こんにちは。
飛行機が舞台の、またはパイロットが主役の面白い小説を、ぜひ教えていただきたいです。感想も添えていただければ、なお嬉しいです。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 好きな作品をいくつか。



『ファイア・フォックス』『ファイア・フォックス・ダウン』クレイグ・トーマス
 ソ連が開発した最新鋭秘密兵器ミグ31「ファイア・フォックス」を奪取するためモスクワに潜入したエージェントが、ミグ31に乗って脱出をはかる。次々と襲
い来る危機をかわして、果たして無事に西側へ脱出できるかという、航空冒険小説の大傑作です。迫真のカーチェイスならぬエアチェイスが読みどころです。

『超音速漂流』トマス・ブロック(ネルソン・デミル)
 高々度でジャンボジェットが事故に遭い、酸素欠乏症で乗客の大部分が廃人となる。生き残った者が何とか生還をはかろうとするが、航空会社は今後の補償問題を考えると全員死んでもらった方がありがたいと判断し、飛行機を落とそうと画策するという航空サスペンス。最近、現代のテクノロジーにあわせて改訂した新版が出ました。

 『飛越』ディック・フランシス
 元イギリスのチャンピオンジョッキーであるフランシスの「競馬シリーズ」の1冊。競馬に興味のない人にも読んでもらいたい名作シリーズです。競走馬の空輸会社の馬丁をつとめる貴族が、競馬の空輸に絡む陰謀に気づき、敢然と悪に立ち向かうというフランシスらしい逸品。特に大戦中空軍のパイロットでもあったフランシスの描く航空シーンは絶品です。
 フランシスにはもう一つ『混戦』というパイロットが主人公の作品がありますが、こちらは出来がいまいちです。フランシスなので、いまいちといっても並みの作家よりは遙かに面白いですが。

 『ちがった空』ギャビン・ライアル
 元パイロットでもあるライアルの処女作。いつか大型機旅客機のパイロットを夢見ながら、弱小空輸会社で働くジャックに持ちかけられた秘められた財宝の謎をめぐってエーゲ海や北アフリカ目指して飛ぶというロマンあふれた航空冒険物。軍払い下げのオンボロ輸送機ダコタ(ダグラスDC-3)がこんなに魅力的に描かれた作品は他にありません。
 同じ作者の『本番台本』もかなり面白いです。また、『最も危険なゲーム』ももの凄い大傑作ですが、パイロットが主人公ではあるものの、航空ものとして見るとちょっと弱いかな。

 『大空のサムライ』坂井三郎
 太平洋戦争中の日本のエースパイロットだった坂井三郎の自伝です。日本の戦記小説の傑作の1つでしょう。世界的にもベストセラーになりました。零戦と共に闘った魂の記録で、何度読んでも読むたびに熱くなりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わぁ、とても詳しいご回答ありがとうございます!
特に『ファイア~』と『飛越』に魅かれました。飛行機の躍動を感じたかったので、エアチェイスはかなり魅力ですね。 
頑張って全部読んでみようかな…

お礼日時:2005/06/03 11:29

みなさまとはちょっと違った視点で。


まず意識されることはないのですが、サン・テグジュペリの『星の王子様』の主人公も飛行機乗りです。
砂漠の真ん中に不時着して、そこで出逢ったのが「星の王子様」でした。
同じくサン・テグジュペリの『夜間飛行』は、飛行士を主役に据えた作品です。
(岩波文庫から出ています。)
サン・テグジュペリは、彼自身が飛行士でもあったので、飛行士をテーマにした小説を多く書いています。

このほか。
アガサ・クリスティの『雲をつかむ死』は反則ですか?(^^)いちおう飛行機の機内が重要な舞台です。

この回答への補足

回答してくださったみなさん、本当にありがとうございました。これほど親切にお教えいただけるとは予想外で、とても嬉しかったです。どれも甲乙つけがたいのですが、特に魅力を感じる作品を紹介してくださったお二方にポイントを…。
本当にありがとうございました!

補足日時:2005/06/03 12:35
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
サン・テグジュペリの作品、素敵ですよね。私も好きです(^^)
『雲をつかむ死』は読んだことがないです。推理小説も大好きなので、ぜひ読ませていただきます!

お礼日時:2005/06/03 12:20

まだ回答に挙げられていない作品というとこれですかね。



『僕はイーグル』夏見正隆 徳間ノベルス

シリーズ物で4作品あります(4作目は姉妹篇の様です)

自衛隊航空パイロット小説ながら、恋愛要素も多く
楽しめる作品です。作者はパイロット免許を持って
いるので、その描写も専門的です(飛行機オンチでも
面白いです)。

続編が待たれますが、その声すら聞こえてこないのが
気になりますが…

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198505 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
いいですねぇ。自衛隊、専門的な描写、恋愛、三拍子揃ってますね。
確実に楽しめそうです!

お礼日時:2005/06/03 12:09

スカイ・クロラ(著:森博嗣 中公文庫)


非常に純度の高い綺麗な小説です。作中の設定のほとんどにハッキリとした説明がなく、物語の舞台でさえも恐らく近未来の日本であるということぐらいしかわかりません。物語も、はっきりとこれがあらすじだと言えるものがなく、ストーリーにたいして意味はありません。しかし何故か、虚無的な独特の雰囲気に惹かれてしまい、読了後こんな素晴らしい本を読んだのは久しぶりだと思えました。なんとも不思議な本です。

参考URL:http://www.chuko.co.jp/skycrawlers/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ご紹介に、素直な航空ものとはまた違った魅力を感じました。ぜひ読んでみたいですね。

お礼日時:2005/06/03 11:54

日本だと、


鳴海章さん(航空自衛隊関連が多い)の、ZEROシリーズ、ナイト・ダンサー、原子力空母「信濃」シリーズ、etc.

内田幹樹さんの「PILOT IN COMMAND」、「TYPHOON TRAP」 もう1冊出てたかな?
  こちらは民間航空ものです。

海外なら山ほどあります。特に、空軍ものはやはり海外が多く、
リチャード=ハーマン Jr. 「第45航空団」「ウォーロード作戦」「最終作戦トリニティ」
  この3作品は好きです。特に「第45航空団」は、いいです。

デイル=ブラウン 「オールドドッグ出撃せよ」「ハマーヘッズ緊急出動」「頭上の脅威」 etc.
  この頃、デイル=ブラウンはちょっと食傷気味です(苦笑)。いくらなんでもやり過ぎだろうと。
初期の作品の方が好きかな。

「飛行機図書館」 http://home4.highway.ne.jp/t-park/tp/lib-c.html に挙げられている小説も参考にしてみては。この中の「19便、魔の離陸」は、個人的には大好き。


あと、飛行機およびその周辺ということで、
アーサー・ヘイリーの「大空港」「0-8滑走路」
なども楽しめるのではないかと。

航空ものは、手当たり次第読んでいた時期があったので、本棚を漁れば、(出来はともかく)もっと出てきそうな気はしますが、この辺で。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございます。
実は『第45航空団』を読んでみたかったんですが、本屋で見つけられなかったんです…。やっぱり面白いですか。絶対見つけます(^^)
以外のご紹介もとても参考になりました!

お礼日時:2005/06/03 11:46

こんにちは。



松岡圭祐:ヘーメラーの千里眼
スピード感があります。ただ、シリーズものなので繋がりがわかりにくいかも。

すでに上げられていますが
神林 長平:戦闘妖精・雪風(改)
クレイグ・トーマス:ファイア・フォックス
はおすすめです。

漫画ですが、
新谷かおる:エリア88
もおすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やっぱり『ファイア・フォックス』はおすすめですか…。必読ですね。
考えていませんでしたが、漫画もいいですねぇ。

お礼日時:2005/06/03 11:35

飛行機が舞台もしくはパイロットが主役の小説ということですぐに思い出せる小説家は鳴海 章ですね。


とりわけ航空自衛隊のパイロットが登場する小説が多々あります。「ネオ・ゼロ」シリーズ、「ユニコーン」シリーズ、デッドシックス、ナイトダンサー等々…
これらの小説の中に出てくるパイロット達は実在しているパイロットらしくタックネーム(映画"トップガン"でいうところの"マーヴェリック"や"アイスマン")
まで一緒らしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
航空自衛隊は魅力的ですね。実在したというのも素敵です。ぜひ読んでみます!

お礼日時:2005/06/03 11:17

アニメ化されたものですので有名です


神林長平「戦闘妖精"雪風"」
http://www.faf.jp/

茅田砂胡「スカーレット・ウィザード」
http://www.fuji.sakura.ne.jp/~mugen/queen/index. …

高瀬彼方「女王様と赤い翼」
こちらはギャグ満載のもの、海賊一家の専任パイロット シャイア・メーソンの活躍
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
どれも知りませんでした。海賊一家の専任パイロットって面白そうですねぇ(^^)

お礼日時:2005/06/03 11:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飛行機・航空関係の小説

こんにちは!
飛行機・航空関係の小説でおすすめを教えてください。
例えば山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」のような感じです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

パニック・サスペンス系ですが、昔読んですごく面白かったのでお薦めします。
米軍の模擬ミサイルが超高空を飛行している民間旅客機を誤射してしまうという内容です。
もう読んでいたらすいません。

 超音速漂流 トーマス・ブロック 文春文庫 1984

Q自衛隊が舞台の小説・・・

自衛隊が舞台、あるいは自衛官が主人公の面白い小説を
知っている方教えてください。
(千里眼)や有川浩さんの(海の底)(空の中)は読みました。
ただ、千里眼のような元自衛官という設定で自衛隊があまり出てこない作品は、あまり好きではありません。

Aベストアンサー

最近の面白い小説なら、ゲート(柳内たくみ)がおすすめです。

銀座に突如現れたゲートを通り異世界で、自衛隊がドラゴンやらゴブリンなどと戦う話です。

元自衛官が書いている小説なので、自衛隊内部及び装備についても詳しく説明されています。

かなり内容をはしょてますが、現役自衛官にも評価されている小説です。

現在3巻まで発売されています。

Q空港が舞台の小説で何かいい本を知りませんか?

空港が舞台の小説を探しています!
できれば文庫化されているものがいいのですが。。。
ちなみに私は中学生ですが、難しめのものでも大丈夫です!!

Aベストアンサー

■アーサー・ヘイリー「大空港」ハヤカワ文庫 上下巻
映画「エアポートパニック」の原作小説
■ウォルター・ウェイジャー「ダイ・ハード2」二見書房
映画「ダイハード2」の原作小説?
■新野剛志「あぽやん」文藝春秋
成田空港を舞台にした旅行代理店の社員のドタバタコメディ
■石持浅海「月の扉」光文社文庫
那覇空港を舞台に、逮捕された師匠を空港に連れて来させる目的でハイジャックした3人が、殺人事件に巻き込まれる推理もの

Q日本では制服で通勤するCAやパイロットを見ませんが

日本では制服で通勤するCAやパイロットを見ませんが

ふと思ったのですが、日本では制服で通勤する
CAやパイロットの人を見たことありません。

今までヨーロッパやアジアの何カ国か行きましたが
そこでは空港に向かうバスや、空港から市内に行く列車で
制服で出勤する人や、勤務を終えてそのまま帰宅する人を結構見ました。

自分が乗ってきた飛行機にいた乗務員さんと同じ列車に乗り合わせ
向こうが私のことを覚えていて話しかけてくれ、
あれこれ話をしながら市内まで行ったこともありました。
(もちろん向こうは制服のままでした)

日本ではそういう感じで制服で出勤したり
制服のまま帰っている人を見たことがありません。
日本の航空会社では、制服で出勤は駄目とか決まっているのでしょうか?
特に決まりはないけど、なんとなく制服のままは嫌だとかで
皆さん私服で出勤し、空港で着替えているのでしょうか?

素朴な疑問なのですが、ご存知の方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

電車で制服を着て出勤する方を見かけたことはありませんが、
CAさんならリムジンバスで見かけますよ。
また、乗務後に制服着用で帰宅されるところも見かけたことあります。
制服の上にコートを羽織ったりしていると分かりづらいですけど、
メイクも髪型もあのままなので分かりますね。
友人宅の近所にCAさんが住んでいて、制服のまま帰宅するのをよく見かけると言っていました。

JALなんかは地味な普通のスーツっぽいですから、スカーフや名札を外したら、
空港外で見かけてもそれほど違和感を感じないのではないでしょうか。
私が気づくのも服装よりも、髪型、メイク、ストッキング、スーツケースですから。
また、民族衣装系の派手目な制服だと、着替えないわけにはいかないでしょうね。

Q航空機小説

たびたびここで質問させて頂いてます。
最近、押し入れから内田幹樹さんの文庫本がでてきて読み返したのですが、とてもおもしろかったので内田さんの出版されている著書はほとんど買ってしまったのですが、これに似たような文庫本とかはあるのでしょうか?

民間航空機のパイロットが語る裏話や、墜落の危機に陥る話の文庫本などがあれば教えていただきたいのですが

あと、おすすめの飛行機関連の文庫本などあれば一緒に教えてください。

Aベストアンサー

ちばてつやの漫画「ちかいの魔球」の原案者でもあった福本和也は、自身も民間パイロットでもあっただけに、日本では長い間、唯一といえるほどの航空機小説家だったといえるでしょう。
代表作は「霧の翼(「狼よ,蒼空に翔べ」)」「謎の巨人機(ジャンボ)」など。

海外では傑作が目白押しです。

「夜間飛行」「人間の土地」「星の王子さま」サン・テグジュベリ
「飛行士たちの話」ロアルド・ダール
「ちがった空」「もっとも危険なゲーム」ギャビン・ライアル
「航空救難隊」ジョン・ポール
「0-8滑走路」「大空港」アーサー・ヘイリー
「シャドー81」ルシアン ネイハム
「ファイアフォックス」クレイグ・トーマス
「ザ・ライトスタッフ」トム・ウルフ
「サハラの翼」デズモンド・バグリイ

飛行機ものを愉しむ背景など全般についても次のURLをご参考まで。
http://press.airjapon.com/category/book

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E6%9C%AC%E5%92%8C%E4%B9%9F


人気Q&Aランキング

おすすめ情報