1960年前後の、創刊当時の週刊マンガ雑誌に掲載されていた作品のタイトルを調べたいのですが、国会図書館にもマンガ雑誌は保存されていない様ですし、どのようにして調べたらよいのか、困っております。
少年ジャンプ、マガジン、サンデーといった雑誌の連載作品のリストのようなものがあればとても嬉しいのですが。
なかなかそのような資料は見つからないです。
当時の記憶でも構いませんので、御教授下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

とりあえず、Webで探せた範囲でリストにあげておきます。


google等で「雑誌名」+「創刊号」で検索しても結構ヒットしてきますよ。
ただ、いかんせん著作権にひっかかてきそうなサイトばかりなのでここで紹介できませんでした。

少年マガジン (昭和34年3月26日)
「13号発進せよ」(高野よしてる)
「左近右近」(忍一兵)
「疾風十字星」(山田えいじ)
「冒険船長」(遠藤政治)
「天兵童子」(矢野ひろし)
「新吾十番勝負」(水島順)
「もん吉くん」(伊藤章夫)

少年サンデー (昭和34年4月5日)
「スリル博士」(手塚治虫)
「ローンレンジャー」(山田常夫)
「南蛮小天狗」(益子かつみ)
「海の王子」(藤子不二雄)
「スポーツマン金太郎」(寺田ヒロオ)
「宇宙少年トンダー」(横山隆一)

少年キング (昭和38年8月1日)
「0戦はやと」(辻なおき)
「ハヤブサ」(望月三起也)
「忍者シデン」(堀江卓)
「少年忍者部隊月光」(吉田竜夫)
「魔犬五郎」(笹川ひろし)
「ブンヤ野郎」(花岡しろう)
「おんぼろ記者ポッポー」(森田拳次)

少年ジャンプ (昭和43年8月1日)
「くじら大吾」(梅本さちお)
「手」(楳図かずお)
「大あばれアパッチ君」(赤塚不二夫)
「ドル野郎」(望月三起也)
「父の魂」(貝塚ひろし)
「地獄剣」(高野よしてる)
「ハレンチ学園」(永井豪)

少年チャンピオン (昭和44年8月10日)
ザ・クレーター(手塚治虫)
夕やけ番長(荘司としお)

これらの週間少年誌の前進が「ぼくらマガジン」や「少年」、「冒険王」といった月間少年誌です。60年代前半は、まだそっちのほうが脂の乗っている時期だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えて戴きありがとうございます。大変参考になりました。月刊少年誌についても、調べてみます。

お礼日時:2001/07/10 21:30

少年サンデーの創刊号の目次の写真があります。


http://websunday.net/museum/no02/no02g06.html

復刻版少年マガジン大全集第3巻なら古本屋を探せばあるかもしれません。
http://www.lcv.ne.jp/~shipi/zenshuu.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。さっそく見てみます。

お礼日時:2001/07/10 21:23

>国会図書館にもマンガ雑誌は保存されていない様ですし、どのようにして調べたらよいのか、困っております。



あのぉ、国会図書館でもマンガ雑誌保存してますが。
古すぎて無理とか、欠号ということもありますが、まずは問合せてみてはいかがでしょう?

それから、東京の早稲田に、「マンガ図書館」があります。
こちらは利用は有料だったと思いますが。
ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうだったんですか!国会図書館のサイトの「雑誌記事索引採録誌一覧」というところに載っていなかったので、てっきり保存されてないと勘違いしてしまいました。ありがとうございます!

お礼日時:2001/07/10 21:20

それぞれの編集部に問い合わせてみるのが、


一番良い方法なのではないでしょうか?

やっぱり、雑誌を作っている大元ですから
そういう情報というかデータも保管しているでしょうし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やっぱりそれが確実でしょうか。早速問い合わせてみます。

お礼日時:2001/07/10 21:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「朝日新聞を1000円で読む方法」という週刊誌の記事を読みたい

今年になってから、何月かに 週刊誌の見出し記事で、「朝日新聞を1000円で読む方法」といったような タイトルが付いた週刊誌の広告記事を新聞で、読んだ記憶があります。どんな内容の記事であったのか 読んでみたいと思っていますので、週刊誌名と何月何日号かを、ご存知の方は、教えてください。

Aベストアンサー

おはようございます。

週刊誌ではないので違うかもしれませんが、月刊誌WILLという雑誌の
6月号に「朝日新聞を一ヶ月千円で読む法」という記事がありました。

中味は良く読んでいないので不明です。

Q「ヤングジャンプ」創刊時に連載していた怪獣マンガのタイトル

「ヤングジャンプ」が創刊された時、友人から借りて読んだマンガのタイトルがどうしても思い出せません。ご存じの方がおられましたら、教えて下さい。

1.創刊号から連載していて、一回4~8頁ほど。
2.遠い星から地球に出稼ぎにやってきた宇宙怪獣が、怪獣映画や特撮番組の悪役として出演するお話。
3.ライバルのような役でウルトラマンに似た役者がいた。
4.絵はわりと可愛かった。(作者は女性?)
5.連載は長く続かなかったように思います。

この作品のタイトル、作者名など、何か情報をお持ちの方がおられましたら宜しくお願いいたします。

追記 ここ↓の作品リストには載っていませんでした
http://web.poporo.net/home/davidbowie/soukan/soukan.htm

Aベストアンサー

すみません。情報はありません。
ですが、あまりに懐かしくて、書き込みをいたします。
そのマンガ、読んでました。
どこかもの悲しい作品でした。
面白い、とか、人気がある、とかいった作品ではなかったけれど、
妙に心に残るところがありました。

ウルトラマンみたいなのは、たしか「ウルトラマンマン」
というような変な名前だったと思います(自信はなし)。
これが「スター」の役所で、いやな奴なんですよね。
怪獣の方が人がよくて。

1話と、それに続く回では設定が違ってたと思います。
第1話(単発だった?)はたしかこんな内容でした。
===
怪獣プロダクションの社長が
「毎週怪獣を倒されて、残ったのはお前だけになってしまった」
と、怪獣に向かって悲しそうに言います。
その怪獣の、最後の仕事に出かけます。
しかし、撮影の場所に、怪獣は遅刻。
主役のウルトラマンマンは「何してるのよ!?」(←なぜかお姉言葉)
とイライラします。

探しに行くと怪獣は、壊れそうなビルを支えていた。
ビルが壊れるとその近くの子供たちが危ない。
しかし、ウルトラマンマンは、その状況にも関わらず
「スペシャル光線」で怪獣を退治してしまう。
怪獣は崩れ落ちる。
ウルトラマンマンは、さっと子供たちを救い出す。
子供たちはウルトラマンマンをみて歓声を上げる。

怪獣プロダクションの社長は、倒れていった怪獣たちを思い出しながら
「もう…こんな仕事はやめだ」と言って終わる。
===

第2回以降(連載開始?)からは、なぜか1回目で倒されたはずの
怪獣がいて、ウルトラマンマンにいびられるのでしたっけ…。

最終回は、怪獣が撮影所をクビになって、
ウルトラマンマンも、ハデな新しいヒーローが出てきたためクビになって、
二人とも宇宙に帰ることになります。
宇宙へ帰るのがなぜか駅のプラットフォームでした。
怪獣「ウルトラマンマンさん、いっしょに帰りませんか」
ウルトラマンマン「おれはスターだぞ……
おまえらといっしょになんか……帰れるかい」
と、彼もまたもの悲しげに、最後までいやな奴を通すのでした。

情報がないのに、長々と書いてしまいました。
私も、できればもう一度読みたい作品です。

参考URLの「恐怖の追跡」というサイトに送ってみると、
何か情報が得られるかもしれません。

http://www.osk.3web.ne.jp/~elephant/tuiseki/tuiseki.htm

参考URL:http://www.osk.3web.ne.jp/~elephant/tuiseki/tuiseki.htm

すみません。情報はありません。
ですが、あまりに懐かしくて、書き込みをいたします。
そのマンガ、読んでました。
どこかもの悲しい作品でした。
面白い、とか、人気がある、とかいった作品ではなかったけれど、
妙に心に残るところがありました。

ウルトラマンみたいなのは、たしか「ウルトラマンマン」
というような変な名前だったと思います(自信はなし)。
これが「スター」の役所で、いやな奴なんですよね。
怪獣の方が人がよくて。

1話と、それに続く回では設定が違ってたと思います。
第1...続きを読む

Q週刊誌の内容、どれくらい信用しますか?

男性週刊誌なら週刊新潮、文春、ポスト、現代など。
女性誌なら女性セブン、女性自身など。

男性誌は政治ネタ、女性誌は芸能ネタなどが中心ですが、内容はだいたい「フ~ン」程度で読んでいます。まあ、あまり信用していないということ。
電車の中吊り広告でだいたい読んだ気分になるんだけどね・・。


君たちはどれくらい信用しているのかね?
また、週刊誌を買う決め手は何?見出し?記事の内容?


教えてワンワン!!

Aベストアンサー

半分はガセと思いながら、半分は「ひょっとしたら」とも思います。
以前、「朝日新聞阪神支局襲撃実行犯の手記」と題した特集を組んだ週刊誌がありました。
“え?あの犯人が?”と思って、何号かに渡った特集記事を毎号買って読みましたが、後でガセということが判明しニュースにもなりました。
私も読み進めるうちに、大使館職員の関与が出てくるあたりで何だか雲行きが怪しい展開と思ってましたら、案の定ガセでした。
メディアの怖いところですね。
多分この特集の号は毎号完売だったと思いますが、利益追求のためには記事の信憑性は二の次という感じで、読者が踊らされているような気がします。
いわゆる「千三(せんみつ)」程度の信憑性だったら、どんどん雑誌離れが加速しますね。

Qジャンプ、サンデー、マガジンのどれかに載った読みきり作品だと思うのですが……

初めて質問します。

自分が知りたいのは、とある読みきり作品のタイトルと作者名です。
内容は、その町では魔女狩りのようなものが行われていて、その魔女達から奪った血液から麻薬のようなものを作っている組織があり、その組織からヒロイン(?)の魔女が狙われ、主人公がヒロインから血を分け与えられながら、それを撃退するというような内容でした。

最後のほうで、クレープを買いに行かされた主人公と、この寒い時期にアイスを買ってくるものがあるかと叱咤しているヒロインが印象に残っています。
この作品をご存知の方、どうか自分に教えてください。

Aベストアンサー

週刊少年ジャンプの2001年21・22合併号に掲載された、遠藤達哉さんの「WITCH CRAZE」では。
収録コミックスがないようなので、確認のしようがないのですが…。

たしかジャンプで読んだ気がするな、と思って検索して出てきたタイトルです。
「あの漫画はなんだっけ?」と探している人が多い作品のようです。

Q週刊誌の紙の色

週刊マガジンを読んでいた時に思ったのですが、なぜマガジンやジャンプなどの週刊誌はページの途中から色が変わるのでしょうか?何か意味があって色を変えているのでしょうか?

Aベストアンサー

↓再び下の者です。
気になって調べてみたら判りました。

ジャンプは85%再生紙でできているそうです。
(低コストなのもありますが、リサイクルに貢献しているというアピールでもあるそうです。)
再生紙は色をつけないとくすんだ灰色になり、見づらいため、赤・緑・黄色などの三色の色をつけているそうです。
ちなみに色をわけるのは製本時ページの組み合わせを間違えないようにするためだそうです。

週刊誌も同じものと思われます。

Q名探偵コナン単行本とサンデー連載

コナンの単行本はサンデーの掲載後、どれくらいの期間をおいて発売されていますか?
いつも私は単行本を読むかアニメでコナンを見ています。特に黒の組織に関連する事件はDVDを借りたりしてチェックしてます。
世に出る順は、サンデー、単行本、アニメ ですよね?
たまたまウィキペディアのコナンの登場人物を読んでいたら、最後にアニメで見た黒の組織関連の回(水無レナが事故に遭い入院、で終わる話)から相当展開があったようです。
気になるので早速マンガ喫茶で単行本を読みたいと思うんですが、ウィキペディアを書かれた方が、サンデーを読んで書き込んだとしたら、まだ単行本化されてないこともありますよね?
<以下ネタバレを含みます。>
長々と書きましたが、ネタバレの上でお聞きしますと、つまり赤井秀一が殺された話は既に単行本化されているのでしょうか?が聞きたいのです。
赤井秀一の大ファンだったので、ショックで早く読みたいです!!
詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

私はサンデーを読んでないので、どれくらいの期間をおいて発売されるかはよく分かりません。

赤井秀一が撃たれたシーンは今月18日に発売された単行本59巻に載っています。私も早速買って読みました。私も赤井は大好きです。赤井は実は生きていると信じてます!

うまく文がまとまらずすいません。。

Q週刊誌の論調

週刊誌について3点ほど教えて下さい。

(1)週刊誌にも右・中・左の論調があるのでしょうか。

(2)各週刊誌の経営母体は、新聞社や大手放送局なのでしょうか。(週刊アサヒ芸能の経営母体は朝日新聞、朝日放送系列だとか)

(3)各週刊誌の記事掲載の傾向、特徴など

よろしくご教授願います。

Aベストアンサー

(1)あると思いますが、基本的には新聞ほどではないと思います。
同じ朝日新聞社の発行の出版物でも週刊朝日→朝日新聞→AERAという順番かなと思います。(個人的な感想)
更に、週刊誌→SAPIO(小学館)などの隔週誌→月刊誌の順で激しいものになっているように感じています。

(2)新聞社が経営母体の週刊誌は多いですが、放送局が直接の経営母体の週刊誌というのはないと思います。
(但し、日本テレビ→読売新聞という様に関係がないわけではありません。)
しかし、扶桑社に関しては産経新聞よりもフジテレビの影響が強いように感じますが、もともとSPA!は週刊サンケイをリニューアルしたものです。
また、アサヒ芸能の経営母体は徳間書店で朝日新聞や朝日放送とは関係ありません。(あんな雑誌を新聞社が発行したら問題でしょう。)むしろ讀賣新聞の週刊現代の広告問題での話しの過程ではむしろ徳間書店は読売新聞と仲が良かったと記憶しています。

【新聞社系】
AERA → 朝日新聞社
週刊朝日 → 朝日新聞社
サンデー毎日 → 毎日新聞社
週刊SPA! → 扶桑社(フジサンケイグループ)
Yomiuri Weekly  → 讀賣新聞社

【出版社系】
週刊文春 → 文藝春秋
週刊新潮 → 新潮社

週刊ポスト → 小学館
週刊現代 → 講談社


【写真系】
フライデー → 講談社
フラッシュ → 光文社

【男性若年層系】
週刊プレイボーイ → 集英社

【大衆系】
週刊実話 → 日本ジャーナル出版 
週刊大衆 → 双葉社
アサヒ芸能 → 徳間書店

【女性系】
週刊女性 → 主婦と生活社
女性自身 → 光文社
女性セブン → 小学館

【ビジネス系】
週刊ダイヤモンド → ダイヤモンド社
東洋経済 → 東洋経済新報社
日経ビジネス → 日経BP社(日本経済新聞系)
Newsweek → 阪急コミュニケーションズ

(3)各週刊誌の記事掲載の傾向、特徴などは参考urlの「雑誌の新聞」の番組表などを参考にしてください。

ただ、一般紙の新聞社系の雑誌と出版社系の雑誌では出版社系の雑誌の方がより踏み込んだ記事の内容になっていると思います。(週刊文春の不肖・宮崎カメラマンに代表されるように・・。あれは新聞社系ではできないのではないでしょうか?)
 もっとも、それを読者が望んでいるかは別の問題だとも思いますが・・。
 一方、新聞社系の雑誌(特に昔からの雑誌)は例えば昔はやっていた東大入学者の出身校やら氏名やら、今は病院ランキング(実際は厚労省が発表した各病院の手術数に色を付けただけ)など薄くて広い記事が多いように思えます。
また、週刊現代やポストの様に色物系の記事は新聞社系の雑誌には皆無です。週刊文春でも「淑女の雑誌から」ぐらい。上で週刊新潮とポストの間に一行入れたのはそうした意味です。

参考URL:http://www.zasshi.com/index.html

(1)あると思いますが、基本的には新聞ほどではないと思います。
同じ朝日新聞社の発行の出版物でも週刊朝日→朝日新聞→AERAという順番かなと思います。(個人的な感想)
更に、週刊誌→SAPIO(小学館)などの隔週誌→月刊誌の順で激しいものになっているように感じています。

(2)新聞社が経営母体の週刊誌は多いですが、放送局が直接の経営母体の週刊誌というのはないと思います。
(但し、日本テレビ→読売新聞という様に関係がないわけではありません。)
しかし、扶桑社に関しては産経新聞よりもフ...続きを読む

Q最近創刊?されたマンガ誌で・・

最近創刊されたマンガ誌か、あるいはオムニバス的な企画モノで
少女ナントカだか乙女ナントカのような名前のものはなかったでしょうか?
表紙がアーティスティックな感じだったのを覚えています。

Aベストアンサー

No1です。探してみましたが、もしかしたらこちらでしょうか
飛鳥新社「少女世界」同社の雑誌SS(スモールエス)の季刊誌
http://sincal.crocro.com/?asin=B001TWSV18

Q少女漫画に週刊誌はないのですか?

ふと疑問に思ったのですが、コンビニでジャンプやモーニングなど少年漫画や青年漫画には週刊誌がありますが、少女漫画って週刊誌は見かけたことがありません。
少女漫画の週刊誌ってあるんでしょうか?
なければ、何故少女漫画には週刊誌がないのでしょうか?
あれば何故コンビニなどに置かれてないのでしょう?

Aベストアンサー

少女漫画誌の週刊誌は以前はあったのです。
週刊マーガレット集英社
週刊少女コミック小学館
週刊少女フレンド講談社

ですが、雑誌の売上げが落ちたり、モロモロの事情から、1980年代末期から1990年代初期にかけて各週刊(「花とゆめ」タイプ)になり現在に到ります。
昔は萩尾望都の「ポーの一族」や山本鈴美香の「エースをねらえ!」池田理代子の「ベルサイユのバラ」等が週刊連載されていました。
他に、「アタックNo.1」とか・・・

女性作家が週刊で描くのはかなり大変だったようで、体を壊して休載された方もいましたね。

Qジャンプやマガジン・サンデーのページの色

ジャンプやマガジン・サンデーといった、週間漫画雑誌のページの色は、
場所によって違っていますが、なぜ別の色が付いているのでしょうか?
対照的に、青年向けマンガ雑誌(ヤングジャンプやヤングマガジンなど)は、
全ページ白地一色です。
理由をご存じの方は、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

その質問が、何かの雑誌に載っていたのを読んだことがあります。たぶん…

たしか、
漫画雑誌のページは、紙を再利用して作られていて、
色んな色の紙を使うので、その模様が出ないようにわざと色をつけているんですよ、
みたいな回答をされてたと思います。

青年向け雑誌がなぜ違うのかはわかりません…というか知りませんでした。
ちなみに、コロコロとかボンボンとか学年誌とかの月刊漫画雑誌も色がついてると思います。


人気Q&Aランキング