タイトル通りです。
不思議な空気の匂いがする映画を教えてください。
故・黒澤明監督の「夢」や、ネバーエンディングストーリーのような・・・。
そういえばスピルバーグ監督のオムニバス映画もありましたよね。
そんな感じのです。
なぞなぞだらけで最後に疑問が残ったりする???な映画ではなく、
観てるうちにふし~ぎな空気に包まれていくような映画です。
よろしくおねがいします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

なかなか抽象的な質問でちょっと考えてしまいました(笑)


僕の感覚でいうと、ルイ・マル監督の「地下鉄のザジ」
なんかけっこう不思議な空気が漂うって感じがします。
地下鉄に乗るのを楽しみにパリにやってきたザジという
少女の物語ですけどストーリーはあってなきがごとしで、
フィルムの早送りなどを駆使したかなりシュールな作品
です。見てるうちに不思議な感覚にとらわれますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
具体的な質問できてなくてすみません・・・。
「地下鉄のザジ」、観てみたいです!

お礼日時:2001/09/09 21:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光ファイバーでの映画はどのていど鮮明でしょうか

インターネットでの映画をときどき見ています
光ファイバーにするとより鮮明になるそうなので、乗換えを視野に入れています。

光ファイバーでのインターネット映画の映りは実際のところはどのていどのものなんでしょうか 

現在はヤフーADSL50M です インターネットでの映画は見られなくはないがいまいちなのです

速度測定では
 下り 3.66Mbps
 上り 0.8Mbps
 伝送損失39dB
 線路距離2980m
と出ました(価格.com)

PC WinXPHomeSp2  Pen4 3.06GHzメモリ512×2

Q1光ファイバーでは期待できる速度やインターネットでの鮮明さはどのていどになるでしょうか
電器店とかでデモっているのを見れば判るでしょうか

Q2現在ブロードバンドルータを介してデスクトップ2台をLANケーブルで、ノート1台を無線でつないでいますが、光にしてもこれはそのまま使えますか(BUFFALO Air Station WYR G54 )

Aベストアンサー

 画像の鮮明さは回線速度ではなく、データ提供元の会社が決定します。
 現在、多くの会社から提供されているデータは、最大でも秒間2Mbps程度で、これはあなたのおうちなら充分視聴できるサイズです。(会社によっては、もっと画質のいいデータを提供しているところがあるかもしれませんが)
 よって、光ファイバーに乗り換えても、画質の向上はまったく見込めないでしょう。

 ちなみに、光ファイバーに乗り換えた場合、現在お使いのルーターは使えなくなります。
 ノートで今と同じように通信するには、専用のルーターを用意する必要があります。(光回線の提供元に聞けば用意してくれるかもしれませんが)

Q黒澤明監督の映画『デルス・ウザーラ』は名作だと思いますが、

これと似たような印象の作品をご存知でしたら、教えてください。

ちなみに、ルーカスの『スター・ウォーズ』シリーズや宮崎アニメは、明らかに黒澤作品の影響を受けていると思われますので、除いてもらって結構です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

デルスとカピタンの関係を鑑みるにちょっと趣向が違うかもしれませんがドイツの監督ヴェルナーヘルツォークの作品はどうでしょうか?
文明人と大自然の邂逅といったテーマの作品がけっこうあります。
DVDも最近再発したのでレンタルも出来るものが増えました。


「フィッツカラルド」
DVD再発の告知映像
https://www.youtube.com/watch?v=5323eWq6cPw

「アギーレ神の怒り」「コブラヴェルデ」
上記同
https://www.youtube.com/watch?v=jRWN0UkZs50

DVD化が待ち遠しいところですがもう1本
「緑のアリが夢見るところ」
https://www.youtube.com/watch?v=dddMp8iknTA


80年代その作風から欧米で”現代のデビッドリーン”なんて呼ばれていたローランドジョフィの作品も似たところがあります。
「キリングフィールド」「ミッション」がメジャーですがインドのカルカッタを舞台にした「シティオブジョイ」がカピタンとデルスぽいかも?

他には
「ケマダの戦い」
https://www.youtube.com/watch?v=nd_WPdc2Mgg

ふと思い出しましたが、オーストラリアの砂漠に迷い込んだ都会育ちの少女とその弟とアボリジニの少年との交流を描いた「美しき冒険旅行」なんてもあります。
https://www.youtube.com/watch?v=f5T_9WDZS5s

国内ではDVDになっていない作品も取りあげましたが、興味のある作品がありましたら、ぜひどうぞ。

デルスとカピタンの関係を鑑みるにちょっと趣向が違うかもしれませんがドイツの監督ヴェルナーヘルツォークの作品はどうでしょうか?
文明人と大自然の邂逅といったテーマの作品がけっこうあります。
DVDも最近再発したのでレンタルも出来るものが増えました。


「フィッツカラルド」
DVD再発の告知映像
https://www.youtube.com/watch?v=5323eWq6cPw

「アギーレ神の怒り」「コブラヴェルデ」
上記同
https://www.youtube.com/watch?v=jRWN0UkZs50

DVD化が待ち遠しいところですがもう1本
「緑のアリが夢見ると...続きを読む

Q映画の背景で換気扇がゆっくり回って光が射し込んでいる映像

よくある映画のシーンで、背景に換気扇がゆっくり回っていてその隙間から光が射し込んでクルクルまわっているいる映像をよく見るのですが、これを一番最初にやった映画や監督は誰ですか?

大抵の映画にこのようなシーンがあるような気がするのですが・・・何故なんでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リドリースコットだと思います。ブレードランナーや、ブラックレイン、エイリアンなどに、そのようなシーンがでてきます。パッと思い浮かんだのが、リドリースコットです。

参考URL:http://www.i-breeze.com/ayachi/direct/direc_r/direc_r02.html

Q黄金期の黒澤映画より面白い映画を教えてください

できれば、客観的なご意見でお願いします。

Aベストアンサー

好みにもよると思うのですが、ちなみに黄金期の黒澤映画というとどの作品からどの作品になるんでしょうね?
個人的には「羅生門」から「赤ひげ」くらいと考えているんですけど。

人間ドラマだとインド映画で「大地のうた」という作品があります。
黒澤が映画祭の常連になって自信満々でカンヌだったかベネチアだったかへ乗り込んだときに、結局主だった賞は獲れず不思議に思っていたところ、この作品が出品されており、上映されたのを見て、賞を獲れなかったことに納得した、というエピソードがあります。
ただ娯楽的な要素に溢れる映画ではないので、とっつきにくいかもしれませんけど。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008KL5C/sr=8-4/ref=sr_8_xs_ap_i4_xgl15/249-6537875-8753111


黒澤自身はジョンフォードの映画、特に西部劇に影響を受けたようです。ロンドン映画祭に招待されたときにはフォードと意気投合したそうで、『二人並んで葉巻を咥えて連れション』というほどの仲になったのだとか。
ウィリアム・ワイラーに関しても、映画祭で会った時のことを著書で語っていたと思います。
他にもデビッドリーンなんかも年齢が近いので、仲良く並んで写っている写真があります。どの程度親交があったのかはわかりませんが。

黒澤映画の時代劇に見られるダイナミックで骨太なドラマ作品だとフォードの「駅馬車」「荒野の決闘」、あるいはワイラーの「大いなる西部」なんてどうでしょうか。

「駅馬車」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0009J8K9U/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/249-6537875-8753111

「荒野の決闘」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0009A48JA/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/249-6537875-8753111

「大いなる西部」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006TPEYW/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/249-6537875-8753111


リーンだと「アラビアのロレンス」と「戦場にかける橋」が娯楽性と人間ドラマがうまく合致していているので、楽しめると思いますが。

黒澤が選んだ100本の映画というのがあるので、参考までに(たしかBSで放送する際の企画だったと思うので、たぶんに版権等が考慮されているのかもしれませんけど)

http://homepage3.nifty.com/ishizuka_n/movie/kurosawas_100.html

好みにもよると思うのですが、ちなみに黄金期の黒澤映画というとどの作品からどの作品になるんでしょうね?
個人的には「羅生門」から「赤ひげ」くらいと考えているんですけど。

人間ドラマだとインド映画で「大地のうた」という作品があります。
黒澤が映画祭の常連になって自信満々でカンヌだったかベネチアだったかへ乗り込んだときに、結局主だった賞は獲れず不思議に思っていたところ、この作品が出品されており、上映されたのを見て、賞を獲れなかったことに納得した、というエピソードがあります。
...続きを読む

Q光と闇が対決する映画を教えてください

光と闇が対決する映画を教えてください。
洋画邦画アニメなんでもいいです。
たとえば「幻魔大戦」みたいなものでしょうか?

よろしくご教示お願いします。

Aベストアンサー

アニメ 「バンパイヤーハンターD」

 人間とバンパイヤーの混血、D(ディー)が
バンパイヤーたちと戦います。
 人間からはバンパイヤの仲間のように見られ
嫌われるDですが、彼に救われた人たちは彼への
感謝の気持ちを忘れていません。


洋画 ブレイド

 この日本アニメのパクリだと言われているハリウッド
映画に「ブレイド」というのがあります。
出産の直前に母親がバンパイヤーに襲われ、
人間でありながら、バンパイヤーたちが持つ
特殊なパワーを身につけたブレイドとバンパイヤー
たちの戦いを描きます。吸血本能だけは薬で
押さえ戦うブレイドですが、徐々に限界に近づき
苦戦を強いられます。

Q井筒監督のスピルバーグ嫌い

井筒監督はミュンヘンを見て「作り物っつぽく見える」と批判的な感想を述べていたらしいですね。
その番組自体は見れなかったんですが、井筒監督ってスピルバーグ自体嫌いっぽくないですか?。もちろん批判するのにしっかりとした根拠があるとは思うのですが・・・。
私は、スピルバーグの歴史ものは好きで「シンドラー」「ライアン」もとても面白く、この作品も未見ですがとても期待しています。
井筒監督はこの作品についてもっと具体的にどう批判していたんですか?。前回のホテルルワンダはかなり高い評価をしていました、同じ歴史上の事実を描いた作品なのに、どうしてここまで違ってしまうんでしょうか?。

Aベストアンサー

番組も『ミュンヘン』も見ていないので回答はできないのですが、かの「世界の黒澤」こと故 黒澤明監督の息子さんである黒澤久男氏がテレビで言ってたんですが、黒澤家には昔からスピルバーグやら誰やらが、尊敬すべき黒澤明監督を慕ってフツーに遊びに来たりしていたそうで、一方の黒澤監督は、スピルバーグの新作を見ては「相変わらず下手だな」なんて言ってたそうです。

私もスピルバーグは大好きですよ。でも、わかりやすくて娯楽性はあるものの、日本の根っからの映画人にしてみれば、いかにもハリウッド的でピンと来ないのだと思います。

また、井筒監督は辛口批評が売り物ですから、独断と偏見でいろいろなことを言うのでしょう。ただ、申しましたように、『ミュンヘン』は見ていないのですが、『シンドラー』『ライアン』『ルワンダ』を比べると、やはり前者2作は圧倒的に脚色が強くて大衆的な感じがしますよね。それはそれで、幅広い層の人々を喚起できると私は思いますが、「歴史」というよりは「娯楽」に近いかなあとは感じますね。そのへんなのかな?

(まったくの余談ですが、そんなふうにして絶賛されている『ホテル・ルワンダ』は意外にも大衆受けする作品だと感じましたので、見ていない人は臆せず見てほしいです。)

番組も『ミュンヘン』も見ていないので回答はできないのですが、かの「世界の黒澤」こと故 黒澤明監督の息子さんである黒澤久男氏がテレビで言ってたんですが、黒澤家には昔からスピルバーグやら誰やらが、尊敬すべき黒澤明監督を慕ってフツーに遊びに来たりしていたそうで、一方の黒澤監督は、スピルバーグの新作を見ては「相変わらず下手だな」なんて言ってたそうです。

私もスピルバーグは大好きですよ。でも、わかりやすくて娯楽性はあるものの、日本の根っからの映画人にしてみれば、いかにもハリウッド的...続きを読む

Qプリキュアの映画に行くと大きなお友達も光るライトをもらえますか?

プリキュアの映画に行くと大きなお友達も光るライトプレゼントをもらえますか?
一人で行った場合。

Aベストアンサー

チケットを買わずに入れる下の娘と
チケットを買った私は貰えませんでした。
チケットを買って入った上の娘だけが貰えました。
だから貰えないんですよ。なんだか納得いきませんが。

ちなみに昨秋の光るライトはミラクルライトII
この春のものはミラクルライトIIIです。

新しい主人公にちなんで
「幸せゲットだよ~♪」と言いたいところですが。。

Q自主制作で黒澤映画のおいしいとこどりの時代劇を撮りたい

のですが、予算はどのくらいかかるでしょうか?
予定時間は5分です。
ストーリーとしては、『用心棒のラストの切り合い』⇒『椿三十郎のラストの切り合い』です。ロケセットは、河川敷で取るので必要ありません。整備された道路で撮るのも面白いかなと考えています。服は和服です。刀がライトセーバーになっても面白いかなぁと考えています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在どういった撮影機材や小道具、衣装などが用意できていて、何がないのかわからないと予算なんて計算できないのでは?

カメラ(DV、フィルム?)、照明(必要なら)、衣装、小道具、編集機材など、必要なものをリストアップして購入するのかレンタルするのか既にあるのか割り出してみては?
ライトセーバーをCGで表現したいなら、そういったソフトも必要です。

Qライチ☆光クラブを映画館で見たいのですが、どこで今やってますか? 神奈川、東京でお願いします

ライチ☆光クラブを映画館で見たいのですが、どこで今やってますか?
神奈川、東京でお願いします

Aベストアンサー

1年前の映画です。 今上映している映画館はありません。

Q黒澤明監督が世界の「クロサワ」といわれる所以はなんでしょう?

こんばんわ。質問はタイトルの通りなんですが、黒澤明監督が世界の「クロサワ」といわれる所以はなんでしょうか?
映画にこめられた思想がすごいのですか?あるいは演出などの技法が秀でているのでしょうか?

先日外国人の友達が黒澤監督の事を絶賛していたのでちょっと気になった次第です。
ちなみに私は黒澤監督の映画はまだ見た事がありません。おすすめの作品などあれば紹介もお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

世界的に知名度のある日本の映画監督に溝口健二、小津安二郎、そして黒澤明がいます。
ほかにもカンヌで二度最高賞に輝いた今村昌平監督とか、フランスでも合作を撮っている大島渚監督とかまだ何人もいるんですけど、先の三人はのちの世界中の映画に与えた影響が大きいので、その点では突出してます。

で、黒澤監督ですが、人間ドラマからアクション娯楽作品まで、万人に受けるような作品を作り、またその映画が何度もリメイクされるなど、特に世界の映画情勢に与えた影響が大きかったのが「世界のクロサワ」と呼ばれるゆえんです。

アメリカやイギリスの映画学校の授業ではクロサワ作品が教材になっています。
ボクが見たのは「七人の侍」を使って、人間の動きや、音楽の使い方、編集の技法を学ぶ授業している様子だったのですが、50年も前の作品であれ、映画を目指す人にとっては手本となる作品になっているわけです。

まずは「七人の侍」を見てはどうでしょうか?
「荒野の七人」や「宇宙の七人」など「○○の7人」という映画はたくさんありますが、この「七人の侍」がすべての原点です。

この作品が面白かったら「用心棒」「椿三十郎」など続けてほかの作品も見たくなるはずです。

また現在ハリウッドでリメイクが進行中の「生きる」(トムハンクが主演らしいです)、「酔いどれ天使」(ディカプリオ主演で監督はスコセッシ)などもいいと思います。

高名だったわりに作品の数は少ない監督なので、どれを見ても大きなはずれはありませんし、レンタル店には必ずどれかの作品が置いてあります。

世界的に知名度のある日本の映画監督に溝口健二、小津安二郎、そして黒澤明がいます。
ほかにもカンヌで二度最高賞に輝いた今村昌平監督とか、フランスでも合作を撮っている大島渚監督とかまだ何人もいるんですけど、先の三人はのちの世界中の映画に与えた影響が大きいので、その点では突出してます。

で、黒澤監督ですが、人間ドラマからアクション娯楽作品まで、万人に受けるような作品を作り、またその映画が何度もリメイクされるなど、特に世界の映画情勢に与えた影響が大きかったのが「世界のクロサワ」...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報