痔になりやすい生活習慣とは?

前回もこちらにおジャマしました。
その時のアドバイスで土壌改良をして、しばらく元気だったのに、ここ数日でいきなり木の半分くらいが茶色になり枯れてきてしまいました(元気な木もいます)
ずっと16℃くらいだったのが、突然寒くなり2~3℃になることがあったのですが、そのせいでしょうか。
(防寒対策をするのを忘れていたんです、涙)

このまま枯れていくのでしょうか。
それとも何もしなくても元気に復活するのでしょうか(そのためにすべきことはありますか?)
ちなみにこの寒さも今日までのようです。

本当に一気に枯れてしまったのでびっくりしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

結論から言うとそのままで大丈夫です。


シマトネリコの落葉には2通りあります。
1つめは自然の落葉です。
シマトネリコは半落葉樹なので秋になって気温が下がってくれば自然と落葉しますがこれは問題ありません。
半落葉と言うのは自生地では常緑だけれどもその他の環境の異なる地域において気温の低い冬期にはある程度葉を落す樹木ということです。
要するに気候風土によって順応する植物です。
2つめは今まで栽培されていたところと現在の環境が異なることによるストレスなど色々な生理的な問題で落葉するケースです。
栽培農家は最も良い状態の物を出荷しますし、その状態を作る為に色々な薬を使っていますので店から買って帰ってきた植物は大なり小なりそのような症状が出ますが、同様に土壌改良をされたそうなので暫くして新しい生育環境に慣れてくると落ち着いてきて成長を始めますので幹や枝がしっかりしていれば大丈夫です。
シマトネリコは日当たりを好み過湿を嫌いますので表土が乾いたらたっぷり水を遣りましょう。
葉水を併用すると効果的です。
日当たりを好むといっても夏だけは直射光を避けましょう。
耐陰性が強い植物なので室内でも大丈夫ですが室内で育てるときは時々日光に当てるか日当りの良い処に置く必要があります。
冬は室内越冬の場合0℃前後までは耐えますが5~10℃は欲しいですね。
花は6月から7月頃に咲きます。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

こんにちわ。
土の改良は完璧にできたと思っていたのでとてもびっくりしました。
やっぱり違うところに慣れかけている時に急に寒くなったからなんですね。
これから暖かくなるようなのでこのまま元気になってくれると信じたいです。

もう2つ質問ですが・・
※1 落ち葉を掃除していると、まだなんとか枝にくっついているけれど、もう茶色でカチカチに枯れた葉っぱが気になります。
あれは落ちてくるのを待ったほうがいいのでしょうか。
それともかろうじてくっついているだけなので手でとってやってもいいのでしょうか。
※2 葉っぱだけでなく、枯れた葉がついている細い枝も、よく見ると枯れたようになっています。これは残しておけばいいのでしょうか。それとも、元気がないし他の栄養も取ってしまうので切ってしまったほうがいいのでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

お礼日時:2005/03/15 11:22

回答に対するお礼拝見しました。


茶色でカチカチに枯れた葉は手で取れたら取ってしまいましょう。
枯れた葉がついている細い枝で枯れたようになっている物は先の方から切ってみて中が茶色くなっていればその部分は枯れていてもう復活しません。
中が緑色になっているところまで切り詰めましょう。
復活しますように祈っています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。

茶色くなったところはやっぱり復活しないんですね(涙)
元気なところまで切ってみますね。

ありがとうございました!

お礼日時:2005/03/16 10:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

シマトリネコ」に関するQ&A: 庭木の消毒

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシマトネリコが枯れちゃった!!至急お願いします。

年中、外でも大丈夫だといわれ、買ってきたのですが、
枯れつつあります。
葉が茶色になってきています。
土は、ホームセンターなどで売っている、一般的なものでいいのでしょうか?
観葉直物とあり、観葉植物の土?

何とか、復活させたいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

シマトネリコは私も育てていますが、
大体の地域ではずっと外で大丈夫です。

枯れて茶色になっているというのは、
普通、植物が枯れるようにパリパリになっているのでしょうか。
このような場合や、下の方から落葉している場合は、今の時期では、多くの場合、水不足と思います。

日当たりのいい場所では、水やりは1日に2回ぐらいやってもいいと思います。

強い日光が当たると、葉が赤茶色に染まることもあります。
これは枯れていないので心配要りません。

根詰まりで生育が悪くなったり落葉することがあっても、それで枯れてしまうことはありません。

購入後1年~2年ぐらいで植え替えします。
今後植え替えする場合は、土は観葉植物用の土ではさらっとしすぎているとおもいます。観葉植物用の土に、黒土等のねっとりした土を混ぜてやるなどした方がいいと思います。

Qシマトネリコの植え付け方法について教えて下さい。

今度3mのシマトネリコを花壇に植えることになったんですが、
木を自分達で植えるのは初めてなもので、
どのようにすればいいのかよく分かりません。
なので植え付けの方法を詳しく教えて頂けますか?

水決め法というやり方があると聞いたんですが、
そのやり方も教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今は植え付けの適期ではありません。まだ日差しの柔らかい時期、根の活動も活発化してくる3月(寒冷地は4月。)あたりが最適期です。
もし今から植え付けるとすれば、雨天や曇天が多くなる梅雨に入ってからの方が良いでしょう。
植え付け直後は根の水の吸い上げが十分ではないため、どうしても葉からの水分の蒸散量の方が勝り、この状態が続けば最悪枯れます。暑く日差しの強い時期ではこの傾向は強くなります。
普通こういう場合は、蒸散量を減らすために剪定して葉の量を減らしますが、シマトネリコでこれをやると不恰好になりますね。
しかしまあ整枝的に見て、抜ける枝があればできるだけ抜くようにしましょう。幹の付け根から枝を切り落とします。

植穴(根の直径の1.5倍ぐらい、深さもほぼ同じ。)を掘り、掘りあげた土にバーク堆肥を3割ぐらい加えよく混ぜ、根張りの良い土にしてやります。肥料は入れないようにしましょう、根が落ち着いて活着した後でも間に合います。(植えつけて1ヶ月後ぐらいに、植穴の外周部に4箇所ぐらい軽く穴を掘り(深さ20cmぐらい)、油粕を少量入れて埋戻します。あとは来年の3月あたりに、その2倍ぐらいの量を施します。)
苦土石灰等、石灰類はほんの軽く一握り程度土に混ぜるのは構いませんが、特に必要ではありません。撒きすぎるぐらいならば、撒かない方がマシです。初心者は石灰をやたら撒きすぎるので失敗する事があります。(アルカリ土壌障害)

土をある程度埋戻し株を据え付けますが、この時深植えにならないように気をつけます。シマトネリコは風で幹や枝が大きく揺れるので、ついつい深植えしがちになりますが、これは植え付け後に支柱を立てて対処するようにします。深植えすると根の発育が悪くなります。

水ぎめ法は水遣りが目的ではありません。土を泥状にして根の細部に至るまで土を行き渡らせるのが目的です。根に十分過ぎるぐらいに土を行き渡らせておかないと、やがて枯れます。初心者が庭木の植え付けで失敗する一番大きな原因です。
しかし樹木の種類によっては水ぎめよりも「土ぎめ法」の方が適切な場合もあるので注意します。(松、モクレンなど。)

しかし3月あたりならともかく、今からの時期でしたら(6月)根土はできるだけ崩さない方が望ましい。
しかし植え付け時は、水をバケツかホースで十分施しましょう。
土を7~8割埋め戻したところで大量に水遣りします。水が引くと土が幾分は沈みますから、また同じぐらい埋戻し同じことを3~4回繰り返します。植え付けが終われば十分散水しておきます。
最初の株の据付も少しばかり高めに設定しておくと良いでしょう。
最終的に少し高めになっても盛り土をして、少しばかり「高植え」になっても構いません。
支柱は3本ぐらい使って十分頑丈なものにしておきます。半年ぐらいは支柱でささえておきましょう。

今は植え付けの適期ではありません。まだ日差しの柔らかい時期、根の活動も活発化してくる3月(寒冷地は4月。)あたりが最適期です。
もし今から植え付けるとすれば、雨天や曇天が多くなる梅雨に入ってからの方が良いでしょう。
植え付け直後は根の水の吸い上げが十分ではないため、どうしても葉からの水分の蒸散量の方が勝り、この状態が続けば最悪枯れます。暑く日差しの強い時期ではこの傾向は強くなります。
普通こういう場合は、蒸散量を減らすために剪定して葉の量を減らしますが、シマトネリコでこれを...続きを読む

Qシマトネリコの葉が黄色くなり落ちてしまう

植えて4年目になるシマトネリコについてです。3メートルくらいです。この春も勢いよく新芽をつけていたのですが急に葉っぱが黄色くなりいっぱい下に落ちている状態です。この時期にこの状態はおかしいのではと気になっています。明らかに葉っぱが全体に少なくなりスカスカになってきています。気になることが一つあります。地上に根が出てきてしまっていることです。太いしっかりとした根です。かわいそうなのでなんとかしてあげたいのでどんな事でもいいので教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。

幹が触ってみて硬く、しっかりしてるなら大丈夫だと思いますよ。

もし、根がダメージなどを受けて葉が落ち始めているなら、もう手遅れな場合がほとんどです。

反対に、根や幹がしっかりしてるなら、再び芽吹くので心配要らないですよ。

きっと大丈夫ですよ!

明るく待ちましょう。

ちなみに、肥料などはあげずに様子を見てください。

Qシマトネリコも枯れてきた 助けて下さい

シマトネリコという植物を植えたのですがみるみる枯れてきました。
以前に植えたシラカシも枯れました。
植えたのは4月はじめです
場所は、北側玄関外の 井戸のようにレンガで腰の高さまで囲った花壇(?)です。家を建てたときに作ってもらったものです。
水はけが悪いのでは?といわれたこともありますがどうしようもできません・・。
半日陰、屋根の形の都合上、雨水はあまりあたらない場所です。
土はよくわからないのですが 昔店員にいわれるまま赤だま土というのを混ぜた覚えがあります。3~4日水をあげないとカチカチになるような土です。
どなたか助けていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

シマトネリコ植えられたのは今年の4月初めって事ですよね?
ただ葉っぱが落ちているだけでしょうか?
枝を折って中まで枯れているのでしょうか?

シマトネリコは半落葉性なので冬場霜が降りるような所では落葉しますよ。
あと、植え付けの年にも一度葉を落としてからもう一度新芽を出すはずです。
http://item.rakuten.co.jp/hana-online/niwaki_shimatoneriko_kabu_s/

ちなみにシラカシは
http://engeisoudan.com/lng.cgi?print+200702/07020033.txt

参考URL:http://www.hanaippai.com/qa/plant_search.php?cap=%A5%B7

Qシマトネリコが枯れてきました。

11月くらいにネットで買ったシマトネリコですが、家の北側と南側
それぞれに植えましたが、北側のシマトネリコの葉がどんどん枯れて
いってます。
枯れるというのも、水分が足りないような感じで葉が丸まっていき、
そのまま乾燥して茶色くなるという感じです。

南側のと比べて明らかにツヤもありません。南側がしっとりしてると
いう感じなら北側の葉っぱはカサカサしてる感じです。

ただあまり水とか頻繁にこの季節やるのもどうかと思い、この状態のまま置いておいたほうがいいのか質問してみました。

回答のほどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

原因
1.苗木そのものが丈夫でなかった
2.植え付け方が若干悪かった
3.日光不足と寒さでダメージを受けた

現況
 すでに部分的にかれてきている。 応急対策が必要。

対策
1.枯れ枝は速やかに枝元から切断し、他の枝葉もその傾向にあるようならば全体の3分の1ほど剪定してしまう。
2.晴れた日の午前中早くに木酢液の1000倍液をバケツ半分ほど株元にかけてやった後完熟腐葉土で暑さ10センチ程度マルチングをしましょう。
3.支柱をして風で根っこが動かないようにしましょう。

Qシマトネリコは1年間にどのくらい伸びるのか

シマトネリコは1年間にどのくらい伸びるのか
鉢植え50cmシマトネリコを育てています。庭は東と南と西から太陽が当たります。そろそろ涼しくなってきているので庭に植え替えようかと思っています。そこで庭に植えると鉢植えの時と比べてずっと大きくなると聞きました。しかし図鑑でもネットでも1年間に成長する速度がばらばらになっています。今持っているシマトネリコが1年あたりどのくらい成長するのかがわかりません。背丈は2メートルくらい、太さは8~12cmくらいほしいと思っています。助言願います。

Aベストアンサー

1年あたり40cmです。
耐寒性のあるものや斑入りシマトネリコは70cmです。

最終樹高は3mから7mですが、地植えにしても、毎年早春(葉が落ちた頃)にバッサリ剪定をすればそんなに大きくならないそうですよ。

シマトネリコ、爽やかでいいですよね。

Qシマトネリコの枝が開いています

シマトネリコを半年前に植えました。初めは支柱を立てて
ひもで枝が垂れさがらないように結わえていました。

いつまでも紐を使っているとうまく育たないと聞いたので
先日支柱と紐をとりました。すると写真のように枝が開いて
しまいました。やはりこのままほおっておいた方がうまく育つので
しょうか? 前のように支柱を立てて紐で結わえた方がいいのでしょうか?
ベテランの方教えてください。

Aベストアンサー

造園屋に勤務しています。

画像を見ましたが、失礼ですが放任(樹木に生育を全て任せ、好き放題に
生育させる事)させて居られているように感じました。
植付けが半年前のようですが、基本としては葉からの水分の蒸散を防ぐた
めに植付け前に軽く枝落としをしてから植え付けるのが普通です。
葉が多いと水分の蒸散が激しくなるだけでなく、葉や小枝に養分や水分が
行き渡ってしまうので、どうしても幹が痩せてしまいます。
枝が垂れ下がっていますよね。これは幹の太さより葉が多く出ているため、
葉の重みで枝が垂れ下がるので、このような状態になるんです。

植付けてから半年ですよね。半年で支柱を外すような事はしません。
幹がある程度の太さになるまで支柱は外さないのが基本中の基本です。
支柱があると上手く育たないと考えるのは間違いで、支柱が使用されてい
る本来の意味と役割を良く理解する事が必要です。

まず十分に根付いていると思われているでしょうが、実際には完全に根付い
ていません。風で幹が揺れると当然ですが根も動いてしまいます。根が動く
と言う事は、根付き(活着)を悪くさせると同じです。支柱は風で根が動かな
くさせたり風で倒れないようにさせる重要な役割があります。
根が完全に活着して、幹がある程度の太さになれば支柱は不要になります。
その頃になると支柱も腐ってしまいます。最低でも2年は支柱は外さないの
が基本です。
斜め支柱で構いませんから、とりあえず再び支柱を設置しましょう。
支柱があると上手く育たないと言われたのは嘘です。そんな嘘は信じない事
です。それは支柱の本来の役割を知らない人の考えです。

剪定時期は11~3月です。初夏から夏にも剪定は出来ますが、現在は猛暑
ですので剪定は控えた方が良いでしょう。今頃に剪定をすると樹勢が弱まり
越冬させる事も難しくなります。

玉ツゲ等では丸く刈りますが、シマトネリコの場合は丸刈りは邪道です。
葉の重みを軽減させて軽くさせる事が目的ですので、剪定は小枝を中心とし
て枝を抜く感じで剪定をします。込み合っている枝や長過ぎる枝を抜く感じで
剪定を行います。簡単に言うと今は手を握った感じです。これを手を開いた感
時にすると言う事です。グーをパーにすると言えば理解して貰えるでしょう。

葉は重要です。剪定時に葉を半分以下にしない事がコツです。

色々と書きましたが、文章では分かりにくいと思います。自分で出来そうにな
いなら、本職に依頼しましょう。エクステリア業者を除いた造園屋、植木屋なら
プロ中のプロですので、剪定後に枯れる事はありません。

造園屋に勤務しています。

画像を見ましたが、失礼ですが放任(樹木に生育を全て任せ、好き放題に
生育させる事)させて居られているように感じました。
植付けが半年前のようですが、基本としては葉からの水分の蒸散を防ぐた
めに植付け前に軽く枝落としをしてから植え付けるのが普通です。
葉が多いと水分の蒸散が激しくなるだけでなく、葉や小枝に養分や水分が
行き渡ってしまうので、どうしても幹が痩せてしまいます。
枝が垂れ下がっていますよね。これは幹の太さより葉が多く出ているため、
葉の重みで枝が...続きを読む

Q芝生が枯れてきました。対処法を教えていただければ幸いです。

芝生が枯れてきました。対処法を教えていただければ幸いです。

5月中旬に庭をバーク堆肥を入れながら耕し、TM9という芝をベタ張りで張りました。
1ヶ月は家族のものも入らないようにし、2~3日に1度朝に水をやり、
緑の綺麗なカーペットが出来上がったため、
6月中旬から家族に芝に入っていいと伝えました。

6月初旬には雑草が生えてくる為
【除草剤(日本芝用)日産テマナックス[プロジアミン]1kg(肥料入り:N・P・K=8・8・8)】
というものを散布しました。

この2週間ほどですが、子供が元気に遊んでいます。それが原因でしょうか?

それともこれくらいでは枯れたとは言わないのでしょうか?
エアレーション?など行ったほうが良いのでしょうか?
どなたかご教授下さい。

Aベストアンサー

ベタ張りして
入るまで1ヶ月は養生したのでしょう。
芝生の根がしっかり活着するまでは、乾燥により枯死しやすいため
散水は十分に行わなければなりませんが
丁度梅雨時期で勝手に雨が降って散水されたのではないですか。
張り芝施工して養生期間に葉が細くなるほどにしたら
枯れてしまいます。
活着したら
何日おきにと管理するのではなく芝の状態を見て散水も判断することです。
アマチュア用に土壌水分計やPHメーターも売ってますが
基本は良く芝を見るということになります。
基準は#2の回答者さんの通りです。

画像では良くわかりませんが
目土はしたんですかね。
病気でなければ
適宜に
刈り込みはしなければなりませんよ。
TM9は高麗の品種改良であまり伸びないようですが
長く伸ばして短くかることはできません。

踏んで根切れしているのであれば
散水管理をして刈り込みをすれば
順次回復していくと思います。

拙宅でも養生期間に
近所のババアが勝手に横断して
その足跡通りに枯れたことがあります。
乾燥なのか踏み圧なのかわかりませんが
状況の変化を良く見て対処するしかありませんね。

除草剤は選択性でも芝にインパクトが無いわけではありませんし
遅れて効くと厄介です。
根がばっちり張っていればあまり雑草も生えてこないので
手で抜いても知れた物です。
クローバーはそうは行きませんが。

虫も病気もありますし
放っておいても青くなっているわけではないので
子供同様に手がかかります。
>2~3日に1度朝に水をやり、
梅雨明け期に土壌にたっぷり水を含んだ状態で高温になると
窒素が爆発的に作用して肥料焼け状態になるので
これからの時期散水量に注意してください。

ベタ張りして
入るまで1ヶ月は養生したのでしょう。
芝生の根がしっかり活着するまでは、乾燥により枯死しやすいため
散水は十分に行わなければなりませんが
丁度梅雨時期で勝手に雨が降って散水されたのではないですか。
張り芝施工して養生期間に葉が細くなるほどにしたら
枯れてしまいます。
活着したら
何日おきにと管理するのではなく芝の状態を見て散水も判断することです。
アマチュア用に土壌水分計やPHメーターも売ってますが
基本は良く芝を見るということになります。
基準は#2の回答者さんの通りです...続きを読む

Qシマトネリコの葉が枯れます。病気でしょうか。

お世話になります。

庭先に植えているシマトネリコの葉が少なくなってきたな~って以前から思ってはいたのですが、
今日よく見てみるとあちこち葉が枯れてきています。
隣に植えているシマトネリコはあまり枯れてないので、病気のような気がします。

病名と対策お分かりの方、アドバイスお願いします。
写真添付します。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
お写真、すごいですね。シマトネリコのこのような葉ははじめてみました。
現段階ではあまりお役にたつコメントができませんが、、

実物を触って実際にみてみないと分かりませんが
パッと見(葉の形のはげしい欠損やちぢれ、すけ?感など)には、
病気・・より、虫、、がそもそもの原因のようにも見受けられます。

また、もし、スタートが小さな斑点などから、であれば「褐斑病」などではないでしょうか?

樹形に影響なければ、まずは、この付近の色のついた部分の
元の枝からはずして(落として)みてはいかがでしょうか?

ぜひ、初期症状なども、よく観察されて一緒に掲載ください。
もう少し情報がもらえるのではないでしょうか?

Q弱ったシマトネリコ。冬のうちにすべきことは??

お世話になります。
北向きの庭に植えてて、日照時間が足りないせいか、3年目になるシマトネリコが年々葉を落としていきます。

今年の夏に向け、今のうちに与える肥料とか、土の改良とか、木に体力をつけさせるためにやるべき事を紹介してください。

今は、年に2,3回窒素系の白い球の肥料を撒く程度です。
土は、真砂土に園芸用の肥料を混ぜたものだと思いますが、植林業者に任せたので、よく覚えていません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

シマトネリコは別名タイワンシオジと言い、モクセイ科トネリコ属の常緑
広葉樹です。庭木や花木に分類されますが、屋外用の観葉植物として扱わ
れている人気のある樹木です。

植え場所は水はけが良く日当たりの良い場所を好みますが、半日陰の場所
でも生育します。ただ現在は北向きの庭に植えられているようですから、
日照時間は全く無いと言った方が正しいかも知れません。

シマトネリコが葉を落とす原因は、温度変化に敏感な樹木ですから、急に
気温が下がったりすると生長を停止して、落葉してしまいます。
台湾から中国が原産地で、どちらかと言えば暖かい気候を好みます。
ある程度の寒さには耐えれますが、やはり0℃以下になると葉が痛んだり
何らかの変化を表すようになります。乾燥や加湿にも弱く、それだけでも
葉を落としてしまう事があります。いくら体力を付けさせても気候の変化
には対応する事が出来ませんから、そのためには植え場所は良く考える事
が大切だと思います。
植え場所は北側の庭しか無かったのでしょうか。

今の時期は何もする事が出来ません。出来る事と言えば、状態を良くする
ために現在の植え場所から日当たりの良い場所に移動させるため、適切な
場所の確保をする程度です。土壌改良や施肥が出来る時期ではありません
ので、間違っても行わないようにしましょう。

植え付けと移植は時期が異なります。移植の場合は3月中旬から下旬に行
います。植え付けは3月中旬から下旬と、9月下旬から10月上旬の間に
行います。

植え場所は日当たりが良く水はけが良い場所を選びます。また寒風が直に
当たらない場所の方が良く育ちます。

肥料は2月に寒肥として、有機質の物を土にすき込むように施します。
それ以外は与える必要はありません。
現在は窒素系の肥料を与えて居られますが、窒素分を多く施されると窒素
過多になって葉だけが生い茂り、いつまで経っても花が咲きません。花は
白い小さな花を咲かせます。それに年2~3回は与え過ぎです。これでは
土壌は窒素分の塊になってしまい、葉だけが生い茂ってしまいます。
窒素分だけでは生育しませんので、当然ですが体力も落ちてしまいます。

植え付けたのは植林業者のようですが、この植林業者と言うには造園業や
植木屋さんの類とは違いますよね。造園業や植木屋さん以外の業者は樹木
を植える事はしても、樹木に対しての知識が少ない所が多いのも隠せない
事実です。実際に日照時間の無い北側に植える時は、余り生育場所には適
していない事は告げられるはずです。

以前に造園土木の会社に勤務していた経験から回答しました。

シマトネリコは別名タイワンシオジと言い、モクセイ科トネリコ属の常緑
広葉樹です。庭木や花木に分類されますが、屋外用の観葉植物として扱わ
れている人気のある樹木です。

植え場所は水はけが良く日当たりの良い場所を好みますが、半日陰の場所
でも生育します。ただ現在は北向きの庭に植えられているようですから、
日照時間は全く無いと言った方が正しいかも知れません。

シマトネリコが葉を落とす原因は、温度変化に敏感な樹木ですから、急に
気温が下がったりすると生長を停止して、落葉してしまいます。...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング