専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

管理栄養士に聞いた!明太子がおいしくなる調味料

管理栄養士に聞いた!明太子がおいしくなる調味料辛味と塩味の絶妙なバランスが食欲をそそる明太子。ご飯のお供に欠かせないという人もいるだろう。しかし考えてみると、おかずとしてそのまま食べる以外に、味付けのバリエーションが思い浮かばない……。「教えて!goo」にも、「辛子明太子、ご飯と一緒に食べる以外で何かないですか?」という質問が届いており、他の食べ方を模索している人は少なくないようだ。そこで今回は明太子に合う調味料がないか、管理栄養士の石垣桃子さんに聞いてみた。

■明太子に足すとおいしい調味料には何がある?


明太子はそのまま食べても十分おいしいが、どんな調味料を足すともっとおいしくなるだろうか。

「明太子に足すとおいしくなる調味料(食品)は、『油』です。油にもいくつか種類があり、食用にされている油は大きく2つに分けると、植物性油脂と動物性油脂があります。明太子に合わせるのにおすすめなのは植物性油脂。植物の種子や果肉から、圧搾法や抽出法によって取り出した油を精製したものです」(石垣さん)

明太子に油が合うというのは意外だった。具体的には、どの植物性油脂だろうか。

「植物性油脂の中でも、おすすめは3つあります。『ごま油』『オリーブオイル』『アマニ油』です。ごまの実を焙煎した香ばしい風味が引き立つごま油は、明太子との相性がよいんです。琥珀色の色味も明太子と合い、味だけでなく見た目にもおいしそうな料理が仕上がります」(石垣さん)

明太子とごま油は、香りの点でもよく合いそうだ。

■オリーブオイルを合わせるときのポイントは?


オリーブオイルは、サラダかパスタに使うイメージがあるが、明太子とも合うのだろうか。

「オリーブの果肉から採油したオリーブオイルは、特有の香りが特徴的です。オリーブオイルと明太子の組み合わせによって、味わい豊かな料理になります。オリーブオイルには、エキストラバージンオリーブオイルと、オリーブオイル(ピュア)の2つの種類を食品売り場で見かけると思います」(石垣さん)

一口にオリーブオイルといっても2種類ある。明太子と合わせるときに注意する点もそれぞれ異なるのだろうか。

「エキストラバージンオリーブオイルは、オリーブの実の一番絞りのうち、酸度が0.8%以下で特に良質なものをいい、香りも強いです。生で使えるような料理に向いています。一方オリーブオイル(ピュア)は、精製したオリーブオイルとエキストラバージンオリーブオイルをブレンドすることで、味わいが柔らかくなっているので、焼いたり炒めたりするときに向いています」(石垣さん)

加熱するかしないかで、明太子に合わせるオリーブオイルの種類が変わってくることがわかった。

■アマニ油を足すときのポイントは?


アマニ油にはなじみがないという人は多いのでは。どのような油なのだろうか。

「アマの種子から採油したのがアマニ油です。こちらも明太子と相性バッチリです。アマニ油に含まれるオメガ3(α-リノレン酸)が血中中性脂肪を下げる作用があるといわれ、健康食品として注目されています。他にも、血栓防止、高血圧予防の作用があるといわれています」(石垣さん)

オメガ3は、最近よく耳にする成分だ。

「アマニ油は、味も香りも主張せずクセがないです。明太子を使うほぼ全ての調理に取り入れることができる油です。ただ、しかし熱にとても弱いので、加熱調理には向きません」(石垣さん)

明太子には、ごま油、オリーブオイル、アマニ油と、個性的な植物性油脂が合うことがわかった。この3種類の油は、味も香りも違うので、自分の好みや料理法に合わせて、選ぶとよいだろう。今までずっと、ご飯のおかずとして明太子をそのまま食べていたという人も、今回の記事を参考に一味違う明太子を試してみてはいかがだろう。

●専門家プロフィール:石垣桃子
株式会社ソフィアプロモーション 食めぐ編集部 管理栄養士。「食めぐ」は管理栄養士9名が運営する「食による健康」をテーマにした食のウェブメディア。

この記事についてどう思う?

みんなの反応

4

BAD

NICE

みんなの反応

8

教えて1!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック