現在ライブのためにマルチの購入を考えているのですが、何か良いマルチはありますか?値段的にはそれなりに高いものでもOKです(Rockmanクラスは無理ですけど)。一応BOSSのGT-6やYAMAHAのDG-STOMPあたりが良いのかな?と思ったのですが...どうもBOSSは歪みが物足りなそうだし、YAMAHAはライブ向きじゃなさそうだし。音は空間系とかその他のエフェクターとかは結構どうでもいいです。歪みの音重視です(特にパワーコードのミュートした時の音)。ミュートした時に輪郭がなく割れたようなつぶれたようなエフェクター丸出しの音は嫌です。リードでは粘りのある音が欲しいです。要するにアンプ直に近いものが希望です。そんな都合の良いものなんてないと思いますが、なるべくそれに近いものが出せるものを教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは、質問に答えるのは初めてなので参考になるか分かりませんが、お答えします。


僕のおすすめ品はLINE6というメーカーのPOD2(ポッドツーと読みます)です。
これはマルチエフェクターというよりアンプシュミレーターで有名アンプの音を再現できるという物です。ライブハウスによくあるローランドのJC-120(歪ませて使うには向いてないですよね)でもマーシャルやソルダーノのようなハードな歪みが得られます。空間系のエフェクターも一通り入っているし、別売りのフットコントローラーを使えばライブもバッチリですよ。
値段はPOD2が59800円、フットコントローラーが48000円。
かなり高いですが、音を聞けば納得すると思いますよ。まずは楽器屋さんで試してみてはどうでしょうか。

参考URL:http://www.korg.co.jp/KID/LINE6/POD/POD.html
    • good
    • 0

 私はZOOM9150っていうラック式のマルチをもう7年使ってますけど、かなり気に入っています。


 ZOOM9150には中に真空管が入っていて、暖かく自然な感じの太い歪みが得られます。
 使用するアンプの種類にもよると思いますが、アンプ直に近い感じの音は出せると思います。
 
 ただなにぶん古い機種でもう生産中止になっているようですので、中古楽器屋さんに足を運んでみて一度試奏してみてるとよいと思います。
 値段は当時確か4万円前後だったと思いますが、かなりコストパフォーマンスに優れてるということで雑誌でも話題になっていました。
 別売でフットコントローラー(約1万5千円くらい当時の新品で)も用意するのですが、これがあればライブのときも足下バッチリです。
 パッチごとにプログラムを呼ぶこともできるし、単体エフェクターのように一つずつオンオフを切り替えることもできます。

 またSEND RETURN端子も付いていますので、個々にお気に入りの単体エフェクターを繋ぐこともできます。

 仮にZOOM9150を使っていて、後からより自分の好みの歪みを得られる単体のオーバードライブやディストーションが出たら、それらをこのマルチに繋ぐこともできます。
 また専用のエクスプレッションペダルを使えばWAHやボリュームペダルとしてはもちろん、演奏中に任意のエフェクトのパラメータ(例えばコーラスのDEPTHやディレイタイム)をも演奏中にコントロールすることができます。
 ワーミーのような使い方ももちろんできます。

 また最近、BOSSのME33というマルチを買ってしまったんですがやはり歪みがよくありませんでした。
 暖かくコシのある歪みと言うのはやっぱり真空管を使っているほうがいいですね。
 あまりにZOOM9150と歪みの差がありましたのでびっくりしているくらいです(試奏をおろそかにした自分が悪かった)
 またSEND RETURN端子が付いていないので拡張性もありません。選ぶときはできるだけ付いている方がより良いと思います。

 結局、歪みと言うのはキャラクターが本当に千差万別で極論を言うと本人の好み次第になるんですが、なるべく真空管入りのを探してみると良い歪みが得られるんじゃないでしょうか。
 ただ買うときは本っっっ当に自分の納得のいくまで試奏することをお勧めいたします(なかなか恥ずかしくて思うようにできないんですけどね)

 ZOOM9150ならこないだもハードオフでフットコントローラー付きで1万5千円くらいでみかけました。
 是非一度試奏してみていただきたい代物です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

古いものでもいいモノは良いですよね。真空管が入ってるあたりがアツイ!音聴いてみたいですね。探してみます。そんでもって納得いくまで試奏したいと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/15 08:56

最近のものはわかりませんが、YAMAHAのFX-500なんかはよかったですよ。

歪み系もなかなかですし、結構ライブ向けだと思います。私はキーボードで使っていましたが、歪みをオルガン系の音色で使うと、もう、たまりません・・・。
でも、新品じゃなきゃだめですよね?
中古ならまだ入手可能だと思いますが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。YAMAHAのFX-500ですか、別に新品じゃなくてもいいんで、探してみます。

お礼日時:2001/09/15 08:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマルチエフェクターの使い方が分からない。

マルチエフェクターがほしくて、中古屋で「BOSS ME-5 GUITAR MULTIPLE EFFECTS」を買ったのですが、
説明書が付いていなかった為、使い方がよく分かりません。
前の所有者が作ったと思われる音は出せるのですが、
自分で音を作るにはどうすればいいのでしょうか?
使い方全般が分からないので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ROLANDのWEBで、取扱説明書は手に入りますよ。
http://lib.roland.co.jp/support/jp/manuals/res/1810147/ME-5_j.pdf

QエフェクターBOSSのME-30の音

エレキギターを弾く時、エフェクターBOSSのME-30を使っているのですが、自分で音を作ってたくさん保存できますよね。その音はどうやって作るものなのでしょうか?             
       
(エフェクターの使い方ではないです)
     
オーバードライブでも軽いのから重いのまでありますし。
        
クリーンな音とオーバードライブしか思いつきません。
     
他に作るべき音はありますか?   
 
お願いします♪

Aベストアンサー

ME-30、私も持ってます。 先日までメインで使ってました。

音色については、必要なものだけ作ればよいのではないでしょうか。 特にバンクがたくさんあるからといって、自分手作ったパッチで埋め尽くす必要はないと思いますよ。
私の場合は、バンドで使う音色はそれごとに逐一用意しましたが、バンドとは関係なく使おうと思って用意した音色は、すべてのエフェクトをオフにしたクリーン、そのクリーン+コーラス、クリーン+ワウ+ノイズサプレッサー(あの器械ではワウとフランジャーにはノイズサプレッサー必須ですね)、ギターのボリュームで幾分歪みの深さが変えられて、最大でも中域に芯が残る程度の深めのオーバードライブ、そのオーバードライブ+ワウ+ノイズサプレッサー、ドンシャリでメタルっぽい深いディストーションの6種類くらいですね。
遊びでは、ロングディレイで一人ギターオーケストレーションとか、ピッチシフターをデチューンでかけ、ショートディレイも入れて一人ユニゾンツインリードとかも作って保存しましたが、ほとんど使ってません。

とりあえず、クリーンと深さの違う歪みを数種類作っておけば良いと思いますよ。 クリーンと歪みのベースを作っておけば、他の音色を作るのもかなり楽になりますし、あとは遊ぶつもりで適当にいろいろなエフェクトを乗せてみればよいと思います。
それ以外については、自分が好みの音色はどんなだろうと考えて、その好みに合わせて用意すればよいでしょう。
コーラス、フランジャー、フェイザーあたりのモジュレーション系、ディレイ、リバーブなどの空間系、ワウあたりは、比較的利用頻度はあるとは思いますが、特に必要と感じなければ使用・用意しなくても良いと思いますよ。
使わない音色は、本当にぜんぜん使わないので、無理して用意する必要はないでしょう。 ただ、いろいろとエフェクターをいじり倒した結果のサンプルとして、そういった遊びで作ったパッチを保存しておくのも悪いことではありませんから、気楽にお遊びのつもりでいろいろと試してみて、おっと思ったものは取っておくというくらいに考えれば良いと思います。

蛇足ですが、私の持っているマルチエフェクターのパッチは、バンドで使うことを狙った音色以外では、歪みだけがオンになっているパッチが多いです。 他のエフェクトについては、特に使わないものを無理して使うこともないので、入れないことのほうが多いですね(他のエフェクトを嫌っているわけではないんですけどね)。
マルチという意味では少々宝の持ち腐れのようにも見えますけど、必要ないものを無理に入れることはないと思いますし、こういった使い方も自由だと思います。

参考になれば幸いです。

ME-30、私も持ってます。 先日までメインで使ってました。

音色については、必要なものだけ作ればよいのではないでしょうか。 特にバンクがたくさんあるからといって、自分手作ったパッチで埋め尽くす必要はないと思いますよ。
私の場合は、バンドで使う音色はそれごとに逐一用意しましたが、バンドとは関係なく使おうと思って用意した音色は、すべてのエフェクトをオフにしたクリーン、そのクリーン+コーラス、クリーン+ワウ+ノイズサプレッサー(あの器械ではワウとフランジャーにはノイズサプレッサー必...続きを読む

Qマルチエフェクター(KORG AX3G)の使い方

下記のyoutubeの音が作りたいので、マルチエフェクター(KORG AX3G)を買って
色々イジくってみましたが、どうもうまくうまくいきません・・・
http://www.youtube.com/watch?v=wy_sw9Admks
この音はどの様な設定でつくれるのでしょうか?
エフェクターが安物(4000円弱)だから無理なのか?
ギターはレスポールタイプですがギターのタイプが違うからダメなのか?
もしマルチエフェクターで可能なら
例として
ディストーションにコンプレッサーをかけるとかそんな書き方をしていただけると幸いです。
詳しい方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

マルチはプリセット音色を活用するのです。

「音作り」なんて大袈裟に言っているから出来ないのです。
単に「設定(Setting)」と言います。

マルチの使いこなしはプリセットを何かに付け繰り返し弾いて自分のパッチに使って行く事です。
「ゼロからでは無くプリセットッを編集」この認識が重要です。
音色の豊かさ等、自由自在に調整できます。

先ずはその前にアンプの取り扱いから ;

以下、基本からやり直してください。

自分で立ち向かうのです。
人に聞いている内は望み無しです。

先ず基本的なアンプの使いこなし

良い音色を得る方法;

先ずアンプダイレクトの自分の音色確立、アンプを斜めにしスピーカーに対面し音決めする。

アンプの音決めはギターのVR,、トーン共(10(Max)で行う。(下記の音決めが終わったら曲調に合った位置にする)

一定の短い得意フレーズの音色とコード音の響きに対して
Bass;適度な太さを得る(多すぎない事)
Mid(付きなら);6~8(多すぎない事)
Treble;色付け程度(多すぎない事)
Master(付きなら);常時Max
VR ;必要に応じたレベル
これが最重要、全ての基本、都合でアンプが替わっても自分の音色を短時間に設定できる。

小型アンプ、小口径ユニット等に過度な要求はしないこと、良い面を引き出す使い方をする。

アンプスタンド ;http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=778%5EAMP150%5E%5E
家でもステージでも効果的です。

マルチ等エフェクター使用時この状態で接続する。バイパス時は当然この音色が得られる。(アンプはいじらない)
プリセット音色等 も含め腰のある良い音色で弾けます。
ディストーションサウンドでも蚊の鳴くようなレベルから出音確認が出来ます。

本番で実用するアンプを持っていない場合等、必要に応じ自分のアンプをスタジオ等に持ち込み音色設定の合わせ込みをしておけば家での準備等に効果的です。
会場等スペース空間の事では無くスピーカーの実出音で近似音色を追及したり合わせ込むのです。
全く違う等とは対極的な思考方法で極めて効果的、音色合わせ込みテクニックが身に付く事で様々な状況に対応出来る様になります。

「マルチを使いこなす基本」

取説プリセット音色一覧表を前に弾きながら良く聴いて候補等の◎、○等を付けメモ、特徴を記入して行く。
現在の自分のレベルで良いからプリセットの解説、ヒントを活用し編集加工で極めて行く。
まだあまりやって無い場合はそのままでも良い。(レベル位は設定を実用に合わせる)

プリセット音色は、そのマルチを有効活用して貰う為に様々な工夫がなされていますので マルチを使いこなすにはこれを活用するのが基本です。

初心者の場合、弾き手が自分である為、目的フレーズ等、短くて良いから同様に弾けるようにしないと折角の音色も見逃してしまいます。
またクリーンも含め音色自体の経験が無い場合は先ずは様々な音源を聴く事が不可欠です。
そう言う意味で必要に応じプリセットを聞き直し活用を深めて行きます。

エフェクトサウンズのパッチとして大きなレベルにしておくパッチも効果的です。踏んだ瞬間から強烈に鳴る演出効果が得られます。要は工夫次第なのです。

目的のエフェクトサウンズを得るにはユーザープリセッットの使いたい近似音色を幾つか選びそれらのパラメーターを好みの設定にして書き込みすれば良いのです。

初心者の場合。プリセット音色の特徴、用途、設定内容の説明を参考に徐々に理解を深めて行く事でしか熟達の方法はありません。

プリセットはその為の物です。

ユーザープリセットの内容、配置等、少しずつ工夫しながら整備して行く事で使いこなしが出来る様になります。

ファクトリープリセットをコピーすれば何時でも元に戻せるので怖がらずに挑むことがポイントです。

マルチはプリセット音色を活用するのです。

「音作り」なんて大袈裟に言っているから出来ないのです。
単に「設定(Setting)」と言います。

マルチの使いこなしはプリセットを何かに付け繰り返し弾いて自分のパッチに使って行く事です。
「ゼロからでは無くプリセットッを編集」この認識が重要です。
音色の豊かさ等、自由自在に調整できます。

先ずはその前にアンプの取り扱いから ;

以下、基本からやり直してください。

自分で立ち向かうのです。
人に聞いている内は望み無しです。

先ず基本的なアンプの...続きを読む

Qエフェクターの歪みとアンプでの歪み

エフェクターで音を歪ませるのとアンプに初めからついてるオーバードライブ機能を使うのでは音の歪みの質はやっぱりちがいますか?

初心者なんであんまりわかりません

Aベストアンサー

今はあんまりわからなくとも、はっきり違うと覚えておいてください。

こればっかりは、質問者の方がいろんな音楽を聴いて、いろんな機材を使ってみて、耳が肥えてくるとわかるようになります。

特にアンプで歪ませる場合に真空管アンプであるとはっきり違ってきます。ソリッドステートの代表であるJC-120でも実際アンプのディストーションレベルを上げるのとでは違ってきます。

言葉にするのは難しいのですが、よく言う言い方では、

1.アンプ直の歪みの方がレンジが広い
2.アンプの歪みの方が歪みが細かい(歪みが滑らか)

といいます。
これは、そこそこの音量はもちろん必要で、たとえば小さなライブハウスくらいでも聞き取れます。

1.はギターの音がドカンとストレートに出る感じで、ギター本体の鳴りまでも再現してくれます。だからプロは鳴りのいいビンテージのギターにこだわったりします。

2.これが純然たるオーバードライブです。いわゆるアンプのボリュームを全部上げたときに自然と音が歪んできます。これはエフェクターのように電子回路で作り出すものでは絶対的にでない音です。

ただし、質問者さんの「アンプに初めからついてるオーバードライブ機能」というのはアンプが何であるかわからないので言及できませんが、小型のアンプでしょうか?現行のモデリングアンプや小型ですとただのオーバードライブ回路をオンにするだけの回路であれば、さほど代わりはありません。たとえば自宅の練習用小型アンプで、さらにヘッドホンで聞いたりしているといいオーバードライブ使っていたりすると差は感じないでしょう。

明らかに差が出るのは、モデリングや変な増幅回路のない昔ながらの設計アンプで、たとえば真空管かつ2ch以上の独立チャンネルを持つようなアンプではじめてレンジの広さは感じられると思います。そしてそこそこの音量、たとえばスタジオ練習くらいでもその差は感じられます。メタル系のハイゲインアンプでも音の抜けや音圧が違ってきます。

(ちょっと言い方に語弊がありますが)たとえば、fender系のアンプでクランチのブルージーなソロを、セミアコとか、ストラト、テレキャスターあたりで弾くとわかりやすいです。よく「ピッキングによるニュアンスで歪みが変わる」とか聞きませんか?まさにこんなセッティングであることが多いです。

(ここから余談ですが)かといってエフェクターの歪みが悪いというわけでもありません。ポップス系の曲をやるときはどうしたってクリーンが基本で歪みはエフェクターです。だからチューブアンプに近い歪みをするオーバードライブ(エフェクター)が重宝されるわけです。

長くなりましたが、音質を追求していくと必ずと言っていいほど歪みはアンプ直のオーバードライブに突き当たります。腕ももちろんですが音質への追求も、続けていけば必ず何か満足行くものを求め始めますので、その頃には聞き比べができると思います。がんばってください。

今はあんまりわからなくとも、はっきり違うと覚えておいてください。

こればっかりは、質問者の方がいろんな音楽を聴いて、いろんな機材を使ってみて、耳が肥えてくるとわかるようになります。

特にアンプで歪ませる場合に真空管アンプであるとはっきり違ってきます。ソリッドステートの代表であるJC-120でも実際アンプのディストーションレベルを上げるのとでは違ってきます。

言葉にするのは難しいのですが、よく言う言い方では、

1.アンプ直の歪みの方がレンジが広い
2.アンプの歪みの方が歪みが...続きを読む

Qcubase LE4の使い方がわかりません

digitechのRP335ベース用マルチエフェクターを購入しcubaseをダウンロードしたのですが
使い方がさっぱりわかりません
目的は原曲と動画と合わせた録音で、最終的にはYou Tubeに動画を投稿したいです。

どなたかやさしく手順を教えてくれませんか??

Aベストアンサー

もっと良い方法もあると思いますが、おおまかな流れは、

1.Cubaseで曲の作成。(録音したり、打ち込んだり)
2.それを、wavファイルなどのオーディオファイルとして書き出す。
3.Windowsのムービーメーカーなどで、手持ちの画像や映像と、Cubaseなどで作ったオーディオファイルを並べて、動画の作成。
4.youtubeにアップロード。

つまり、大きく分けて、「機器のセットアップ」と「オーディオファイルの作り方」と「Cubaseの使い方」と「動画の作成」が必要だと思います。

あと、Cubaseについてですが、恐ろしいほど多機能ですが、基本は、マルチトラックレコーダーです。
作業の流れは、
1.録音したり、打ち込んだり、素材を貼ったりして、トラックを一本ずつ作成する。
2.それを、同時に鳴らす。

そして、それを支援するために、ミキサー(トラック間の音量バランスやパンの調整やエフェクターにルーティングする経路を決める)や、打ちこみ用のツールや、最大の魅力である、音色を変えるエフェクターや、打ちこみできるソフトシンセや、オーディオデーターの高度な編集機能、・・・があるという感じです。

動画の作成
http://www.youtube.com/watch?v=l2-Ji3Fpja4

曲の作成
http://lumiere3831.seesaa.net/article/42264671.html
http://www.youtube.com/results?search_query=cubase+%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9&aq=2&oq=cubase

もっと良い方法もあると思いますが、おおまかな流れは、

1.Cubaseで曲の作成。(録音したり、打ち込んだり)
2.それを、wavファイルなどのオーディオファイルとして書き出す。
3.Windowsのムービーメーカーなどで、手持ちの画像や映像と、Cubaseなどで作ったオーディオファイルを並べて、動画の作成。
4.youtubeにアップロード。

つまり、大きく分けて、「機器のセットアップ」と「オーディオファイルの作り方」と「Cubaseの使い方」と「動画の作成」が必要だと思います。

あと、Cubaseについてですが...続きを読む

Q芯のある音を出すことのできる歪み系統のエフェクター

こんばんは。
私は、ポリトーン社のブルート2を使用している者です。
このたび、歪み系統のエフェクターを購入しようと思い、bossの中だったらどのエフェクターがよいかなと思い、オーバードライブを楽器店で試奏しましたが、しっくりこなかったように思います。
なんと言いますか、歪みが表面だけ薄くかかっただけで、ソロというよりはロックのバッキング用のエフェクターのように感じたのです。

歪ませても太くて芯があり、ソロをとっても周りのバンドの音に埋もれないようなエフェクターを教えていただきたいです。メーカーは問いません。
使用機材はポリトーン社のブルート2とCREWSのストラトギターです。(すみません。中古で購入したのでギターの型番は確認できませんでした)
目指す音としては、ノラ・ジョーンズのファースト・アルバムで演奏しているギターの方のような音や、エリック・クラプトンが「what a wonderful world」を演奏している時のような音を目指しております。

難しい注文でしょうが、よろしくお願いいたします。
では、失礼します。

Aベストアンサー

こんんちは。
私のお薦めはヒューマンギア社ビバーチェです。
質問者様の理想とほぼ一致していたので思わず回答しました。
私も数年間同じ悩みに悩まされました。
歪ませても芯のある分厚い音というのに。

プロの熟練されたアーティストや職人であればアンプ一つでもそのような
事ができるんじゃないかとも思いますが、エフェクトで解決するなら
それが理想だと思います。

このエフェクターはオーバードライブのような歪みも可能ですが、
何より元の音を壊さずに倍音だけをでかくするという事が可能です。
パワーコードやソロの時、盛り上げたいときに踏むと一気に音が前に出ます。レベルが10あるとすれば3,4上げてれば十分威力があります。

なにより元の和音を壊さないというのが魅力だと思います。
値ははりますが(4万前後)他のブースターや歪みをいくつも買うよりかは重宝しますよ。

あくまでも個人のお勧めです。

Qギターマルチエフェクターの使い方がわかりません・・

最近マルチエフェクターを購入しました。ところが、説明書を何回よんでも使い方がぜんぜんわからないのです。というのも、OVERDRIVEを設定した後に、DELAYを設定するためにツマミをいじると、OVERDRIVEの設定まで変わってしまうのです。これでは好きな設定同士を組み合わせることできません。どうすればよいのでしょうか・・教えてください!!

Aベストアンサー

>マルチエフェクターをひとつ持っていても一つ一つの機能は別々にしか使えない・・・

もちろん、そんなことありませんよ!、「マルチ」ってくらいですから(笑)
ちゃんと「歪み + コーラス + ディレイ」なんて使い方が出来ますので、ご安心を。


ちょっと、質問内容がわかり難いので、補足願えますか?

歪みを設定してから、ディレイを設定すると、
歪みも、音色が変わる・・・ってことですか?

それとも、歪みを設定してから、ディレイを設定して、
歪みの設定を確認すると、歪みの設定が設定前に戻ってるってことですか?

QBOSSのエフェクターについて

私はBOSSのDS-1を持っています。
近々BOSSのCH-1を購入したいと思っているのですがそこで一つ疑問が。
もしDS-1とCH-1を同時に使うとき両方にACアダプターが必要なのでしょうか?現在BOSSのACアダプターを1つ持っているのですがCH-1を購入するときにもう一つACアダプターを購入しなければならないのでしょうか?
それとも何かACアダプターを分岐するような器具があるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

DS-1は消費電力4mA、CH-1は消費電力15mAなので、加算しても 4+15=19mA です。アダプタは 9Vで最大供給電力200mA ですから、あと150mA 以上分のエフェクターをつなぐ余裕があります。

分岐ケーブルで分岐された方が経済的でしょう。
但し、アダプタプラグのサイズを確かめてから(微妙に違うことがある)購入されることを助言します。
いちばん確実なのは、BOSS製品でしょう。

↓のような分岐コードです。参考に。

参考URL:http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=401^DC5^^

Qスタジオ・ライブでのギターアンプの使い方

スタジオで練習をする際、アンプの使い方というかセッティングの仕方がわからず困っています

私がいつも使用しているアンプはJC-120なんですが・・・

毎回マルチエフェクターのZoom G1XNを持参してスタジオに入っています
エフェクターの方で歪ませて、イコライザで音作りをして、アンプの方でもイコライザ?を調節してやろうとしたら
音を出したとたん思いっきりハウリングしてビックリしてしまいました

シールドはHIGHの方に接続させました
ギターはフォトジェニックのレスポールタイプです

それからアンプの方ではボリュームマックスにしてイコライザ?はエフェクターの方で調節してアンプの方は全部ゼロの状態で弾いてます
それだと何かミュートした時に「キィン!」って音がしてかなり気になってしまうのですが・・・

このアンプの使い方って絶対間違えてますよね?
よろしかったらアドバイスお願いします

Aベストアンサー

リハでギターのボリュームの方をMAXにして、アンプのボリュームを下げ、
ハオらないところまで上げてみて下さい

てか、リハ無いんでしょうか?
他とのバランスもあって、アンプの方をMAXでやったことないです
全体の音量を下げるか、そんな調整でどうでしょうか?

マイクの指向性と共鳴してハオることはよくあって、
それだとマイクの向きとアンプの向きを向かい合わないようにしてましたが

スタジオライブでミキサーがあるなら、アンプの音量は上げなくていいですよ
ミキサーがスピーカーからの出力を上げれば、大音量になります

QBOSS エフェクター

もう製造していないモデルで、ディレイとリバーブが一緒になったコンパクトエフェクターがありましたが、あれの品番をどなたか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

 それはRV3ではないでしょうか?
デジタルリバーブとディレイのワンピースものですね。

 この回答で納得なら締め切っちゃって下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報