何年か前に週刊マーガレットで連載していた本田恵子先生の漫画「ルージュ」は何年の何月号から連載が始まったか分かる方、教えて下さい。

A 回答 (2件)

こんにちわ。


本田恵子先生の「ルージュ」は単行本2冊分ですね。
「ルージュ」1巻は1992年のNo.17~22で掲載されたものを収録。
「ルージュ」2巻は1992年のNo.23~1993年のNo.8で掲載されたものを収録。
雑誌というものは11月号は10月に出るという風に、前の月に出ますのでそれを考えると、連載が始まった月は9月号からだと思います。
マーガレットは週刊なので1月にNo.1~2が出ます。ですから、No.17は9月号です。
うまく伝えられたかわかりませんが・・・回答は1992年の9月号からだと思いますよ(^^)/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただき、ありがとうございました。これでスッキリしました。

お礼日時:2001/11/02 23:30

maniakku さん、こんばんは~☆♪



何月号からと言われるとわかりませんが、

ルージュ(ROUGE)は、1992年 No.17 ~ 1993年 No.8 です。


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただき、ありがとうございました。やっとモヤモヤが解けました(笑)。

お礼日時:2001/11/02 23:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学館の漫画週刊誌『少年サンデー』に連載されていた漫画がコミックにされ

小学館の漫画週刊誌『少年サンデー』に連載されていた漫画がコミックにされた最初の作品は何でしょうか。またその発売は何年でしょうか。

Aベストアンサー

既に回答が挙がっておりますが、補足させていただきます。
「スリル博士」の(1)は昭和34年11月に出版されております。翌月(2)が出版され、(3)も予告されましたが連載終了で出版されませんでした。(その結果、最終話が収録されていません)
本の大きさはA5型で堅表紙にジャケット装でした。版元は、あかしや書房との事です。
http://www.phoenix.to/59/59-16.html

質問者のコミックと云うのが単に単行本化された事を指すのか、それとも所謂新書判あるいはB6判で刊行されたものを指すのかがはっきりせないので、このようの回答になります。(何れにせよ小学館の出版書誌の詳細は今俄に判りませんが・・・)

少年サンデーは、後に「伊賀の影丸」を雑誌型式で(別冊)出版しております。これはB5型(本誌と同じ大きさ)、その後新書判でも小学館から出版されたのですが、途中迄しか出版されず続きは秋田書店から出版されると云う奇妙の事態になっています(その後、小学館刊行分も秋田書店から改めて出し直されています)

ご参考にならば幸甚です。

Q漫画家と担当編集者の関係についてお聞きします。週刊の連載漫画などはキャ

漫画家と担当編集者の関係についてお聞きします。週刊の連載漫画などはキャラ設定やストーリーなどは全て漫画家本人が決めて描いているのですか?それとも担当編集者が決めているのですか?例えばキン肉マンはキャラ設定が途中で変わったり、ストーリーが支離滅裂と感じる場合が多々あるのですが、実際のところ、こういう筋書きは誰が決めているのですか?

Aベストアンサー

大抵は、漫画家の言い分が通りますが、通らない場合もあります。
けど、その様なやり取りが出来るのは人気が出てからの事、
昔の編集は、書いてはいけない事や、書けない範囲を指摘や指導をしていましたが、
現状の編集は、設定の細かい部分にも口を出して、ストーリーを自分達の意のままにして、
作品の根本さえ変えてしまいます。
その結果、人気が出れば自分達の手柄になり、苦情や批判などが来れば作家の責任として
作品の中断や連載を終わらせるという手段を行います。

人気が出るまで、自分の書きたい作品は書けない事の方が多いと思います。
ストーリーやキャラのアイデアは作家、実際のお話やキャラの設定は編集と言う事のようです。
面白くも無い作品がカラーだったり、人気作品が突如面白くなくなるのは、
編集の口出しが原因と考えるのが妥当と思います。

Q「週刊少年ジャンプ」で連載していたプロレス漫画

創刊から現在までに「週刊少年ジャンプ」誌上で連載されていたプロレスを題材にした漫画というと、何がありますか?

僕が読んだことのある作品では『キン肉マン』『THE MOMOTAROH』『天然色男児BURAY』くらいです。

あと、読んだことはないのですが『リッキー台風』『PANKRA BOY』もタイトルだけは知ってます。

上記に挙げた作品以外で、「週刊少年ジャンプ」に連載していたプロレス漫画を教えてください。

「プロレスラーが登場する作品」や「リング上でプロレス的なバトルが展開される作品」まで幅を広げると、いくらでもありそうなので、あくまで「プロレスを題材にした作品」限定でお願いします。(そうなると『キン肉マン』はちょっと微妙かも知れませんが……)

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

・山根和俊『JOKER』
プロレス団体でヒールを務める主人公が、「ルナティックフェノメノン」なるモノ(たしかドラッグだったような…)で凶暴化したレスラーと戦いを繰り広げます。


それと、連載ではなく、前・後編の読み切りですが『マッスルボマー』
プロレス格闘ゲームのマンガ版です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%9E%E3%83%BC

Q今月号の別冊マーガレットの・・・

巻末あたりにある次号予告ページの「高校デビュー」のカットが、どう考えても河原和音の絵には見えないのは私だけでしょうか?
どうでも良い事かもしれませんが、気になったもので…。

Aベストアンサー

こんにちは。
昨日こちらの質問を読みまして、早速家に帰ってから確認しました!(パソコンが家に無く、学校でしか見られないので)
その結果・・・パッと見は違うようにみえますね。少し雑というか、主役の女の子ってあんなに色っぽくないですよね。でもジーっとよく見てみると目の辺りが河原和音さんの絵だよなって感じでした。あまり詳しくないので違うともそうだとも言えないのですが、時間が無く少し雑になってしまったか、後は主役の女の子はこれからどんどん女の子らしくなっていくんだよみたいな感じて書かれたのかなと思います。
答えになって無くてすみません。
ひとつの意見として参考にしてください。

Q昔、週刊少年ジャンプで短期連載

昔、週刊少年ジャンプで打ち切りにあったのか短期連載だったのか知りませんが2~3話しか読めなかったマンガがあります。
連載時期は17~18年位前だと思います。

典型的なRPG的な世界観で主人公が圧倒的な強さを誇ります。
・悪党に襲われていた人物に「呪われた剣」を処分してくれと頼まれるがその人物は息絶えて死ぬ間際「あんた良いやつだな」と言う。
・知り合いの鍛冶屋の親父に剣の破壊を頼むがヒビ一つ入らない。
・鍛冶屋の親父に「この剣使っちまえば?」と言われるが死んだ者の頼みだと断る。
・何らかの事情で世間知らずのお嬢さんと旅することになる。
・剣を狙う悪党共に取り囲まれるが威風堂々と「この剣欲しけりゃ奪ってみろ」と誘う。

多分ですが人気あった作家だとは思うんですが何故すぐに連載終わってしまったのか分かりません。
何かご存知の方おられましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

たぶん、松根英明の「ファイヤースノーの風」ではないかと思います。1993年の半ばに連載されて速攻打ち切りになった作品で、当時流行していたファンタジーRPG風の設定&作画でした。当然ながら、この作品の単行本は1巻で完結です。作画はなかなかよかったのですが、登場人物や世界設定の魅力が発揮される前に読者から見放されてしまったような感じでした。

漫画の連載はこれ1本のみで、ほかに読み切りで掲載された作品が2~3本あるみたいです。なお、検索するとわかりますが、この方は「杉根英朋」という名前でも作品を出しているみたいです。最近は漫画家として活動をしていないのか、詳しい情報が出てこないのですが、作画のタッチが似ているのでたぶん同一人物だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報