

IP-VPNとインターネットVPNの違いの違いがいまいちわかりません。

インターネットVPNはインターネット上を介したVPN、IPは事業者のネットワーク内のVPNって解釈でよいのですかね??

そうなるとプライベート回線を引くのとIP-VPNの違いは???

提供している事業者の違い、VPNに関すること、VPNの今後&求められるもの等、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワーク網を通信経路として用い、自社専用ネットワークであるかのようなWANを構築できるサービスのことです。
通信事業者側で用意している網は品質を保証してあり、ユーザー側はIP-VPN網に接続するだけで、セキュアな通信ができ、インターネットVPN同様LANのように使えます。

プライベート回線とは専用線やフレームリレー網などのことを言っているのですかね?
専用線は料金が距離に比例し、拠点間の距離が離れるほどコストが大きくなり、セルリレー/フレームリレーは、フルメッシュ型接続ですけど、柔軟なネットワーク構築が難しいという問題があります。専用線・フレームリレーなどは回線帯域の割にはコストが高いので、インターネットVPNやIP-VPNでコストを安くしてネットワークを構築するようになってきてます。

インターネットVPNやIP-VPNはプロトコルにIPを使わなくてはならないので、データはIPに乗せる必要があります。
そこで、広域イーサネットというサービスを各通信事業者が行っています。広域イーサネットはプロトコルをIP以外(IPXやSNAなど)を通すことができ、またイーサなので、WAN側に接続するのに極端な話、スイッチでつなげられますので、今までのようにルータの設定などいらなくなります。(VLAN構成にするならスイッチの設定が必要ですけけど)また、QoSなどデータの優先制御や帯域制御などもできますので、VoIPなどにも使えますね。
ということで、簡単に拠点間のLAN構築が可能になります。

提供しているサービスの違いは、どこも似たり寄ったりかなって思いますけど。
サービス提供エリアや、構築にあったオプションサービスなどで選べばいいのでは。

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワ...続きを読む

Q10mbps/half Duplexや100mbps/Full Duplexとはなんでしょう?

少しでもインターネット環境を速く設定したいのですが、ランカードの設定で10mbps/half Duplexや100mbps/Full Duplexとはなんでしょうか?今まではautonegotiationとなっていました。たいして変わらなくても一応100mbps/Full Duplexを選んで固定しておいた方が良いのでしょうか?またその他設定にあるoptimal performanceとは何のことでしょうか?enableにした方が良いのでしょうか?
ちなみにランカードは
Realtek RTL8139/810x Family Fast Ethernet NIC
でルーターを使っています。ADSLのPPPoe接続で2mくらいの速度です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的にはまぁ別にAutoNegotiation、自動選択でいいです。
下手に固定する必要は無いでしょうし、固定すると場合によっては障害が出るかもしれません。

10Mbps/HarfDuplexとは、10Mの測度で、半二重通信を行うという事です。
http://e-words.jp/w/E58D8AE4BA8CE9878D.html
要するに、上りか下りしか一度に通信を扱えません。
100mbps/FullDuplexとは、100Mの測度で全二重通信を行うという事です。
http://e-words.jp/w/E585A8E4BA8CE9878D.html
上りも100M、下りも100Mです。

じゃ、FullDuplexで固定でいいじゃん、と思うかもしれませんが、機器が対応してないと通信できなくなります。AutoNegotiationなら、自動的に対応機器側に合わせてくれますから、いちいち設定する必要は無いでしょう。
「optimal performance」は、パフォーマンス最適化という項目です。現在Enableですか?Disableですか?Enable(有効)でいいと思いますが、場合によって障害が起きることがあるので、その場合は無効にするのが良いでしょう。まぁ試してみればいいんじゃないかと。おそらく、その速度ではあまり変化は無いんじゃないかと思いますが。

しかし、LANカード側であんまり弄っても多分速度大して上がんないと思いますよ。ボトルネックが何処にあるのかをきちんと調べて、そこを集中的に改善しないと速度が上がる効果は見込めません。手当たり次第にいじってもしょうがないので、勉強しながら「自分の場合は何処が原因なのか?」というのを探るのが良いと思います。

今回の場合は、触る必要はまったく無い部分についての質問だと思います。おそらくは、そのネットワークでの最大の速度低下要因は、電話局からモデムへの経路か、モデム自身か、ルータの可能性が高いと思います。まぁ、構成書いてないんでちょっとカンですけど。

ちなみに、ADSLモデムって安定動作のために速度を落としても上げる事は無いらしいんで、時々再起動してあげると少し速度上がったりします。

基本的にはまぁ別にAutoNegotiation、自動選択でいいです。
下手に固定する必要は無いでしょうし、固定すると場合によっては障害が出るかもしれません。

10Mbps/HarfDuplexとは、10Mの測度で、半二重通信を行うという事です。
http://e-words.jp/w/E58D8AE4BA8CE9878D.html
要するに、上りか下りしか一度に通信を扱えません。
100mbps/FullDuplexとは、100Mの測度で全二重通信を行うという事です。
http://e-words.jp/w/E585A8E4BA8CE9878D.html
上りも100M、下りも100Mです。

じゃ、FullDuplexで固定...続きを読む

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。


人気Q&Aランキング