mp3プレーヤーの購入を考えているのですが、音質の比較はどのようにするのがよいのでしょうか?
CDやMDより音質が劣ることは覚悟していますが、ある程度の音質でないと、購入を見送ろうと考えているので、音質の比較をしかっりと行いたいと考えています。
MDとの比較は自分の耳で出来ますが、mp3同士の比較を行いたいです。
プレイヤー同士を数字で比較できる指標みたいなものはあるんでしょうか?S/N比とかでもいいですし。何かいい方法や、わかりやすく比較しているサイトなどを教えて頂ければとおもいます。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

データ上の数値から比較するのであれば、


SNR(S/N比)、イヤホン出力が主な判断材料になります。どちらも、数値が大きいほど、よい音質となります。(あまりに大きいのも別問題となりますが・・・。)
http://www.mp3players.jp/hints.php
こちらで大まかな解説が載っています。

私個人的には、iaudio製品をおすすめします。
http://www.iaudio.jp/
iaudio製品は、MP3ユーザーの間でも、その音質に一目置かれているメーカーです。MDなど比較対象外という人もいます。ちなみに私もiaudioユーザーです。

参考URL:http://www.mp3players.jp/hints.php
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございました。
e-denさんの意見も参考にいろいろ探してみようと思います。
ありがとうございました!!

お礼日時:2005/04/20 22:29

いえいえ、MDなんかよりも音質は良いですよ!


お勧めは値は張りますが、SonyのMP3プレイヤーはさすがに音がいいです。
現在iPodも所有していますが、これも音は良いです。しかし付属のイヤホンが非常にショボイので、新しくイヤホンは買ったほうが良いでしょう。
ちなみにMPIOってのは音質あんまり良くないです。妹が購入したのですが、あまりの操作性の悪さと音質の悪さに即転売していました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカッティングマシン(STIKA)で窓に広告。必要なサイズは?

こんにちは。
店舗の窓に買ってカッティングマシン(STIKA等)
を使って、ロゴ、広告を張りたいと思っています。

この場合、どのサイズのカッティングマシンが
いいでしょうか。
たとえば、A4サイズでも、長さが自由に取れれば、
それなりに目立つと思います。
それとも、一度にA4サイズまでしか、
印刷できないのでしょうか。

とにかく、情報が少なく、通販でしか
手に入らない状況です。
経験者の方などで、なにか、アドバイスありましたら、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、カッティングマシンを使用して商売をするのか個人的にお店のディスプレイするのかです?商売をするのであれば大型の万能型機械。個人でするのなら小型の機械です。個人で作るのでもコストが掛ますヨ。シートが高額です。その場限りの物でしたら加工業者に注文した方が安上がりです。購入するならSTIKAが一番使いやすいと思います。SV-12以上の物であればシートの幅250mm長さ305mm(1000mmまで対応。ずれる可能性がある)です。Mac&Windws対応でIllustratoでデザインして制作できます。

参考URL:http://www.rolanddg.co.jp/product/cutting/cutting/sv-15_12_8.html

QMDとMP3の音質について

MDとMP3の128kbpsでは、人間はどちらの方が高音質だと感じるでしょうか?
またMDLP2、MDLP4
MP3の96、160、192、256kbps
なども含めて教えていただけると有りがたいです。

Aベストアンサー

MDはATRACという圧縮形式を用いています。(MDLPはATRAC3)
MDの方はたしか146~292kbpsぐらいです。アンプやヘッドフォンや圧縮方式の好みもありますが、一般にはATRACの方が高音質です(同じ程度のビットレートだと)
また、LP2では132kbpsで、LP4だとその半分です。

QアドビイラレでローランドCAMM-1(カッティングマシン)を動かしたい。譲り受けた物

ローランドCAMM-1 PNC1100(カッティングマシン)をもらったのでアドビ。イラレを使って動かしたいのですが動いてくれません。PCはwin98
celeron600mhz メモリ260 です。
私の作業内容は、まずイラレを起動させてアートボード(A4サイズ)にペンツールを使って(線幅0ptに設定)簡単な三角形を書いてそれをカッティングさせようと
(ファイルメニュー)→プリンタ(CAMM-1 PNC1100)を指定して
設定画面で(A4サイズ指定)して(OK)ボタンで出力しているのですがまったく反応がありません。
しいて言うなら右下に時計があるその横に一瞬プリンタのアイコンが出るのですがすぐに消えてしまいます。
で、2回3回と繰り返すとシステムリソースが足りなくなる始末です。

(プリンタの設定)→ローランドのドライバに印刷待ちジョブがないか確認したのですがこちらも0個になってしまっています。
機械は貰ったのですが説明書、ドライバ(アドビHPよりダウンロードしました)など付属品がない状況です。
ひょっとして全然やり方が違っていたりするのでしょうか?
助けてください!  宜しくお願いいたします。

ローランドCAMM-1 PNC1100(カッティングマシン)をもらったのでアドビ。イラレを使って動かしたいのですが動いてくれません。PCはwin98
celeron600mhz メモリ260 です。
私の作業内容は、まずイラレを起動させてアートボード(A4サイズ)にペンツールを使って(線幅0ptに設定)簡単な三角形を書いてそれをカッティングさせようと
(ファイルメニュー)→プリンタ(CAMM-1 PNC1100)を指定して
設定画面で(A4サイズ指定)して(OK)ボタンで出力しているのですがまったく反応がありません。
し...続きを読む

Aベストアンサー

こちらは、もう確認されたでしょうか?
http://www.rolanddg.co.jp/support/ht/pnc1100_1000A.html

参考URL:http://www.rolanddg.co.jp/support/ht/pnc1100_1000A.html

Qwav→mp3(192k)/wav→mp3(320k)→mp3(192k) 音質・容量に差はでますか?

1,wav→mp3(192k)
2,wav→mp3(320k)→mp3(192k)

1、2を比較した場合、音質・容量に差はでますか?

Aベストアンサー

厳密に言うと出ます。
ただし、1,2を比較するより、wavからmp3に変換する際のエンコーダーに何を使うかとかのほうが影響は大きいと思います。
1,2の違いを一般人が聞き分けれるとは思えません。

Q「程度の比較」と「性質の比較」について

比較には「程度の比較」と「性質の比較」の2種類があるといいますが、
「性質の比較」といわれているものについて疑問点がいくつか出てきました。

(1)He is more clever than (he is) wise.
(2)He is no more young than I am.
以上の2文について。

学校文法では、
(1)のような形の比較文を「同一事物の異なる性質の比較」と呼び、
(2)のような形の比較文を「クジラの公式」などと呼んでいます。

一般的に言われている「性質の比較」というのは、
(1)のような形だけを指しているのでしょうか?

つまり、比較構文の主節と比較節が同一の主語をとる場合だけ「性質の比較」に成り得り、
それ以外の構文は「程度の比較」という考え方なのでしょうか?

そのように考えると「性質の比較」と呼べるものはごく限られた構文だけとなってしまいます。
私は「クジラの公式」と呼ばれるものも一種の「性質の比較」だと今まで思っていました。

例えば、
[He is no more young than I am.]という文の場合、
[He is (very much) young]という文と
[I am (very much) young]という文の「程度」の度合いを比べて、
2つ文の「程度」が同様に正しくない、といっているわけで、
この考え方は[He is more clever than (he is) fair.]の場合の考え方と酷似していると思ったからです。

moreの基本的な意味合いとしては、
(1)*manyの比較級
(2)*muchの比較級
(3)*比較級の一部
この3つの用法があるわけですが、
上記の(1)・(2)の文のどちらのmoreも、
(2)*muchの比較級、と考えるのが妥当だと思います。

「クジラの公式」に関連していそうな文として、
このような文をみつけました。
・John is more clever than Mary is pretty.
(現代英文法講義p.565)

このような文がno<比較級>による変化を受けたものが、
「クジラの公式」と呼ばれるものの実態なのだと思います。
(例;A whale is no more a fish than a horse is a bird.)

しかし、
前述のような定義に則るものが「性質の比較」だとすると、
比較構文の主節と比較節の主語が一致していない以上、
「性質の比較」とはいえないことになります。

また、
この文は主節の[John is clever.]と比較節の[ Mary is pretty.]が、
比較基準がはっきりしない、
いわば「ねじれ」のような関係にあり、
この文を「程度の比較」とよんでよいのかも微妙です。

(あえてこれも「程度の比較」とするならば、
主節 [John is clever.]と比較節 [ Mary is pretty.]の
「正しさの程度」を比較しているということになりますが。)

・John is more clever than Mary is pretty.
・He is no more young than I am.

これらのような比較構文は、「程度の比較」と「性質の比較」の、
いわば中間に属しているものと思ってよいのでしょうか?

それとも、主節と比較節の「正しさの程度」を比較する、
「程度の比較」の延長にあるものと考えたほうがよいのでしょうか?

比較には「程度の比較」と「性質の比較」の2種類があるといいますが、
「性質の比較」といわれているものについて疑問点がいくつか出てきました。

(1)He is more clever than (he is) wise.
(2)He is no more young than I am.
以上の2文について。

学校文法では、
(1)のような形の比較文を「同一事物の異なる性質の比較」と呼び、
(2)のような形の比較文を「クジラの公式」などと呼んでいます。

一般的に言われている「性質の比較」というのは、
(1)のような形だけを指しているのでしょうか?
...続きを読む

Aベストアンサー

そうですね。その教授の言われていることはよくわかります。

(2);「程度の比較」と「性質の比較」という区別は便宜的なものであるから、それほど神経質にならなくてよい。

この点を私なりに説明してみます。

(A)<He>is【cleverer】than<I>am.

上の文は<He>と<I>を【clever】について比較しています。ところが、「彼はwiseというよりもcleverだ」という比較は、<clever>と<wise>を比較しています。

(B)*He is<clever> than <wise>.

つまり、(A)では【clever】は【比較の基準】ですが、(B)では<clever>自体が<比較の対象>です。したがって、これを比較級にするのは的外れです。そこで【more】を使って、

(B) He is【more】<clever>than<wise>.

とするわけです。と、このように考えると(A)と(B)も同じことのように思えます。<clever>が<比較の対象>であることにより、見かけ上特殊に見えるだけのような気がします。

たとえば「私はbeautiful(という単語)のほうが、pretty(という単語)よりも好きです」を英語にすると、

I like beautiful better than pretty.

となります(?)。「more beautiful」とならない理由は簡単です。<beautiful>が<比較の対象>そのものであって、【比較の基準】ではないからです。

そうですね。その教授の言われていることはよくわかります。

(2);「程度の比較」と「性質の比較」という区別は便宜的なものであるから、それほど神経質にならなくてよい。

この点を私なりに説明してみます。

(A)<He>is【cleverer】than<I>am.

上の文は<He>と<I>を【clever】について比較しています。ところが、「彼はwiseというよりもcleverだ」という比較は、<clever>と<wise>を比較しています。

(B)*He is<clever> than <wise>.

つまり、(A)では【clever】は【比較の基準】...続きを読む

QMDからMDにデジタル録音したときの音質は

MDからMDにデジタル録音をリレー式に繰り返すと、音質は悪くなるのでしょうか?
元々の音を削ってMDに録音して、再生した音をMDに録音すると、また、圧縮のため削られるので、どんどん、
音質は悪くなっていくような気がするのですが、
MDの圧縮理論的には、どうでしょうか。
実際に何回か繰り返しましたが、素人では音質の変化は
わかりませんでしたが、気になるので質問させてもらいました。

Aベストアンサー

理論上は最初に削られた以上にデータが削られる事は同一
圧縮アルゴリズムを使うのでそれ以上は悪くならないはず
です。但し通常のdigital to digitalダビングと同じで
通信中の波形のなまりやドロップアウトで劣化するはずで
すが、実際は判るほどではないと思われます。(ましてや
MDだし…^^;)

ところで、“同一アルゴリズムなら”と書きましたが、DM
って実は圧縮時に2つのモードを持っています。現在は事
実上使われなくなっていると思うのですが、MD発売直後の
頃は今よりも半導体の集積度が低かったために、ポータブ
ル機器用に簡易圧縮モードというものがありました(とい
うか今でもあるんですけど使われてません……)。もしも
違うモード間で複製すれば聴感上認知可能なほどの劣化が
起こるでしょう。

QThe比較級、the比較級、and the比較級

こんにちは、いつもお世話になります。

基本的な事なんですが、例えば「~~すればするほどXXになる。」という場合は普通に、「the 比較級、the 比較級」だと分かるんですが、

「~~すればするほど、XXになりまたYYになる」という場合は、「The 比較級, the 比較級, and the 比較級」とするれば良いんですよね? 「The 比較級, the 比較級, the 比較級」だとやっぱり間違いというか「~~すればするほどXXになり、XXすればするほどYYになる」と意味が変わってしまいますか?

洋書を読んでいて、こんな文がありました。意味は分かるのですが、やっぱり、三つ目の「the 比較級」の前にコンマとandが必要なのかな?と悩んでいます。

The more I thought about it, the less I understood what was happening to me, and the more it hurt.(出典: Dexter in the Dark 著者:Jeff Lindsay)

よろしくお願い致します。

こんにちは、いつもお世話になります。

基本的な事なんですが、例えば「~~すればするほどXXになる。」という場合は普通に、「the 比較級、the 比較級」だと分かるんですが、

「~~すればするほど、XXになりまたYYになる」という場合は、「The 比較級, the 比較級, and the 比較級」とするれば良いんですよね? 「The 比較級, the 比較級, the 比較級」だとやっぱり間違いというか「~~すればするほどXXになり、XXすればするほどYYになる」と意味が変わってしまいますか?

洋書を読んでいて、こ...続きを読む

Aベストアンサー

お久しぶりです。
文法はあまり得意でないのですが……

「the比較級、the比較級」は、「A, B」と並列に並んでいると捉えてはいけません。Aが従節でBが主節です。だからandで繋がないのです。
従って、主節が「XXになりまたYYになる」と2つ繋がる場合は、当然、文法的にandが必要です。「B, and C」となります。

Q●MD→PC→iPod●MDをmp3にするには??

MDで録音した音源をipodに取り込んで聞きたいと思っています。
それにはPCに取り込んでMP3化しないといけないのだと思いますが、
どうすればいいのか全く分かりません・・・泣
●どのようなやり方があるのか
●機器が必要、買うのならこれがオススメ
など、教えていただきたいです。よろしくお願い致します

Aベストアンサー

パソコンに接続して 録音ソフトでMP3で録音する方法もありますね!
http://pino.to/choroku/manual/opr_pcconnect.htm

Q比較級が用いられている文について

比較級が用いられている文で「than~」が伴わない(省略ではなく、元から「than~」が存在しない)形はあるのでしょうか?(the比較級や比較級and比較級などの慣用表現以外で)

Aベストアンサー

絶対比較級などを除いて,基本的に than ~を補うことはできます。
よくあるのは「今より,現状より」で,「もっと~」と訳すパターンです。
You must study harder.

know better というのは,本来,know better than to do ~で「~してしまうよりは分別がある,~しないだけの分別がある,~するほど愚かではない」のように用います。

そして,「何をしてしまうか」が前に書かれていたり,今問題になっていることであったりして明確な場合には省かれます。

QAACの32kbpsとはmp3のビットレートいくつぐらいにの音質に相当するのでしょうか? mp3の1

AACの32kbpsとはmp3のビットレートいくつぐらいにの音質に相当するのでしょうか?
mp3の128kbpsよりも音は悪いでしょうか?
回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

総論で音質を比較しても答えようがないけど、ビットレートが同じということは、もとのアナログ情報を、デジタルに刻む細かさが同じなので、ほとんど人間に分かる誤差はありません。
ちょっとした圧縮の考えや、ノイズへの対応が違う程度だと思えばいいでしょう。ただ、総論でいうなら

・ MP3の方が圧倒的に再生機種が多いのでおすすめ。
・ mp3も、AACも出来たのは20年以上前、そんなに技術革新に差はない。
・ まともに音楽を聞くなら、256Kbps~ にしないとCDより圧倒的に見劣りする。
・ 高ビットレートのときは、じつはmp3の方が音質がいい。逆に、低ビットレートのときは、AACがおすすめ。

などを考えると、mp3の少なくとも196kbps~ ぐらいでライブラリを残したいところですね。
32k は、音楽を録音するレベルではありません。お遊びの音声がそれなりに聞こえるって感じです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報