話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

男友達から恋人へ……切り替えるのは女性の「本能スイッチ」

男友達から恋人へ……切り替えるのは女性の「本能スイッチ」男女は、互いに惹かれ合うよう本能に刻まれている。豊かな人生を送るには性別など関係ない幅広い友人関係が欠かせないが、世界には男性と女性しかいない以上、その友情はいつ愛情へと転んでもおかしくはない。

男女の友情の存在が否定されてしまうのはなぜなのかを探った先日の本欄「男女の友情を壊すのは『あわよくば……』の心理」では、特に女性にとって、男友達は恋人の予備軍であり代用品であると考える傾向の強さがみてとれた。だが、いざとなれば異性だと認識をすぐ切り替えられるような魅力的な男性を友人ポジションに据えている女性は、“その時”が来るまで、恋人と友人をどうやって分別しているのだろうか。

その基準を探るべく、Facebookを利用した恋愛・婚活マッチングサービス「pairs」の女性ユーザーから寄せられた回答を整理。男友達と恋人の違いについての女性の認識を分析してみた。

■ドキドキしたり触れたりしたくなる!


恋人とは、時には肉親に対して以上の愛情をも向けることのできる相手。当然、最大の基準は、恋愛感情の有無だ。

「どちらといても楽しいけど、ドキドキしないのが友達」「ずっと一緒にいたいかどうか。恋人とは離れると寂しくなる」「追いかけたいとか独占したいとか、相手のことを中心に考えるのが恋人」「一緒にいる未来を考えられるか」

性別問わず友人よりも恋人との時間を、女性は優先しがちといわれる。確固としたパートナーの存在があれば、2番目以下はその他大勢同然なのだろう。

本能の“命令”も、もちろん判断の大きなボーダーになる。

「友人とはご飯は食べに行っても、手を繋いだりキスしたりしない。恋人はそれをしたい相手」「手を繋ぐか繋がないかで、ひとつ壁をこえてしまう気がする」「肉体関係があるのが恋人」「お互いに身体を求めあう相手」

女性は本当に好きだと思えなければ、たとえカラダの触れ合いがあったとしても心身ともに満足することはできない。相手に触れたいという欲求があることこそが、愛情の大きな証しといえそうだ。

■「大切にされたい」気持ちをすくい取れるかがボーダー?


友人関係ならば当然の行動でも、恋人予備軍の色眼鏡でみると境目があいまいにみえてきてしまう。

「友人ならご飯を食べに行ったり飲みに行ったり。恋人はいつでも一緒にいられてデートする関係」「友人はたまに一緒にいたくなる。恋人はいつも一緒にいたくなる」「友人は楽しく遊べる人。恋人はお互いに思いやり愛し合える人」

ご飯を食べたり楽しく遊んだりは、もちろん恋人ともする行動。その頻度や濃度が違うだけと考えれば、ポジション切り替えのヒントがみえてきそうだ。

行動だけでなく心理はどうか。これはきれいに二分する。

「心の支えになり、甘えられるのが恋人」「友人は話し相手。恋人は支えで、弱音もみせられる」「友人には自分の秘密を話せないけど恋人にはすべて明かせる」

「友人の前ではいい人のふりをするけれど、恋人に対しては感情的になってしまう」「男友達には自分を隠さず何でも言える。恋人には恥ずかしくて言えなかったり本音を少し隠したり」「友人には弱みもすべてさらけ出せるけど、恋人にはできない」

真逆になる要因は属人的なものだが、「大事に思う男性に、大切にされたい」「相手に甘えたい」という根幹の気持ちは同じもの。女性の気持ちや性格を的確に読み取り対応できるかで、恋人にできるか否かジャッジされるのでは。

どんな交友関係であっても、自分を尊重してくれることは嬉しいもの。恋愛感情のない友人だと思っていても異性にしかみえなくなる、そのスイッチは、「ワタシのことを愛してくれている」と女性が感じられる瞬間に押されるのかもしれない。

情報提供元:「pairs」

(フィナンシェ西沢)

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ