タイトルそのまんまです。小袖という単語がでる文献に出会ったのですが、着物と何が違うのか気になり、質問させて頂きます。
また、浅い知識で申し訳ないのですが模様を「織り込む」のと「刺繍する」のでは種類が異なるらしいと読んだのですが確証が得られていません。ご存知の方がいらっしゃいましたらお教え下さい。

違いが比較できる文献、書籍などもお教えいただけると助かります。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

『小袖』という言葉を詳しく説明しようとすると大変長くなります。


検索すれば出ますのでご自分なりにお調べください。
大雑把に言うと小袖の大元は平安時代頃の公家や貴族の装束の下着です。
十二単に代表されるようにこの時代の上流階級では豪華な着物を何枚も重ねて着るのが流行りました。
上に着る着物は袖幅が大きく袖口も全部開いたもので、下に着る着物はそれに対し袖幅も小さく袖口は手を通す部分だけが開いた形でした。
その形状から『小袖』という名がついたと思われます。

室町時代になると華美に着飾るのを禁じる贅沢禁止令が出たり、次第に戦国の世へと移るなかで着物も身軽で簡略化された形へ変わって行きました。
この頃に下着であった「小袖』が上着として扱われるようになります。
現代の『着物』に近い扱いになったのです。

そして江戸時代にも様々な衣装の変遷があり、下着であったはずの『小袖』は豪華で華美なものへと発展します。
袖を長くした振袖が現れたりで『小袖』という名がそぐわなくなり、次第に単に『着物』とか和服とか言うようになったものと思われます。
なので『小袖』と『着物』は同義語であり、強いて言うなら時代が違うということです。

文様を表す技法としての「織り」や「刺繍」について。
刺繍は布に色糸を針で刺して表現するのに対し、織りは布を織る段階、つまり機にかけた状態で模様を表現するのでより手がかかり、高価なのは織り表現の方になります。
ただしジャカード機の普及により安価な織り物もできるようになりました。
機械織り製品よりは手刺繍の方が高価、そしてさらに手織り製品が高価と言えます。
代表的なのは西陣織りで、錦(にしき)唐織り(からおり)緞子(どんす)綴(つづれ)すくい、等の技法があります。
刺繍の方は日本刺繍のほか相良刺繍、蘇州刺繍、仙頭(スワトウ)刺繍が有名です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

室町時代に奢侈禁止令は出てないと思ったのですが、この頃からもう出てたんですかね。自分でも調べてみようと思います。
織る方が高価だとは知りませんでした、確かに織る途中に模様を組み込むのは大変そうですね(;・∀・)
詳しくお答え下さりありがとうございました!

お礼日時:2016/07/05 07:06

小袖という事の内容までは知らないですが。


日本古来の着用着は、着物で総称です。
女性用の振袖・結婚式で着用する白無垢・参列者の裾柄・大島・等々。
男性用は、羽織・袴・着流し等々。
爺さんより。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

女性用の着物にそんなに種類があったとは…。
奥が深いですね…自分でも調べてみます
ありがとうございました!!

お礼日時:2016/07/04 12:22

小袖も着物です



織り込むのは、反物の機織りの行程で施されるもの、刺繍は織り上がった反物に針と糸で模様を施すもの
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お早い回答ありがとうございましたm(_ _)m
同じものなんですね!名前が違うと全く別のものに感じていたのでもやもやがすっきりしました。

刺繍の着物ってお値段張りそうですね(・・;)

お礼日時:2016/07/04 11:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小袖と着物の違いは?

タイトルそのまんまです。小袖という単語がでる文献に出会ったのですが、着物と何が違うのか気になり、質問させて頂きます。
また、浅い知識で申し訳ないのですが模様を「織り込む」のと「刺繍する」のでは種類が異なるらしいと読んだのですが確証が得られていません。ご存知の方がいらっしゃいましたらお教え下さい。

違いが比較できる文献、書籍などもお教えいただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『小袖』という言葉を詳しく説明しようとすると大変長くなります。
検索すれば出ますのでご自分なりにお調べください。
大雑把に言うと小袖の大元は平安時代頃の公家や貴族の装束の下着です。
十二単に代表されるようにこの時代の上流階級では豪華な着物を何枚も重ねて着るのが流行りました。
上に着る着物は袖幅が大きく袖口も全部開いたもので、下に着る着物はそれに対し袖幅も小さく袖口は手を通す部分だけが開いた形でした。
その形状から『小袖』という名がついたと思われます。

室町時代になると華美に着飾るのを禁じる贅沢禁止令が出たり、次第に戦国の世へと移るなかで着物も身軽で簡略化された形へ変わって行きました。
この頃に下着であった「小袖』が上着として扱われるようになります。
現代の『着物』に近い扱いになったのです。

そして江戸時代にも様々な衣装の変遷があり、下着であったはずの『小袖』は豪華で華美なものへと発展します。
袖を長くした振袖が現れたりで『小袖』という名がそぐわなくなり、次第に単に『着物』とか和服とか言うようになったものと思われます。
なので『小袖』と『着物』は同義語であり、強いて言うなら時代が違うということです。

文様を表す技法としての「織り」や「刺繍」について。
刺繍は布に色糸を針で刺して表現するのに対し、織りは布を織る段階、つまり機にかけた状態で模様を表現するのでより手がかかり、高価なのは織り表現の方になります。
ただしジャカード機の普及により安価な織り物もできるようになりました。
機械織り製品よりは手刺繍の方が高価、そしてさらに手織り製品が高価と言えます。
代表的なのは西陣織りで、錦(にしき)唐織り(からおり)緞子(どんす)綴(つづれ)すくい、等の技法があります。
刺繍の方は日本刺繍のほか相良刺繍、蘇州刺繍、仙頭(スワトウ)刺繍が有名です。

『小袖』という言葉を詳しく説明しようとすると大変長くなります。
検索すれば出ますのでご自分なりにお調べください。
大雑把に言うと小袖の大元は平安時代頃の公家や貴族の装束の下着です。
十二単に代表されるようにこの時代の上流階級では豪華な着物を何枚も重ねて着るのが流行りました。
上に着る着物は袖幅が大きく袖口も全部開いたもので、下に着る着物はそれに対し袖幅も小さく袖口は手を通す部分だけが開いた形でした。
その形状から『小袖』という名がついたと思われます。

室町時代になると華美に着飾...続きを読む

Q正月などに男性が着る紺色の着物、その下に着る薄手の着物は何と呼びますか?

男性が着る着物について、名称を教えてください。
上に着る順番から「羽織」「着物」と言うと思いますが、着物の下に着る物は何というのでしょうか。
着物よりも少し薄手で、無地の物もありますが、水墨画のような絵柄が描かれている場合もあります。
「長じゅばん」という言葉を聞いたことがありますが、これは女性の着物の場合でしょうか?

また、羽織とか帯とか帯留など、着物の装い全体の話をしている時に、メインとなる着物については、「着物」と呼んで良いのでしょうか? まぎらわしい気もします。

Aベストアンサー

男性用も長襦袢で良いのですよ。
男性が着る着物は基本、柄のないものです。せいぜい縞、格子、ぐらい。
なので見えないところに着る長襦袢でオシャレするのです。
羽織の裏地(羽裏=はうら)に凝るのもオシャレです。
イタリア製のスーツなどに派手な裏地がついてるのと同様の感覚ですね。

そしてメインの着物のことを長着(ながぎ)と呼びます。
これも男女とも同じです。
女性用はおはしょりをして着るので男性用より丈が長く出来ています。

Q今の着物と小袖

子供の頃は東映時代劇がピークの頃で、女優さんが、確か小袖と云う、今のようなおはしょりの無い、男物と同じような着付けの着物を着ておられた記憶があります。
特に、丘さとみさんと云う、少しふくよかな女優さんの着付けがとても美しかったのを覚えています。
もうそのような着物が着られることは無いのでしょうか?今の着物よりずっと着やすいような気がするのですが。

Aベストアンサー

今でも対丈(ついたけ)の着物はありますよ。
ただ、女性の場合は凹凸がありますから、意外とおはしょりを作る着方の方が着崩れにくいと思います。
昔の日本人は歩く時に同じ側の手と足を同時に出す、体をひねらない歩き方だったそうですが、今の右手と左足を、左手と右足を出す歩き方で、体に凹凸があると、対丈では、どんどんズレていってしまいそうです。

おはしょりを作る普通の着物に、半幅帯を合わせる着方は、私は現実にやっています。
一緒にいる人がジーンズやカットソーの場合は、太鼓結びよりも軽いので雰囲気が合います。
着付けの講師をしている知人によると、「その着方で、おはしょりを帯の下に折り込むと小袖風の着こなしになる。」のだそうです。
私は、おはしょりがある方がデザイン的に好きなので、やったことはありませんけれど。

最近、半幅帯の本も出ているようですから、着て歩く人がもっと増えて、着物の着方の一種として増えてくれればいいですね。

Q着物に詳しい方、教えてください。 辻が花の着物って本物と似せた着物と ありますか? 親からこれは

着物に詳しい方、教えてください。

辻が花の着物って本物と似せた着物と
ありますか?

親からこれは辻が花だからと言われて
もらったのですが、わざわざ辻が花と
言うくらいなので特別な着物なのでしょうか?

辻が花って花はないと聞いたのですが…

Aベストアンサー

亡くなられています。

残念ながら後継者はおらず、藤田一竹の辻ヶ花は衰退しました。
辻ヶ花=一竹辻ヶ花 と言うくらいです。
ですから、本物はとても高額です。
手入れを怠らず、大事になさって下さい。

Q半衿付き レースの筒袖半襦袢について

透け感のある素敵な紗のアンティーク着物を購入したのですが、
袖丈が60センチ以上あり、持っている夏用の長襦袢と
袖丈が合いません。
七緒のvol.6で掲載されている、夏着物&浴衣の下着特集では
レースの美しい半襦袢では着物と襦袢の袖丈が合わなくても
良いとされていると書いてあったので、購入を考えてるのですが
実際はそのような着方はアリなのでしょうか?
※普段着として着る着物です。

着物の袖丈のお直しは普段自分でしているので、
持っている襦袢に長さを合わせて直す事はできるのですが、
袖丈の長いアンティークな雰囲気が素敵な着物なので、
できることならそのままの長さで着たいです。
かといってその袖丈に合わせた夏用襦袢を仕立てる
予算もないので・・・

ご意見いただけると光栄です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1です。
「美容襟」ってどんなものかわからないのですが、私は呉服屋さんで「バチ襟の肌襦袢ください」と言って買っています。
肌襦袢の身ごろと袖で、襟の部分だけ長襦袢仕様のものです。

補足ですが、10センチ×2くらい余分に長さをとって、下のようにつくると多少重さがでるので、袂の中で浮きにくくなります。

|←肩側      |
|         |←手首側
|         |
| _×__×_×__|←ここのラインを何ヶ所か縫い止める。
|/________|←ここは布が4枚重なっていることになります
 ↑
三角に折って、縫い止める。
(脇から見えないようにするため)

Q最近私服として着物を着始めています。学生です。 着物を来ている人に質問なのですが、皆さんは何処で着物

最近私服として着物を着始めています。学生です。
着物を来ている人に質問なのですが、皆さんは何処で着物や帯を仕入れているのでしょうか?私は学生であまり高いものは買えないので安くて尚且つ可愛い着物を手に入れたいなと思っています。紹介していただけると大変ありがたいです。宜しくお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

骨董市に行かれると専門の業者が結構出店していますよ。
お近くで開催されているのを探してみて下さい。
後は親とかおばあさんから貰う人も多いです。

Q夏目漱石の俳句について

夏目漱石の俳句で、「小袖着て 思い思いの春をせん」という俳句があるのですが、これの季語は春なのか小袖なのかわかりません。

また、「人形も馬もうごかぬ長閑さよ」という俳句は画賛の句なのですが、誰の、なんという作品を画賛した句かわかる方は教えて下さい。
おねがいします!

Aベストアンサー

絹地の綿入れである「小袖」の季語は冬です。
ただし、花見に婦女子の着た華美なものは、「花見小袖」と呼ばれ「花見衣・花衣」として春の季語になります。
「小袖納(こそでおさめ)」という、花衣を蔵(いま)う際に互いが行き来し合い、小袖を眺めながらのお茶呼ばれで、行く春を惜しみあう催しもあったようです。

まあそういう意味も含めてのそれぞれ、「思い思い」なのでしょう。

季語としては「(花見)小袖」であるのでしょうが、あえて花見を省略しながらも「小袖」に「春」を呼応させて、しっかり花衣を詠んでいるあたりに漱石の理知的な俳風が窺えます。

Q普通の着物をツーピース着物に作り変える方法

着物が好きで、よく着ます。

最近、旅行先に持って行ったりすることも多くなりました。

ただ、旅行先では着替える場所や時間が確保できない場合もあり、
短時間で着られる着物があればいいなと思っています。

3分で着られる着物とか、レンタルとか、ないわけではないですが、
買うと数万円、借りるのでも数千円、お金がかかります。
手持ちの着物を3分で着られるように加工してもらうのも
数万円かかります。

「それだけ払って3分着物を買ったりレンタルするよりは、時間がかかっても
自分の普通の着物を着たほうがいいや」と思ってはいるのですが、
やはり楽に着られる着物がほしいです。

あと、病院などに行くとき、前開きの服を着ていくと診察してもらいやすいですが、
キャミソールなどが前開きでない場合、結局、検査着を借りて着替えることになります。
そんな時も、二部式の着物のほうが便利だったりするのではないかと思いました。

そこで、ご相談です。
以下の全ての条件に合うようなツーピースタイプの着物の作り方が
載っているサイトや本があったら、ぜひ教えてください。

全ての条件を満たすものを探していますので、よろしくお願いします。

(1)スカートと上着に分かれている、ツーピースタイプの着物。
(2)帯を締めれば見た目は普通の着物と変わらない着姿になる。
(3)手持ちの普通の着物を自分で加工して作れる。

イメージ的には、普通の着物を上下に切り離して、下はスカート状に、
上は帯をしたときに「おはしょり」が不自然にならないように加工する
やり方がわかればいいです。

できれば図解や写真つきがいいです。

また、申し訳ないのですが、「自分で着付けを覚えれば?」という内容の
ご回答は不要です。自分で着られますので・・・。

着付けにかかる時間を短縮したり、ツーピース型の方が便利だったり
する場合に着たいと思っているので・・・。

よろしくお願いします。

着物が好きで、よく着ます。

最近、旅行先に持って行ったりすることも多くなりました。

ただ、旅行先では着替える場所や時間が確保できない場合もあり、
短時間で着られる着物があればいいなと思っています。

3分で着られる着物とか、レンタルとか、ないわけではないですが、
買うと数万円、借りるのでも数千円、お金がかかります。
手持ちの着物を3分で着られるように加工してもらうのも
数万円かかります。

「それだけ払って3分着物を買ったりレンタルするよりは、時間がかかっても
自分の普通の着物を着...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

こちらの本はいかがでしょうか?
http://www.amazon.co.jp/3%E6%99%82%E9%96%93%E3%81%A7%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9%E2%80%95%E4%BA%8C%E9%83%A8%E5%BC%8F%E3%83%BB%E3%81%A4%E3%81%84%E4%B8%88%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE-%E5%85%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE%E6%8C%AF%E8%88%88%E4%BC%9A/dp/4405070377/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1349314036&sr=8-2

帯はこちらにあるんですけど
http://kimono-jalan.miyu.oops.jp/?eid=6

こんにちは

こちらの本はいかがでしょうか?
http://www.amazon.co.jp/3%E6%99%82%E9%96%93%E3%81%A7%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9%E2%80%95%E4%BA%8C%E9%83%A8%E5%BC%8F%E3%83%BB%E3%81%A4%E3%81%84%E4%B8%88%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE-%E5%85%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE%E6%8C%AF%E8%88%88%E4%BC%9A/dp/4405070377/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1349314036&sr=8-2

帯はこちらにあるんですけど
h...続きを読む

Q成人式の着物

来年成人式を迎える19歳、女です。
着物を着ようと思っているのですが、まだ着物が決まっていません。いちおう買う予定です。
普通に売っている振り袖の着物でもいいのですが、なんとなく人と差を付けたい!という気持ちがあって、アンティークの着物を買うことにしました。
明治・大正っぽい(大げさに言うと「茎~STEM」のPVの椎名林檎みたいな)かんじにしようかなーと思っているのですが、いちおう式典ですので、あまりにも浮いた格好だと恥ずかしいかな、とも思います。それにアンティークですと振り袖ではなく、小袖のものが多いのです。自分自身も小袖のコーディネートの方がかわいいと思いますし、値段も安いです。
成人式はやはり振り袖で、一般的な着物の方がいいのでしょうか?それとも自分道を貫いた方がいいのでしょうか?
みなさんの成人式にはちょっと違う格好をしていた人とかはいましたか?

Aベストアンサー

派手な振袖に白いフェザーの襟巻きに派手なアップの髪っていう定番の着こなしは、つまらないですよね。
せっかくアンティークの着物を着るなら、髪型も日本髪を結ってもらったり(日本髪を結える美容院は少ないですが)、意外とかわいいと思いますよ。
白いフェザーの襟巻きより、ショールの方がコーディネートできるし、個人的には好きです(洋服にも使えるし)。
最近はかわいい帯かざりなんかも売っていますし、小物も楽しいですよね(ゆかたにも使えますよ)。
小袖でも損はないと思いますよ。
小袖に袴を着て、大学の卒業式もいけると思います。
ただ、振袖だったら、後から小袖に仕立て直しができると思います(柄にもよりますが)。
確か振袖は結婚前にしか着れないので、今だから着れるっていう楽しみもありますね。
また、アンティーク調の着物の生地を買って、仕立ててもらってもいいと思います(生地が余ったらおそろいの生地で小物が作れるかも)。
帯の結び方もいろいろありますし、着物って楽しいですよね。
せっかくだから、一度と考えずに、何度か着ると思って選ぶといいと思います。
帯の色、襟の色で雰囲気変えて着れるような、着物の色・柄がいいと思います。
背の高い人は大きな柄や派手な柄が似合うと呉服屋さんが言っていました。
もしlittlekabuさんが背が高いなら、背を生かして、大柄にチャレンジしてみて欲しいですね。特権ですから。
成人式は地域によってかなり違いますね。
田舎だと変わった格好は目立つと思います。
だけど、大正風の着こなしだったら、それほど違和感なく、おしゃれだと思われると思いますよ。
メイクまで、おしゃれにしてくださいね!

派手な振袖に白いフェザーの襟巻きに派手なアップの髪っていう定番の着こなしは、つまらないですよね。
せっかくアンティークの着物を着るなら、髪型も日本髪を結ってもらったり(日本髪を結える美容院は少ないですが)、意外とかわいいと思いますよ。
白いフェザーの襟巻きより、ショールの方がコーディネートできるし、個人的には好きです(洋服にも使えるし)。
最近はかわいい帯かざりなんかも売っていますし、小物も楽しいですよね(ゆかたにも使えますよ)。
小袖でも損はないと思いますよ。
小袖に袴...続きを読む

Qこの着物は”マジョリカお召”でしょうか? あるサイトで着物をお譲りいただきました。 ”マジョリカお

この着物は”マジョリカお召”でしょうか?
あるサイトで着物をお譲りいただきました。
”マジョリカお召”と記載されていたのですが、私はマジョリカお召がどんな着物か全く知らずに、ただ単純に着物のデザイン自体が気に入ったので購入しました。
後でマジョリカお召について調べてみると、マジョリカお召は多色使いであることが条件のようです。
私が譲っていただいた着物は、黒地に金色のキラキラが縞模様に入っていて、ラメは金色の1色ですので多色ではないように思います。そういった解釈で合っているでしょうか?

着物自体をとても気に入っているので、もし仮にこの着物がマジョリカお召でなくても全く構わないのですが、せっかくですから、この着物がマジョリカお召かどうかを知りたいと思っています。
お分かりになる方は教えてください。

Aベストアンサー

ラメ糸を前面に押し出した斬新なデザインですが、見たかんじだけですと違うのではないかと思います。

マジョリカお召しの特徴は、多色使いで遠目には染めにみえる(=ぼかしが入っている)ことです。
これは、先染めの糸を使って柄を織り出すという織物の特性上、染め物ほどの多色使いはできないという限界を打ち破ろうと、産地が工夫した結果がマジョリカお召しだからです。

モチーフも植物や動物、唐草などを使った、シャンデリアやゴブランの絨毯や絵皿みたいなものがほとんどです。
私もたいした量を見たことがあるわけではありませんが、この着物のように(ほぼ)単色のストライプのような単純柄はちょっと違うように思います。

この着物がマジョリカお召しと同時期に、同じ工場でお召しの技法で織られたものである可能性はありますが、上のようなマジョリカお召しの特徴がないので、ふつうにお召しというべきかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報