Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

純文学の定義とは何ですか?
娯楽性を重視する大衆文学に対して、純文学とは一般的に芸術性重視とされますが、芸術性と娯楽性を兼ね備えた小説もあるため両者の境界ははっきりしないと思います。
私は娯楽性の欠如した小説には興味がないので、芥川賞受賞作品なんか死んでも興味ないですが、過去に運悪く読んでしまった芥川賞受賞作に綿谷リサの蹴りたい背中という小説があります。私は最近までこの小説は直木賞だと思っていましたが、実は芥川賞だと知り、純文学の定義がよく分からなくなりました。

私がこの小説を読んだ時たしか小学生でしたが、子供でも楽々読める平易な文章にその辺の青春ドラマみたいな内容だったと思います。とても娯楽性よりも芸術性を重んじた小説に思えませんでしたがああいう物が純文学なんですか?

A 回答 (1件)

私は趣味で小説を書いて応募してました。

私は理系で純文学にはほど遠い人間だと思ってました。

よく小説のコンテストで、文章に破綻がなければ一次は通過する。でも、作品に面白みがなければ二次審査は通過しないと言われます。

そんなコンテストで一次だけやっと通過した作品を、試しに某大手出版社の純文学のコンテストに応募したら、八百程度の応募作品の中から二次審査で二十作品に選ばれるところまで残ったことがありますよ。ただ、さすがに最終審査にまで進むことは出来ませんでしたけど(笑)

だから、いろいろな文学賞で審査する人たちの間でも、エンタメ系と純文学の明確な境界はないんだと思います。
審査する人たちが純文学に持つ個々の感性で選ばれているという感じがします。

興味があったら、冒頭だけでも目を通してみてください。
書いた本人はSFのつもり。でも、舞台が未来とはいえ、そこで生きる人々の生活をメインに描くことで純文学に近いと評価されたのでしょうか。読むのもダウンロードするも無料です。 
「アスカ物語 ~夢のかけら~」
https://puboo.jp/book/75892
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!