馬券のオッズについてですが、今は高度な電算システムで瞬時にオッズを計算できると思うのですが、その昔はオッズはどうやって計算してたんでしょう?全国の売り上げを集計して…と思うと不思議でなりません。ご存知の方いらっしゃいましたらよろしく。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

自分も以前オッズ集計の歴史に疑問を持った時期がありました。


参考までに自分なりの見解を、書いてみます。
ギャンブルのオッズといっても、大きく分けると日本やアメリカで主流のパリミチェルと、欧州で主流のブックメーカー方式と2つに分けられると思います。
ブックメーカーでの利点は、リアルタイムなオッズ計算が不要なところだと思いますので、通信手段がない時代には、この方法以外では広範囲な発売が不可能だったのでは。それにこの方法だとオッズ表示され確定しますので、かなり先にのレースでも不安なく購入できたのでは(たとえば来年のダービーの馬券など)。
では日本に目を向けてみますと、競馬黎明期(明治初期)を推測してみると、初期はヨーロッパの流れを汲んだ、ブックメーカーがいたのではないでしょうか。
ただ明治後期から大正時代を調べてみると、パリミチェル方式をとっていたみたいです。(売り上げに対して、利益が安定するからだと思います。)
そのころは、本場以外での発売はなかったようですそれに複勝だけの発売とか、単勝だけの発売だったようです。ただ曖昧な記憶ですが、戦前から連復の発売もしていた競馬場もあったように記憶しています。投票の際は馬番ごとに窓口があってそこに並んで、購入していたみたいです。投票券に0から始まる連番を振っておいて一番上に書いてある数字が発行枚数で一定時間ごとにその枚数を読み上げて、オッズを計算していたみたいです。戦後はメインレースなどは、昼休み後に一度だけオッズを発表していた模様です。その後はロール状の馬券発券機などもあったみたいですよ。オッズ計算は、馬券カウントをいかに素早く正確に行うかにかかっていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かなり時間経ってしまいましたが、ありがとうございました。大変参考になりました!

お礼日時:2001/09/07 19:27

確か、いわゆるトータライザーと呼ばれるコンピュータができる以前は、全てソロバンで集計していました。

ですから窓口も今のようにどこでも好きな馬券が買えるのではなく、1-2を売る窓口、1-3を売る窓口と枠連の目ごとに窓口があったはずです。場外も本場の30分くらい前に締め切って、電話で票数を伝えていたと思います。オッズはいつの頃から発表し始めたのかは申し訳ないですが分かりません。その昔は、オッズではなく黒板に投票数が書かれていたと聞きます。なにぶん以前本で読んだうる覚えなもので…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!そう言えば以前は馬連なくて枠連だけでしたしね。窓口が分かれていた理由も分かりました。
日本はソロバンなる“便利グッズ”があったからいいものの、枠連もない外国はどうしてたんでしょうか?ナゾは深まります。

お礼日時:2001/08/09 18:48

こんにちは。



昔から同じように高度な電算システムで瞬時にオッズを
計算していたんじゃないでしょうか。

とはいえ、性能は劣る訳で劣る分はどうなっていたん
だろう、といえばその分発売レースを制限していたり、
オッズ発表の間隔が今より広かったり、ではないでしょうか。

Nishikinoさんがいつから競馬をはじめられたのか、
解りませんが、全国全てで発売するレースが今の数
(東西の特別3レースが買える)になったのは3,4年
ぐらい前からです。(ここんとこはうろ憶えで適当ですが(^^;)

その前に全国で買えるレースは北海道ローカルと重賞
(障害は含まない)だけでしたから、性能が現在より
劣ってもこなせたんではないでしょうか。

この回答への補足

『昔』の定義が曖昧でしたね。
昔…というのは明治~昭和初期とかのことです。電話もないような時代に、電算システムがあったとは思えないんですが…。
ヨーロッパでは何百年も前からあるわけですよね。そんな時代はどうだったのか同様に不思議です。

補足日時:2001/08/09 15:23
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q馬券、投票開始時のオッズの数字について

これまで競馬で馬券を購入するときは、常に人気度やオッズを確認しながら購入してきたのですが、投票受付開始時、それらの数値はどのようになっているのでしょうか?
これまで、常に正の数字が表示されていたので、気にしていなかったのですが、馬券がまだ購入されていない状態のとき、数値はどうなっているのでしょうか?

例えば、下記のサイトには、オッズの計算方法について書いてあります。
http://www.syndrome.jp/basic/odds_mechanism.html
計算には「票数」が必要になってくるので、票数が0の時は、オッズも0になるのでしょうか?
しかしながら、そうすると、始めに投票する人は何を動機にして(=参考にして)購入するのでしょうか?

以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

NO.1です。

ちょうど川崎競馬が開催中ですので、オッズ表を確認しました。
投票数ゼロの組み合わせは「-」ではなく「0.0」と赤文字で表示されていました(馬券は3連単)。

枠連や単複馬券は「999.9」と表示される場合もありますが、
これが「配当1000倍以上」を示すものなのか、馬券が1票も売れていない故の「999.9」なのかはわかりません。
※JRA-VANですとオッズとあわせて投票数も確認できますが…

Q誰も買っていない馬券オッズについて...

ふと、疑問に思いましたので、お暇でしたら、ご回答ください。

ここ3年位の出走成績を確認していますが、
過去に、投票がなかった(オッズ不明)
の馬券が存在しなかった様に思います。

150万馬券でも、誰かは購入していますし、
どこかの地方競馬場の3連単の800万も
誰かが購入していますよね。

もし、誰も購入していない馬券が的中した場合の
払い戻しはどうなるのでしょうか?

どれとも、JRAが少なくとも全点100円ずつ
購入でもしているのでしょうか?

Aベストアンサー

JRA(中央競馬会)のHPのFAQに同様の質問があります。それによると70円の払い戻しになります。

↓をご覧ください。

参考URL:http://www.jra.go.jp/faq/answer/q9.html

Qワイド馬券のオッズについて。

長年、枠連で競馬をやっていました。やるに連れ、負けるに連れ、買う点数も増えていき、ちょこちょこガミが出るようになりました。昨日初めてワイド馬券を楽天競馬で購入しましたが、枠連のオッズは結構目まぐるしく変ります。それこそ購入直前まで画面を注視しているのですが、配当が低い複勝馬券は、そうたいして変化はありません。昨日ワイドを購入した時、直前まで注視していましたが、枠連ほどの変化は見られない気がしました。ワイド馬券は、どちらかと言えば、複勝に近い、極僅かしかオッズの変動は無いものでしょうか?

Aベストアンサー

主観ではありますが…

レース直前でのオッズ変動は、あまりないように思います。

Q馬券の売り上げ金額、関東と関西でどちらが多い?

関東(札幌、函館、新潟、福島、中山、東京)と関西(それ以外)とで区分けした場合、どちらの馬券の売り上げの方が高いでしょうか?

もちろん、馬券の売り上げ、というのは開催されるレース場での分類ですから、住んでいる場所、投票権を購入した場所、ではありません。北海道の人が携帯電話で阪神のレースを買った場合、wins銀座や東京競馬場で京都のレースを買った場合は「関西の売上」とカウントします。

1日単位で考えると、その日の注目のレースがどちらで開催されるか、によって変わってくると思いますので、年間トータルで考えた場合、です。

どちらが多いでしょうか?

Aベストアンサー

2010年(平成22年)の売り上げ
JRA 2兆4356億円

・札幌  799億円
・函館  796億円
・福島 1155億円
・新潟 1481億円
・東京 4994億円
・中山 4516億円
---------------
東 1兆3741億円

・中京  784億円 *3月より改装工事
・京都 4698億円
・阪神 3813億円
・小倉 1320億円
---------------
西 1兆0615億円


おまけ
・場外発売所(WINS)  7393億円
・電話/ネット投票  1兆3394億円

Q単勝オッズから馬連オッズを求めたい

単勝オッズから、馬連オッズを求めたいです。
例えば
ウォッカ      の単勝オッズが2.0倍
カワカミプリンセス の単勝オッズが8.5倍
の場合はどうなりますか?
ちなみに上記の馬連オッズは5.6倍です。

Aベストアンサー

経験的にいえば、<馬A>・<馬B>の馬連オッズは下記の式の答に近い値となるなることが多いです。

(馬Aの単オッズ)×(馬Bの単オッズ)÷2


人気Q&Aランキング

おすすめ情報