ミラノに詳しい方、教えてください。
来週からイタリアに行くのですが、ミラノには4泊します。
その中の一日はレンタカーを借りて、アウトレットや湖水地方に行ってみたいと思っています。
しかしながら、海外での運転の経験がないことと、交通事情などが分からないため決めかねております。
レンタカーを借りたことがある方のご感想、またレンタカーを借りるよりも電車やツアーなどにした方が良いのかどうかなどについて教えていただけますでしょうか。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

今年1月にミラノでレンタカーを借り、湖水地方、ベローナ、ベネチアまでを数日かけて往復しました。


海外(英語圏・右ハンドルの国)で暮らしたことがあったのでイタリアでの運転も大丈夫だろうと思っていたのですが、私にとっては結構大変でした。
ミラノの中心部で借りたので一方通行ばかりで思うような所へ向かえず、町から出るのが結構大変でした。ベローナのような小都市でさえ道の入り組み方は理解するのが難しかったです。
他の方のおっしゃるように郊外や高速道路は地図に目を通しておけば結構簡単でした。高速道路の表示もわかりやすいと思います。返却は郊外のマルペンサ空港でしたがこれもミラノ中心部と比べるととても楽でした。
道に迷ったときなど周りの人に聞きたかったのですがイタリア語がわからないので躊躇しました。でも若い方はかなりの確立で英語を理解し、片言でも一生懸命教えてくれましたので助かりました。事前にホテルのスタッフに行き方を教えてもらい、地図に書き込みなどしてもらったのも助かりました。
レンタカーショップは日曜日は閉店だったり平日でも午後早くに閉めたりなどがあって面倒でした。返却時間などが予定とあっているかチェックしておいたほうが安全です。あと車はマニュアルが主のようです。イタリア人の友人は「イタリアではオートマチックはハンディキャップの方用というイメージがある」と言っていました(本当かどうかわかりませんが)。オートマチックがよいなら事前に確認したほうがよいとおもいます。
苦労はしましたが結果的にはレンタカーでまわって満足しています。湖水地方ではシルミオーネがすばらしかったです。ここはツアーはあまりないので車で行くしかありません。ベネチア-ベローナ間を電車で移動したことがありましたが、電車の予約時間が気になってあまり自由に行動できませんでした。それと比べると思うままに行動できたのはよかったと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても参考になりました。
やはりミラノ市街が大変なのですね。
借りるのであれば少し郊外で借りるようにした方が良さそうですね。
レンタカーショップについてももう少し調べてみます。

お礼日時:2005/04/20 12:32

西欧では12ヵ国で運転した事がありますがイタリアが一番、運転がむずかしいと思いました。

まずマナーが非常に悪いです。信号無視、スピード違反、合図を出さない、もたつくとクラクションの嵐、バイクが車すれすれですり抜けて行く、車の盗難、車上あらしが非常に多いです。日本の常識は通用しません。市街地の運転は緊張の連続です。でもミラノはナポリなどと比べるとかわいいものです。まず借りる車はオートマでコンパクトカーにしたほうが無難です。あとは事故を起こした時のためにそこそこの語学力が必要です。英語もろくに話せない奴も多いです。あとは度胸一番よろしくです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
度胸試し!?に頑張ってみます。
大阪よりもマナーが悪いのかなぁ・・・

お礼日時:2005/04/22 14:03

レンタカーは行動範囲も広くなることや、時間の使い方が自由な点では電車よりも優れている点だと思います。


一人だと割高ですが大人が2人以上だと、電車よりも安い場合もあります。

交通事情は市内を出ると交通量も少なく、湖水地方などへはゆったりと走ることができます。

あらかじめ地図で下調べをしておけば、何も問題はありません。

今下記のAVISでは春のキャンペーン15%オフをやっています。
日本語で全て予約もできますし、航空会社のマイルも加算されます。1日だけよりも3日くらいのパックの方が安上がりです。

またオートマチックしか運転した事がなければ、必ずマニュアルかオートマかを確認してください。
Tel:0120-311-911
http://www.avis-japan.com/index.html


また下記のExpediaなどからも安いものが検索できます。

参考URL:http://www.expedia.com
    • good
    • 0
この回答へのお礼

普段オートマしか運転してないのでマニュアルは不安ですね。
そのあたりも考慮して検討してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/20 12:34

ミラノ自体には全く詳しくないのですが、ミラノの空港でレンタカーを借りてクールマイユール、チェルビニア、マッジョーレ湖、コモ湖などを巡ったことがあります。



空港からアウトストラーダを使って郊外へ出たり戻ってきたりするのはミラノの時は分かりやすく簡単でした(今までで難しかったのはバルセロナ空港)。

車だと機動性がよく、電車やバスの時刻を気にしなくていいので楽で時間も有効に使えました。しかしちょっとした街では狭い道に入ってしまったり駐車が難しかったりということもありました。イタリアでは特に、田舎に比べて市街地で運転するのは大変だと思います。都市や町で行き先が決まっているなら公共交通機関の方がいいかもしれません。

また初めてということですと、右方優先ルールは日本の左方優先より適応される場面が多いなど、細かい違いがいろいろありますし、標識も微妙に違ったりイタリア語の表示なので、どうでしょうね…。"Senso unico"と書いてあったら一方通行だとか、そういうことがありますから。

あと、ガソリンの給油もセルフサービスなので、給油方法を調べておくとか借りるときにガソリンの種類を確かめるとかも必要だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。
運転はそんなには問題ないかと思うのですが、給油とか言葉の問題がありますよね。
運転そのものは、ミラノ市街から郊外に出るまでが大変なんでしょうか?

お礼日時:2005/04/19 17:19

普通に考えれば、交通法規(標識)、地図を見ながら現地の地名などが


ある程度解ってないと困る気もするのですけど…



↓も
http://allabout.co.jp/travel/travelitaly/subject …

参考URL:http://allabout.co.jp/travel/travelitaly/closeup …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
もう少し検討してみます。

お礼日時:2005/04/19 17:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミラノからアルプスまでドライブ。おすすめ目的地は?

9月の初旬に日帰りでミラノからアルプス山脈までのドライブを予定しています。我々は新婚カップルでレンタカー使用で、8時に出発予定です。

今のところ、シンプロン峠を越えてツェルマット(車は手前のテッシュに駐車)に行くコースと、モンブラントンネルを抜けてシャモニーへ行くコースが候補となっています。
優先順位としては、
1.日帰りが可能。18時までにミラノに帰りたい。
2.景色がきれい。雄大なアルプス山脈が見たい。
3.運転しやすい。 

他にお勧めの目的地、ルートがあれば教えて下さい!

Aベストアンサー

2週間前にジュネーブー北イタリアージュネーブを車で旅行して来た者です。 8時間もあれば十分楽しめます。 モンブラントンネルまでは約1時間、トンネル越えで30分(トンネル内は最低速度50KM、最高70KMですから自動速度調節機能付きのレンタカーが便利)でシャモニーです。氷河が目前! 日本人のイメージのアルプスです。 シンプロンはあまりお薦めはしません。道が旧街道といった感じで,山岳ドライブが好き!という方ならいざしらず慣れない運転者には難易度が高いからです。 それよりスイス領Luganoはどうでしょう。45分で着きます。 山の中の湖で、これもまたアルプス! おまけに、付近にFOXTOWNというアウトレットあり。 娘はDieasel(若者にすごい人気らしい)のジーンズを70スイスフラン(約7000円)、私はフェラガモのネクタイを70フラン、バーバリーのタイを55フラン、家内はエスプリのジャケットを50フランで購入して大満足でした。お土産が一発で揃います。ただ、品物は半年落ちといった感じで、最新のパターンは無いようでした。 では良い旅行を。 そしてご結婚おめでとうございます。

2週間前にジュネーブー北イタリアージュネーブを車で旅行して来た者です。 8時間もあれば十分楽しめます。 モンブラントンネルまでは約1時間、トンネル越えで30分(トンネル内は最低速度50KM、最高70KMですから自動速度調節機能付きのレンタカーが便利)でシャモニーです。氷河が目前! 日本人のイメージのアルプスです。 シンプロンはあまりお薦めはしません。道が旧街道といった感じで,山岳ドライブが好き!という方ならいざしらず慣れない運転者には難易度が高いからです。 それよりスイス...続きを読む

Qフィレンツェからミラノまでの距離と時間は?

こんにちは。タイトルのとおりです。

今月25~30まで、フィレンツェ行きの往復便が取れましたが、ミラノで「最後の晩餐」が観たいので、移動方法や距離を教えてください。

1.バスか電車か?
2.だいたいの時間
3.気をつけること

フィレンツェには4日間宿泊します。
ローマに行ったときはタクシーにぼったくられたり、レストランでもぼったくられたり・・・
フィレンツェやミラノでも、もし気をつける点があれば教えてください。

あと、おすすめのお土産、食べ物なども。

Aベストアンサー

フィレンツェ-ミラノ間なら特急で1時間40分です。時刻表を見ると、毎正時にフィレンツェを出発するようです。バスは分かりません。
イタリアの列車のプラットホームで、係員の腕章を付けた人がチケットを見せろと言ってきて、見せたら車両・席まで案内してくれました。荷物も持ってくれました。チップを請求されました。向こうが勝手にやったことなので無視しましたが。

どちらに泊まるべきか、で質問もされてますよね?
私は個人的にはフィレンツェを勧めます。
ミラノは都会すぎて、見て回るのに地下鉄を使って移動したのですが、治安が悪そうな場所もありました。大聖堂はとても良かったですが。
フィレンツェの方が見るところがコンパクトにまとまっていて、徒歩で充分見て回れるし過ごしやすかったです。フィレンツェの方が日帰りできる場所が多い(ピサとかヴェネツィアとかアッシジとか)し、ミラノは1日あれば充分だというのが個人的意見です。

Qイタリアのレンタカー旅行&交通事情

5月にイタリアへ7~8日間の旅行を計画しています。
相方が、ミラノとその近郊でレンタカーを借りて旅行をしたいと言い出しました。

ちなみに、相方は相当、車の運転に自信があり、実際わたしの目から見ても運転はうまいですが、海外旅行は初めてで、イタリア語も全く話せません。

わたしのほうも、ヨーロッパ旅行はしたことがないし、日本語以外は英語しか話せないし、海外旅行そのものが10年ぶりくらいで、カンを失っている感じです。

そんなわたしたちに、イタリアでのレンタカー旅行というのは無謀でしょうか。それとも、行ったら案外なんとかなるものなのでしょうか。

それとは別に、イタリアでの一般的な交通手段について、御存じの方、ぜひ教えていただきたいです。バス、電車、どちらが公共の足になっているのでしょうか。あるいは、ニューヨークの地下鉄みたいに危険とかいうことはないのでしょうか。

Aベストアンサー

僕は、2度イタリアでレンタカーを運転しました。

一度目は、ミラノで運転中、タイヤをパンクさせられ、しかもパスポートと帰りの航空券を盗まれてしまいました。

2度目は、ローマからナポリに行きました。途中の高速のパーキングで、頼んでないのにフロントガラスを掃除されチップを払わされました。ナポリに暗くなって着いたのですが、ホテルまでの道に迷ってしまい市街地を約1時間くらいさまよってしまいました。その町は、車はもちろん原チャリも歩行者もだれも交通ルールを守らず、いつどこから誰が飛び出してくるかわからないという状態で、しかも車は平気でロータリーを逆送してきたり、本気で死ぬかと思いました。

僕も車の運転の方はかなり自信もあり、ヨーロッパでもここ7・8年毎年レンタカーを借りて運転していますが、イタリアだけは事情が違うようです。十分注意して運転してくださいね。

ミラノは交通機関もとても行き届いていると思います。郊外まで行きたいのならレンタカーがお薦めですが、他の国に比べると、車の置き引きなどの犯罪が多発しているらしく、公共の駐車場を利用するようにとレンタカー会社からも忠告を受けるのでその点も注意して。

僕は、2度イタリアでレンタカーを運転しました。

一度目は、ミラノで運転中、タイヤをパンクさせられ、しかもパスポートと帰りの航空券を盗まれてしまいました。

2度目は、ローマからナポリに行きました。途中の高速のパーキングで、頼んでないのにフロントガラスを掃除されチップを払わされました。ナポリに暗くなって着いたのですが、ホテルまでの道に迷ってしまい市街地を約1時間くらいさまよってしまいました。その町は、車はもちろん原チャリも歩行者もだれも交通ルールを守らず、いつどこから誰が...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qミラノ「最後の晩餐」までの所要時間

こんにちは。
ミラノで「最後の晩餐」を鑑賞する予定でいます。
行き方は、ミラノ中央駅から教会最寄駅【CADORNA】まで地下鉄を使い
そこから徒歩で行こうと思っています。

そこで質問なのですが
(1)中央駅から最寄駅+徒歩でどの程度時間を考えれば大丈夫でしょうか?
(2)「最後の晩餐」鑑賞予定時間の何分前までに行っておけばいいのでしょうか?
予約をとったところでは一応15分前となっているのですが、
他のところを見てみると30分前…とか、色々なので
実際はどうなんだろう…??と思っています。

「最後の晩餐」の鑑賞予約は既にとってあります。
その他、ミラノ地下鉄などで注意しておくこと等ありましたら
合わせてお願い致します。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 中央駅から地下鉄で行きました。よく覚えていないですが、30分もあれば着いたと思います。ミラノの地下鉄は10分間隔か?(時刻表がないので正確にはわからない)。一駅間2分くらい。
徒歩は時速4kmと考えてご確認ください。
 また到着時間ですが15分前でも大丈夫だと思いますが、時間に余裕があれば先に受付を済ますのも手です。受付に行ったら、何時何分まで待つように言われます。正確な入場時間は受付後に決まるようです。私は予約時間より遅い時間まで待つように言われましたのでBARで時間をつぶしました。また、もし入場を断られるような事態になってもあきらめずに激怒しましょう。イタリアは日本のようにしゃくし定規ではありません。結局は口数が多い人が得をします。先日、イタリアに行ったときウフィチ美術館が会場がストのため1時間30分遅れました。とすると日本的に考えると予約した時刻から入場は1時間30分くらいはスリップすると思うでしょう。違います。なんだかんだとツアーガイドが主張したら、9時に予約した人たちの後に10時30分に予約した我々を入れてくれました。
 さて話をもどして最後の晩餐への移動手段ですが、落とし穴があります。地下鉄切符の購入です。券売機があるのですがそれを目の前にしても買い方がよくわからないと思います。実は近くにある売店で売ってくれます。知らないと券売機とにらめっこをしてウロウロしてしまいます。大人2ユーロ、子供1ユーロ。どこまで乗っても同じ金額で75分間有効のようです。
ではお気をつけて。

 中央駅から地下鉄で行きました。よく覚えていないですが、30分もあれば着いたと思います。ミラノの地下鉄は10分間隔か?(時刻表がないので正確にはわからない)。一駅間2分くらい。
徒歩は時速4kmと考えてご確認ください。
 また到着時間ですが15分前でも大丈夫だと思いますが、時間に余裕があれば先に受付を済ますのも手です。受付に行ったら、何時何分まで待つように言われます。正確な入場時間は受付後に決まるようです。私は予約時間より遅い時間まで待つように言われましたのでBARで時間をつぶ...続きを読む

Qイタリア trenitalia のeチケット

過去に同じような質問があると思いますが…
質問させて下さい!

来月イタリア旅行に行くため、trenitaliaで列車を予約しました。
(準備に時間がなくて、よく調べずに予約したのですが…)
フィレンツェ→ラスペツィアの予約で
ピサ経由で予約しました。

(1)フィレンツェ→ピサ
(2)ピサ→ラスペツィア

(1)(画像左)はRegionale Veloce(普通快速?)なので、eチケットでは乗車不可で
 乗車チケットに交換する必要あり
 【eチケットにはQRコードのみ】
(2)(画像右)はFrecciaBiancaなので、eチケットで乗車可
 【eチケットにはQRコード・バーコード・PNRあり】

であっていますでしょうか?
ご回答、よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

どちらもEチケットで乗車可能です。
REGIONALEはすでに刻印状態なので、指定された列車に乗る必要があります。

Qエルサレムに、なぜ3宗教の聖地が在るのですか?

エルサレムでは、紛争が延々続いていますね。
あんなに狭い所に、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という3宗教が聖地を持っているから、トラブルが起きるのは当たり前だとは、とは思います。その3つの宗教は、ユダヤ教、それから発生したキリスト教、そしてそれらと影響のあるイスラム教、という関連のある宗教ですね。
世俗的には、エレサレムの街自体は、たとえば交通の要所とかではなく、たいして重要な街とは思えません。
それなのに、、なぜ3宗教は、エルサレムに聖地を持っているのですか?
たまたまエルサレムに3聖地が混在するだけなのですか? あるいは、歴史上や宗教上で、何か慨依性を持っているのですか?

Aベストアンサー

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ(イスラエル)の地にやってきて、神様は「よーしお前ら、ここをお前たちに与える」と畏れ多くもありがたくおっしゃいました。しかしそこは当然先住民がおりまして、「なんか、先に住んでる人がいますけどこれはどうすればいいですか?」と伺いましたところ、「お前たちに与えたから殺しちゃってオッケーよ」とおっしゃいました(本当)。かくして彼らはそこにユダヤ人国家を作りました。ユダヤ人がイスラエルを「約束の地」と呼ぶのはそういうことです。
そんなこんなの経緯は旧約聖書に書かれています。

さて、ユダヤ教徒はエルサレムに神様を祭る壮大な神殿を作りました。その頃がユダヤ教とユダヤ王国の絶頂だったといえるでしょう。その後神殿は破壊されてしまい、その一部が残るのみとなりました。その遺跡が「嘆きの壁」と呼ばれるところで、そこでは常に敬虔なユダヤ教徒が祈りをささげていますが、そのお祈りの内容は、「神様、あの栄光の日々がまた訪れますように」というものです。その「また訪れてほしい栄光の日々」とは3000年くらい前の話なんですけどね。

ユダヤ人の国は、あんなこんながイロイロとありまして分裂したりして、やがてローマ帝国の属州となりました。ローマ帝国ってところは実は非常に寛大な帝国で、帝国に従うなら信教の自由も認められていました。日本人レベルでいえば、「それならいいじゃん」というものですが、「この世で神様とお呼びしていいのはおひとりだけ」と信じる彼らにとって異教徒がウロウロしているのが非常に気に障って障ってしょうがないのです。イスラエルでは、ローマ帝国に対するテロ活動が盛んでした。
ユダヤ教徒の歴史では、そういう「ユダヤ人受難のとき」にはエリヤとか神様の言葉を預かる「預言者」が登場して人々を導きました。ユダヤ教徒たちは、そういう「救世主」が出てくることを待ち望んでいたのです。

そういったタイミングに登場したのが、ナザレ生まれのイエスでした。イエスはユダヤ教史上、というか宗教史上において革命的な言葉を発しました。「ベイベー、愛だぜ」と。彼は、あの神様のことを「父ちゃん(アバ)」と呼びました。後になんだかんだでイエスは神の子となりました。マリア様が処女のまま神の子を受胎したお話はご存知でしょ?
それがどれだけ革命的であったのはまた別の機会に譲るとして、「憎みあうより、愛し合おうぜ」と言い出したイエスは人々からローマ帝国を排除する指導者となることを熱望されましたが、「だから俺は憎みあうのは嫌なんだよ。愛し合おうぜ」といって人々を失望させ、エルサレムからすぐ外に出たところのゴルゴタの丘で十字架にかけられてしまいました。
その後、実は一度もイエスと会ったことがないパウロが「イエスは救世主(キリスト)だったー!」と言い出してキリスト教が誕生します。なお、旧約聖書では「救世主はベツレヘムに生まれるよ」と書いてあったので、イエスはベツレヘムで生まれたことになりました。
当然のことながら、キリスト教にとってエルサレムは「イエスが十字架にかけられた場所」ですので極めて重要な聖地であります。

そのイエスが十字架にかけられて50年くらい経ったとき、「もう我慢ならねえ、ローマ人は出ていけ!」とユダヤ人は反乱を起こしました。それ以上にブチ切れたのはローマ人です。「人が下手にでてりゃあ属州のくせにでけえ態度をしやがって。ローマ帝国の恐ろしさを骨の髄まで教えたるわ」と本気で怒り、反乱を鎮めただけではなく、何かとややこしい神殿を破壊し、「ややこしい神を信じてるお前らはこの辺りに住むんじゃねえ」とユダヤ人をパレスチナから追放しました。
これがディアスポラです。以来約2000年、ユダヤ人はイスラエルの地に再びユダヤ人の国を再興することを願いながら世界中でお金を稼ぐこととなります。

時代はずーっと下りまして、メッカの洞窟で、青年ムハンマド(マホメット)の前に大天使ガブリエルが現れて「君が預言者だよーん」と告げました。イスラム教の誕生です。ムハンマドの元にガブリエルを派遣したのはあの、例の、何かとややこしい「神様」でいらっしゃいます。そういや、マリア様の前に「あなたは神様の子を宿したよ。おめでとう」と告げに来たのもガブリエルでした。ガブリエルさんはどうもややこしいお仕事を何度もされているようです。
ムハンマドのあまりに偉大な足跡に関していちゃもんをつけると冗談抜きでアルカイダから死刑宣告されてしまいますので、それについては割愛します。
イスラム教にとって最も重要な聖地は、ムハンマドが神の啓示をうけたメッカです。しかしムハンマドは一神教教徒なわけですから、「死ぬまでに偉大な神殿があったエルサレムで死にたいなあ」と当然といえば当然で、ややっこしくなることを願います。
そして、そのエルサレムの地で天に旅立ってしまったのです。エルサレムはイスラム教にとっても「教祖様が入滅された場所」となってしまったのです。

かくして、エルサレムの地はユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒が俺の場所だ、いいや俺の場所だと大変にややこしい場所となってしまいました。

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報