歯磨き粉などのCMで、バイ菌が取れていく様子を
イメージ図であらわしているのをよく見ますが、
よく見ると必ずと言っていいほどバイ菌が全て落ち切っている
イメージ図がありません。
どのCMを見ても、ほんの少し微妙に残っているのです。
これは何故なんでしょうか?
教えて下さい!お願いします!

A 回答 (5件)

中々するどいところに気が付かれましたネ。


顧問をしている企業からCMなどについての相談を受けることが多いので専門家として‥
イメージとして完全な滅菌ができると誤認させないようにしているのですネ。
これは薬事法ではなく、公取法の管轄ですネ。
誇大広告にならないようにしているのです。
事実として完全に菌を除けるのであれば、堂々と広告に出せるのですが、それを裏付ける確たるデータがなければ、誇大広告となってしまうのですヨ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私はグラフィックデザイナーを目指し勉強中なのですが、
広告という分野が大半を占める仕事なので、
こういった発見と専門家の方の御意見がとても
励みになります。ありがとうございました!

お礼日時:2001/10/03 02:21

ばい菌といっても、人間が生活していく上で、必要なばい菌もあるようです。



たとえば、ばい菌の中にも、良性と悪性があって、反対に自分の体の中の悪い物質を分解してくれる良いばい菌もいるからだそうです。

だから、完全に殺菌、抗菌するのはいけないからでしょう。

この情報は、下のリンクからいける記事を参考に書きました。8月26日号と、9月1日号を読まれると参考になると思います。

参考URL:http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000010522
    • good
    • 0
この回答へのお礼

WEBみやざき中央新聞見ました。
少しCMの話とはそれるかもしれませんが、
清潔過ぎるのが逆に体を弱くする話には同感です。
近頃何でも抗菌、無菌で子どもの砂場さえも今は抗菌のところがあるらしく、
昔はネコの糞が出てきて臭い臭いと言いながらも砂場で遊んでいました。
それが逆に楽しかった。抗菌でも糞はあるか・・・。
話が脱線しましたが、とにかくありがとうございました!

お礼日時:2001/10/03 02:45

 先日、ある歯医者さんと話したのですが


  うがい薬は一瞬だけ口の中の細菌をほとんど殺菌できる。95%くらいはね。
 とのことでした。
 口腔内殺菌を目的とする薬でもその程度なので、局所的に使う歯磨き粉で100%は無理だろな~と感じた次第です。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へ~!!勉強になります。
歯医者さんにこのCMおかしいなと思われたらおしまいですよね。
ありがとうございました!

お礼日時:2001/10/03 02:30

それは恐らく、『完璧に滅菌できる訳ではないよ』と言う


エクスキューズの為ではないかと思います。もし、その
歯磨き粉を使っていた人が虫歯になったりした場合に、
『CMでは完全に滅菌されていたのに、誇大表示だ!』と
訴えられたりするのを防ぐ為だと思われます。
でも、洗剤のCMって、洗った後のシャツはなぜか新品に
なってたりするんですよねぇ~。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
CMを作るのにもいろいろ気をつけないといけないんですね。
勉強になりました!

お礼日時:2001/10/03 02:15

これは使用しているイメージで全て菌が無くなってしまうと、消費者が「完全に殺菌されるんだ!」と勘違いするからです。

実際の歯磨きは完全に殺菌することは出来ないため、完全に殺菌するイメージを使えないわけです。これも確か薬事法で決められていたと思います。

専門家の方のご意見をお待ちしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ほんっとにありがとうございます!!

お礼日時:2001/09/30 06:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯磨き粉や洗濯用洗剤のCMって必ず、、

歯磨き粉のCMをみていると、よく歯や歯垢をCGで描いて、こんなに落ちる!みたいなイメージ画面がありますよね? その時、必ず(自分の知っている限り100%)歯垢が落ちきらずに少しだけ残ります。歯茎のプラスミン対策とかうたっている歯磨き粉のCMでも、歯茎にすこしだけプラスミンとやらが残っています。洗濯用洗剤やハンドソープでも、かならず汚れやバイ菌が落ちきらずに残っています。なんだかよけい目立って気になります。
これってなにか決まりがあるのでしょうか?100%落ちることはないから、ウソになっちゃうからいけないとか、、。あるのであればどういう決まりなのでしょう?
ご存知の方いらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

過去にも同様の質問があったようですのでこちらを参考になさってください。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=143461

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=143461

QCMにおける「イメージ図」

最近CMを見ていると、「イメージ図」というのがやたら出てきますね。
例えばお掃除ワイパーでごみが取れる様子とか生薬配合の薬で液体の中に生薬の写真が溶けていく様子など。
そういう映像を流すのはいいとしても、「イメージ図」と言うテロップをいちいち付けるのには疑問を感じます。
こういったCM、どう思われますか?

Aベストアンサー

広告制作に従事している者です。
あれは、つけないとけっこう面倒なことになるんです。

たとえば例で挙げているごみが取れる様子の場合は、「こんなイメージでごみがよく取れますが、それほどよく取れないこともありますよ」という意味でつけているわけです。
この場合“イメージ図”のテロップがないと、「CMみたいによく取れないじゃないか!」というクレームが企業にあったとき、「いえ、あれはあくまでイメージですので、使い方などによっては…」といった説得をする前提がなくなり、そのCMを作った制作会社や広告代理店が企業から責められることになるわけです。

液体に生薬の写真が溶けていく例のほうは、もっと重要です。
薬のCMには薬事法などでいろいろな制限が設けられていて、この言葉は必ず入れなければいけないといった規定が多くあるんです。
また業界団体で申し合わせた自主規定もあり、製薬企業どうしで監視もしています。
この例なら、単なる水に入れた場合と体内に服用した場合では溶け方が違うこと、水に溶かしてから飲むのではなく水を口に含んだ後で薬を口に入れて飲むこと、生薬そのものから作った薬ではなくその成分などを利用して作った薬であること、など様々な言い訳を含んでいます。

個人的には、こんな言い訳いらないだろ、多すぎだろと思うことがよくありますけどね…

広告制作に従事している者です。
あれは、つけないとけっこう面倒なことになるんです。

たとえば例で挙げているごみが取れる様子の場合は、「こんなイメージでごみがよく取れますが、それほどよく取れないこともありますよ」という意味でつけているわけです。
この場合“イメージ図”のテロップがないと、「CMみたいによく取れないじゃないか!」というクレームが企業にあったとき、「いえ、あれはあくまでイメージですので、使い方などによっては…」といった説得をする前提がなくなり、そのCMを作った制作会社...続きを読む

Q昔のCMで、関西の日曜日の朝によく見たCMで…

タイトル通り、80年代関西地区に住んでいたときに日曜日の朝によく見たCMは、なんのCMだったのか思い出せずにおります。
ご存知の方はいらっしゃいますか?

・出演者はみな外国人で、ランニングウエア?を着て皆で競技場か何か
に走りながら集合して、座って並んで、横に揺れながらリズムに合わせて歌っていたような記憶です。何となくの記憶で、他のCMが混ざっているかもしれません。

・ちなみにその時の歌は、英語でした。
メロディーは、♪ミソラドッ、ドー、ミレドレッ、ソー、ソーソーラ、~♪という感じです。

・食べモノとか具体的な、品物のCMではなくて、何かの昔の、ウエア等のブランドのCMだったと思います。(足のマークのブランド?スポーツシューズのCM?)


このような記憶ですが、もし何かご存知の方がいらっしゃいましたら
教えていただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たぶん、サーフブランドの「HANG TEN(ハンテン)」だと思います。
「♪We like HANG TEN~」などと歌ってませんでしたか?

ちなみにHANG TENの公式サイトも一応ありますが、
http://www.hangten.jp/
古いCMはさすがに載ってませんでしたね。

Qサンテレビでよく見たCM

「気に入ったこの部屋でのんびりゆったり 幸せな気持ち リビングリビングプラザ カコヤ」というCMをよく観ましたが、最近は観ないような気がします。カコヤは、倒産してしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

「家具のカコヤ」の社名は加古屋商事です。確か6~7年前に倒産したように記憶しています。
大久保店は旧ジャスコ大久保店の西隣に、垂水店はJR垂水駅南口のロータリー(現在白木屋?)にありました。
曲が良くて、特にヒヨコが出てくるCMが好きでした。
YouTubeにカコヤのCMがありましたので、一度ご覧いただければと思います。

Q汚れを落とすCMなのに、ほんのちょっと汚れが残る

前々から気になっていることがあります。

例えば、0.02mmの超極細毛で歯周ポケットの歯垢を落とす! ・・と言って
ブラッシング後にザパァ と洗い流すCGが出るのですが、
ほんの少しだけ、歯垢が残っているんです。
CGなのだから、すべての歯垢がきれいさっぱり落ちる絵にすれば良いものを、
一粒二粒残った絵になっているんです。

モンダミンのCMもそう。
グチュグチュうがいをすると、口の中の菌がスカッと取れる絵にすればよいものを、
すこーしだけ残っている。

シャンプーのCMでも、頭皮の汚れをスカッと洗い流す! と謳っておきながら、
流した後の絵では、ほんの少し皮脂汚れが落ちきらずに残っている。

他にもいろいろあるのですが、
汚れを残らずスカッと落とす絵は、まず見たことがありません。
必ず、すこーしだけ残してあるんです。

『100%取り切れるわけではない』と、CMを出す企業側が逃げ道を残しているのだろうとは思うのですが、
もし、きれいさっぱり洗い流して汚れが一つもない絵にした場合、
そのCMを出した企業側は、「100%取れるかのように誤解を与える表現だ」との消費者の指摘に対して、
「あれはCM上の演出なので、商品の性能を100%正確に示すものではありません」と、正直に回答できないものなのでしょうか?
公正取引委員会は、いやらしい消費者の言うまま、100%取り切れると誤解を与えかねない誇張表現だ、として、CMを出した企業側の非としてしまうのでしょうか?
逆に、CMでほんの少し汚れを残す絵にしたことを盾にして、
「だって、CMでも100%取り切っていませんよね」と強気の回答をするのでしょうか?

汚れを落とす能力が高いことを売りにした商品のCMで、何だって作れるCGなのだから、
きれいさっぱり汚れが落ちる絵にすれば良いのに、と、いつも思っているのですが、
皆さんはあれを見て、違和感を感じませんか?

前々から気になっていることがあります。

例えば、0.02mmの超極細毛で歯周ポケットの歯垢を落とす! ・・と言って
ブラッシング後にザパァ と洗い流すCGが出るのですが、
ほんの少しだけ、歯垢が残っているんです。
CGなのだから、すべての歯垢がきれいさっぱり落ちる絵にすれば良いものを、
一粒二粒残った絵になっているんです。

モンダミンのCMもそう。
グチュグチュうがいをすると、口の中の菌がスカッと取れる絵にすればよいものを、
すこーしだけ残っている。

シャンプーのCMでも、頭皮の汚れをスカッ...続きを読む

Aベストアンサー

「100%取り切れると誤解を与えかねない誇張表現だ、として、CMを出した企業側の非としてしまう」と言う事です。
それほどクレーマーは恐ろしいのですよ、企業にとって。
逆に100%綺麗に取れる画像の場合は。「これはCM上の演出です。完全に取り切れない事もあります」と注意書きを出さなくてはなりません。

確かにわざとらしくて、違和感はあるのですが、仕方ないな~と見てますねw
日本もそのうち訴訟大国になるかも知れませんね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報