こんにちは。
いま、グルーブ感のある映画を探しています。
私の言うグルーブ感とは、
・グループで一致団結し「何か」をやり遂げる
・その「何か」を発表する場には観客がいる
・しかしスポーツものではない
というものです。
記憶に残っている作品は
「ウィーターボーイズ」「スゥイングガールズ」「フル・モンティ」などです。音楽やダンスに関係しているものが好きですね。

と、身勝手な条件をあげてしまいましたが、お勧めの映画がありましたら、ぜひお教えください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ダンス系だったら、ユーガットサーブドがいいんじゃないでしょうか。

かっこいいし、すっきりします。
あとスポーツ系なんですが、チアーズもいいと思います。もしよければ参考までに・・・。
    • good
    • 0

ちょっと違うかもしれないですが、「アイデン&ティティ」なんていかがでしょう??


バンドブームの頃の日本の若者(バンドマン)を描いた宮藤官九郎が監督の作品です。
笑える&感動する青春映画ですよ☆
キャストでは中村獅童や現、銀杏BOYZの峰田和伸(ex:GOING STEADY)、コタニキンヤ、麻生久美子等なかなか豪華で個性あふれる方達がたくさん出ています♪
個人的に映画の中で岩本(役はコタニキンヤですが声の主は違います^^;)が歌っている「リリーマイレーン」という曲が好きですvV
DVDも出ているので是非!!!

参考URL:http://www.iden-tity.com/
    • good
    • 0

「ロボコン」


音楽ではないけれど、すごく青春って感じ。「ウォーターボーイズ」や「スウィングガールズ」的な雰囲気?

「コヨーテ・アグリー」
音楽とかダンスはいい感じ。みんなで一つの作品を!って感じではないけれど、みんなでバーを盛り上げてる雰囲気はいいんじゃないかな、とか。

ちょっと本題ではないんだけど・・・
「恋に落ちたシェイクスピア」
ロマンスがメインなんだよな・・・。舞台に上がってたりの部分が非常に良いので、そっちのほうがメインだったらもっと好きだったのに、と思った作品でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、「ロボコン」確かに雰囲気似てますね!良かったです。「恋に落ちたシェイクスピア」はうーんって感じです。「コヨーテ・アグリー」は未見でした。私の希望に合っていそうな作品ですね。チェックしてみます。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/16 12:14

アラン・パーカー「フェイム」。


いちばん気にいった音楽映画です。「ウエストサイドストーリー」はいちど見たきりですが、フェイムはビデオで三回みました。エンドレステープみたいに、見おわるとすぐに四回めを見たくなって。まるで中毒にかかったような映画なんて、あとにもさきにもこのフェイムだけです。

映画でなくて著書ですが、「青春」「音楽」「グループ」という条件に完全にマッチするという意味のお勧めで、永倉万治  「黄金バット」

東京の小さなアングラ劇団に、ある日、アメリカの有名なproducerから思いもよらぬ話が舞い込みます。
「ブロードウエイに出演しないか」。
その日から、舞い上がったり、落ちこんだりをくりかえしながらクライマックスにいたるまでの過激で情熱的な日々。その青春そのものの日々を、演出家見習、アメリカ公演では舞台にあがった作者が、後年、鮮明に記憶を蘇らせながらつづった傑作。「なんという青春。それにひきかえ」とため息をついた作品でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「フェイム」は聞いたことがない映画でした。調べてみたいと思います。「黄金バット」はやはり聞いたことがありませんでしたが、内容に非常に興味を覚えました。これは小説なのでしょうか? 面白そうなのでぜひ読んでみたいと思います。どうもありがとうございました!

お礼日時:2005/04/15 14:59

>音楽映画



・ブラス
・スクールオブロック
・ドラムライン
・天使にラブソングを
・ブルースブラザーズ

>それ以外

・ラヂオの時間(邦画。観客は居ないけど)

ごめん。今はこれしか浮かばない。(ーー;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうそう、「スクールオブロック」を忘れていました。あれはとてもよかったです。「ドライムライン」は確かに私の条件通りなのですが、なぜかイマイチ感がありました。。「ブラス」は知らない映画でしたので、調べてみます。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/15 14:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「昼顔」の監督について

ビデオで「昼顔」をみてショックを受けましたこの映画の監督について知っている方なんでも良いので教えていただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

 「昼顔」〔66.仏〕の監督ルイス・ブニュエルは1900年スペイン生まれのシュールリアリズム映画の巨匠です。ダリと共同で脚本を書いた「アルダルシアの犬」〔28.仏〕、メキシコの非行少年たち描いた「忘れられた人々」〔50.メキシコ〕、奇想天外なトラブルが続くうちに、悪夢のような不思議な世界が生まれてくる「昇天峠」〔51.メキシコ〕、チャップリンの「殺人狂時代」というより、ロッセリーニの「殺人カメラ」を思い出させる軽妙な雰囲気の「アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」〔55.メキシコ〕、スペインを追放される原因となった「ビリディアナ」〔61.スペイン〕、ブルジョワへの諷刺が冴えるメキシコ時代の傑作「皆殺しの天使」〔62.メキシコ〕、現代の話なのに、キリスト・サド侯爵などが登場する奇想天外な物語「銀河」〔68.仏=伊〕、パリを舞台にしたアカデミー外国映画賞受賞作「ブルジョワジーの密かな愉しみ」〔72.仏〕、とりとめもなく悪夢のような挿話が続くとぼけた諷刺劇「自由の幻想」〔74.仏〕、遺作となった「欲望のあいまいな対象」〔77.仏=スペイン〕など数多くの代表作があり、1983年に亡くなっています。
 私が思うには、「昼顔」はブニュエル作品の中では出来の悪い方だと思います。前述のように、もっと凄いのがいっぱいありますよ。

 「昼顔」〔66.仏〕の監督ルイス・ブニュエルは1900年スペイン生まれのシュールリアリズム映画の巨匠です。ダリと共同で脚本を書いた「アルダルシアの犬」〔28.仏〕、メキシコの非行少年たち描いた「忘れられた人々」〔50.メキシコ〕、奇想天外なトラブルが続くうちに、悪夢のような不思議な世界が生まれてくる「昇天峠」〔51.メキシコ〕、チャップリンの「殺人狂時代」というより、ロッセリーニの「殺人カメラ」を思い出させる軽妙な雰囲気の「アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」〔55.メキシコ〕、スペ...続きを読む

Q爽快な青春映画教えてください。好みの路線とレベルは「ウォーターボーイズ」「チアーズ」です。

映画は好きなのですが、3年くらい見ておらず、
最近の良作映画を見逃しております。

週末、友人の家に遊びに行くので、
明るくて爽快で、スカッとした映画を借りて一緒にみたいなぁ~と思っています。

友達が最近つらいことがあったばかりなので、
できれば頭空っぽで見れて、高揚感で涙が出てくるような映画がいいのです。

となると、やっぱり個人的には青春映画(爽快系・スポ根?)が良いのですが、
どうせならば、レベルの高い一品を見たいので、
ぜひ、お知恵を貸してください!

「ウォーター・ボーイズ」「チアーズ」
「スクール・オブ・ロック」「リトル・ダンサー」
「遠い空の向こうに」(スポ根じゃないですが)
などは、レベルが高いと思っています。

そして、厳しい事を言うと「ドラムライン」は
ストーリーが単純すぎて、イマイチです。
「タイタンズを忘れない」(良い映画ですが、テーマが少し重い)

できれば、洋画で。
邦画でも、字幕が入っている物で教えていただければ幸いです。

映画好きの方、どうぞよろしくお願いいたします。

映画は好きなのですが、3年くらい見ておらず、
最近の良作映画を見逃しております。

週末、友人の家に遊びに行くので、
明るくて爽快で、スカッとした映画を借りて一緒にみたいなぁ~と思っています。

友達が最近つらいことがあったばかりなので、
できれば頭空っぽで見れて、高揚感で涙が出てくるような映画がいいのです。

となると、やっぱり個人的には青春映画(爽快系・スポ根?)が良いのですが、
どうせならば、レベルの高い一品を見たいので、
ぜひ、お知恵を貸してください!

「ウォー...続きを読む

Aベストアンサー

「世界最速のインディアン」
若者の青春映画ではないですが、実話を元にした老人の青春映画で、登場人物があたたかくてストーリーも爽快なロードムービーです。

「ルディ」
スポ根ですが、ちょっとオチこぼれ気味の主人公。
ラストはすごく高揚できますが、お好みに合うでしょうか。

邦画なら、フラガールあたりはいかがでしょうか?

Q映画【昼顔】30以上女子が 観に行くには 重くない??

映画【昼顔】30以上女子が 観に行くには 重くない??

Aベストアンサー

自由ですよー。楽しまれてください。
娯楽の好みは人それぞれなので、他の人の目は気にされなくてもよろしいかと。

Q興行収益・観客動員数の出し方?

例えばAという映画に
一人は1800円払ってみた
一人は1300円の前売りで入った
一人はポイントを使いタダでみた

この場合、興行収益は3100円・観客動員数3人って事になるんでしょうか
実際、興行収益・観客動員数の出し方ってどうやってるんでしょうか?

Aベストアンサー

単純ですが『興行収入=入場料金×入場者数 』と言っていいです。
ですので、例に挙げられている「・・・3100円、3人」は間違えありません。動員も映画館毎にチェックしているのでその合計になります。

で、ここからが落とし穴というのかあまり知られていないのですが、この興行収入の50%~70%(邦画洋画で違いますけど)が配給側の取り分となり、残りが映画館の取り分となります。
でもって配給側の取り分から宣伝費やプリント費などなどあれこれを差し引いた額に、”各配給会社ごとに決められている配給手数料”を掛けた数字を、配給側の取り分から差し引いた額が配給収入(映画を作った上での実際の儲け)となります(ややこしい……)。

Q【昼顔】て 昼間だけの 不倫映画あるけど。 結婚は→生活の駄目。 恋愛は→自由て発想。 なら 子供に

【昼顔】て 昼間だけの 不倫映画あるけど。
結婚は→生活の駄目。
恋愛は→自由て発想。
なら 子供にも 倫理は 教育すべき?

Aベストアンサー

教育すべきだと個人的には思います。

Qオススメの山岳映画、航空機もの映画は?

映画の中でも登山、山岳もの映画や
飛行場、航空機がメインの映画を
好んでおります。
邦画・洋画は問わず!
オススメを教えてください!

Aベストアンサー

タイムリーな質問ですねぇ。
竹内洋岳さんがついに日本人初の8000m峰全14座完登を果たしましたね。

で、山岳系でまだ出ていないものだと

「アイガー北壁」
1930年代、ナチスの威信を担って登攀に挑んだ男たちの実話です。
http://c.oshiete.goo.ne.jp/kotaeru_reply.php3?q=7496237

「ヒマラヤ 運命の山」
登山界のスーパースター:ラインホルト・メスナーがナンガパルバットに挑戦したときの実話です。メスナー自身が製作にも参加しています。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=340029

「彼方へ」
上記のメスナーが原案を書き、ドイツの鬼才ヴェルナー・ヘルツォークが監督した登山ものです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=4624

「K2 ハロルドとテイラー」
非情の山と恐れられるK2(カラコルム第2峰)に挑む2人の男の友情ものです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=6958

「バーティカル・リミット」
K2を舞台にしたハリウッド製冒険アクションです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=161972

「運命を分けたザイル」
1985年にアンデスで起きた遭難劇を当事者たちのインタビューなどによって再現ドラマ化した作品です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=321114

「クリフハンガー」
ロッキー山脈を舞台にしたシルベスター・スタローン主演の山岳アクションです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=6487

邦画だと
「聖職の碑」
中央アルプスの山岳遭難事件を描いた1978年の作品です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=146437

「八甲田山」
明治時代、来るロシア軍との戦いに備え、雪中行軍に於ける遭難を描いた作品です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=145925

ドキュメンタリーですが
有名登山家のひとりガストン・レビュファ作品で
「天と地の間に」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=15632
「新・天と地の間に/星にのばされたザイル」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=11449

アルプス三大北壁の冬期単独登攀を世界で初めて成し遂げた登山家:長谷川恒男を追った「北壁に舞う」なんてのもあります。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=146743


★航空機ものも数本

クラシックの名画ですが
1950年代イギリス空軍の音速への挑戦を描いた
「超音ジェット機」
監督がのちに「アラビアのロレンス」などを撮るウルトラ完璧主義者のデビッドリーンなので、実際のジェット機があれこれ出てきます。低空飛行のジェット機が畑を横切り、少し遅れて風が畑を通過していくシーンとか、凝った演出も見ものです
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=14733

上記のアメリカ版とも言えるのが
「ライトスタッフ」
こちらも音速に挑戦する飛行士たちの話しですが、途中から宇宙開発に飛行士がスカウトされちゃうもんだから、音速+宇宙の2話状態で話しが進みますけど、実話なのでパイロットたちはとにかくカッコイイですよ。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=24484

複葉機時代のものも数本
「華麗なるヒコーキ野郎」
1920年代の曲芸飛行士たちの活劇です。
1975年の映画でまだCGなんぞありませんから、空中でのバトルはなかなかですよ。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=4901

「素晴らしきヒコーキ野郎」
1910年ロンドン-パリ間の飛行レースに参加するいろんな国のパイロットを描いたコメディ調作品です。日本からは東京都知事の弟さん石原裕次郎が参戦しました。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=12115

戦争ものも2本だけ
「レッド・バロン」
ジブリのアニメに「紅の豚」という飛行ものがありますが、そのモデルと言われる第一次世界大戦の追撃王マンフレッド・フォン・リヒトホーフェンを描いた作品です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=25367

「追撃王 アフリカの星」
こちらは第二次世界大戦の追撃王:ハンス・ヨアヒム・マルセイユを描いた作品です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=7008

タイムリーな質問ですねぇ。
竹内洋岳さんがついに日本人初の8000m峰全14座完登を果たしましたね。

で、山岳系でまだ出ていないものだと

「アイガー北壁」
1930年代、ナチスの威信を担って登攀に挑んだ男たちの実話です。
http://c.oshiete.goo.ne.jp/kotaeru_reply.php3?q=7496237

「ヒマラヤ 運命の山」
登山界のスーパースター:ラインホルト・メスナーがナンガパルバットに挑戦したときの実話です。メスナー自身が製作にも参加しています。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=340029

「彼...続きを読む

Q映画のあらすじや内容(ネタバレ)が豊富なサイト

タイトルのように映画のネタバレが豊富なサイトを探しています。私は理解力がなかったり、見た映画のあらすじを忘れたりすることが多いので、どんな映画だったかなと確認するためにそんなサイトがあればいいなと思っています(できるだけ映画数が豊富で)。映画でいろいろ検索しても軽い内容は書いてあってもネタバレ防止のため全内容や結果などが書かれているサイトは少ないのです。

わがままですが、こんなサイトがあるよ、という方ひとつよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと違うかもしれないのですが、下記のサイトなどはどうでしょう?ストーリーが詳しく書いてあるわけではないのですが、会員(?)の方々のその映画に対するコメントがネタバレありで載っています。種類も多いです私は映画を観るかみないかを決めるためにみるのはもちろん、観終わった後もみて参考にしています。http://www.jtnews.jp/dict.html

参考URL:http://www.jtnews.jp/dict.html

Q「マイ・フェア・レディ」のような映画があったら教えて下さい

「マイ・フェア・レディ」のような映画があったら教えて下さい。
この映画にヒントを得ていると思われるものでもよいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

グラマーな女優のメラニ・グリフィスが主演している映画
【ボーン・イエスタディ】がよく似ていますね。
よく似ているという表現よりも、意識して制作された感じがします。
大富豪の不動産業者の愛人が無学、無教養な為に教養を
身に付ける事を義務られます。
家庭教師に雇われた男に、経済、政治の事を教え込まれ、
社交界の人気者になっていきます。
その結果は・・・・・・ですね。
最後の場面は意外な結末で終わります。
丁寧に作られた映画ですので、楽しく見れますね。
メラニ・グリフィスの魅力がたっぷりと出ている映画です。
お勧めいたします。

Q映画のネタバレは許せる、許せない?

月1本以上、映画を観るのですが、
皆さんは、映画をみる前に結末知りたくないですか。

自分は、結末を知った上で映画を観たいのです。
結末をしっていれば、あのシーンでこんな伏線をはっていた
最後のどんでん返しのストーリーなど、凄く堪能できます。

そこで質問します。
あなたは
映画のネタバレは許せる、許せない
どちらですか

Aベストアンサー

こににちわ。
いやいや私は、断じて許しません。
確かにネタバレという予備知識を持って観れ
ば、内容をより一層理解できますし、伏線をはった
意味もわかります。
しかし、内容を知って観れば、次のシーンや映像が
わかってしまいますから、ハラハラ、ドキドキがしません。
私自身の映画を観る上での醍醐味は、ハラハラ、ドキドキと
観終わった時に、シーンとシーンの点と点とが線で結びついた
時です。
それは、ネタバレを知ってでは、あまり味わえない様な気がします。
なので、one12さんには、申し訳ないですが、ネタバレは断じて
許せません。
なので、私自身は、映画が理解できない時は、二度観ます。
そして、それでも理解できない時は、ネタバレを見ます。
まぁ人それぞれ、映画の観方は異なりますが、私は、ネタバレは
絶対に観ない派です。
ではでは。

Q映画「スティング」

ロバートレッドフォード/ポールニューマンの名作、
映画:スティングの、「♪タラ、ラタンタタンタタン・・タタタタラタタン、タタンタン・・♪」ってなんていう曲名でしょうか?
日ごろ耳にする曲なのですが、まったく思い当たりません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

皆さんが言われているように
「エンターテイナー」ですね。
スコット・ジョップリンの曲です。
ラグ・タイム音楽と言います。。
ラグはジャズを形成する要素のひとつとして19世紀末、黒人の中から起こったピアノ音楽です。
これは、19世紀のヨーロッパ音楽の伝統を踏襲しており、即興演奏によらず、あくまでも譜面に書かれた音楽である点が特色であり、スコット・ジョップリンは、こんにちラグの父として知られています。
1917年に亡くなりました。
その後、1972年に「ボストン・ニューイングランド音楽院」の恒例フェスティバルの演奏から、このラグ・タイム音楽が熱狂的リバイバルを迎え、翌年に “The Red Back Book” という題名で発売されたLP盤は発売と同時に大ヒットし、ビル・ボードのクラシックLPチャートでは20週以上にわたり上位を独占し続けたとの事です。
そして、このLPを買ったファンは主にロック層だったそうです。
確かに、ハードロックのミュージシャンが「バッハ」とか「モーツァルト」のファンだったりしますので、分かる気がします。

皆さんが言われているように
「エンターテイナー」ですね。
スコット・ジョップリンの曲です。
ラグ・タイム音楽と言います。。
ラグはジャズを形成する要素のひとつとして19世紀末、黒人の中から起こったピアノ音楽です。
これは、19世紀のヨーロッパ音楽の伝統を踏襲しており、即興演奏によらず、あくまでも譜面に書かれた音楽である点が特色であり、スコット・ジョップリンは、こんにちラグの父として知られています。
1917年に亡くなりました。
その後、1972年に「ボストン・ニューイング...続きを読む


人気Q&Aランキング