色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

松本人志さんはなぜ人が思いつかないようなボケや発想を思いつくのでしょうか?
面白いししかも瞬時にですよね
脳の構造が人と違うと思いますか?

gooドクター

A 回答 (9件)

モヤモヤしたものを言葉にする力がすごいと思います



私が好きなのは
松本「今日は70%の力で頑張ります!」
浜田「手抜きすんな!」
松本「手抜きちゃう!全力で70%の力を出すんや!」です
この言葉にすごくしっくり来たのを覚えています
    • good
    • 0

まぁ、一種の天才でしょうね。



さらに、人間というものはその環境にいるとそこに適応する能力を
持つようです。

もともと天才的だったからこそ若い頃人気もあったのでしょうが
それに加えてトップランナーで走っている環境があったので
さらに備わった能力かと思います。

要するに、何事も専門家になれば最初はたどたどしいですが
この道30年40年とやれば抜きんでた能力となっている
ことはよくあることです。
それがもともとあった才能の上に乗っかってあーいうことがポッと
出るんでしょうねぇ。
他の芸人はまぁ彼に追いつけないでしょうねぇ。

その場の事象にかませるわけですからネタ帳などないと思いますが
本当に天才的な発想ですよね。

同じようにさんまさんも時々他の芸人にはないボケなどを言ったりしたりしますが、何処か計算したような感じを受けます。

紳助さんも話術は長けていて面白いですが
台本とまではいいませんがすでに頭の中で作られたお笑いを言うだけで
瞬間的爆発力はないように思います。
松本さんのようにその場の事象に一瞬で合わせることは今まで見たことないような気がします。
    • good
    • 0

評論家の田原総一朗が言っていましたね


「我々がテレビに出るときは
ちゃんと資料などを用意して出るけど
お笑いの人を見ていると
その場でちゃんと笑いをとる
あれは真似ができないね
すごいことだと思う」
    • good
    • 0

年取ってくると


頭ではわかっていても
言葉が思い出せないことがよくあります。
人の名前とかね。

タケちゃんは
40代のころに
例え話でウサインボルトで落としたいときに
”ウサインボルト”が思い出せずに
”ほら世界一足の速いヤツ”
なんて言ってると漫才が成り立たなくなる。
それで漫才はやめたと言ってました。
(嘘か本当かわからんけどww)
その話からすると
松本の年齢からするとスゴイ!
    • good
    • 0

昔、音楽番組の司会をしていた時の話。


ゲストは松山千春だった。

千春 俺は昔は爽やかなイメージでコーラのCMにも出ていた。(昔は長髪だったんだよね)

松本 でも今はペプシマンみたいですけどね。

みたいなやりとりを聞いて、天才的だと思った。
    • good
    • 0

色んな物を色んな角度から見る事、人の話をよく聞く事が重要です。


ユーミンにコップを書いて貰うと二重丸を描きます。これはコップを上から見た構図になります。
感性が普通とは違います。
そのためには、見聞を広めなくてはいけません。
才能って実は誰もありませんし、誰もが持っています。
ただ、それを徹底的に追求するかしないかだけですよ
    • good
    • 0

それを才能と呼び 芸能界に君臨してる人は その才能に長けてるだけ

    • good
    • 0

その通り


奴は宇宙人だぜ
    • good
    • 0

すごいひとだなと

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング