去年は「JRAのため、応援して頂いている皆様のため」と海外遠征を否定されていた竹園オーナー。
 ただ、今年の2月号の優駿でのインタビューか、去年のGallop総集編であるいは宝塚記念での結果次第では・・・と仰っていたように思うんです。
 そして宝塚記念はご存知の通り。惜しい2着でした。
 テイエムオペラオーのレース後の体調は知りませんが、その後の予定をご存知の方はいらっしゃいますか?あるいはメイショウドトウでも?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

オーナーは春天勝利後、海外遠征を示唆していましたが、親友でもある岩元調教師が行く気が無かったので今年も国内に専念することになりました。

まあオペラオーは輸送するとカイ食いが悪くなるので凱旋門賞にでても100%の力がだせないから行かない方がいいかも・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 なに~?!て感じです。「調教師が行く気がなかったから」ってどういうことでしょう・・・。まあ馬の事を一番わかってらっしゃるでしょうから、外野がそれも全然関係ない人間が非難する資格はありませんが。予定は未定ともいいますし。でも飼い葉食い悪くなるという理由なら早めに現地到着させて(天皇賞秋とJC両G(1)を棒にふるのはとても痛いですが)でも行ってほしかった。そうでなければ一度でも遠征プランなど公で口にしていただきたくはなかったですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/13 02:30

ニュース元をみつけました。


参考URLごらんください。

参考URL:http://www.keibado.ne.jp/keibabook/010709/itwnp. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。ただちょっと、メイショウドトウの話しか見られなかったのですが・・・すみません、私はオペラオー派なんですよ。メイショウドトウもなんかアイルランドっぽいしっかりしたきれいな馬ですが、私は「薄い・長い・胸と尻がぽっこりで尻尾が立派」という馬が好き。その条件に当てはまる馬は今のところドトウよりはオペラオーのほうがあてはまるので。

お礼日時:2001/07/13 02:25

たしかテイエムオペラオーは、先日北海道へ放牧されたはず。

ついでに、メイショウドトウは、秋の天皇賞へぶっつけで臨むそうです。

遠征なんていう話はすっかりどこかへ飛んでますね。(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 えっ??とんだのですか?なんで?
馬さえ順調なら、人間の都合でころころ
あんまり前言撤回しないでほしい・・。
 しかし、メイショウドトウは体質的に弱いところがあり3歳時順調に使えなかった・・・と聞いていますが。天皇賞ぶっつけはそのせい?4歳時あれだけ走ったんだからそんなこともないような気がしますが。

お礼日時:2001/07/13 02:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテイエムオペラオーについて

ディープインパクトが年度代表馬に選ばれましたね
GIレース7勝はシンボリルドルフとテイエムオペラオーと並ぶとか
シンボリが活躍した頃は知りませんがオペラオーは最近の馬という感じですが
GIレース7勝している割には人気はどうだったんですか?
オペラオーブームみたいなのはありましたか?

Aベストアンサー

GI7勝を挙げたのは歴代3頭しかいません。
初代がシンボリルドルフ(1984~85)
2代目がテイエムオペラオー(1999~2001)
そして三代目が先日引退したディープインパクトです。

シンボリルドルフの時は、彼が三冠馬となる前年に
2代目三冠馬のシンザン以来、19年振りに誕生した
三代目三冠馬のミスターシービーがおり
彼が毎回馬群最後方から追い込み、届くのか届かないのか分からない
ハラハラさせる感じがあり人気を得ていて
1年後に無敗で三冠を制し、隙が無さそうに見られていたルドルフは
比べられて判官びいきのように、人気では下になりましたが
シービーと2頭合わせて若者を中心にして中程度のブームを呼び起こしました(後年、若者を大挙させた武豊ブームやオグリブームには適いませんが、82年頃までは衰退していた状況から復活させるだけの力はあったと思います)

ディープは昨年の通り、欧州最高峰のレースである「凱旋門賞」に出走し
1番人気になりNHKの生中継まで行われるなどマスコミにも大きく取り上げられそれまで売り上げや来場者の減っていた状況を改善させました。
競馬を知らない人までも巻き込んで社会的な時流を作った事で
こちらもオグリ等にはかないませんが、中程度のブームは呼んだと
言っていいでしょう。

一方のテイエムオペラオーはどうだったでしょうか?
3歳のクラシックは皐月賞は勝ち
ダービーを勝ったアドマイヤベガ、菊花賞を勝ったナリタトップロードと一緒に「三強」とも呼ばれましたが、3歳時点では人気も実力も一般的には3強で3番手程度の評価でした。
00年、4歳になって一変して年間無敗やGI5勝で古馬中長距離路線を
完全制覇するなどし、01年には天皇賞春を勝って7冠としました。
しかし人気としてはよく見積もっても「小ブーム」だったとしか言えません。
理由としてはこんな事が考えられます

(1)3歳の頃の不甲斐なさ
皐月賞は制したものの、直前の毎日杯を勝ってなおかつクラシック登録が未登録だった事から200万円の追加登録金を支払っての出走で
ファンはどんな馬か知らないうちに勝ってしまった感じ。
むしろラジオたんぱ杯2歳Sを勝っていた
きさらぎ賞や弥生賞を勝ってきていたナリタトップロードなどの
事前に活躍していて人気を得ていた馬を邪魔をした感が、当時は彼らのファンに漂ってました。
しかも有馬記念のステップに、一流馬はほとんど使わないステイヤーズSを使い、しかも勝てずに敗退し有馬も1つ上の世代である
スペシャルウィークとグラスワンダーを敗れずに3着敗退となってしまった事で「強い世代に勝てなかった」という印象も残しました。

(2)ライバル不在
4歳の無敗の年、この年のレースの2着は殆どが「メイショウドトウ」
どんなレースをしても2着にはメイショウドトウばかりで
馬券的にも面白みが薄く「またか」という印象がありました。
しかも3強として話題になったアドマイヤベガは菊花賞の後引退
ナリタトップロードは好走すれども勝ちきれない馬になってしまい
話題性にも乏しかったのです。

(3)現役余計に1年続けすぎた
5歳になった01年、復帰戦で敗戦し天皇賞春こそ連覇したものの
宝塚記念ではついにメイショウドトウに敗れ、天皇賞秋は海外や短距離・ダートとオールマイティに活躍はしていたものの、勝つとは見られていなかったアグネスデジタルに敗れ、ジャパンカップでは1世代下の
ダービー馬であるジャングルポケットにまで敗れ、有馬では2世代下、この年の菊花賞馬のマンハッタンカフェに負けて引導を渡された格好となってしまった事から「歴代最強馬」などの論議となると痛い所となってしまいました。

(4)弱い世代?弱い馬しかいなかった時代?
前記の通り3歳の有馬記念は3着も1世代上の強豪であるグラスワンダーとスペシャルウィークに勝てず、4歳は同世代のメイショウドトウ以外にライバルらしいライバルもおらず、5歳時はJCでは1世代下のジャングルポケット、有馬では2世代下のマンハッタンカフェに敗れており
実質他の世代を交えたレースでは負けてしまっているのです。

(5)海外遠征をしなかったから
4歳の完全制覇を受けてから、5歳も現役を続行する事が決まってから
「海外挑戦を」という声がファンから起こったのですが
オーナーは国内戦を選択し、ついに海外遠征は実現しませんでした。
もしも5歳時に天皇賞春を勝ってから海外遠征をしていたなら
ディープ程度ではないでしょうが、盛り上がったのかも知れません。

このような事が重なり合って、既存の競馬ファンには人気になったものの前記の2頭と比べてみると他から競馬を知らない人を引っ張ってくる程の力は無く、あまりブームとは言えない内輪的なものに終わってしまいました。
ただあの馬が当時強かったという事実は変えがたいものですし、彼の7冠の価値が変わるものではありませんので、そこはお間違いなく。
ただブームという観点では、他の7冠馬と比べるのはちょっと可哀想な気がします。

GI7勝を挙げたのは歴代3頭しかいません。
初代がシンボリルドルフ(1984~85)
2代目がテイエムオペラオー(1999~2001)
そして三代目が先日引退したディープインパクトです。

シンボリルドルフの時は、彼が三冠馬となる前年に
2代目三冠馬のシンザン以来、19年振りに誕生した
三代目三冠馬のミスターシービーがおり
彼が毎回馬群最後方から追い込み、届くのか届かないのか分からない
ハラハラさせる感じがあり人気を得ていて
1年後に無敗で三冠を制し、隙が無さそうに見られていたルドルフは
比べられて...続きを読む

QJRA 宝塚記念。CMの最後で、外側から突っ込んで来る馬は?

昨日、宝塚記念のCMを、初めて見ましたが、CMの最後のほうで、直線、外側から白い馬が突っ込んで来るのですが、あれは『ゴールドシップ』なのでしょうか?もし、ゴールドシップなら、あまりに露骨過ぎ、苦渋の選択ですが、避けるべきでしょうか?

Aベストアンサー

ゴールドシップ号ですね。
素直に従うもよし、無視するもよしです。
然しながら重馬場阪神コースの適性を考えると、あながち無視は禁物であると斟酌出来ますが。

Qテイエムオペラオーの弟について。

キャプテンクックっていますよね??父がデインヒルで、いかにも走りそうな血統やと思うんですが、短距離路線ばっかり使ってるのはもったいないと思うのですが・・・。

Aベストアンサー

こんばんは

キャプテンクック!名前は存じていましたが
オペラオーの弟とは,初めて知りました
ところでキャプテンクックって昔にもリアルシャダイ産駒で
いたようですね(同名馬)

2代上にノーザンダンサーと母親のナスルーラ系はオペラオーと
全く同じですね,父馬の母親系がどのように作用しているか
気になるところですが,短距離路線は父デインヒル譲りなのでしょう
しかしデインヒル産駒にスタミナ系の母親でステイヤーも居る辺りからは
気性次第で走りそうな気もしますが
血統的には極めてオペラオーに近い存在ですしね
キーポイントは,やはりデインヒルの母系ですか????
自分もその当たりは良くわからないのですいません

長距離使ってきたら自分も買おうと思います

http://k-ba.data-hotel.net/cgi-bin/ped/pedigree.pl?data=46837
http://k-ba.data-hotel.net/cgi-bin/ped/pedigree.pl?data=62968

Q同年でダービー、安田記念、宝塚記念を連覇か

2勝以上した馬は過去にいますか?

ダービー、安田記念、宝塚記念の3連覇
ダービー、安田記念、連覇
安田記念、宝塚記念、連覇
ダービー、宝塚記念、2勝

今年の宝塚記念は楽しみですね。

皆様、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず、三歳で宝塚制覇が無い以上、
ダービー、安田記念、宝塚記念の3連覇
ダービー、宝塚記念、2勝
はありえません。

安田記念に関しては、3歳の勝利は過去2頭います。51年と52年です。しかし、共にダービー馬ではありません。ただし、52年はオークス馬が安田記念(当時は安田賞)を勝っています。

安田・宝塚の連覇ですが、パッと調べた限りではいません。(漏れがあるかも^^)
一番近いのは、グラスワンダーやスイープトウショウの安田2着、宝塚1着かな。

Q競馬の騎手は、どの程度、馬を操れるのか?

例えばですが、競馬が『八百長』だとした場合、騎手は、競走馬を、レース中で、どの程度コントロール出来るものでしょうか?劇的なハナ差のレースなど不可能に近いと思うのですが、その程度は簡単な事なんでしょうか?

Aベストアンサー

10年以上まですが、イギリスでそういう実験してましたねぇ。
結果はたしか、かなりきわどい操作ができていたと記憶してます。
武豊クラスでなら、可能だと思いますよ。

Q宝塚記念

宝塚記念

上限1,000円とします。
さてどう買いますか?

私は、
馬連8-10-13-18
Box各100円計600円

馬連18-2,3,9,17
各100円計400円


なお、24日キューバの「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のニューヨーク公演がビザの発給が間に合わず中止発表。

Aベストアンサー

3連複
軸1頭流し
(2)→(3)(8)(9)(10)(13)
各100円 計1000円

QエプソムCの予想をお願いします。

こんにちは。
水曜日あたりまで「ジャスタ1頭軸にしていれば…」とタラタラジメジメ。
馬券に手が届いていただけに、非常に残念な安田記念でした。
※ボスを推奨してくれたmota_mihoさん、マイ馬券が的中に至らず本当に申し訳ありませんでした

今週は豪華な重賞2レース。今日の負け分(え)を取り返すべく、
皆様の予想力と相馬眼をお借りして的中を目指します。
回答の際は印の強弱と推奨理由を忘れずにお願いします。

まずはエプソムカップ。
去年、そのジャスタウェイがクラレントにハナ差で負けた伝説のレース。
「ジャスタウェイ、差したウェイ」という、麒麟川島のコメントも忘れられません。
(元ネタわかる人がどれくらいいることやら)
馬場は完全回復しましたが、これまでの高速府中とは違って力もいる感じです。
ではマイ予想。
・ディサイファ…距離、コース、枠OK。でも離れた2人気はウマすぎる
・マジェスティハーツ…こちらが2倍台の1人気。ハーツ産駒4週連続Vはある
・シルクアーネスト…人気皆無も前走好感。もう一仕事に期待
・カルドブレッサ…大外残念。あ、またウィリアムスか(苦笑)。前走も狙ったので改めて

△候補は以下。
・ダノンヨーヨー…3着のヒモ荒れ狙いで。まだ若い
・ゴールデンナンバー…マーメイドSには目もくれず。差しがハマれば
・タマモベストプレイ…距離短縮は大好感も、枠とローテが…
・ペルーサ…切ると来る、買うと来ないの典型馬。一応押さえ
・フェスティブタロー…府中専用。一叩きで上昇
・アーデント…こちらもヒモ荒れ期待で。父&鞍上はプラス材料

9番枠と10番枠は過去10年3着内ゼロ。中1週での当レース参戦も好走馬皆無。
タマモがこれにがっちり当てはまってしまい、評価を△に下げました。

馬券はディサイファ-マジェスティを軸にした3連単1・2着&1・3着付けが本線。
この2頭+シルクとカルドを絡めた3連複流しを押さえとする予定です。

こんにちは。
水曜日あたりまで「ジャスタ1頭軸にしていれば…」とタラタラジメジメ。
馬券に手が届いていただけに、非常に残念な安田記念でした。
※ボスを推奨してくれたmota_mihoさん、マイ馬券が的中に至らず本当に申し訳ありませんでした

今週は豪華な重賞2レース。今日の負け分(え)を取り返すべく、
皆様の予想力と相馬眼をお借りして的中を目指します。
回答の際は印の強弱と推奨理由を忘れずにお願いします。

まずはエプソムカップ。
去年、そのジャスタウェイがクラレントにハナ差で負けた伝説のレース...続きを読む

Aベストアンサー

Honey_Hunerさん、おはようございます。

先週の安田記念のグランプリボスの激走には大変驚きました。
よく人気薄の馬が連に絡む時がありますが、あれって何なんでしょうね?
単に「このメンバーの中では来ないだろう」とか「調教を見る限り調子悪そう」、適距離?
イレ込み?最近凡走?疲れが溜まっている?気分よく走れれば・・・。
わからない。
そもそも馬の気持ちなんかわかりません。
あの武豊も言ってました。
パドックで馬の目を見ても状態や気持ちはわからない、馬券も当たらないと。
ということで、私の予想です。

東京11R エプソムC 1800m 芝
◎1ディサイファ・・・東京3勝
〇17カルドブレッサ・・・大外だが鞍上に期待
▲15ファスティヴタロー・・・どこまでも逃げて
△7ゴールデンナンバー・・・差しが届くか
△5マイネルラクリマ・・・掲示板にはのるか

Q宝塚記念

当てさせてください。

Aベストアンサー

普通に買えばあたるでしょう。
あたってもトリガミではしょうがないので、
3連単を選びます。
8ー1ー(他の11頭)計11点

3連単だから、プラスになるでしょう。

あと、押さえに、1ー6ー8の3連単ボックス
6点です。コスモバルクの激走にちょっと期待。

1700円買って、テレビ観戦しているレース
でしょう。

Q初競馬!

あなたが、始めてみたレースを教えてください!
私はスペシャルウィーク引退の有馬記念です!
あのメンバーで三歳で三着に入ったテイエムオペラオーは、後の活躍を考えると才能の片鱗を見せていたんですね!

Aベストアンサー

どのレースか忘れましたが、ブラックホークが1着になったレース。彼氏が買うのに付き合って適当に(名前がかっこよかったので)単勝500円を買ったら当たっちゃいまして・・・。それからはもう・・・。
最近はあまりやらなくなりましたが、グラスワンダーやテイエムオペラオーなんかが全盛期の時期にはまっていました。馬の名前を聞くと
「あの頃ね・・・」と時代の基準になりますよね、競馬って。

Q宝塚記念

何か良い情報はないですか?
最近まったく当りません。
お願いします。裏情報などあれば最高です。

Aベストアンサー

#1です。
今度はちょっとマジメなお話を…。

過去5年の連対馬を見てみると、
天皇賞(春)、安田記念、金鯱賞、この3レースの
1着馬か2着馬しか来ていません。
内訳は…
○天皇賞(春)
 1着馬…2勝、2着2回
 2着馬…1勝
○安田記念
 1着馬…0勝
 2着馬…2勝
○金鯱賞
 1着馬…0勝2着2回
 2着馬…0勝2着1回

これを今年の出走馬に当てはめます。
天皇賞春1着馬…不出走(イングランディーレ)
    同2着馬…ゼンノロブロイ(2枠3番)
安田記念1着馬…ツルマルボーイ(7枠13番)
    同2着馬…不出走(テレグノシス)
金鯱賞 1着馬…タップダンスシチー(8枠15番)
    同2着馬…不出走(ブルーイレブン)

安田記念勝ち馬は連対例がないのでツルマルボーイは
消えてもらいます(笑)。
で、残るのは
ゼンノロブロイ、タップダンスシチーの2頭。
金鯱賞組からは勝ち馬が出ていないので、タップは
来ても2着までと見ます。
ゼンノロブロイの頭(1着)まで見えてしまいました(笑)。
あとはシルクフェイマス(天皇賞春3着)が不気味。
父マーベラスサンデーは97年、同じく天皇賞3着から宝塚記念で念願のG1初制覇。春先までの連勝も、父を彷彿とさせます。これを押さえで。

まあ、競馬がこんなに簡単に当たるなんて思っちゃいませんが。
データからは以上です。
(注:馬券は自己責任でお願いします。)

#1です。
今度はちょっとマジメなお話を…。

過去5年の連対馬を見てみると、
天皇賞(春)、安田記念、金鯱賞、この3レースの
1着馬か2着馬しか来ていません。
内訳は…
○天皇賞(春)
 1着馬…2勝、2着2回
 2着馬…1勝
○安田記念
 1着馬…0勝
 2着馬…2勝
○金鯱賞
 1着馬…0勝2着2回
 2着馬…0勝2着1回

これを今年の出走馬に当てはめます。
天皇賞春1着馬…不出走(イングランディーレ)
    同2着馬…ゼンノロブロイ(2枠3番)
安田記念1着馬…ツルマルボー...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報