バーバーのアダージョのCDを一枚も持っていません。
バーバーのアダージョのCDが欲しいのですが、どのCDが名盤とされているのでしょうか。
「レコ芸名盤300選」見ても載ってないし。
好みはう~ん。R・シュトラウスのメタモルでいくと、フルヴェンが好きで、次いでクレンペラーです。カラヤンは好みではありませんでした。
シューマンの第二交響曲第三楽章で言うと、トスカニーニ、シューリヒトが好みです。次がチェリかも。
バーバーのアダージョって暗めの曲?だと思うので、暗めのアダージョを挙げてみたのですが。
とりあえず、有名な名盤を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



一般的に名演という評価が固まっている演奏があるかどうか私は知りません。
質問者さんが興味を持ちそうな感じのものとしては,

・トスカニーニ指揮 NBC交響楽団
http://www.tsutaya.co.jp/item/music/view_m.zhtml …

・ミュンシュ指揮 ボストン交響楽団
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1976 …

のふたつくらいではないかと思います。
あと無難な線としては,バーンスタイン,スラットキンといった現代アメリカ系あたりでしょうか(それぞれ何枚もCDがあるようですが,録音が違うかどうか不明です)。
この曲の知名度が上がったのはほんの最近の事だと思うので,過去のヨーロッパ系指揮者・オーケストラの録音はほとんどないと思います(どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら補足いただけるとありがたいです)。

質問者さんであれば,演奏家の情報からだいたいの内容は想像できるのではないかと思いますので,あとはお好みで選んでいただければよいかと(^^

ちなみに,私が聴いた事があるのはトスカニーニとバーンスタイン(ロスフィル)ですが,バーンスタインは私にとってはちょっと間延びした印象です。少なくともねっとりとロマンティックに演奏する(メタモルみたいに?)ような曲ではないのでは?,というのがバーンスタインを聴いた上での私の今のところの個人的な感触です。

なので,トスカニーニの演奏に対しては比較的好印象です(カップリングの曲もなかなか興味深いですよ^^)。ただし,一般に思われている曲のイメージ通りか,と言われるとちょっと疑問かもしれません。そういう意味では,ミュンシュの演奏はぜひ一度聴いてみたいと思っています。
*シューリヒトやチェリビダッケが万が一やっていたりしたら面白かったかもしれませんね(まずあり得ないと思いますが^^)

以上,ぜんぜんご質問の回答になっていませんが,ご参考にしていただければ幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
書き忘れましたが、シューマンの第二交響曲第三楽章で言うと、バーンスタインも持っています。でも好みではないんです。HMVのネット通販だと、スラットキンが二枚組みで1000円ですから、お買い得なんですが。
トスカニーニの録音があるんですね。トスカニーニはよさそうなんですけど、モノラルですからねえ(笑)。ミュンシュですか。情熱激烈演奏だと推測します。ただ、私、バーバーのアダージョを聴いたことがないんです。

バーンスタインはメタモルみたいにやってる、ですか。
バーンスタインは感情移入の多いねっとり演奏が多いですからね。
メタモルはフルヴェンの演奏が憐憫で気に入りです。
クレンペラーのメタモルも好きです。クレンペラーのメタモルも温かい感情を感じます。
バーンスタインのシュー2、第三楽章が好みではないとすると、バーバーもバーンスタインはやめた方がいいということですね。Ta595さんによれば。
トスカニーニがいいかもしれません。でも、モノラルなのでスラットキンがいいかも。演奏はトスカニーニの方がよさそうですが。
ミュンシュですか。ミュンシュは幻想交響曲とブラ1しか聴いたことないんです。少しだけエロイカを聴きましたが。エロイカは好みでした。
トスカニーニかミュンシュかスラットキン。ですね。

お礼日時:2005/05/21 19:41

#1です。


なんと,チェリビダッケの演奏があったんですね。調査不足で申し訳ありませんでした

m(_ _)m

参考URL:http://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=1807 …

この回答への補足

HMVネット通販で視聴できました。ミュンシュの演奏。
バーバーのアダージョってこんなにいい曲だったのか。と思いました。ミュンシュのCDですが、バーバーのアダージョ100%とかいうもので、指揮者は全部ミュンシュ表記。弦楽四重奏曲バージョンも入っていました。
ミュンシュの演奏でよかったのでネットで購入しました。
どうも回答ありがとうございました。

補足日時:2005/05/21 21:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ。チェリの演奏があることは知っていました。ショスタコの1、9とカップリング。でも、値段が高い。チェリは薄い衣のようで、透明な演奏なんでしょうね。きっと。シュー2のアダージョ楽章のように。
調べてくださってありがとうございました。

お礼日時:2005/05/21 19:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバーバーのアダージョ

いつもお世話になります。
バーバーの「弦楽のためのアダージョ」は有名ですが、実は私は初めて聞いたのが映画『プラトーン』の中でなんですが、戦争シーンもあってバーバーのアダージョを聞くたび、哀しくなってこの世のすべてが終わりのような気分になってしまうのです。
そこで、この曲のエピソードなり、そのイメージを払拭するような挿入歌としての作品などあれば紹介していただけたらと思います。
曲自体は凄くいいのですが最初の印象があまりにもかなしすぎてこの曲をきく度哀しくなるのもまた悲しいです。もしそう言う情報があれば教えて頂けませんでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今晩は
確かに「プラトーン」のイメージがかなり強烈ですので
払拭するのは難しいのですが、
「アメリ」といフランス映画にもバーバーのアダージョがさりげなく使われています。
内容のほうも癒し系映画とでも言うのでしょうか、
個人的にはお勧めの作品です。(既に御存知でしたらすみません)
以上ご参考までに・・・

Qカラヤンの名盤について

こんにちは。
カラヤンは一生涯に多くの曲を演奏しましたが、あなたにとっての名盤はなんですか。3曲教えてください。
曲名、オーケストラ、録音時期も教えてください。

Aベストアンサー

あえて、カラヤンの名盤ベスト3を挙げると・・・

・ブラームス/交響曲第3番ヘ長調 ウィーン・フィル(1960年:英デッカ)

・チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」 ベルリン・フィル(1971年:EMI)

・モーツァルト/歌劇「魔笛」 マティス(S)、アライサ(T)、ヴァン・ダム(B)、オット(S)他、ベルリン・フィル、ベルリン・ドイツ・オペラ(1980年:DG)

ブラームス、チャイコのSymはDGにも新旧録音(60年代、80年代)しており、いずれも名盤ではありますが(全てベルリン・フィル)、英デッカ・ロンドンのウィーン・フィル(ブラームスNr.3)、EMIのベルリン・フィル(チャイコNr.6)との録音(当時はいずれもLPレコードとして発売、後にCDになる)は共にDG盤を上回る出来だと思います。未だにこの2曲において、後にも先にもこの盤を越える演奏に出会ったことはありません。

カラヤンはオペラも得意としていました。ヴェルディ、プッチーニ等イタリアオペラにも名盤は数多くありますが、この分野で一つ選ぶとなると迷わず「魔笛」です。ソリスト、オーケストラ、合唱団、全てがカラヤンの音楽にマッチし、それはすなわち=モーツァルト最晩年の最高傑作を演奏する上でこれ以上は考えられないかの如く、きわめて上質でセンスに溢れ、まさに特上・最高の音楽を聴かせてくれます。

あと、コンチェルトもお気に入りのソリストを選定して数多くの名盤を残していますね。特に、
リヒテル(Pf)、ウィーン響とのチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番(60年代:DG)やロストロポーヴィチ(Vc)、ベルリン・フィルとのドヴォルザークのチェロ協奏曲(1968年:DG)、フェラス(Vn)、ベルリン・フィルとのブラームスのヴァイオリン協奏曲(1964年:DG)などは入門用として万人に薦められるし、華麗な協奏曲の醍醐味がたっぷりと味わえます。

序曲、管弦楽曲、組曲などにも名盤は沢山あります。今回、ベスト3ということなのであえて書きませんが、カラヤン/ベルリン・フィルというゴージャスこの上ない組み合わせで聴くクラシック音楽はいずれも他のどんな組み合わせを持ってきてもかなわない?ほどの強烈なカリスマ性とブランド力を併せ持っていたと、今更ながら思いますね。

あえて、カラヤンの名盤ベスト3を挙げると・・・

・ブラームス/交響曲第3番ヘ長調 ウィーン・フィル(1960年:英デッカ)

・チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」 ベルリン・フィル(1971年:EMI)

・モーツァルト/歌劇「魔笛」 マティス(S)、アライサ(T)、ヴァン・ダム(B)、オット(S)他、ベルリン・フィル、ベルリン・ドイツ・オペラ(1980年:DG)

ブラームス、チャイコのSymはDGにも新旧録音(60年代、80年代)しており、いずれも名盤ではありま...続きを読む

Qベルリオーズ 幻想交響曲 3楽章

お尋ねしたいのは、タイトルの通り 幻想交響曲の3楽章についてです。
アマチュア市民オーケストラでオーボエを吹いています。
今度幻想交響曲を演奏する事になりました。編成について困っています。

この曲は 1stオーボエ+2ndオーボエ(アングレ持ち替え)の計2名だけで演奏可能でしょうか?
3楽章の冒頭で1stオーボエが舞台外で吹いています。
3人目のオーボエ奏者がいる場合は問題ないのでしょうが、2名しか奏者がいない場合、
「1st奏者は2楽章の間に舞台外に出て3楽章のソロが終った直後に急いで舞台に戻る」みたいな事がスコアに記されていますが、これって実際可能なのでしょうか?
色々なプロオケの演奏の映像を見ると、どのオケも3人目(もしくは4人目)の奏者が舞台外で吹いているようで、こんなバタバタ出たり入ったりしているものを見た事がありません。
2名の奏者で演奏会をした事がある方、いらっしゃいましたら、実際の状況を教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

実際に演奏した事があるものです。(オーボエではなくて,しかもアマチュアですが)
私がいたアマオケの場合も,途中で退場して戻ってきました。しっかり吹ける人の頭数が揃わなかったからですが(恥)

私自身は曲の途中で出入りした事はありませんが(トロンボーンなので,座ったまま待ちぼうけはしょっちゅうですけれども,笑),同様の曲を他に何曲かやった事もあります。

・・・という事で,なんちゃって経験者ではありますが,当時の状況を覚えている範囲で。

幻想の場合,出ていくのは比較的楽ですが,戻ってくる時がちょっと大変だったようですね。
時間的なものというよりは,曲想の問題ですが。

ポイントは,

・無理な姿勢にならなくても通れる道をしっかり確保しておく(最重要)
・必要以上に急がない
・足音が響くような靴底の靴は避ける

といった感じでしょうか。

よい演奏会になる事をお祈り申し上げます♪

QR・シュトラウスのバレエ音楽「泡立ちクリーム」のCD探してます! 

リヒャルト・シュトラウスのバレエ「泡立ちクリーム」のCDをご存知の方教えて下さい!

Aベストアンサー

こんにちは。
これはまたすごい所を突いてきましたね(笑)

「泡立ちクリーム」,私も全曲版は聴いた事がなくて,
ケンペ/ドレスデン国立歌劇場管弦楽団による「ワルツ」だけならば聴いた事があります。

今はCDを持っていませんので調べてみたら,R・シュトラウス全部まとめて
ずいぶんとお得になっているようです。
☆ケンペ指揮/ドレスデン国立歌劇場管弦楽団 R・シュトラウス管弦楽曲集
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=975689
カラヤン/ベルリンフィルや,ウィーンフィルによる豪華絢爛な演奏とは一味違いますが,
これもまたR・シュトラウス演奏を代表する名演のひとつだと,勝手に信じています。

これが5千円で買えるって,いい時代になったものですよね・・・(遠い目)

全曲版があるのは知りませんでした。#1さま,参考になりました。

Q誰にも教えたくない名盤、あなただけが知っている名盤を教えてください

名盤なんだけど全く紹介されていない。
誰にも教えたくない。
誰かに知らせたい。

そんな名盤がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

メシアン「世の終わりのための四重奏曲」(Vnオレグ・カガン、Clエドゥアルド・ブルンナー、Vcナターリャ・グートマン、Pヴァシリー・ロヴァノフ、1984年クフモ音楽祭でのライヴ)LIVE CLASSICS LC712

 晩年のリヒテルが良く共演したオイストラフ門下のヴァイオリニスト(クレーメルの兄弟子)で若くして胃がんで亡くなったカガン。EMIやメロディアにモーツァルトやブラームスの録音が有りました。バシュメットやグートマン(カガンの二度目の奥さん、ちなみに前妻はエリザーベト・レオンスカヤ)、ヴィルセラーゼとも頻繁に共演、シュニトケやグバイドリーナなどとも深い親交があり現代音楽も得意にしていました。このライヴ録音は気心の知れあった名手たちが純粋にひたむきにメシアンを演奏しています。特に曲の最後、VnとPが天国の調べのように美しく消え入るように演奏され(ヴォリュームをものすごく大きくすると本当に小さい音ですが、神々しいVnとPが聞こえます)、一瞬の深い静寂が訪れた後、我に帰ったかのような聴衆の拍手が聞こえてきます。

 LIVE CLASSICSは、カガンの業績を忍ぶため作られたレーベルでリヒテルとカガンのヒンデミットなど名盤がありますが個人的にはこの盤が一番です。

参考URL:http://www.amazon.co.uk/exec/obidos/ASIN/B000025BI7/qid%3D1133779224/203-9075496-2151951

メシアン「世の終わりのための四重奏曲」(Vnオレグ・カガン、Clエドゥアルド・ブルンナー、Vcナターリャ・グートマン、Pヴァシリー・ロヴァノフ、1984年クフモ音楽祭でのライヴ)LIVE CLASSICS LC712

 晩年のリヒテルが良く共演したオイストラフ門下のヴァイオリニスト(クレーメルの兄弟子)で若くして胃がんで亡くなったカガン。EMIやメロディアにモーツァルトやブラームスの録音が有りました。バシュメットやグートマン(カガンの二度目の奥さん、ちなみに前妻はエリザー...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報