最新閲覧日:

Windows 98 で、
ファイル上でマウス右クリックした時のメニュー項目の「送る」を選ぶと、その中に
「メール受信者」
というのがありますが、
なぜこのような名前(書き方)になっているんでしょうか?

------
いずれにしても、実際の機能としては、
『あるファイルをメールに添付して送信するような場合に、この「メール受信者」を使うと、
Outlook Express のメール作成画面が自動的に開かれ、その際、当該ファイルは既に添付された状態になっている』
というような理解でいいでしょうか?

A 回答 (2件)

違和感があるなら、"c:\windows\sendto" フォルダの


中にある「メール受信者」ショートカットをリネーム
すればOKです。
とりあえず、「メールで送る」とでもしておけば良いの
ではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

実際の機能が、私の理解しているようなことでいいんだとすると、妙なネーミングをするものですね。

おっしゃるような「メールで送る」なり、あるいは「メールに添付」なり、
ユーザーに余計な疑問、心配、迷いを生じさせないようなもっと普通の表現がいくらでもあるのにとは思いますね。

お礼日時:2001/07/10 20:18

「なぜ?」は難しい質問です。

Microsoftさんがそれがいいと思ったからでしょうか。
実際の機能に関しては、多分お試しになった上で質問をお書きになっていると思いますが、mayapapaさんのおっしゃるとおりです。
標準で使うメールソフトが何になっていようが、OutlookExpressに対してそのファイルを添付した新規メールの作成画面を表示してくれます。
OutlookExpressでなくてOutlookを標準メールにしている場合はアクションが違うかもしれませんが未確認です。

わたしは普段Shurikenというメールソフトを使っていますが、こいつは「メール送信」というショートカットを「送る」の中に作ってくれます。
見慣れないうちは、「~受信者?」「~送信者?」「???」という感じでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

なぜこういう名前になっているのかについて、
”なーるほど”というような理由があるのかと思ったんですが、
どうもそうでもないんですね。

いったい何を考えてこういう表現にしているんだか、という印象はありますね。

お礼日時:2001/07/10 20:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


おすすめ情報

カテゴリ