猿の惑星(2001年)のラストシーン意味が分りません。

どういう意味か教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

私は、最初の主人公が辿り付いた星と、最後に辿り付いた星は同じ場所ではあるけれどもパラレルワールド状になっているのだと解していました。

最初に辿り付いた星では猿と人間がうまくやっていく方向になったけれども(多分?)、最後に辿り付いた星は全くベツモノの星で、セードが勝った場合の世界、って感じで・・・

ちなみにアレはアレでラスト、むっちゃかっこいー(ティム・バートンぽくて)と思いました(笑)
    • good
    • 2

私も意味が分かりませんでした。

(最後やたら急ぎ過ぎた感じしませんか?)
旧作通りのパターンで最後は読めた事は読めましたが、どうしてああなるのか不明です。
皆さん色んな解説されていますが、私的には以下のパターンしか考えられません。

1.猿の惑星と地球とは別の星

これならば、とにもかくにもセードが先回りして地球に行ったと考えるのが自然です。あの宇宙船か予備のポッドで(或いは池の中の)。とにかくセードが地球に行かない事にはああはならないでしょう。しかし、ポッドだとしたら他の猿は乗せられないような気がします。一人で行ってどうやって猿を解放したのか。

2.猿の惑星もやっぱり地球

太陽(月?)が二つあった事はこの際無視します。(太陽系の軌道が変わったとか何とかして)レオが着いた猿の惑星も実は地球で、未来の地球であり同時に過去の地球でもある。(無理かな)太古の地球に母船が不時着した事で猿の支配する星となる。レオが来てセードを閉じ込め、一時的に人猿融和を果たしたかに見えたが、セードが復権、やはり猿の支配する地球となる。その地球にレオが帰る。
ただ、この場合の難点は最初に書いた二つの太陽、それにポッドの日時計。明らかに最初の星は未来をカウントしていたし、最後は2100年頃でしたよね。やはり、ちょっと厳しいかな?

まあ、いづれにせよ1なら1で、続編を作ってもらわないと納得出来ませんよね。
    • good
    • 0

私はレオが1番目に降りたところもラストで降りたところも同じ地球かと思いきや違うんですね。


なんか星の配列が違うみたいです。(最後のは地球だとはっきりしてるんですが)
パンフにも1番目に降りた星には「太陽が2つ輝く・・・」とありましたしね。
ラストのようになるには、セードがあれから逃亡して数1000億という猿軍団を引き連れて
宇宙船に乗り込み、タイムスリップして地球に向かい征服した。としか考えられませんが。
(↑タイムスリップするというのは1番目に降りた惑星の年代が2400年代、
ラストに降りた地球が2100年代ということらしいからです。)
でもそうなるとセードのリンカーン像の後ろに書かれていた言葉とかみ合わないこともあるのですが・・。
元々セードが生きている間には宇宙船なんて作るの無理ですしね~。
2400年代になって、太陽系が変化して、そこはやっぱり地球だった。いうのにすると、何もかもうまく行くような気もしますけどね。
で、最終的に私が思うのは、
単なるバートン監督のお遊びだったということです。
ユーモアというか、burmeseさんと同じような感じですね。

以下のサイトですごく濃厚な話し合いがされています。
それからそのBBSの中で紹介されているヤーシャさんのホームページもすごく興味深いですよ。
きっとお役に立つと思います。

参考URL:http://www.cinemacafe.net/bbs/bbs.cgi
    • good
    • 1

この件に関しては私も理解に苦しみました。


たぶんkokoro111さんは、たどり着いた場所になぜセードの像があったのか
ということも含んで、悩んでるのではないでしょうか?
もし私の悩みと同じならば皆さんの回答ではまだ半分理解できない状態が・・・。

でも私はjoyceさんの意見で心が晴れました。
次作に期待しましょう。

この回答への補足

>たぶんkokoro111さんは、たどり着いた場所になぜセードの像があったのか
ということも含んで、悩んでるのではないでしょうか?

そうです。

>でも私はjoyceさんの意見で心が晴れました。

私も納得しました。

補足日時:2001/08/11 07:27
    • good
    • 1

(続いてすみません)で、要するに本編とラストは別物というか、ラストは元祖のファンに対するオマケみたいなものだと思います。

元祖もちゃんと意識してますよーみたいな。でも元祖のファンの皆さんは重いテーマのラストを期待してる方が多いみたいであんまり気付いてくれてないような…。ちょっと悲しい。
    • good
    • 1

映画中の猿の惑星と地球は別の星だと思います。

そのうえで主人公が磁気嵐を通って元の地球に帰ってきたつもりが実は未来の(元祖の猿の惑星の猿が繁栄して、本当に人間にとってかわってしまった)地球だったというオチなのだと思っています。映画の元祖猿の惑星を意識したのかと思っていましたが、NO.4の方の回答を読んでみると原作も意識したのでしょうか。
リメイクではなく別次元の猿の惑星を作るといティム・バートンがラストでブラックユーモアを交えて元祖の世界と繋げたのかな、と思いました。平行して猿の惑星が2つあったといいたかったとか。あのラストは映画見て終わった時はガッカリしたのですが↑こう考えるとちょっとコジャレてると思えませんか?
    • good
    • 0

実は2001は見ていないのですが、他の方の回答を読んで見当をつけたのですが、ラストに主人公が地球に戻ったのでしょうか?で、地球についたと船から出たら、そこも猿の惑星だった、というラストでしたか?


そうであれば、それは原作に忠実であったということです。たしか、ウラシマ効果で、未来の地球に帰ってしまったということになっていたと思います。初めに、見知らぬ猿の星に着陸したと思っていたのも、実はその時点ですでにウラシマ効果で未来の地球に居たのだが、主人公が気がつかなかっただけなのですね。で、帰ろうとしても、結局猿の星の未来にしか戻れなかった、ということです。
みなさんは、旧作のラストに感動してらっしゃいますが、私は原作を先に読んでいたので、このラストの方が衝撃でした。逆に、映画の方がわざとらしく感じて、しらけてしまったものですが。まあ、解り易いという点では、評価すべきでしょうが。
でも、やっと帰ったと思ったらそこも猿の星だった・・・と言うほうが、絶望度が高くて衝撃だったなあ。まあ、好き好きですけどね。
    • good
    • 0

意味は特に考えなくてよいと思います。




なぜならば、続編を期待すればよいからです。


また、自由に想像して楽しむのがベストだと思います。
    • good
    • 1

昨日見てきました。


あれはパラレルワールドなんじゃないですか?
磁気嵐を突っ切った時に違う世界に入ってしまったんだと僕は理解しました。
でも、あのラストシーン、主人公が地球に向かったあたりで、予想がついてしまってちょっと興ざめでした。
元祖の「猿の惑星」の方が深かったし、ラシトシーンのインパクトも強かったですよね。今みたら安っぽいと思うかも知れませんけど・・・。
    • good
    • 0

2001の方が見ていないのでアドバイスをするのも恐縮なのですが、基本的なアイデアは旧猿の惑星と同じ物として回答致します。


ニューヨークの自由の女神が出てきたと思うのですが、それはつまり猿の惑星が地球妥当ことを意味しています。人類は核戦争で滅び、やがて年月が経ち進化した猿たちが統治する惑星へとなったのです。極少数の生き延びた人間は家畜になりさがったのです。因みに猿=日本人です。作者が日本軍の捕虜となったころがあり、大の日本嫌いで有名な方です。大戦を生き延びた白人の黄色人種へのものの見方が分かって面白いですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q劇場版「猿の惑星」シリーズのDVDについて

お世話になります。

 恐縮ですが、
TV版ではなく
劇場版・猿の惑星 コレクターズBOX [DVD]


についてお伺いしたいのですが、
<Disc1>「猿の惑星」
<Disc2>「続・猿の惑星」
<Disc3>「新・猿の惑星」
<Disc4>「猿の惑星・征服」
<Disc5>「最後の猿の惑星」

の全てに日本語吹替えがついていますでしょうか?
<Disc1>「猿の惑星」に関しては
日本語吹替えのついたDVDが単品販売されているので
おそらく入っているであろうと予想しているのですが。

ご存知の方がいらっしゃいましたら
教えて頂けましたら幸いです。

Aベストアンサー

20th CENTURY FOX HOME ENTERTAINMENTサイトのBOX仕様を見る限りでは
全て字幕のみです。
猿の惑星 コレクターズBOX は2001/09/21発売ですが
吹替え収録の 猿の惑星 スタジオ・クラシック・シリーズ は2005/12/09発売ですので当然収録されていません。

猿の惑星 コンプリートコレクション 2006/05/19発売12枚組\39800には「猿の惑星」と「TVシリーズ全14話」のみ吹替えが収録されています。

参考URL:http://www.foxjapan.com/dvd-video/

Q猿の惑星の衝撃のラストシーンを教えて下さい(ネタバレ)

昔ヒットしたという『猿の惑星』のラストシーンが衝撃的だと聞くのですが、
『猿の惑星』のラストシーンの衝撃とはどのようなものなのでしょうか。
大まかで結構ですので、簡単なあらすじとラストシーンがどんなものかを教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

地球から宇宙船で新しい星を目指して3人の宇宙飛行士が飛び立った。
期間が大分たって(すっごい長い期間です、詳細は忘れましたが)
人が住めそうな星が見つかったので着陸をした。
そこは猿人が支配する世界で、人間は動物のように飼われていた。
(言葉は喋れない)
そこで、宇宙船で着陸した時に仲間と別れ別れになった、仲間を探していると、仲間が猿に脳を手術されていて動物のようになっていた。
いろいろと事件が起こって、主人公と飼われていた女性の間に恋が芽生え、猿人の支配から逃げって新たな土地を目指していったところで、自由の女神のかけらを発見して、ここが地球だという事がわかった。
っていうストーリーでしたよ

Q続猿の惑星

「猿の惑星」は以前見たことがあります。最後の海岸での自由の女神のシーンは衝撃的でした。「続猿の惑星」を見ようか迷っています。よく、続編あるいは2,3とシリーズになると、ストーリーの基本線はだいたい同じで、マンネリになることもありますが、この「続猿の惑星」はどうなのでしょうか。基本線は「猿の惑星」とあまり変わらず、最後に衝撃的な結末を持っていくといった感じなのか、それとも、「猿の惑星」の続きからストーリーが展開していくものでしょうか。

あまり細かなネタは言わないで欲しいと思いますが、「猿の惑星」を見ても、「続」はまた別な感じで楽しめるようでしたら見ようと思います、あるいは「続」も見たほうがいいとお勧めの声があれば見たいと思います。両方ご覧になった方、教えてください。

Aベストアンサー

全ては観たことはありませんが、よく言われてるのが、ループしてるということです。
全作観ると、最初に続く・・・というそうです。
すべてが続編という構成になっているようです。
まぁ、おもしろい、おもしろくないなど関係なく観てみてはいかがでしょうか?

Q「猿の惑星」の猿は日本人がモチーフ?

昔、学校の先生から聞いた話です。

有名な猿が支配する星の話「猿の惑星」の猿は、日本人をモチーフとして作られた、と聞きました。
1960年代当時、日本が高度経済成長の真っ只中で、アメリカが日本人に対し「技術的に追い越されるかもしれない」と思い始めた時期だったそうですね。
自分たちが一番、と思っていた強い国・アメリカがもし、猿のような黄色人種の日本人に追い越されたら‥‥というところからこの話は始まっているのだ、と話でした。
小説についてなのか映画についてなのかはよく分かりません。40年も前の話です。
突然思い出したので、真相を知っている方がいらっしゃいましたら、お教えくださいまし。

Aベストアンサー

1960年代ではありませんね。
原作者のピエール・ブールが日本軍の捕虜になったのが元ネタだととも言われていますね。
(黄色人種に支配される白人=猿に支配される白人)

これを否定する説もありますが。

Q猿の惑星創世記は、ティムバートン版猿の惑星とつなが

猿の惑星創世記は、ティムバートン版猿の惑星とつながっているのですか?

Aベストアンサー

物語上の設定としてはつながります。

「猿の惑星創世記」はどうして地球が猿が支配する惑星になったのか、その発端の物語だからです。
ただし「猿の惑星」の舞台はもっと未来の地球ですし、そこに不時着した宇宙飛行士はもう少し前に宇宙に飛び立っていますから、それぞれが直接関わるものではありません。

旧作の「猿の惑星」シリーズでも、いろいろ違いはありますが「猿の惑星創世記」のような猿の惑星の始まりの物語があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%BF%E3%81%AE%E6%83%91%E6%98%9F%E3%83%BB%E5%BE%81%E6%9C%8D

ちなみに、何故、過去の宇宙飛行士が未来の地球(本人はなかなか気づきませんが)に来てしまったのかについてはウラシマ効果というやつのおかげ、ということになっています。
相対性理論によれば高速で移動する物体の時の流れは遅いので、宇宙での数年が地球での何世紀かに相当するとかなんとか、そういう理屈です。詳細は下記リンク先をご覧ください
http://homepage3.nifty.com/iromono/kougi/timespace/node28.html

物語上の設定としてはつながります。

「猿の惑星創世記」はどうして地球が猿が支配する惑星になったのか、その発端の物語だからです。
ただし「猿の惑星」の舞台はもっと未来の地球ですし、そこに不時着した宇宙飛行士はもう少し前に宇宙に飛び立っていますから、それぞれが直接関わるものではありません。

旧作の「猿の惑星」シリーズでも、いろいろ違いはありますが「猿の惑星創世記」のような猿の惑星の始まりの物語があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%BF%E3%81%AE%E6%83%91%E6%98%9F%E3%83%B...続きを読む

Q映画「最後の猿の惑星」で猿の村では人間は奴隷階級とされているのですか?

映画「最後の猿の惑星」で猿の村では人間は奴隷階級とされているのですか?

Aベストアンサー

「最後の猿の惑星」では、人間は奴隷階級では無いです。(対立はありますが、猿と人間は共存した社会を営んでいます)
この後が、「猿の惑星」につながって、人間は野生動物のようになるわけですが、その間に何があったかはわからないです。
TVシリーズの「猿の惑星」がその間をつなぐ物語かと思っていましたが、設定上はそうではなかったようですね。(人間が言葉を話すので、映画の「猿の惑星」より前の時代かと思っていましたが、設定上は映画の10年後で、別のストーリーとして作成されたようです)

Q猿の惑星について詳しい方、教えて下さい!

映画好きの20代後半OLです。
『猿の惑星 創世記ジェネシス』、とってもよかったです。
私的には、今年見た映画で1番良かったです…!

表題の件なのですが、元の『猿の惑星』全5作をご覧の方に伺いたいです。
先述の通り、映画好きなのですが、年代的に60~70年代の『猿の惑星』は、1本目は有名なので子供の頃に何となくですが見てはいるのですが、5作も出ていること自体知りませんでした。

だんなさんが
「創世記ジェネシスは、元の猿の惑星5本目(?)のリメイクなのかな?
シーザーも出てくるし、境遇?も似ているよ。」
と言っていまして…。
(だんなさんも同年代のため、詳しくないです。)

実際どうなのでしょうか?
また、あまり古い映画はどうも映像が見づらくて、そんなに見ていないのですが
猿の惑星シリーズが面白かったら、見てみたいなと思っています。
おすすめでしょうか?
よく1作目以降はあまり…等あると思うので、参考にしたいです。
ネタバレしない程度に、ご存知の方いましたら、いろいろ教えて下さい!^^
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私が子供の頃に、テレビの深夜放送をビデオ録画して観た憶えがあります。
おそらく20年以上昔のことなので、うら憶えですが、旧シリーズはこんな感じだったと思います。

猿の惑星(1968) :
猿の惑星に、人間の宇宙飛行士がやってきて、猿と遭遇する。

続・猿の惑星(1970) :
猿の惑星に、さらに、別の宇宙飛行士がやってきて、猿や、先に来ていた宇宙飛行士たちと遭遇する。

新・猿の惑星(1971) :
未来の地球より、猿がタイムスリップしてきて、現代の人間社会と遭遇する。

猿の惑星・征服(1972) :
未来より、タイムスリップしてきた猿の子孫シーザーが、人間と戦い、革命を起こす。

最後の猿の惑星(1973) :
人間と猿が、対立しながらも、共存する未来の地球でのエピソード。

『猿の惑星 創世記ジェネシス』は観ていませんが、おそらく、旧シリーズの四作目に近いかと思われます。
個人的におすすめなのは一作目と二作目です。
特に、二作目の「続・猿の惑星」の後半部分は、
一作目以上に衝撃的な内容だったと記憶しています。小学生の自分には、とってもショックでした。
ただし、一作目とストーリーが続きになっているので、一作目を見ておくべきかもしれません。

私が子供の頃に、テレビの深夜放送をビデオ録画して観た憶えがあります。
おそらく20年以上昔のことなので、うら憶えですが、旧シリーズはこんな感じだったと思います。

猿の惑星(1968) :
猿の惑星に、人間の宇宙飛行士がやってきて、猿と遭遇する。

続・猿の惑星(1970) :
猿の惑星に、さらに、別の宇宙飛行士がやってきて、猿や、先に来ていた宇宙飛行士たちと遭遇する。

新・猿の惑星(1971) :
未来の地球より、猿がタイムスリップしてきて、現代の人間社会と遭遇する。

猿の惑星・征服(1972) :
未来よ...続きを読む

Qある映画のラストシーンの意味がわかりません。

ビスコンティの映画「地獄に堕ちた勇者たち」のラストシーンの意味がわかりません。最後に銃乱射されて死んでいった人たちは誰で、何のために死んでいったのですか、またあの家で彼らは何をしていたのですか?ストーリー展開に付いていけませんでした。

Aベストアンサー

まず、銃殺されたのではなくて毒殺されたのです。

製鉄王エッセンベック男爵一家の物語。
ナチに協力しない男爵に対し、従兄のナチ親衛隊大佐アッシェンバッハは
一家崩壊を目論む。
総支配人フリードリッヒは男爵の娘ソフィと情を通じ会社乗っ取りを画策していた。
ソフィの放蕩息子マルチンはアッシェンバッハにそそのかされ、
財産が全てフリードリッヒのものになることを恐れナチに入隊しその凶暴性を顕わにする。

【ラストシーン】
ソフィとフリードリッヒの結婚披露宴。
マルチンは二人を部屋に導き最後の時を過ごさせる。
毒の入った酒を二人が飲むことを予想しながら。
(毒酒を飲まなければ銃殺されていたでしょうね。)

Q福島大爆発♪と猿の惑星♪

避難指示区域で野生ザル急増…震災前の3倍以上
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6127085

「猿の惑星」って、原子力の暴走でできたようですね♪

福島ではリアル「猿の惑星」がはじまっているのでしょうか?

逃げなくても大丈夫ですか♪♪♪

Aベストアンサー

「猿の惑星」の「猿」は、類人猿で、ニホンザルの仲間ではありません。簡単に言うとゴリラやボノボ、チンパンジー、オランウータンといったもので、ニホンザルのような「猿」とは全く違います。英語でも、「プラネットオブエイプ」で、「モンキー」でないことから、区別していますが、日本語では適当な言葉が無いので「猿」という誤訳が通っています。

Q2001年宇宙の旅のラストなのですが

宮殿に迷い込んだようなシーンになりおじいさんが登場し、赤ん坊が現れますが、あれが何となく主人公自身の事なのかな~??何を暗示しているのだろう?
と自分なりに理解しようとしたのですが
あまりにも難しくて
そのシーンがどうゆう状況なのか、ということよりその裏に隠された意味というものがいくら考えてもさっぱりなので
ついつい見てて退屈になってしまいます
(好きな方ごめんなさい)
でも過去の質問とか見てて、今になってもこれだけこの映画が評価されてるということは何かすごくふかい意味が存在するのかな?と思い気になって仕方ないのです
自分で考えるべきなのでしょうがどうにも考え付かないので是非皆さんが考えるあのラストの意味を教えてください!

Aベストアンサー

キューブリックがインタビューで言ってましたが、あれは、人類より遥かに高度な文明をもつ者(宇宙人?)と接触する体験とは「訳が分からない」体験となるだろうという事だそうです。原始人がもし、なんでもいいんですが、例えば我々がTVで野球を見ている姿を見たら「訳が分からない」と思うであろうというのと同じで。そういった前提でありつつ、キューブリックは暗にこの宇宙人(或いは宇宙の意志)は時空をコントロールする技術を獲得しているであろうと暗示させるように、それを映像化しているという事は少なくとも確認できると思います。ボーマンを瞬間的に年をとらせたり、赤ちゃんにさせたりするわけですから。宇宙人との接触を描いた映画はたくさんありますが、多くが「我々は宇宙人である」的な、英語をあやつり、同じ文化的発想(地球を侵略するなど。侵略という発想自体、現在の我々の発想にすぎず、高度な文明には侵略も友好もないかもしれない。)をもった様子が描かれているが、2001年のラストはそういったものに対するよりリアルな宇宙人との遭遇の表現はなにかという事への一つの答えだという事です。だから、別に映画として難解なわけではなく、宇宙人がそもそも難解なわけです。そしてそれに対する解釈も不可です。映画を見ている我々が現代人である以上宇宙人がなにを考えているのか解釈できるはずがない。そんな中わけの分からない状況の中でもキューブリックはあくまで暗示としてこの映画に出てくる宇宙人の性質として「時空をあやつる」ということと、昔から「人類の進化に何故か寄与してきた」という事をあの映画の中で表現している。

キューブリックがインタビューで言ってましたが、あれは、人類より遥かに高度な文明をもつ者(宇宙人?)と接触する体験とは「訳が分からない」体験となるだろうという事だそうです。原始人がもし、なんでもいいんですが、例えば我々がTVで野球を見ている姿を見たら「訳が分からない」と思うであろうというのと同じで。そういった前提でありつつ、キューブリックは暗にこの宇宙人(或いは宇宙の意志)は時空をコントロールする技術を獲得しているであろうと暗示させるように、それを映像化しているという事は少...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報