私が今まで読んだ村山由佳さんの小説を、男性からの視点で書かれている作品と女性からのそれとに分類すると、次の様になりました。

○男性からの視点
『天使の卵―エンジェルス・エッグ』
『天使の梯子』
『キスまでの距離 おいしいコーヒーの入れ方I』
『きみのためにできること』
『すべての雲は銀の…』
『星々の舟』所収の『雪虫』、『青葉闇』、『名の木散る』
『BAD KIDS』(これは両方の視点からですが)
『海を抱く BAD KIDS』(同上)
計10点

○女性からの視点
『野生の風』
『翼 cry for the moon』
『青のフェルマータ』
『星々の舟』所収の『子どもの神様』、『ひとりしずか』、『雲の澪』
『BAD KIDS』
『海を抱く BAD KIDS』
計8点

一般的に女流作家の場合、女性が主人公で女性の視点から書かれている作品が多いと思うのですが、村山さんの場合はその逆だし、しかも男性が読んでも男性の心理とか性的欲求などが極めて的確に描写されていて、女性から見たとはとても思えないのが不思議です。村山さん風の表現をすれば「思わず心臓を鷲づかみされるような思い」がします。

この謎はエッセイに書かれているかもしれない、と思い、『海風通信 カモガワ開拓日記』と『晴れ ときどき猫背』も読んでみましたが、お兄さんが2人いらっしゃることとご結婚されていることくらいで、結局この謎は解けず仕舞でした。

1つ予想されるのは、『海を抱く BAD KIDS』の女性主人公・藤沢恵理が「精神的ヘルマフロディトス」ではないか、と思い悩む箇所がありますが、これが村山さんご自身のことなのでは、と想像してみたりもしたのですが、まさかご本人に確かめるわけにもいきませんし……。

ご存知の方は教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

村山由佳さんのファンです。


ラジオで聞きましたが、村山由佳さんは以前(学生のとき)女の子をスキになったとか。
そういうのを何というか知りませんが、女性が女性をスキになるということは、一般の女性(男性のみをスキになる方)より男性の視点をもっているのではないでしょうか?男ゴコロが分かるということだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう事実があったんですか。それこそまさに『海を抱く BAD KIDS』の藤沢恵理・工藤都状態で、質問に書いた「精神的ヘルマフロディトス」、つまり両性具有(中性じゃありません)ってことです。とするとやっぱり藤沢恵理って村山さんご本人のような気が、ますますしてきました。

お礼日時:2005/06/13 22:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『黒い家』、『ぼっけぇきょうてぇ』・・・怖いですか?

怖い話が苦手なくせに、ミステリーが好きです。
その昔「リング」を読んで一人で眠れなくなり、トイレに行くにも母を起こす始末(^^;
なのに、映画も見てしまいました。今でも「砂の嵐」状態は苦手です。
『OUT』は表紙は怖かったけど一気に読みました。『魍魎の匣』にはしばらくうなされましたが、今は大丈夫だし、京極夏彦は大好き。
痛いのとか血にも弱いけど、『検死官』シリーズの描写までなら耐えられます。わかりにくいでしょうか? 怖いもの見たさってやつですね。

質問は、『黒い家』、『ぼっけぇきょうてぇ』、面白そうだなぁと思いながらも、また眠れなくなるのも、と二の足踏んでいます。『死国』は諦めてますが、この2冊はどうでしょう? 
あと、『天使の囀り』、『メドゥサ、鏡をごらん』をはじめとする井上夢人作品はどうですか?
やめといた方が賢明でしょうか? どちらかでも読んだ方、教えてください。

Aベストアンサー

「黒い家」
結構怖いです。映画を見たくなりました。昨今流行している「その場面を想像する力があれば怖い」タイプで、描写も含めて「わかり易い怖さ」とでも言いましょうか。

「ぼっけぇきょうてぇ」
1.舞台が現代ではない
2.語り口
3.登場人物
などから、(淫靡ではなく)隠微なイメージが強いです。内にこもった怖さというかじわじわと折り重なっていく怖さというか・・・。最近のホラーとは一線を画すでしょう。
 お笑いに例えて言えば・・・
「リング」「黒い家」等はその場で大笑いする、コント・掛け合い漫才・落語。
「ぼっけぇきょうてぇ」はじっくり聞いていつの間にか引き込まれてニヤリと笑ってしまう「個性の強い漫談」
 無理があるか・・・(^^ゞ

「死国」
私はあまり怖いとは思いませんでした。「リング」「黒い家」「仄暗い水の底から」のように「もしかして、ひょっとしてこんなことがあってもおかしくないのかもしれない」と思わせる、現実におぶさってくるような部分が少なく、いわゆる「読み物」的な感じが強かったです。

Q吉本ばななと村山由佳のおすすめ

吉本ばななさんはキッチンとつぐみを
村山由佳さんはおいしい珈琲の入れ方とエンジェルスエッグ、君のために出来ること

この二人の作品でお勧めがありますか。
この二人に似たおすすめ作品もありましたら教えてください

Aベストアンサー

私は村山由佳さんの小説が好きでよく読んでます。

○「天使の梯子」
No,1さんの回答にもあるように、「天使の卵」を読まれたのであれば、続編の「天使の梯子」を読まれるとよいのではと思います。ただ「天使の梯子」は文庫化されていないので、少々お金がかかり、かつ大きいですが・・・。

○「夜明けまでの1マイル」
主人公が私と同じ大学生ということもあり、主人公や主人公を取り巻く環境に共感し、感情移入しながら読むことができました。質問者様の年齢や好みによっても違いますが、私はオススメしますよ。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087813193/ref=pd_bxgy_text_1/250-6870146-4817807 http://www.amazon.co.jp/exec

Q村山由佳さんの「ダブルファンタジー」について

村山由佳さんの『ダブルファンタジー』(週間文春に掲載・8月夏の特大号で最終回)について、

「~~~~な小説だったよ」みたいに、
友だちに説明したいのですが
うまく書けずに困っています。

セックス描写があれだけあるのだから
エロスをつきつめた とかが無難でしょうか?

実はわたしは率直には、エロいと思えなかったのですが、
(「イタい」と思えてしまい…)

エロかったですかね?
いろいろな年齢や年代かたの感想が聞きたいです。

*私は31歳女性です。

Aベストアンサー

はじめまして。
二十代後半の若輩者に加えて、ご質問のダブルファンタジーをまったく知らないのですが、村山由佳さんの作品に、ハマって読みあさった時期がありますので、お邪魔させて頂いてもよろしいでしょうか。。。?

村山由佳さんの作品は、数多くありますが、「文学的に価値がある(かも知れない)」作品群と、「ライトノベル」に分類されそうな作品群、の二種類あるように思います。

前者には
「翼」「海を抱く」「BAD KIDS」等が入る、と思いますし、

後者には
「おいしいコーヒーの入れ方」シリーズ が筆頭に上がる、と思います。

更に、村山由佳さんの作品の「特徴」として、「性的な描写」があると思います。その「性的描写」が「必然」「必要に差し迫って」描かれている作品(例えば「翼」「海を抱く」)と、そうでは無い作品があるなあ。。と私は感じます。村山さんの「性的描写」は「かなり細かい(激しい?)」気が、私はするのですが、時々「作品から浮いている」と思う時があります。

なので、ご質問の「ダブルファンタジー」が「どの分類」か、「性的描写の位置づけ」がどちらか、未読の私には判らないのですが、質問者様の読後感想で、「文学的だなあ」「これらの性描写は必要だったんだ」と思われたのであれば、ご自分が「主題」と感じられた事を「具体的に」お伝えになれば良い、と思いますし、「読み易かった」が感想の筆頭であれば、「面白いから読んでみてね」で良いのではないでしょうか。。。

>セックス描写があれだけあるのだから
エロスをつきつめた とかが無難でしょうか?
>実はわたしは率直には、エロいと思えなかったのですが、
(「イタい」と思えてしまい…)

「セックス」を「人の生に必要な物」として描く場合と、「手法の一つ」として描く場合、の二種類が小説にはあると考えています。「性=生」の場合と「性=悦」の場合です。村山さんはこの両方を、作品によって「使い分けている」と感じますので、必ずしも、「エロスを突き詰めた」とも言えないのが「難しい」ですよね。。。。。

セックス描写が「眼につく」、更に「イタい」と思われたのでしたら、あまり「重たい」作品では無かった、のでは無いでしょうか?

はじめまして。
二十代後半の若輩者に加えて、ご質問のダブルファンタジーをまったく知らないのですが、村山由佳さんの作品に、ハマって読みあさった時期がありますので、お邪魔させて頂いてもよろしいでしょうか。。。?

村山由佳さんの作品は、数多くありますが、「文学的に価値がある(かも知れない)」作品群と、「ライトノベル」に分類されそうな作品群、の二種類あるように思います。

前者には
「翼」「海を抱く」「BAD KIDS」等が入る、と思いますし、

後者には
「おいしいコーヒーの入れ方」...続きを読む

Q『SEDA』

『SEDA』というファッション雑誌はどのくらいの年齢向けなのでしょうか??

Aベストアンサー

こんにちは。
ざっと見るに10代後半~22歳くらいまでかな?という印象を受けます。

Q雑誌『編集会議』は…

雑誌『編集会議』をたまたま本屋で手にしたら、いつも巻末に掲載されていた西原理恵子の漫画がありませんでした。好きだったのに…。
編集長も別の人だったような…。
マイナーチェンジしたのでしょうか? 熱心な読者でなかったので恐縮なんですが、そのあたりの事情と雑誌としてのポリシー(?)の変化などについて知りたいです。
どなたか詳しい方、お願いします。

Aベストアンサー

雑誌全体のことについては分かりませんが、西原理恵子のマンガは8~9月はお休みらしいです。

参考URL:http://www.toriatama.net


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報