いつでも医師に相談、gooドクター

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

真冬の運動不足でコロナ太りが加速!?専門家直伝!おうちエクササイズ

真冬の運動不足でコロナ太りが加速!?専門家直伝!おうちエクササイズ今年の冬は、コロナ禍ということもあり、例年より家にこもる人が増えるのではないだろうか。「教えて!goo」にも「コロナの自粛生活始まって何キロ太りました? 私は1キロ増えて焦りだしました」と投稿があった。寒くて運動をするのもつい億劫になるが、適度なエクササイズで体形は維持したい気持ちもある。そこで、スポーツトレーナーとして活躍する藤元大詩さんに、コロナ太りを防ぐべく家でもできるエクササイズを教えてもらった。

■運動の優先順位が落ちる冬


藤元さんいわく、冬は他の季節と比べ、運動不足に陥る可能性が高いという。

「冬は、やはり春や秋と比較すると運動頻度が減る傾向にあります。考えられる要因としては、年末シーズンは仕事も忙しくなる人が増え、さらに忘新年会などの影響により、運動の優先順位が落ちる傾向にあることが理由です。その結果、運動頻度が減少して、運動不足になってしまう人が増えます」(藤元さん)

年始年末はどうしても忙しくなり、寒さも相まって家にこもりがちになる。今年は新型コロナウイルスの流行もあり、自宅で過ごす期間もさらに増えることだろう。家の中で意識して運動をしないと、コロナ太りが加速するだろう。

■柔軟性を高めるエクササイズ


藤元さんに、柔軟性を高める3種類のエクササイズを教えてもらった。

「1つ目は、『ワールドグレイテストストレッチ』です。まず真っ直ぐに立った状態で、左ひざを上げて抱えたままお腹の方に近づけましょう。ひざを抱えたその足を体の前方に下ろします。その時、同時に右手の手のひらを床につけ、もう片方の右足を後ろに伸ばします。次に左ひじが床につくくらいまで下ろします。この時にひじから下は鎖骨と平行にします。下ろした左手を真っ直ぐに伸ばしながら、そのまま上半身を左にねじりましょう。この動作を左右交互に行います」(藤元さん)

ワールドグレイテストストレッチは、肩周り・股関節の柔軟性を高め、全身の筋肉を効率的に伸ばし、ほぐすことができるエクササイズだという。

「2つ目は、股関節・腰の柔軟性を高める『ヒップクロスオーバー』です。仰向けに横になり、足の裏を床につけた状態でひざを曲げます。両手は床平行にして、横に伸ばします。その状態のまま足を左右に動かしましょう。このとき、背中はぴったりと床につけ、動かさないようにするのがポイントです。とてもシンプルな動きなので、誰でも気軽にトライしやすいです」(藤元さん)

運動において柔軟性はとても重要だ。身体の可動域を高めることで、ケガや痛みを防ぐことができる。また、血流をよくすることで、ダイエットに適した身体作りにも繋がる。

「3つ目は、『リバースランジ』です。まず真っ直ぐに立ちます。右足を後ろに引いて、ひざが床につくくらいまで下げます。このとき、ひざは90度をキープするよう心がけてください。次に、姿勢を元に戻して真っ直ぐに立ちます。この動作を左右交互に繰り返し行いましょう」(藤元さん)

リバースランジもシンプルな動きだが、やってみると太ももやふくらはぎにしっかりと効くことが分かる。器具や特別な準備も要らない、自宅でできるエクササイズやトレーニングでこの冬はコロナ太りを解消してみてはいかがだろうか。

●専門家プロフィール:藤元 大詩
2014年よりトレーナーとしての活動をスタート。大手フィットネスクラブやスポーツクラブなどで、パーソナルトレーナーやコーチを務める。YouTubeチャンネル『カラダを整える部屋』に、トレーニングやエクササイズのレクチャーを投稿。

関連記事

この記事についてどう思う?

みんなの反応

2

BAD

NICE

みんなの反応

14

教えて1!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック