大変古い話なのですが、大正8年頃に英国の児童文学の「MISUNDERSTOOD」(フローレンス・モンゴメリー著)を「誤解」というタイトルで翻訳、自費出版をされた、岩崎美喜子氏の事を探しています。当時20代ではないかと思いますので、もしかしたらもう亡くなっていらっしゃるかもしれません。「MISUNDERSTOOD」は100年以上も前に、広くヨーロッパでは紹介され評判の出版本となったようですが、あいにくと日本には入ってきていませんでした。日本では岩崎美喜子氏が偶然この本と出会い、感銘されて自費出版された様です。氏のご両親も文学の翻訳家ではなかったかと推測されます。どんな翻訳家の名鑑を見ましても、その名を見つける事はできません。どなたか ご存じの方がいらっしゃったら教えて頂けませんでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 half.com は米50州のみの取り扱いのようです。

サイトリニューアルを計画中との事ですが、日本への対応は未定。

 ここしか無いのであれば、代行輸入業者を当たる手も有りますが...





 
 これ以上は、適切なカテゴリーで質問してください。既に全く違う話題に成ってしまっています。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

少し落ち着いてからまた 質問をします。一旦打ち切らせて頂きます。お世話になりありがとうございました。

お礼日時:2001/11/13 12:21

この回答への補足

ご無沙汰をしています、ZZZZさま。今日は恥を忍んでお尋ねします。実は困っています。先日教えて頂いた中古ビデオの買えるページ、half、comというサイトで欲しいビデオを見つけました。ところが購入の方法が分かりません。注文フォームに書き込むのですが「State」つまり日本ですので「State」に該当するものがありません。同様に「Zipcode」も日本のものでは通用しません。何度繰り返しても この二点を「select」あるいは「enter」しなさいとつきかえされます。そのうち half、comから 「Hi!~~」と名指しのメールが何通も来ました。でも、さっぱりわかりません。きっと支払い方法も分からないでしょう。half、comで買われた事がありますでしょうか?この二週間、悪戦苦闘です。どうぞ助けてください。何度もクリックして、ビデオが山の様に届くのではないだろうかと不安におののいております。 それと、以前に教えて頂いた「MISUNDERSTOOD」は不思議と英国から取り寄せる事が出来ました。先週の金曜日に届きました。ありがとうございました。

補足日時:2001/11/10 22:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご連絡が遅くなりました。 試行錯誤の上、なんとか原作本は入手出来つつあります。これからビデオの方も探して行こうと思っております。色々と教えて下さりありがとうございます。「岩崎美喜子」氏から思いもかけずいろんな発見があり感謝しています。

お礼日時:2001/10/20 13:53

 Bibliofind で、同一と思われるものが1件ヒットし、$25 です。



(赤... は値段を2倍にして、更にその値段に 15% もの手数料も取っている...!?) ← 支払いがまだなら、キャンセルできそうですが...


 以下をお勧めします。

abebooks
http://dogbert.abebooks.com (17 hits)

alibris
http://www.alibris.com (3 hits)

参考URL:http://dogbert.abebooks.com,http://www.alibris.com
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます!早速明日、英語に堪能な友人に来てもらって一緒に見る事になりました。あのぅ・・・とってもあつかましいのですが、同じく海外での中古ビデオをこの様な形で購入できるサイトをご存じないでしょうか?別のカテゴリィでも質問を出して、「アマゾンを探してみて」と回答を頂いたのですが、ちょっと私には難しくて遅々として進みません。きっと検索がへたなんでしょうね。「赤いくつ」はCDも取り寄せてもらえるそうですがビデオはないのですね。もし、ご存じでしたら教えて下さいまし!よろしくお願いします。

お礼日時:2001/10/18 22:50

 もう発注されたのであれば遅かもしれないのですが、相当に痛んだ状態のもののようですね。

(出版社や版年も不明(?))

 私は、「赤い靴」はあまりに高いので直接現地に頼みますので、手数料も消費税も(送料も安め)掛かりません。実際、版年や出版社を問わなければ、$10 前後から有り、20 件ほどのヒットの中から好きな版を選べますし、版・状態の良さそうなのは $50 程です。


 ANo.#2 で紹介のあったリンク先の中の、Bibliofind, BookFinder, ABAA Booknet などで十分です。

 
    • good
    • 0

mimidayoさん紹介のサイトから、


http://akaikuts.rsjp.net/index.php3?aap=10000000
「ようこそ赤い靴」
このページで
「Florence Montgomery」と入れて「GO」ボタンをクリック
⇒25件Hit
⇒18を参照(¥8000弱で入手できそうですね?)

本題の「岩崎美喜子」氏に関しては、Hitしませんね・・・?
ただ、ある検索サイトで「岩崎美喜子」で検索すると
何故か「婦人公論」がHitします・・・(2001年)?
何か関連記事があるのでしょうか・・・?

ご参考まで。

補足お願いします。

参考URL:http://akaikuts.rsjp.net/index.php3?aap=10000000
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。こんなサイトがあるんですね!早速、原書を注文しました。「岩崎美喜子」氏に関しては難しいですね。同姓同名の方で「岩崎美紀子」さんて方がいらっしゃいます。この方も翻訳家を経て現在日本語学校の教師のような仕事をされていますので、「婦人公論」はそんな関係かもしれません。「岩崎美喜子」氏の翻訳された「誤解」という本は国立国会図書館にあるのですが、その後どんな活躍をされたのかがとても気になります。先ほどのお礼の投稿にも書きましたが「岩崎純考」氏に関しても何も出てきません。私が勝手に「親子関係」と憶測しているのですが、何分古い話ですので・・。でも、手に入らないと思っていた原書が思いもかけず入手出来て嬉しいです!ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/17 19:48

「Misunderstood」に関して、


=============================
Misunderstood / by Florence Montgomery. -- (BA50006523)
London : Macmillan, 1909
250 p. ; 17 cm. -- (Macmillan's sevenpenny series)
著者標目: Montgomery, Florence
=============================
国内では大阪外大にあるようです!

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。こんな近くにあるなんて!でも、大学の図書館って学生以外は閲覧しか出来ないところが多いですよね。一度検討してみます。調べて下さってありがとうございます。

お礼日時:2001/10/17 19:28

http://dendrocacalia.org/common/hstlinks/links3. …

ここのサイトごらんになりましたか?
参考になれば幸いです。

絶版も入手可能????
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。地道に検索をしてみます。

お礼日時:2001/10/17 19:25

(アドヴァイス)




 著者の情報なら分かりましたし、幾つかの版は、英語のものなら簡単に古書で手に入るのですが...その他は不明です...



Florence Montgomery (1843-1923)

Misunderstood (1869)
====================
London : Richard Bentley, 1870
Leipzig: volume 1209 "Collection of British Authors" Bernard Tauchnitz, 1872
London : Macmillan, 1909. 250p. 17 cm. (Macmillan's sevenpenny series)


Other works
====================
A Very Simple Story (1867)
Misunderstood (1869)
Thrown Together (1872)
Thwarted (1874)
Wild Mike and his Victim (1875)
Seaforth (1878)
Peggy, and Other Tales (1880)
The Blue Veil (1883)
Transformed (1886)
The Fisherman’s Daughter (1889)
Prejudged (1900)



東京都立図書館
http://www.library.metro.tokyo.jp/

書 名:幼い天使(少年少女世界文学全集)
原 作:F.モンゴメリー(Montgomery, Florence)/サーニ・絵
訳 者:皓子ポンピリオ
文  :山下夕美子
出版社:小学館
出版年:1977
判 型:28cm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しく調べて頂いて感激しております。短時間にこれだけの情報を・・と驚くばかりです。私は半年間 図書館巡りをしてやっと「幼い天使」を読む事が出来たんですから。ただ、「幼い天使」も原作にとても近いものなのですが、岩崎美喜子氏が自費出版するほどこの作品に感銘を受けた、というのが気にかかりまた、それ以降どんな活動をされたのかとても知りたいのです。 あくまでも私の憶測の範囲なのですが、同じ児童文学の翻訳家の方で明治生まれで「岩崎純考」という方がいらっしゃいます。代表的な翻訳本で「クオレ」というものがあります。もしかして、この方の娘さんかしら・・?と思ったりもしています。 それと、「いくつかの英語版なら入手出来る」と教えて頂いたのですが、その方法を教えて頂けませんでしょうか?「MISUNDERSTOOD」は一年ほど前はアマゾン(UK)で売られていた様ですが、現在は英国でも絶版になっていると聞いて入手する事はあきらめていました。「MISUDERSTOOD」以外でもかまいませんのでよろしくお願いします。本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/10/17 08:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上手な自費出版の仕方教えて♪

タイトルそのままです(笑)
それと、どれくらいの本を作ると、どれくらいの費用がかかって.......
という事も出来れば知りたいです♪

Aベストアンサー

vcmshiroさんが「ちゃんとした」ハードカバー本の解説をくださっていますので、わたしはチープな同人印刷の立場から(^_^;)

印刷は量産効果が大きいもので、たとえばB5で100pの本を100部作ると50,000円程度、1,000部作ると200,000円程度になります。

以下は同人誌印刷所のリンク集です。印刷所のサイトには必ず頁数・部数ごとの価格表が掲示されていますので、あちこち比較してサービスの良い所を探してみると良いですよ。

http://shibuya.cool.ne.jp/scamp/link-syoukai/doujin-p.shtml
http://www1.ttcn.ne.jp/~kawasemi/link/linkdojin.htm
http://www.nifty.ne.jp/forum/fdoujin/link/link1.htm
http://user2.allnet.ne.jp/noz/kotoba/Media/Print.html
http://www.netlaputa.ne.jp/~nagatuki/link/link-sok.html#insatu

過去問も参考にしてください。↓(参考URL)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=23676

vcmshiroさんが「ちゃんとした」ハードカバー本の解説をくださっていますので、わたしはチープな同人印刷の立場から(^_^;)

印刷は量産効果が大きいもので、たとえばB5で100pの本を100部作ると50,000円程度、1,000部作ると200,000円程度になります。

以下は同人誌印刷所のリンク集です。印刷所のサイトには必ず頁数・部数ごとの価格表が掲示されていますので、あちこち比較してサービスの良い所を探してみると良いですよ。

http://shibuya.cool.ne.jp/scamp/link-syoukai/doujin-p.shtml
http://www1.ttc...続きを読む

Q自費出版以外で本を出す方法

本を1回も出したことが無い一般人の
素人が、本を出版するにはどういう
方法がありますか?

Aベストアンサー

 出版したい本の種類によって方法が違ってくると思います。
 出版したいものが小説の場合は、受賞作品の出版が前提となっているような文学賞に投稿してみるのが一番でしょう。
 ほかにも、出版社に原稿を持っていき、原稿を見てもらうという方法もあります。この場合、原稿に優れた点があれば、何度か手直しをしたうえで出版してもらえることがあるかもしれません。

Q30年くらい前に出版された、江戸時代の沖縄の叛乱を描いた幼年文学

約30年前、小学生の時に読んだ本をもう一度読んで見たいんですが、題名も作者もわかりません。
内容は、江戸時代、薩摩藩の搾取に怒った沖縄の青年が叛乱を起こすと言うような話でした。
確か夏休みの課題図書とか推薦図書とか言うような指定を受けていたような記憶があります。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

飢饉の年に無理な年貢を取り立てに来た薩摩に対して怪力の太良(たらあ)青年が怒り、彼らが乗ってきた舟を陸に引き上げてしまうが、太良は石になってしまった……という話なら、儀間比呂志さんの「ふなひき太良」ではないでしょうか。課題図書の指定も受けていたと思います。
わたしも30年前に読んでたいへん感動しました。出版社のサイトを見ると、まだ販売しているようですね。偉いぞ岩崎書店。

参考URL:http://www.iwasakishoten.co.jp/shop/book/4-265-90902-7.html

Q河出版世界文学全集

河出書房の世界文学全集、1~20巻(間が4冊抜けで)が押入れから出てきたのですが、この本は古書店などで買い取ってもらえる価値はあるんでしょうか??
高い本でもないし、普通の古本屋だったら絶対買い取ってもらえなさそうな感じなんですけど・・・。よかったら誰か教えて下さい!

Aベストアンサー

買いとってもらえるでしょうが、
かなりの安値でしょう。
ご自分で保存して、読まれるのがいいでしょう。
何故かと申しますと、先日、近くに出来た"BOOK OFF"に
本を探しに行きましたら、比較的新しい日本文学全集が
単品で1冊なんと100円で売られていました。
10冊ほど気に入った作家のものを購入しました。
世界文学全集もおそらく同じような値段で売られていたと思います。
買取価格はおそらくビックリするような値段でしょうね。

Q浅田次郎氏&島田荘司氏&恩田陸氏の作品について@

読書の好きな私ですが、島田氏も恩田氏も浅田氏も、数多く作品を出されている方々なので、どこら辺から手をつけてよいのか迷っています。。。
そこで、どちらでもかまいませんので、お勧めの作品を教えてください@

Aベストアンサー

島田荘司は、ほとんど読んでいます。
きちんとした推理小説です。
大きく分けて御手洗潔ものと吉敷竹史ものがあります。
過去の作品のキャラの経緯が新しい作品に微妙に反映されていることもあり、
新しい作品を先に読むことには注意が必要です。

御手洗ものだったら、
発表順に読むことを強くお薦めします。
『占星術殺人事件』
『斜め屋敷の犯罪』
『異邦の騎士』
という順番です。
『異邦の騎士』はいいですね。
短篇集『御手洗潔の挨拶』も面白いです。

吉敷ものだったら、
『涙流れるままに』は後回しにする方がいいでしょう。
面白いのは、
『北の夕鶴2/3の殺人』
『奇想、天を動かす』
あたり。

他に、独立した作品で『火刑都市』はお薦めです。

特に『龍臥亭事件』『龍臥亭幻想』は先に読まない方がいいです。
まあ、作品の水準の問題もありますが。


おすすめ情報