そもそも、BMWは航空機エンジン・メーカーでしたが、先の大戦ではダイムラー・ベンツと競い合いながらドイツの名戦闘機(フォッケウルフやメッサーシュミット)に搭載されていました。
星型、直列といった各型式の違いもあるでしょうが果たして正直、どちらのエンジンの方が優れていたのでしょうか?

A 回答 (1件)

搭載される機体の性能もありますのでエンジンだけの評価は難しいとおもいます。


フォッケウルフFw190に搭載されたBMW139型は空冷星型14気筒1500HP
メッサーシュミットBf109に搭載されたDB604型は水冷V12気筒1100HP

生産機数を較べるとFw190が14000機、Bf109が30000機です。
日本の零戦の生産が10000機ほどですからどちらも成功した戦闘機といえます。

BMWの空冷エンジンは高々度の性能の低下が大きく、途中から他のエンジンに換装されていきました。
ダイムラーベンツの水冷エンジンはイタリアと日本でライセンス生産されました。
イタリアではアルファロメオが製造。RA1000RC41型としてマッキMC202フォルゴーレに搭載されました。
日本では陸軍が川崎が製造。ハ40型として川崎キ61三式戦飛燕に搭載されました。海軍では愛知航空機が製造。アツタ21型として彗星に搭載されました。
製造は困難で当時の日本の技術では精度が低く本来の性能がだせなかったようです。

川崎は二輪のNINJAでも有名な川崎重工
愛知航空機も戦後、愛知機械工業として軽自動車コニーを製造していました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

詳しいご説明でとてもよく分かりました。
確かに、BMWのエンジンは高度になると劣るというのは何かで読んだ覚えがあります。いずれにしてもエンジン+機体をトータルしたもので総合的に評価するという訳ですね。

あと、DBのエンジンがイタリアや日本でライセンス生産されていたのには驚きです。しかも飛燕に!同盟国ならではですね。
そういえば、ドイツの潜水艦Uボートも確か旧日本海軍のイ号として一時使われていたような?ことも何かで読んだ記憶があります。(ひょっとしたら違うかも・・・)

お礼日時:2007/12/25 13:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 現代のステータスとは何でしょうか?

    時代とともにその時のステータスは変化していきます。かつて、モノ不足の時代には、カラーテレビ(color television)・クーラー(cooler)・自動車(car)が三種の神器と言われ、これらを持つことが憧れであり、ス...

  • 日本車には面白みがない?

    車が売れなくなったと随分前から言われて続けています。原因としては、不況や若者の趣味・指向の変化、さらにそれらを克服する魅力あるモデルがないことなどが挙げられていますが、どれも確証はないようです。車はど...

  • ランドセル選びに悩むママへ 専門家が選び方のコツを教えます

    昔は黒と赤しかなかったランドセルがすっかりカラフルになった。高額な限定品を購入するため早い時期から東奔西走する“ラン活”という言葉が生まれ、すでに来春入学予定の子供を持つ家庭ではランドセル選びが始まって...

  • 凸凹兄弟のまいにち:第3話「それぞれの好みの味」

    見た目も性格もちがう兄と弟は、なんだかんだでまぁまぁ仲良し。そんな2人の毎日。

  • 赤ちゃんが見せる行動や仕草の真の意味

    生まれたての無垢な赤ちゃんを見ると、つい顔がほころんでしまう。自分にもこんな頃があったのかと、何とも言えない気分になる人もいるかもしれない。そんな赤ちゃんを見ていると、不思議な光景を目にすることがある...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ