【初月無料キャンペーン中】gooドクター

フランスの貴族の子孫がフランス国歌を歌うことはあるのでしょうか?
自分の先祖をあんなにボロクソ言われたらさすがに反対したくなると思うのですがどうなのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (2件)

>フランスの貴族の子孫がフランス国歌を歌うことはあるのでしょうか?



あるでしょう。フランス革命の元々の原動力は「国王の税金の使い方に貴族が不満をもったこと」から始まっています。

「全国三部会の召集」では多くの帰属が国王の財政運営を非難し「球戯場の誓い」は平民たちが主役ですが、多くの貴族たちも参加、または承認しています。

結局バスティーユ監獄襲撃から革命に至るわけですが、貴族も多数参加しているのです。

その後、王政復古やナポレオン皇帝就任などで80年ほどフランスの政治体制は揺れ続けますが「フランスに見切りをつけた貴族」は近隣の王制が残っている国の親族などを頼って、引っ越してしまっているので、現代にのこっている貴族の子孫はむしろ「革命を推進した側」であるといえるでしょう。

ですから、誇りを持って「ラ・マルセイエーズ」を歌っていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、私は大きな勘違いをしていました。
フランス革命では共産主義革命と同じで王族だけでなく貴族やブルジョワジーまで殺害の対象となったのかと思っていましたが。
本当の殺害対象は王族やその支持者、反革命派だったのですね!
今回は詳しい解説をしてくださったphjさんにBAを贈らせていただきます。
ありがとうございました^^

お礼日時:2018/05/20 22:01

ラ・マルセイエーズは歌詞だけ見るとすごい内容ですが、「自由・平等・博愛を手にした歴史を


作り上げたのはフランス国民だという意識がある」と良く言われる通りだと思います。

年1度以上のペースでフランスに行きますが、フランス国家を歌いたがらないフランス人を
少なくとも私は知りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりフランス国歌を歌いたがらない人はいないのですね。
よく考えれば国民から支持されない国歌なんて制定しませんよね(笑)
現地を知る方ならではの解説とても興味深かったです。
ありがとうございました^^

お礼日時:2018/05/20 22:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング