Windows2000にて、LANケーブルを抜いたりすると、
直ちにそれを検知してTCP/IPのサービスをストップしてしまうようです。
ソケットそのものを全てリセットするようで、
ローカル(端末内部)での通信まで不通になってしまいます。
この状況を回避したく、
LANケーブルが抜かれたからといって、
通信そのものを止めたくないのです。
通信エラーは通信エラーとして検知し、
ログに出力したいと思っています。
せめて、ローカルのアプリケーション同士の通信は問題なく動作出来るようにしたいです。
どなたか、この監視サービスを起動しないようにする設定方法をご存知ないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Murphy さん こんばんは。



これに該当すると思います。
Microsoft サポート技術情報
「Windows 2000 で TCP/IP 用メディア検出機能を無効にする方法」
文書番号: JP239924

参考URL:http://www.microsoft.com/JAPAN/support/kb/articl …

この回答への補足

ご指摘の方法を試して見ました。

しかし、内部の通信は止まってしまいます。
ソケットのマッピングがリセットされることはなくなったようです。
ローカルの通信も止まらないようにする方法はないのでしょうか?
それとも無理なのでしょうか?

補足日時:2001/10/17 21:40
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング