タイトルの内容で具体的に質問します。
楽譜で調号として♯1個付いている楽譜があるとします。
この場合、音符でファが出てくると、すべてファ♯で演奏すると思うのですが、
この楽譜のどこかでシャープの付かないファで演奏したい時は、楽譜でどのような記号を付けるのでしょうか?
私が思いつくのは
・ナチュラル記号を付ける。
・臨時記号でソにダブルフラットを付ける。
・臨時記号でミにシャープを付ける。
といったところですが、別な方法があるのでしょうか?
ベースを始めたばかりで楽譜の勉強をしていますが、わからないことだらけです。
初心者にも分かりやすい回答をお願いします。

質問者からの補足コメント

  • 追加で、私が思いついた方法で
    ・ナチュラル記号を付ける
    というのは正しいのでしょうか?
    ナチュラル記号は調合にも有効なのでしょうか?

    また、あと2点も正しいのでしょうか?

      補足日時:2017/04/14 10:31

このQ&Aに関連する最新のQ&A

記号」に関するQ&A: ∞の上に~がついた記号

A 回答 (7件)

臨時記号のナチュラル(♮)は、小節内でその音符とその音符と同じ音の高さの音符のみに有効ですね。


オクターブ違いの音符には無効です。
ただし、オクターブ記号が付いてる時は有効になります。
「楽譜の調号と臨時記号の関係」の回答画像5
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
丁寧に楽譜も添えてもらって、非常にわかりやすかったです。
今後も皆さんのお力を借りながら、勉強を深めていきたいと思います。
座学と並行して実践もしていきます。
ありがとうございました。m(_ _)m

お礼日時:2017/04/15 21:45

ダブルシャープやダブルフラットは移調と密接な関係があります。



 ある旋律を相対音高のドレミで歌ったときに、その中にシャープが付いたレの音が現れるとしましょう。この旋律をハ長調で書けば、レ#の音を表すにはDに臨時記号#を付けることになります。さてこの同じ旋律をホ長調に移調したら、レはF#の音ですから、レ#はGの音になる。ですが、Gには調号によって既にシャープが付いています。そこでこの音を表すのに、臨時記号としてナチュラルを付けたGを書くことができます。これは、元の旋律でレ#だったものをミ♭と読み替えた上で移調したということです。だから、ホ長調の譜面を改めてハ長調に移調した場合には、この音はE♭と書かれることになる。
 たとえばホ長調の旋律の中で[レ#][ミ]という音の連続が同じ小節に現れる場合を考えます。ハ長調なら[D#][E]ですね。さてホ長調の場合にレ#をミ♭と読み替えると、[レ#][ミ]は[Gナチュラル][G#]と書く事になる。で、このホ長調の譜面をハ長調に移調すると[E♭][Eナチュラル]と書かれることになります。

 いやいや、本来はレ(ホ長調ではG#)に#を付けたいんでした。そういうときに、ダブルシャープを使うんです。こうするとホ長調では[レ#][ミ]の譜面は[Gダブルシャープ][A(調号によって暗黙裏に#が付いている)]と書かれることになり、これをハ長調に移調した場合には自然に[D#][E]と書かれることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私の知識では、移調の事まではよく理解できません。
そういうこともあるのか、というところで終わらせるしかありません。
まだまだ勉強不足です。(^_^;)

お礼日時:2017/04/15 22:29

No.2&4の回答者です。



オクターブのナチュラルなんですが、たとえば調号がシャープ1個の場合、GメジャーかEマイナーの曲になりますが、

ベースがヘ音記号の下第1間のファ♯で、ギターがト音記号の第1間のファ、ナチュラルということは有り得ないので、(音が濁るため)ベースも自動的にナチュラルのファになります。ただし、その場合ナチュラルの記号も付きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
まだまだ勉強不足ですので、更に学びを深めていきたいと思います。
またこういった質問をみかけましたら、人助けだと思って優しい対応をお願いいたします。
m(_ _)m

お礼日時:2017/04/15 22:35

No.2で回答した者ですが、


ダブルシャープやフラットはクラシックの曲で時々見かけます。たとえば、ショパンの「幻想即興曲」ではファにダブルシャープが付いていて、ソと同じです。
この曲は、16分音符が非常に多く、ナチュラルの記号を使うと見づらくなるので、ダブルシャープを使っていると思われます。

ポップスなどでは見たことがないので、ナチュラルですむ所はナチュラルを使ったほうがいいです。

また、ナチュラルは同じ小節内のオクターブにも摘要されます。
    • good
    • 0

5線譜の音符で表現できる場合はわざわざ##とか別音#とか♭♭とはしません。


♮ファで済みます。その小節内で有効で全オクターブの範囲に適用。

調号と臨時#♭が重なってりる場合には、調号の方を無視します。

ですので、調号#-#ファ=#ファ、調号#-##ファ=ソ
となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
回答の中で、”その小節内で有効で全オクターブの範囲に適用”と書かれていますが、
色々と検索してみると、ナチュラル記号はオクターブ違いの音符には無効と書いている人もいます。
この点はどうなのでしょうか?

お礼日時:2017/04/14 19:48

最初の、



>・ナチュラル記号を付ける。

で合っています。あとの2つは間違い。
ナチュラルはその小節だけ有効で、次の小説に入るとリセットされますので、ご注意下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
回答の中で、あとの2つは間違い。という部分について、その理由を詳しく教えてもらえないでしょうか?

お礼日時:2017/04/14 19:42

その音符の前に、フラット(♭)をつける。

(その符号だけシャープをとるという意味)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/14 19:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3拍子と6拍子どちらが正解か教えて

8人のグル-プでマンドリン合奏しています。
演奏するために3拍子の曲を編曲し、下に書いた旋律を入れて皆んなに渡したのですが、
「この部分は6拍子の旋律になるので合わないよ」言われてしまいました。
伴奏はギタ-で3拍子伴奏です。速さはアレグレットの108前後です。
3拍子伴奏でピッタリ合うのですが、3拍子では本当にダメかどうか教えて下さい。
ファ レ ファ レ ミ ド ミ ド レ シ レ シ  
 ♩♪♩♪|♩♪♩♪|♩♪♩♪|

Aベストアンサー

理論的には4分の3拍子でも8分の6拍子でもどちらでも正解です。
4分の3拍子の場合はシンコペーションのリズムになりますね!
実際にこの書き方で4分の3拍子の曲はいくらでもあります。
もしわかりにくいと仰るのなら、2番目の4分音符を8分音符2つに分けて、それぞれタイでつなぐと3拍子らしい見た目になるでしょう。

こちらも参考にしてください♪
http://pianeys.com/work/

http://pianeys.com/

Qピアノ曲が三段譜でも書かれるようになったのはいつごろからですか?

三段譜で書かれたピアノ曲がありますが、このような記譜法で書かれるようになったのはいつからですか?具体的な曲も教えて下さい。

Aベストアンサー

ピアノ曲の3段譜ですね。
すべてのピアノ曲を知っているわけではないので、百パーセントの保証はできませんが、
私の知る限りではリストが最初です。
ベートーヴェンやショパンの作品で見た記憶はありません。
あまり有名でない作曲家がリストより早くやっている可能性がないではないのですが、
リストのごく初期の作品を見ると、かなり我慢して2段に収めているような印象もあります。
リストの作品表で、古いものから見ていくと、最初に出てくるのは、
『旅のアルバム』の第8曲(第2巻『アルプスの旋律的な花』第2曲、1835~6年)です(画像参考)。
Youtubeには出ていないようですが、楽譜をダウンロードするなら
https://imslp.org/wiki/Special:ImagefromIndex/04093/wc14

4段譜もすでにリストが使用しています。
例を一つ挙げるなら、『巡礼の年第2年イタリア』に収められている『ペトラルカのソネット第47番』(1846年)です。
https://www.youtube.com/watch?v=TmQbCyuMvkM

同じころに、シューマンがペダルピアノのために書いた作品が3段で書かれていますが、
これはオルガンと同様、足で弾く鍵盤が付いているため、両手と足で3段になっているので、意味が違います。

ピアノ譜で3段にする理由はいろいろありますが、
声部分けを明確にして、強弱記号なども別にして弾き分けさせる場合、
ひとつの手が高音域で動くとき、途中で頻繁に音部記号を変更すると読みにくくなるため、
片方の手にト音記号とヘ音記号の2段を与える場合、
旋律、伴奏ともに両方の手に振り分けられており、同じ音域で重なるために2段では記譜しにくい場合、
上声を右手、下声を左手、中声部の音は左右の手で交互にとるような場合などがあります。

あと、今ちょっと確認できないのですが、バッハのチェンバロの曲などで、
3声の曲を3段でスケッチした手稿を見たような記憶もあります。

ほかの二つの質問は、回答がちょっと難しいので、少し時間をいただきます。

ピアノ曲の3段譜ですね。
すべてのピアノ曲を知っているわけではないので、百パーセントの保証はできませんが、
私の知る限りではリストが最初です。
ベートーヴェンやショパンの作品で見た記憶はありません。
あまり有名でない作曲家がリストより早くやっている可能性がないではないのですが、
リストのごく初期の作品を見ると、かなり我慢して2段に収めているような印象もあります。
リストの作品表で、古いものから見ていくと、最初に出てくるのは、
『旅のアルバム』の第8曲(第2巻『アルプスの旋律的な花』第...続きを読む

Q幻想即興曲を半日で引ける方法ないですか。 3、4、5、6ページです。 お願いします。 明日ピアノの先

幻想即興曲を半日で引ける方法ないですか。
3、4、5、6ページです。
お願いします。
明日ピアノの先生が来るんですよ(T^T)

Aベストアンサー

切羽詰まった状況とお察しします。
参考になるかわかりませんが……

・すごくゆっくり弾く。
・体調不良で寝込んでいることにする。
・タイムマシンを発明して、未来の道具を今日の自分に届けてもらう。

Q1番下のト音記号のスラーが意味がわかりません! ヘ音記号にもスラーがあります!スラーを調べたところ異

1番下のト音記号のスラーが意味がわかりません!
ヘ音記号にもスラーがあります!スラーを調べたところ異なる音にかかる弧線なめらかに演奏するとあります。分かりにくいし使い方がよく分かりません。
音の読み方と使い方を教えてください!

Aベストアンサー

ブツブツ切らずになめらかに演奏するということです
スラーの始まりから終わりまでを一つのつながったフレーズとしてなめらかに
演奏するのです。
ぎこちなくなったり、元気に弾んだり、ぶつ切りにしない。

Q曲のコードから、キー・スケールを見つける方法を教えてください。

下記の曲のキー、スケールの選定方法を教えてください。
以下、4つの不明点があります。恐縮ですが、ご教示願います。

①キー選定方法について、曲の頭と末が「FとBm」で異なるため、キーが判らない。
②キー選定方法について、ダイアトニックコードからキーを選定を試みるが、どこの[コード進行]も、ダイアトニックコードに当てはまらない。
③構成音が「C D E F F# G A A# B」となった。スケールは、基本、下記の7つの音(ペンタは5)しかないのでは?なぜ9つもあるのか。
④この曲のスケールは何になるのでしょうか。
 基本的なスケールの構成音:Tonic M2/9 M3 P4/11 P5 M6/13 M7

http://www.ufret.jp/song.php?data=15900(folder5 belive)
※原曲キー変更

[コード進行]
曲頭:F C Dm B♭ C Gm C B♭ C
メロディ頭:G D A Bm G D A
サビ頭:F C Dm B♭ Am Gm
曲末:D F#m G A Bm

[コード構成音]
C=C E G
Dm=D F A
Em7=E G B D
F=F A C
F#m7=F# A C# E
Gm=G A# D
Am=A C E
A=A C# E
B♭=A# D F
Bm=B D F#

構成音抜粋:C D E F F# G A A# B

下記の曲のキー、スケールの選定方法を教えてください。
以下、4つの不明点があります。恐縮ですが、ご教示願います。

①キー選定方法について、曲の頭と末が「FとBm」で異なるため、キーが判らない。
②キー選定方法について、ダイアトニックコードからキーを選定を試みるが、どこの[コード進行]も、ダイアトニックコードに当てはまらない。
③構成音が「C D E F F# G A A# B」となった。スケールは、基本、下記の7つの音(ペンタは5)しかないのでは?なぜ9つもあるのか。
④この曲のスケールは何になるので...続きを読む

Aベストアンサー

前の質問への回答を書いている最中に締切になってしまいました。
この質問への回答の前提となる内容なので、
御迷惑かもしれませんが、まずこれを転載させてもらいます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9685171.html
何か根本的なところで誤解があるようです。
この曲は普通のAメジャーですが、
「キーがAならAリディアン」という発想はどこからきているのでしょう?

ポピュラー音楽の理論は混乱しやすいところがたくさんあって、
いわゆる「チャーチモード」の名称を使うとき、
本来の意味での「モード」として使う場合と、
「コードスケール」として使う場合とがあり、
多くの人がごちゃごちゃにして理解していないようです。

普通のメジャーなら、チャーチモードの「イオニアン・スケール」と一致し、
「リディアン・スケール」ではありません。
もしAリディアンなら、第4音はDではなくD#になります。

A major
A B C# D E F# G#

A Lydian
A B C# D# E F# G#

「モードとしてのAリディアン」なら、トニックのコード、AやAM7を使うときも、
DではなくD#を使うことになります。
たとえばCリディアンなら下の動画のようになり、
リディアン独特の音F#はコードにも反映するので、
C→D onC→Cという進行になっています。
https://www.youtube.com/watch?v=_36Sq_tURjI

これに対して、「コードスケール」として「リディアン」の名称を使うときは、
IVのコード(サブドミナント)が鳴っているとき、
そのルート音を開始音にすると、「リディアン・スケール」と一致するということを意味します。
Aメジャーの曲なら、コードがDやDM7のとき、
そのルート音DからAメジャーのスケールを始めると、
「Dリディアン」と一致するということです。
この二つを混同すると、何が何だか分からなくなりますよ。

それから、曲中で使われているすべてのコードの構成音を単純に拾い出して並べても、
スケールの特定はできません。
コードには、スケール固有音以外の音も使われます。
また、もう一つあとの質問からもわかるのですが、
曲の途中でキーが変わる「転調」の観念が抜け落ちているようです。

まちがいの元は、サビの冒頭のコード進行の認識が原因でしょう。
A7はDに対するセカンダリー・ドミナントですから、
A7に含まれるG音は、Aメジャーのスケール固有音ではありません。
わかりやすく、そこだけを部分転調として考えるなら、
A7→Dは、Dメジャーのドミナント→トニックで、
A7の前のEm7も、DメジャーのII7に当たります。
その後しばらくは、Aメジャーのコード進行が続くので問題ありませんが、
Dmは、Aメジャーの同主短調AマイナーのIVの借用なので、
これに含まれるF音も音階固有音ではありません。
G→F#7→Bmという進行の中のF#7もBmに対するセカンダリー・ドミナントで、
キーをBマイナーとして考えれば、その前のGもそれに含めて、
VI→V7→Iという進行に相当します。

ネットに出ているコードは誤認識もありますが、サビの部分を整理するとこうなります。

D major (D E F# G A B C#)
Em7 → A7 → DM7 →

A major (A B C# D E F# G#) (F♮:A minorからの借用)
E onG# → C#m7 → F#m7 → Bm7 → Dm(借用) → E7 → A →

D major (D E F# G A B C#)
Em7 → A7 → DM7 →

A major (A B C# D E F# G#)
(DM7) → E onG# →

B minor (B C# D E F# G A#)
G → F#sus4 → F#7 →

そもそも、サビは転調の多い個所なので、メロの部分で判断した方がわかりやすいはずです。

なお、イントロやメロの部分に出てくるD#の音も、
Aメジャーのドミナント・コードEに対するセカンダリー・ドミナント(ドッペル・ドミナント)Bに含まれるもので、
Aメジャー・スケールの固有音ではありません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この質問への回答です。

この曲でも、途中でキーが変わる「転調」を認識していません。
コード進行はダイアトニックですが、
キーはFメジャーとDメジャーを行ったり来たりしているので、
両方のキーのコードをごちゃ混ぜにしたらスケールはわかりません。

F major (F G A B♭ C D E)
曲頭:F → C → Dm → B♭→ C → Gm → C → B♭→ C
(I → V → VI →IV → V → II → V → IV → V)

D major (D E F# G A B C#)
メロディ頭:G → D → A → Bm → G → D → A
(IV → I → V → VI → IV → I → V)

F major (F G A B♭ C D E)
サビ頭:F → C → Dm → B♭→ Am → Gm
(I → V → VI → IV → III → II)

曲の終わりもキーはDメジャーですが、最後のコードがBmなのは、
基本的なコード進行のひとつである「偽終止」、
つまりV → Iの代わりにV → VIで終わる形を曲の最後にして、
突然Bマイナーで終わったような印象を与えるトリックみたいなものです。

前の質問への回答を書いている最中に締切になってしまいました。
この質問への回答の前提となる内容なので、
御迷惑かもしれませんが、まずこれを転載させてもらいます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9685171.html
何か根本的なところで誤解があるようです。
この曲は普通のAメジャーですが、
「キーがAならAリディアン」という発想はどこからきているのでしょう?

ポピュラー音楽の理論は混乱しやすいところがたくさんあって、
いわゆる「チャーチモード」の名称を使う...続きを読む

Qもしゼンマイを巻かなくてもずっと振り続けることの出来るメトロノームが開発されたら売れますか?

もしゼンマイを巻かなくてもずっと振り続けることの出来るメトロノームが開発されたら売れますか?

Aベストアンサー

売れません。


1.メトロノームって何だっけ?という人がかなりいる。需要が少ない。音楽専門でもないと必要はない。

2.スマホのアプリとかで代用は可能。
 現実にあるかは知りませんけど,今のアプリレベルで言えば,メトロノームなんて,
 片手間で作れるもの。

3.ゼンマイ巻かなくても,カチカチ動くのは凄いかもしれない。
 太陽光発電とかで出来るかもしれない。ただ,カチカチと物理的に動くのはちょっと難しいかな。そこまでのエネルギーが必要ならば,それなりの太陽パネルが無いと。

4.難しい事言わずに,コンセントに指せばよいとか。


いろいろ考えたけど,1に戻ると思う

誰も欲しくないのが一番ダメ。

Q楽譜の意味を教えてください!

画像の赤で丸しているところは何が違うんですか??教えてください!

Aベストアンサー

>ユーフォニアムの楽譜です!
>ところどころdiv.があるので

ということなら、「1」は div.で「1st」と「2nd」に分かれる「1st」のパートということかと思います。「1 only」も同じ。

「1 Solo」は、もし「1st」を複数人数で演奏するなら、そのなかの1人だけのソロで、ということでしょう。
あるいは「パートのソロ」だという解釈もできますが。

「1 Bar.」は、ユーフォニアムの楽譜が「バリトン」の楽譜も兼ねていて、この部分は「バリトン」で演奏せよということなのでしょうが、通常「バリトン」は高音部記号で書かれていると思います。(「バリトン」が「1st」とイコールなのかどうかは分かりませんが、ここは「1st のバリトンが演奏する」ということなのだと思います)

いずれの場合も、どこで「全員」に復帰するのか、「div.」が終わるのか、書かれているのですか?

とにかく、「パート譜の共用」をしすぎた不親切きわまりない楽譜であると思います。

Qクラシック作曲家の作品の引用について

クラシック作曲家は他の作曲家、たとえばブルックナーが3番の交響曲でワーグナーを引用したり、またジョン・アダムズが『Absolute Jest』という作品でベートーヴェンの交響曲第7番を引用しています。
ショスタコーヴィチは15番の交響曲で、ロッシーニやワーグナーを引用する一方、自作品を引用したりもしているわけですが、

他作曲家を引用する場合と、自作品を引用する場合の違いについて教えて下さい。

Aベストアンサー

No.2です。「引用」と「パクリ(盗作・盗用)」は別物でしょう。
引用は、あくまで他の作品を意図的に使うわけで、いちいち許可を得ることはしないのが普通だと思います。

 ルチアーノ・ベリオの「シンフォニア」(1969)の第3部は、マーラーはじめドビュッシーやラヴェル、R.シュトラウスなどを引用した「コラージュ」という手法で作られています。いくつ分かるかな・・・。
https://www.youtube.com/watch?v=9YU-V2C4ryU

 ショスタコーヴィチは引用の天才で、交響曲第15番に限らず他人の作品、自分の作品を自由に引用して使っていますね。
・ピアノ協奏曲第1番の冒頭は、ベートーヴェンのピアノソナタ「熱情」の引用。「リスペクト」ととるべきか「パロディ」と考えるか。
・有名な交響曲第5番の第1楽章第2主題は、提示部では短調なので気づきませんが、再現部で長調になるとビゼー「カルメン」のハバネラの合唱にカルメンが乗せて歌うオブリガートの引用であることが分かります。
・いろいろな曲への自分のイニシャル(D-Es(=S)-C-H」の引用。スターリン死亡直後の交響曲第10番や弦楽四重奏曲第8番など。
・交響曲第11番「1905年」に、たくさんの革命歌を引用。体制へのすり寄りか、革命の原点へのオマージュか。(ショスタコーヴィチ自身は父親も含めて革命に共感していた)
・弦楽四重奏曲第14番は、弦楽四重奏曲を初演してきたベートーヴェン弦楽四重奏団の創設以来のチェロ奏者「セルゲイ・シリンスキー」に献呈され、自作のオペラ「マクベス夫人」からのカテリーナが愛人セリョージャを歌うアリアがチェロに引用されます。「セルゲイ」の愛称が「セリョージャ」なので。
・最後の作品となったヴィオラソナタには、ベートーヴェンのピアノソナタ「月光」が引用されます。

 バルトークは、亡命先のアメリカで死の病の中で作った「管弦楽のための協奏曲」で、第3楽章「悲歌」に自作のオペラ「青髭公の城」から「涙の湖」の主題を引用するとともに、第4楽章「中断された間奏曲」に、直前にアメリカ初演されたショスタコーヴィチの交響曲第7番「レニングラード」第1楽章の主題(侵攻の主題、これもレハール「メリー・ウィドウ」の引用)を嘲笑するように引用しています。体制を鼓舞するショスタコーヴィチを揶揄していると言われていますが、むしろこの曲のアメリカ初演権を争ったトスカニーニ、ストコフスキー、クーセヴィツキーやセンセーショナルに取り扱ったアメリカ音楽界を揶揄したのでしょう。

 思いつくだけで、いろいろな引用がありますな。

No.2です。「引用」と「パクリ(盗作・盗用)」は別物でしょう。
引用は、あくまで他の作品を意図的に使うわけで、いちいち許可を得ることはしないのが普通だと思います。

 ルチアーノ・ベリオの「シンフォニア」(1969)の第3部は、マーラーはじめドビュッシーやラヴェル、R.シュトラウスなどを引用した「コラージュ」という手法で作られています。いくつ分かるかな・・・。
https://www.youtube.com/watch?v=9YU-V2C4ryU

 ショスタコーヴィチは引用の天才で、交響曲第15番に限らず他人の作品、自分の作品を...続きを読む

Qドレミファソラシドをコードで教えてください

ドレミファソラシドをコードで教えてください。
コードは単音じゃないのは知ってますが
ド=C
レ=...
みたいな感じで教えてください
ド~↑ド?まででいいです。
カテゴリ違ったらすいません

Aベストアンサー

英語音名はCDEFGAB
ドイツ音名はCDEFGAH
CDEFGAB♭はミクソリディアン・スケール(7thコードで使われる)なので、メジャー・スケールとは区別する必要があると思う。
なので、メジャー・スケールであれば、一般的には英語音名のCDEFGABで良い。

Qコードで音が違うのはなぜ??

ギターの練習をしているのですが、B7コードで弾くと指定されている部分で、どうしても音符を見ても違うところがありました。慌ててコードブックを開くと、他の押さえ形ものっていて、そちらなら弾けるようでした。同じコードでも出る音が違うものなのでしょうか?誰か教えて頂けると嬉しいです✨宜しくお願いしますm(._.)m

Aベストアンサー

B7でもギターの押さえ方はいくつもあります。
ただ、構成音はどれも同じです。
その構成音をどの弦で出すかによって当然出てくる音の雰囲気はだいぶ異なります。
コードブックに出ている幾つかのコードを見て、それぞれ各弦がどんな音を出すか記入してみればわかりやすいかもしれません。

では実際にどのフォームでB7を弾くかということになると、前後のコード(押さえ方)との関連とか、音のつながりとか、曲の雰囲気とか、バンドなら他の楽器との兼ね合い等によって一番良さそうなものを選べば良いのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報